今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

マイルチャンピオンシップ2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 マイルチャンピオンシップ 最終予想

マイルチャンピオンシップの最終予想をするわよ!

例年以上に一級線の面々が集い、誰が勝っても、どれほど高配当になっても不思議はない今回のレース。

世間では春秋でのマイル王を狙うグランアレグリアが本命に挙げられているけど、月曜にも伝えたように本走との相性には疑わしいところがあるから過信は禁物よ。

グランアレグリアの信頼度はどの程度か、彼女が飛ぶとしたら最先着するのは誰か、そのあたりをデータで検証しておいたから、しっかりチェックしてちょうだい。

予想印はページの後半で紹介しているわよ。

【PR】このサイトで
『3連単的中特化』の
↓競馬指数を無料公開中!↓

うまとみらいと

さっそく、確定した枠順から確認していくわね!

2020年 マイルチャンピオンシップ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ベステンダンク 牡8 57.0 藤岡佑介 安達昭夫 栗東
2 レシステンシア 牝3 54.0 北村友一 松下武士 栗東
2 3 ケイアイノーテック 牡5 57.0 津村明秀 平田修 栗東
4 グランアレグリア 牝4 55.0 ルメール 藤沢和雄 美浦
3 5 メイケイダイハード 牡5 57.0 酒井学 中竹和也 栗東
6 ラウダシオン 牡3 56.0 武豊 斉藤崇史 栗東
4 7 アドマイヤマーズ 牡4 57.0 川田将雅 友道康夫 栗東
8 インディチャンプ 牡5 57.0 福永祐一 音無秀孝 栗東
5 9 カツジ 牡5 57.0 池添謙一 池添兼雄 栗東
10 ブラックムーン 牡8 57.0 幸英明 西浦勝一 栗東
6 11 スカーレットカラー 牝5 55.0 岩田康誠 高橋亮 栗東
12 アウィルアウェイ 牝4 55.0 藤岡康太 高野友和 栗東
7 13 タイセイビジョン 牡3 56.0 石橋脩 西村真幸 栗東
14 サウンドキアラ 牝5 55.0 松山弘平 安達昭夫 栗東
8 15 ペルシアンナイト 牡6 57.0 大野拓弥 池江泰寿 栗東
16 ヴァンドギャルド 牡4 57.0 戸崎圭太 藤原英昭 栗東
17 サリオス 牡3 56.0 M.デム 堀宣行 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走着順別成績
前走3番人気以内で馬券になった馬は好走率が高い
前走10着以下の巻き返しは見込めない

■年齢別成績
4歳馬が馬券の中心
8歳馬は切る

■レース当日人気別成績
1番人気はここ10年勝ち星なし
穴馬選びは単勝オッズ50倍を超えない程度に

■牡牝別成績
過去10年牝馬は連対以上がない

それじゃあ今回も、過去10年分のデータを使ってマイルチャンピオンシップの予想を詰めていくわね。

今年は例年と開催場所が違うから、なるべくコースに影響されないデータを用いてあるわよ。

まずは、騎手別成績から見てちょうだい。

2020年 マイルチャンピオンシップ 騎手別成績

騎手 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
池添 2 0 0 3 40.0% 40.0% 40.0%
岩田康 2 0 0 6 25.0% 25.0% 25.0%
武豊 2 0 0 8 20.0% 20.0% 20.0%
デムーロ 1 2 0 5 12.5% 37.5% 37.5%
福永 0 1 3 4 0% 12.5% 50.0%
ルメール 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
川田 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
戸崎 0 0 0 4 0% 0% 0%
藤岡康 0 0 0 4 0% 0% 0%
0 0 0 4 0% 0% 0%
藤岡佑 0 0 0 3 0% 0% 0%
石橋脩 0 0 0 3 0% 0% 0%
松山 0 0 0 3 0% 0% 0%
北村友 0 0 0 3 0% 0% 0%
津村 0 0 0 2 0% 0% 0%
大野 0 0 0 1 0% 0% 0%

※今回騎乗が決まった騎手だけを取り上げているから、各列合計が10にならないわよ。

2勝している騎手が3人いるけど、なかでも池添Jの好走率が群を抜いているわね。

この彼が乗って2勝を挙げた2頭について調べてみたら、いずれも前走から池添Jへの乗り替わりがあった、という共通点が見つかったの。
さらに2頭とも、前走で馬券に入る活躍をしていたわ。

