今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

マイルチャンピオンシップ2019の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 マイルチャンピオンシップ 最終予想

マイルチャンピオンシップの最終予想をするわよ!

月曜日にも話したとおり、軸が定まりにくく予想が難しいこのレース。

その分、客観的なデータを使って買い目を組み立てれば、周りの評価に惑わされずに高配当を狙うことができるわ。

今回も、十分な実績を持ちながらあまり注目されていない馬を見つけることができたから、期待していてちょうだい。

最終的な買い目はページの最後で紹介しているわよ!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2019年 マイルチャンピオンシップ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ダノンキングリー 牡3 56.0 横山典弘 萩原清 美浦
2 グァンチャーレ 牡7 57.0 松岡正海 北出成人 栗東
2 3 マイスタイル 牡5 57.0 田中勝春 昆貢 栗東
4 レッドオルガ 牝5 55.0 岩田望来 藤原英昭 栗東
3 5 インディチャンプ 牡4 57.0 池添謙一 音無秀孝 栗東
6 フィアーノロマーノ 牡5 57.0 藤岡康太 高野友和 栗東
4 7 ペルシアンナイト 牡5 57.0 マーフィ 池江泰寿 栗東
8 プリモシーン 牝4 55.0 ビュイッ 木村哲也 美浦
5 9 クリノガウディー 牡3 56.0 藤岡佑介 藤沢則雄 栗東
10 アルアイン 牡5 57.0 ムーア 池江泰寿 栗東
6 11 カテドラル 牡3 56.0 武豊 池添学 栗東
12 モズアスコット 牡5 57.0 和田竜二 矢作芳人 栗東
7 13 タイムトリップ 牡5 57.0 幸英明 菊川正達 美浦
14 ダノンプレミアム 牡4 57.0 川田将雅 中内田充 栗東
8 15 ダイアトニック 牡4 57.0 スミヨン 安田隆行 栗東
16 エメラルファイト 牡3 56.0 石川裕紀 相沢郁 美浦
17 レイエンダ 牡4 57.0 ルメール 藤沢和雄 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
勝率が高いのはG1組、単勝回収率が高いのはG2組

■前走着順別成績
前走1桁で考える
前走で馬券になった馬がよく、特に勝ち馬の複勝率が高い

■レース当日人気別成績
軸候補はよりオッズの高い方を選ぶ
単勝50倍前後なら買えるが、近年は1桁人気で決着している

■年齢別成績
馬券のピークは4歳だが、5歳馬は回収率が高い

それじゃ今回は、月曜から引き続き過去10年のデータを使って、マイルチャンピオンシップの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2019年 マイルチャンピオンシップ 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 2 0 16 10.0 20.0% 20.0%
1 1 3 15 5.0% 10.0% 25.0%
2 0 1 17 10.0% 10.0% 15.0%
0 4 0 16 0.0% 20.0% 20.0%
0 1 0 19 0.0% 5.0 5.0%
1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
1 1 5 22 3.4% 6.9% 24.1%
3 0 1 26 10.0% 10.0% 13.3%

5枠の馬がやや苦戦しているようね…
また4枠は一見それなりに善戦しているように見えるけど、過去10年でここから馬券になったのは3番人気以内の馬だけなの。

大まかに「真ん中の枠は危険」と考えていいわ。

その他の枠については、これから紹介する脚質別成績も合わせて考えつつ、各馬の特性に応じて評価していきましょう。

2019年 マイルチャンピオンシップ 脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
先行 1 2 3 29 2.9% 8.6% 17.1%
差し 6 6 5 66 7.2% 14.5% 20.5%
追込 2 1 2 46 3.9% 5.9% 9.8%

