今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

エリザベス女王杯2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 エリザベス女王杯 事前予想

今週は、秋の女王決定戦、エリザベス女王杯が開催されるわ!

現3歳世代最強のアーモンドアイが出走しないこともあって、かなり混戦模様になりそうな今年。

もともとこのエリザベス女王杯は1番人気が勝ちきれないレースだから、なおのこと誰が勝つかわからないレースになる可能性が高いわ。

そんな時こそ過去データを使って、世間の評判に惑わされずに有力馬を導き出すのが肝心よ!

注目馬はページの最後で紹介しているから、期待していてちょうだい。

さっそく、今年の特別登録馬を確認してもらうわね。

2018年 エリザベス女王杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤリード 56.0 須貝尚介 栗東
エテルナミノル 56.0 本田優 栗東
カンタービレ 54.0 中竹和也 栗東
キンショーユキヒメ 56.0 中村均 栗東
クロコスミア 56.0 西浦勝一 栗東
コルコバード 56.0 木村哲也 美浦
スマートレイアー 56.0 大久保龍 栗東
ノームコア 54.0 萩原清 美浦
ハッピーユニバンス 56.0 平田修 栗東
フロンテアクイーン 56.0 国枝栄 美浦
プリメラアスール 56.0 鈴木孝志 栗東
ミスパンテール 56.0 昆貢 栗東
モズカッチャン 56.0 鮫島一歩 栗東
リスグラシュー 56.0 矢作芳人 栗東
レイホーロマンス 56.0 橋田満 栗東
レッドジェノヴァ 56.0 小島茂之 美浦
ワンブレスアウェイ 56.0 古賀慎明 美浦
ヴァフラーム 56.0 吉村圭司 栗東

それじゃ、過去10年のデータを使って、エリザベス女王杯の予想を組み立てていくわ。

前走クラス別成績から見てちょうだい!

2018年 エリザベス女王杯 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1勝 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
2勝 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
3勝 0- 0- 0- 20/ 20 0.0% 0.0% 0.0%
OPEN非L 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
G3 0- 1- 1- 25/ 27 0.0% 3.7% 7.4%
G2 5- 5- 3- 51/ 64 7.8% 15.6% 20.3%
G1 3- 3- 5- 29/ 40 7.5% 15.0% 27.5%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
海外 2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6%

前走G2組とG1組が馬券の中心で、勝率・連対率はどちらもあまり変わらないようね。

であれば今回は、より人気が落ちるであろうG2組に注目したいところ。

現に前走G2組は単勝回収率が200もあるから、穴を狙うならこの条件に当てはまる馬がオススメよ。

該当する馬をリストアップしておくわね。

【前走G2
アドマイヤリード
クロコスミア
スマートレイアー
フロンテアクイーン
ミスパンテール
モズカッチャン
リスグラシュー
レッドジェノヴァ

ちなみに、それ以外のクラスから馬券に絡んだ馬について詳しく調べてみたところ、あることがわかったわ。
それは前走G3組は全員、当時G3だった府中牝馬ステークスを使ってきていたこと。
そして前走条件戦組は、その前走を1番人気で勝利していたことよ。

本走でこの条件に該当する馬はいなさそうだし、前走OP特別組が馬券に絡んでいないのは表を見ての通りだから…
今回は前走G2以上の馬だけを考えればいいわ。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2018年 エリザベス女王杯 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 4- 3- 35/ 44 4.5% 13.6% 20.5%
前走2着 1- 4- 1- 17/ 23 4.3% 21.7% 26.1%
前走3着 2- 0- 3- 7/ 12 16.7% 16.7% 41.7%
前走4着 2- 0- 0- 13/ 15 13.3% 13.3% 13.3%
前走5着 1- 0- 0- 10/ 11 9.1% 9.1% 9.1%
前走6〜9着 2- 1- 2- 28/ 33 6.1% 9.1% 15.2%
前走10着〜 0- 1- 1- 34/ 36 0.0% 2.8% 5.6%

前走の結果はアテにならない、というデータね。

前走を1桁で決着していれば、どんな馬にも勝つチャンスがある、って感じ。

とくに前走49着の馬は、単勝の回収率が100を上回っているから、ほかの条件がよければ積極的に狙っていきましょう。

次は、当日人気別成績を見てもらうわね。

2018年 エリザベス女王杯 レース当日人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 4- 2- 3/ 10 10.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
3番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
5番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
6番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気の複勝率の高さと、それに相反した勝率の低さが特徴的ね。