今回池添Jが騎乗するカツジもこの条件に該当しているから、人気薄とはいえ侮れない存在になるわよ。

さて、上位陣3頭に騎乗するMデムーロJ・福永J・ルメールJの成績も見逃せないところ。
3騎手とも馬券には絡んでいるし、成績自体にもそこまで大きな差はないんだけど…。

気になるのが、グランアレグリアに騎乗するルメールJね。
調べてみたら彼は勝ち星がない上、過去10年で2度1番人気に乗って、2度とも馬券を外していたことが分かったの。

今年に入ってG1六勝と無類の強さをほこる彼だけど、本走とはそこまで相性がいい訳ではないことを覚えておいた方がよさそうよ。

次は、所属別成績を見てもらおうかしら。

2020年 マイルチャンピオンシップ 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 2 2 2 48 3.7% 7.4% 11.1%
関西 8 8 7 98 6.6% 13.2% 19.0%

※国産馬のみを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

関西馬の分がいい、というデータよ。
例年は京都開催だし、輸送距離が抑えられる利が数字に出ている感じね。

今年は舞台が阪神だけど、そこまで京都とは離れていないし、データ上はいつも通り関西馬有利、と言ってよさそうよ。

逆に成績が芳しくない関東馬だけど、今回に限っては評価できそうな傾向があるわ。

過去に関東馬は2勝を挙げているんだけど、この2勝したレースはいずれも鞍上が外国人騎手だったのよね。
グランアレグリアサリオスの関東馬2頭は、どちらも外国人騎手が騎乗するし、「勝ち馬」に絞るとデータほどの不利はなさそうよ。

【PR】このサイトで
『3連単的中特化』の
↓競馬指数を無料公開中!↓

うまとみらいと

そんなところで、最終追い切りの結果を含めた予想印を発表していくわね。

2020年 マイルチャンピオンシップ 注目馬①

サリオス(牡3)
【前走:毎日王冠(G2)1番人気1着】

データ検証から導き出された、本走における本命馬はサリオスよ!

今回の検証では、好走傾向を示唆するデータによく該当していたし、上位陣の中でももっとも安心して軸を任せられる存在と言えるわ。

また今回鞍上を務めるMデムーロ騎手も、本走における成績が【1-2-0-5】と馬券圏内の常連
2017年には当時4番人気のペルシアンナイトを勝たせた実績もあるし、今回も同じように上位人気しているサリオスの最先着に期待大ね。

そんなMデムーロJが騎乗した美浦南Wでの最終追い切りは、【65.0-50.3-36.8-12.9】の時計で併せ馬に0秒6先着
前走毎日王冠での疲れをまったく感じさせず、万全の状態が見て取れたわ。

本走は、昨年後続に2馬身半の差をつけて圧勝した朝日杯フューチュリティSと同じ舞台
未だ底を見せない実力で、強力な古馬たちをぶっちぎって欲しいわね!

2020年 マイルチャンピオンシップ 注目馬②

アドマイヤマーズ(牡4)
【前走:スワンステークス(G2)2番人気3着】

昨年はNHKマイルCと香港マイルを制した、アドマイヤマーズ

月曜日の検証でもよく好データに該当していたし、本走において2年連続で馬券入りしている川田Jが鞍上に決まったとあって、ますます買いやすくなったわね。

そうそう、アドマイヤマーズは休み明け2走目にめっぽう強い、というデータがあるの。

彼は長期休みを入れた今回のようなローテーションで、キャリア2戦2勝しているのよね。
叩かれて本領を発揮する傾向の彼だから、今回は前走以上にパワフルな走りが期待できそうよ。

そんなアドマイヤマーズの最終追い切りは、栗東のCWで【82.8-66.6-52.1-38.7-12.2】の時計。
しまいだけ負荷をかけた走りだったものの、1週間前に比べ全体時計もよくなっているし、使われて明らかに良化しているのが伝わってきたわ。

