エビコ

天皇賞(春)を徹底予想!重賞レースはお任せ!

天皇賞(春)予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した天皇賞(春)

2022年天皇賞(春)開催情報

レース名 天皇賞(春)
クラス G1
開催日 2022年5月1日(日)
開催場 阪神競馬場
レース番号 11R

2022年天皇賞(春)事前予想

公開:
更新:

今週は歴史と伝統の古馬長距離戦、天皇賞(春)の予想をするわよ!

直近5年こそカタめに決着しているものの…。
2012年には145万馬券が飛び出すなど、両極端な傾向を持つ難解なこのレース。

今年はディープボンドとタイトルホルダーの2強が有力視されているけど、伏兵の台頭にも備えて予想することが重要になるわね。

今回も各種データを用いて、信頼度の高い人気どころに加え、荒れるとしたら馬券に含めておきたい穴馬候補を炙り出しておいたわ。
 

【更新】枠順が確定!3連単40点で10万馬券を狙うわよ~

枠順・馬体重別データを追加して、最終的には3連単40点の買い目が導き出されたわ!

10万馬券の立役者になり得る注目穴馬と一緒に紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!
 

【PR】6番人気が勝利したマイラーズカップを3連単12点で的中!HORIZON

ホライズン_バナー

少点数で高配当を射止める的中率と、それを幾度となく実現する安定感を兼ね備えた「HORIZON」

元トラックマンや元厩舎関係者など、極めて多くの情報筋から情報を収集しているのが特徴の本格派競馬投資サイトよ。

6番人気が勝利した先週のマイラーズカップでは、3連単12点の少点数で見事的中
1点900円の推奨だったから、その通りに買えば287,730円の払い戻しだったわ!

そんなHORIZONが、今週は天皇賞(春)と青葉賞の予想を無料で公開

2020年には21戦13勝と脅威の的中率を叩き出した、「HORIZON」の超高精度無料予想。

ぜひチェックして、ガッツリ稼いじゃってちょうだい!

【的中実績】
2022年4/23 東京1R 3歳未勝利
<獲得>3連単12点×800円 2,091,040円


2022年4/24 阪神10R 甲南ステークス
<獲得>3連単12点×500円 1,024,900円


2022年4/24 阪神11R マイラーズカップ
<獲得>3連単12点×900円 287,730円


→HORIZONの天皇賞(春)・青葉賞の無料予想はコチラ


目次

    2022年天皇賞(春) 特別登録馬

    馬名 性別 負担
    重量
    調教師 所属
    アイアンバローズ58.0上村洋行栗東
    クレッシェンドラヴ58.0林徹美浦
    シルヴァーソニック58.0池江泰寿栗東
    タイトルホルダー58.0栗田徹美浦
    タガノディアマンテ58.0鮫島一歩栗東
    テーオーロイヤル58.0岡田稲男栗東
    ディープボンド58.0大久保龍栗東
    ディバインフォース58.0寺島良栗東
    トーセンカンビーナ58.0加藤征弘美浦
    ハーツイストワール58.0国枝栄美浦
    ハヤヤッコ58.0国枝栄美浦
    ヒートオンビート58.0友道康夫栗東
    マイネルファンロン58.0手塚貴久美浦
    マカオンドール58.0今野貞一栗東
    ユーキャンスマイル58.0友道康夫栗東
    ロバートソンキー58.0林徹美浦
    ヴァルコス58.0友道康夫栗東
    メロディーレーン56.0森田直行栗東

    ※馬名をクリックすれば各馬の情報が見られるわよ。


    それじゃあ今回も過去10年分のデータを基に、2022年天皇賞(春)の予想を組み立てていくわね。

    今年も昨年から引き続き阪神での開催だけど、レースの傾向を掴む上で、通常開催時の舞台である京都のデータも参考にしているわよ。

    まずは、レース当日の人気別成績から見てちょうだい。
     

    2022年天皇賞(春) レース当日人気別成績

    当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1番人気 3 2 0 5 30.0% 50.0% 50.0%
    2番人気 4 0 2 4 40.0% 40.0% 60.0%
    3番人気 1 3 1 5 10.0% 40.0% 50.0%
    4番人気 1 1 3 5 10.0% 20.0% 50.0%
    5番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
    6~9人気 0 2 2 36 0.0% 5.0% 10.0%
    10番人気以下 1 2 2 72 1.3% 3.9% 6.5%