今年の1番人気は、おそらく昨年の同レース覇者にしてM.デムーロ騎手が騎乗するモズカッチャン。

馬券に含めるにしても、買い目には注意したいわね。

また人気下位の馬については、過去10年、単勝100倍以上の大穴は馬券になっていない、ということがわかったわ。

今年はだいたい10番人気くらいまでの馬で決まりそうね。

次は、騎手別成績よ。

2018年 エリザベス女王杯 騎手別成績

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
M.デム 2- 0- 1- 3/ 6 33.3% 33.3% 50.0%
ムーア 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0%
ルメール 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5%
川田将雅 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2%
蛯名正義 1- 0- 2- 5/ 8 12.5% 12.5% 37.5%
武幸四郎 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
柴田善臣 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
田中博康 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
岩田康誠 0- 3- 0- 5/ 8 0.0% 37.5% 37.5%
池添謙一 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
内田博幸 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
和田竜二 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
横山典弘 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
熊沢重文 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
浜中俊 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3%
藤岡康太 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
秋山真一 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
三浦皇成 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
安藤勝己 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
福永祐一 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
藤岡佑介 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
酒井学 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
戸崎圭太 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
柴田大知 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
幸英明 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
武豊 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
四位洋文 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
小牧太 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
藤田伸二 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
松山弘平 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
アッゼニ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
北村友一 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
難波剛健 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
太宰啓介 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
松田大作 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
吉田豊 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
後藤浩輝 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
田中勝春 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
バルザロ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
C.デム 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ヘルフェ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
カステリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
スミヨン 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
シュタル 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
杉原誠人 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
国分恭介 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
宮崎北斗 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
鮫島良太 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
松岡正海 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
生野賢一 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
石橋脩 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
田辺裕信 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
北村宏司 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
武士沢友 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
古川吉洋 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ムルタ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ブフ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
菊沢隆徳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

乗り替わりのない馬が好成績なのはイメージ通りだけど、それにしても極端ね。

乗り替わりのあった馬は、それだけで少し評価を下げないといけないわ。

人気どころでいうと、モレイラ騎手に乗り替わるリスグラシューの扱いに気を付けたいわね。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわよ。

2018年 エリザベス女王杯 注目馬①

モズカッチャン(牝4
【前走:札幌記念(G2)4番人気3着】

前走の札幌記念では強烈な末脚を見せて、1着とタイム差なしの3着に食い込んだモズカッチャン

4か月以上のブランクがあってあの走りができるんだから、本走ではますます期待できるわね。

実力・実績ともに出走馬の中ではピカイチで、混戦模様の本走でも1番人気は譲らないんじゃないかしら。

このレースでは1番人気が勝ちきれていない、ということは何度か話しているけれど…。
彼女、それ以外のデータは好走条件によく当てはまっているのよね。

そうそう、彼女には他にもよいデータがあって、これまでのキャリアのうち、牝馬限定戦では2-1-1-1と圧倒的な成績を残しているのよ。

今後の仕上がり次第ではに据えることも考えつつ、引き続き注目していくわ!

2018年 エリザベス女王杯 注目馬②

レッドジェノヴァ(牝4
【前走:京都大賞典(G2)4番人気2着】

今年に入ってから条件戦をスイスイ勝ち上がって、前走の京都大賞典でも2着となったレッドジェノヴァ

その前走では後ろのアルバートに1馬身以上の差をつけていたし、展開次第では1着さえあり得たんじゃないか、と思わせてくれたわね。

なにより、そうして半馬身差まで迫った勝ち馬があのサトノダイヤモンド、というのは見逃せないところ。

今回は当然相手もG1級になってくるわけだけど、そこで通用するだけの実力を持っていることはすでに証明済み、と言っていいわね。

そして本走では、ここまでコンビでの成績が1-1-1-0と好調な池添騎手が引き続き騎乗してくれるようだから、データ的にも不安はないわ。

馬券内はもちろんのこと、このレースを勝ってしまっても不思議ではないわよ!

2年連続で10万馬券が出ているエリザベス女王杯
馬券を賑わしてくれそうなこの伏兵馬、ぜひチェックしてちょうだい!

2018年 エリザベス女王杯 注目穴馬

ミスパンテール(牝4
【前走:府中牝馬ステークス(G2)5番人気9着】

前走府中牝馬Sから400mの距離延長となるミスパンテール

もともとは1600mで結果を出してきた馬だから、距離についてはなおのこと不安があるのよね。
おかげで本走ではほぼまったく注目されていないわ。

でも、仮にも重賞3連勝を成し遂げた彼女、あまり見くびってはダメよ。

彼女の父ダイワメジャーはマイラーとして有名だけど、秋の天皇賞で1、引退レースの有馬記念で3という実績があるの。
さらに母父はあのシンボリクリスエス、クラシックディスタンスへの適性は十分期待できるわ。

なにより、優秀なマイラーは中距離でも戦える、ということは歴史が証明してきたわよね。

もちろん、このレースは血統や経験則だけで戦えるほど楽な舞台ではないけれど、彼女はその他のデータも良いものが揃っているわ。
3着以内に飛び込む展開に注意しなさい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次