上位3頭に隠れてオッズも高めの今回は、配当面でもおいしい1頭になりそうよ。

2020年 マイルチャンピオンシップ 注目馬③

カツジ(牡5)
【前走:スワンステークス(G2)11番人気1着】

穴馬候補として注目したいのが、スワンステークスで最先着を果たしたカツジよ。

彼は前走の1着を含め、今回の検証ではなかなか好データに該当していた1頭。

さきほども伝えたように、今回鞍上を務める池添Jはカツジと同じ条件の馬を2頭勝たせた実績があるし、上位に穴をあけるコンビになり得るわ。
さらにカツジは血統面でも優秀で、彼と同じディープインパクト産駒は本走において【3-3-4-36】とよく走る傾向にあるのも評価したいポイントね。

そんなカツジの最終追い切りは、栗東のCWで【81.5-65.8-51.5-37.8-11.7】の時計。
しまいで追われてからの反応もよかったし、初騎乗となる池添Jとの折り合いも問題なさそうよ。

前走の勝ちがフロックと見られてか、今のところ彼の人気は大穴クラス
展開一つで高配当の立役者になり得る存在だから、ぜひ覚えておいてほしいわ!

2020年 マイルチャンピオンシップ 注目馬④

グランアレグリア(牝4)
【前走:スプリンターズステークス(G1)1番人気1着】

本走において切るに切れない存在の、グランアレグリア

ここまで見てもらった通り、彼女のデータは決して好走傾向にあるとは言えない内容だし、今回に限っては頭から買うのがためらわれるんだけど…。

それでも再三言ってきたように、前例にない存在の彼女は好走に陰りが見えるという訳ではないわ。
最悪なパターンを示唆するデータは出てきていないし、不利をはねのけての激走、なんてことも十分あり得る話よ。

さて、グランアレグリアは状態もよさそうで、美浦の芝コースで行われた最終追い切りは【64.9-49.7-36.1-11.7】の時計。
前走のスプリンターズSでひと叩きされたこともあり、仕上がりについては順調そのものよ。

今回は相手が相手だけに印は連下にしてあるけど、馬券圏内は楽にありそうな彼女。
コスパも最低限はあるだろうし、馬券には含めるべきね。

上位陣は強力だけど、穴クラスの激走も十分に期待できるマイルCS。
10万馬券を狙うなら、アノ伏兵馬を忘れないことね!

2020年 マイルチャンピオンシップ 注目穴馬

ラウダシオン(牡3)
【前走:富士ステークス(G2)3番人気2着】

月曜日から変わらず、本走における注目すべき穴馬候補はラウダシオンよ!

1週間の検証で、これまで伏兵馬が強さを見せたレースの傾向によく該当していた彼。

前走の富士Sでは初対戦となった古馬相手にも連対するなど、NHKマイルCの勝ちがフロックではなかったことを証明してくれたし、今回上位3頭とも十分勝ち負けできる存在よ。

そうそう、今回鞍上を務める武豊Jだけど、本走においてはかつて4番人気だった馬を最先着させた実績があるわ。
ラウダシオンとはこれまで3度コンビを組んで、いずれのレースも馬券になっているし、本走との相性や折り合いに関しては問題ないと言えそうよ。

ラウダシオンの最終追い切りは、栗東のCWで 【82.6-66.5-51.6-37.8-12.1】の時計。
一杯で逃げる併せ馬に楽々追いついて0秒2先着するなど、上々の仕上がりが見て取れたわ。

これほどの好データが揃った彼だけど、まだまだ世間からの評価はそれほど高くなくオッズは中堅クラス
彼を切って高配当を得よう、なんて考えないことね!

エビコが認めた競馬予想「うまとみらいと」の無料登録は↓こちら
うまとみらいと

「うまとみらいと」は、本命馬穴馬指数の情報を提供する3コンテンツが一つになった、とってもオトクな競馬情報サイト。

馬の実力が一目でわかる「コラボ@指数」など、予想に必要な情報がたくさん揃っているから、まったくの初心者でも今週末から3連単が狙えるわ。

それどころか、「うまとみらいと」で提供されるボリューム満点の情報をすべて活用できれば、競馬の稼ぎで欲しかった車や時計、贅沢な食事、仕事に囚われない自由な生活を手に入れるのも夢じゃないわね。

もし、今の収入にプラスして毎週10万円の利益を得られたならあなたは何がしたい?何が欲しい?

「うまとみらいと」への登録は↓から無料でカンタンにできるけど、今のうちに週末の高配当を何に使うか、考えておいてちょうだい!

うまとみらいと
よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次