    勝ち馬は10頭中7頭が、当日1・2番人気から出ているわ。

    他3頭はいずれも、菊花賞もしくは日本ダービーで馬券になった実績馬よ。

    今回3番人気以降が濃厚な馬の中でこの条件に該当するのは、ユーキャンスマイル1頭。

    彼は直近6レース馬券から見放されているけど、145万馬券決着となった2012年に最先着したビートブラックも前5走は馬券圏外だったし、当日1・2番人気になった馬と共に勝ち馬候補として覚えておきたいわね。

    また馬券圏内で見てみると、4番人気以内だった馬は複勝率50%オーバーとまずまずの信頼度

    ただ4番人気以降からも8頭が2着・3着になっているから、馬券候補は4番人気以内に比重をおきつつ、好データに該当する人気薄を拾っていくのがベターよ。

    次は、前走レース別成績を見てもらおうかしら。
     

    2022年天皇賞(春) 前走レース別成績

    前走レース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    日経賞(G2) 3 2 4 42 5.9% 9.8% 17.6%
    阪神大賞典(G2) 3 3 4 48 5.2% 10.3% 17.2%
    AJCC(G2) 1 0 0 0 100.0% 100.0% 100.0%
    京都記念(G2) 0 1 1 4 0.0% 16.7% 33.3%
    ダイヤモンドS(G3) 0 1 0 14 0.0% 6.7% 6.7%
    3勝クラス 0 0 0 4 0.0% 0.0% 0.0%

    天皇賞(春)のトライアルレース組が好調ね。

    日経賞・阪神大賞典組は、今年も見逃せないわよ。

    また、好走率100%のAJCC組にも注目したいところ。

    過去前走にAJCCを使った馬は2019年の勝ち馬フィエールマンだけなんだけど、彼はそのAJCCで2着だったのよね。

    今回AJCCを使ってくるマイネルファンロンも、同じく2着。
    この一致には警戒したいわ。

    逆に前走3勝クラス組は、好走率0%
    該当するハーツイストワールロバートソンキーは注意が必要よ。

    次は、前走着順別成績を見てもらうわ。

    2022年天皇賞(春) 前走着順別成績

    前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    前走1着 4 5 3 25 10.8% 24.3% 32.4%
    前走2着 2 1 4 21 7.1% 10.7% 25.0%
    前走3着 1 2 1 17 4.8% 14.3% 19.0%
    前走4着 1 0 2 11 7.1% 7.1% 21.4%
    前走5着 1 0 0 14 6.7% 6.7% 6.7%
    前走6~9着 0 1 0 35 0.0% 2.8% 2.8%
    前走10着~ 1 1 0 13 6.7% 13.3% 13.3%

    基本的には、前走成績のよかった馬ほど好走率が高いようね。

    前走4着以内であれば馬券になる可能性が高そうだけど、とくに前走の勝ち馬は抜けて成績がいいし、しっかりと押さえておきたいわ。

    今回この条件に該当するのは、
    タイトルホルダー
    テーオーロイヤル
    ディープボンド
    ハーツイストワール

    の4頭。

    ただ前項で挙げたように3勝クラス組は走れていないから、前走で勝利しているとはいえハーツイストワール手放しでは評価できないわよ。

    ちなみに前走6着以降から馬券になった3頭は、いずれもG1での馬券実績があったわ。

    今回登録されている馬には条件に適う子はいないから、馬券は前走5着以内だった馬を中心に選びたいわね。

    次は、年齢別成績を見てもらうわよ。

    2022年天皇賞(春) 年齢別成績

    年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    4歳 3 2 4 33 7.1% 11.9% 21.4%
    5歳 6 3 1 40 12.0% 18.0% 20.0%
    6歳 1 4 2 28 2.9% 14.3% 20.0%
    7歳 0 0 3 17 0.0% 0.0% 15.0%
    8歳 0 1 0 12 0.0% 7.7% 7.7%

    若い馬が有利なのに違いはないんだけど…。
    5歳馬の勝率が抜けて高いわ。

    昨年のワールドプレミア、一昨年のフィエールマン、さらに2012年のビートブラックも5歳で勝利していたわね。
    単勝回収率も373%と高水準だし、ぜひ該当馬は高く評価したいところ。

    今年この条件に当てはまるのは、
    アイアンバローズ
    ディープボンド
    ヒートオンビート
    ロバートソンキー
    ヴァルコス

    の5頭よ。

    ちなみに7歳以上で馬券になったのべ4頭は、外国産馬か、もしくは父方にサンデーサイレンスの血統がある、という傾向が見られたの。

    今回はクレッシェンドラヴマイネルファンロンが、この条件に該当しているわよ。

    次は、枠順別成績を見てもらおうかしら。
     

    2022年天皇賞(春) 枠順別成績

    枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1枠 4 1 1 12 22.2% 27.8% 33.3%
    2枠 1 1 1 15 5.6% 11.1% 16.7%
    3枠 1 1 1 16 5.3% 10.5% 15.8%
    4枠 1 1 3 15 5.0% 10.0% 25.0%
    5枠 0 1 0 19 0.0% 5.0% 5.0%
    6枠 1 3 2 14 5.0% 20.0% 30.0%
    7枠 1 1 1 21 4.2% 8.3% 12.5%
    8枠 1 1 1 25 3.6% 7.1% 10.7%

    長距離戦だけに、枠順はそこまで成績に影響しないんじゃないか、と思ってしまうけど…。
    1枠の成績を見ると、そうも言ってられないのがわかるわ!

    過去10年で4頭の勝ち馬を輩出するなど、あきらかにここに入った馬は勝率がいいのよね。

    しかも2012年には、当時160倍のオッズがついていたビートブラックがこの1枠から勝利していて、単勝回収率は実に966%にもなっているの。
    さらに阪神開催だった去年も、ワールドプレミアはこの枠から勝利したわね。

    今年、そんな1枠に収まるのはアイアンバローズハーツイストワール
    有力な勝ち馬候補として覚えておいてちょうだい!

    他は、勝率こそ低いものの、複勝率30%をほこる6枠も警戒したいところ。

    今回6枠に決まったマイネルファンロンハヤヤッコも、優位にレースが運べそうね。

    次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。
     

    2022年天皇賞(春) 馬体重別成績

    馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    ~459kg 1 4 2 15 4.5% 22.7% 31.8%
    460~479kg 0 4 3 31 0.0% 10.5% 18.4%
    480~499kg 5 0 3 51 8.5% 8.5% 13.6%
    500~519kg 2 1 2 29 5.9% 8.8% 14.7%
    520kg以上 2 1 0 11 14.3% 21.4% 21.4%

    勝率が高いのは大柄な馬、複勝率が高いのは小柄な馬、というデータね。

    とくに勝率が高いのは、520kgを超える馬
    調教後の馬体重を参考にすると、現時点でこの範囲内なのはユーキャンスマイルヴァルコスの2頭
    どちらも人気薄だけど、データ上は決して侮れないわよ。

    また複勝率の高い小柄な馬だけど…。

    なかでも440~459kgだった馬が、よく馬券に絡めている印象。
    今回はシルヴァーソニックが、この条件に当てはまりそうね。

    ただ当レースでひときわ小ささが目立つメロディーレーンは、ちょっと分が悪そうな感じ。
    過去10年で2頭彼女ほどの小柄な馬が走ったけど、いずれも馬券圏外だったのよね。

    紅一点、というところでも話題性のあるメロディーレーンだけど、買うのであればそれなりの理由が必要よ。


    そんなところで最終的な注目馬と穴馬候補、推奨馬券を発表するわよ!


    PR

    2022年天皇賞(春) 注目馬①

    ディープボンド(牡5)
    【前走:阪神大賞典(G2)1番人気1着】

    休み明けの前走阪神大賞典を難なく勝利した、ディープボンド

    昨年の春天以降、フォア賞と阪神大賞典で勝利、有馬記念で2着入線と、ステイヤーとしては国内トップクラスの強さを見せているわね。

    阪神開催だった、昨年の春天では2着。

    阪神コースでは4戦して複勝率100%、さらに昨年先着されたワールドプレミアが引退したとあって、今年は勝ち馬の最有力候補なのは間違いないわ。

    データ面でも5歳で参戦となる今年は、昨年以上に優勢
    オッズは相当渋くなりそうだけど、買わなきゃはじまらない1頭って感じね。
     

    2022年天皇賞(春) 注目馬②

    アイアンバローズ(牡5)
    【前走:阪神大賞典(G2)5番人気2着】

    2強以外の上位陣でとくに注目したいのが、アイアンバローズ

    前走の阪神大賞典では、ディープボンド相手に0秒1差の2着と大健闘を見せたわね。

    彼もディープボンド同様、阪神での複勝率は80%のコース巧者。
    当レース以上の距離で争われた前々走のステイヤーズSでも2着に入っているし、この春天で好走する素質は揃っているわ。

    またアイアンバローズはデータ面でも好調で、人気・臨戦過程・年齢と、どれも買えるデータに該当していたのよね。
    さらに今回勝ち馬の条件と言っても過言ではない1枠を引いたとあって、ますます勝利に期待できるわ。

    そうそう、1枠1番といえば、2012年に145万馬券の立役者となったビートブラックも同じ1枠1番から勝利したのよね。
    しかも鞍上は、今回アイアンバローズとコンビを組む石橋脩J
    この一致は見逃せないわよ!

    さらに京都に比べ時計のかかる阪神開催の今回、スタミナで勝負する彼には展開も向くとみているわ。

    オッズも10倍程度は見込めそうだし、買う価値はアリアリよ!
     

    2022年天皇賞(春) 注目馬③

    ヒートオンビート(牡5)
    【前走:日経賞(G2)2番人気3着】

    前走の日経賞ではタイトルホルダー相手に0秒1差の3着入線を果たした、ヒートオンビート

    直線ではタイトルホルダーを凌ぐ上がり最速を記録するなど、見せ馬も作れていたし、展開ひとつで勝利もあった負けて強しの競馬を見せてくれたわ。

    今回は距離延長で初の3200m戦だけど…。
    伝えたように前走日経賞組は引き続き好走する傾向にあるし、彼と同じキングカメハメハ産駒は阪神長距離戦での好走実績が豊富

    年齢や馬格適性も十分なデータが揃っていたし、勝ち負けの展開になってもおかしくない1頭と見ているわ。

    これほど走る材料があるにも関わらず、いまのところ人気は中堅クラス
    馬券に含めておけば配当面でも活躍してくれそうだし、現にその可能性は高いわよ!
     

    2022年天皇賞(春) 注目馬④

    テーオーロイヤル(牡4)
    【前走:ダイヤモンドステークス(G3)2番人気1着】

    前走のダイヤモンドSを制し、目下4連勝中と勢い十分のテーオーロイヤル

    ダイヤモンドS組は好走した前例が乏しいけど、あの骨っぽいメンバー相手に最先着した実績は評価できるし、データ面でもプラス材料が豊富となかなか良好と言えるわ。

    彼は実績上、まだ重賞初勝利を挙げたばかりの4歳馬だけど、デビューから9戦して掲示板を外したのは1戦だけという安定感が魅力

    それこそ阪神は通算5戦3勝と好相性だし、2強に割って入るようなことがあっても不思議はないわ。

    オッズも10倍程度は確保できそうだし、コスパ面を考えると馬券からは外せない1頭になりそうね。


    データ上もディープボンドはたしかに大本命。
    ただ彼以上に好データと思わぬ一致のあった大穴クラスが見つかったわ!
    3連単で10万馬券を狙うに外せない1頭、ぜひ推奨馬券と一緒にチェックしてちょうだい!

    2022年天皇賞(春) 注目穴馬

    無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

    会員登録でお得な情報を無料配信!

    • 厳選メインレースの穴馬情報公開


    登録済みの方はコチラ

    天皇賞(春)予想記事一覧

    ログイン



    閉じる

    パスワードを忘れた方はこちら

    会員登録でお得な情報を無料配信!


    閉じる