だいたいどの位置の馬も馬券になるけど、勝ち馬の大半は後ろから出ているわね。

また、追い込み馬の成績が高めなのも注目すべきポイント。

世間の評判に反して、一瞬の脚があれば位置取りが後ろでも気にせず戦えるって感じね。

今年は人気どころに先行馬が多いから、高配当に期待できそうだわ。

さあ、ここで今週の予想印を公開するわよ。

2019年 マイルチャンピオンシップ 注目馬①

ダイアトニック(牡4
【前走:毎日放送賞スワンステークス(G2)1番人気1着】

エリ女を勝って絶好調なスミヨン騎手が騎乗するダイアトニック

月曜日に紹介した時と比べると、さすがにいくらか支持が集まってきているようだけど…
それでも、データのわりにおいしい馬であることに変わりはないわ。

彼は月曜日に調べたデータによく当てはまっているのはもちろん、自分のスタイルを出しやすい外目の枠に入ったのも好印象。
陣営的にはもう少し内を望んでいたようだけど、データ上大きな問題のある枠でないのはさっき確認した通り。

前で競り合った人気どころを、直線で差し切る姿が見られそうね!

彼は調教も順調そのもので、最終追い切りは栗東の坂路を4ハロン54.5-12.3という時計。
促されてからの伸びはかなりのものだったわね。

馬体も出来てきたし、今の彼ならマイルも怖いものなしよ!

2019年 マイルチャンピオンシップ 注目馬②

ダノンキングリー(牡3
【前走:毎日王冠(G2)1番人気1着】

2頭のダノンの中では、末脚に信頼のおけるダノンキングリーを高く評価したいところ。

横山Jとの初タッグを不安視する声もあるけど、実はこのレースでは乗り替わりのあった馬の方がやや好成績、というデータがあるの。
乗り替わり自体はあまり問題にならないってこと。

彼はここまで調べたデータに不安なところもないし、枠順もスタートさえ問題なければスムーズに回れるいい所だわ。

彼の最終追い切りは、美浦のポリトラックコースを5ハロン64.6-11.6というタイム。
コースの状態を考えれば時計はそれなりだけど、まだまだ余力十分という感じだったわね。

どれだけ馬券を絞っても、彼を外すわけにはいかないわ!

2019年 マイルチャンピオンシップ 注目馬③

レイエンダ(牡4
【前走:富士ステークス(G3)3番人気2着】

末脚といえば、前走で最後方から2着につけたレイエンダについても忘れてはいけないわね。

あくまでもG3の舞台とはいえ、あの位置からヴィクトリアマイル覇者であるノームコアに半馬身差まで迫った実力は確かな物。

差し馬有利な本走でなら、どれだけの結果を残してもおかしくないわ。

大外枠に入ったおかげでどうしても距離のデメリットが心配だけど、もともと彼は1800mでも結果を残している馬。
多少外を回されても簡単にヘバるようなタイプじゃないのよね。

なにより2年前には、同じく大外から4番人気で勝ったペルシアンナイトのような例もあるし、枠順を不安視しすぎる必要はないわよ。

彼は調教も順調なようだし、かなり安心して買えるわ!

2019年 マイルチャンピオンシップ 注目馬④

ダノンプレミアム(牡4
【前走:天皇賞(秋)(G1)3番人気2着】

もう1頭の「ダノン」ことダノンプレミアムも忘れてはいけない存在。

彼が今回入った7枠はかなり複勝率が高いし、月曜日に調べたデータも加味すれば穴党の私としても切るわけにはいかないわ。

もっとも彼は前に出たい馬だし、後ろが有利なこのレースで勝てるかどうかは微妙なところだけれど…
それでも、23着にまとめてくる可能性は十分

最終追い切りは、栗東の坂路を4ハロン53.4-12.3と結構な時計だけど、馬にはまだまだ余裕がありそうだったわね。

1週前には同じコースでビッシリ追ってさらにいいタイムを出していたし、ポテンシャルの高さはさすがのもの。

あとはもう一頭のダノンとワンツーにならないよう願うばかりね!

例年を更に上回る大荒れに期待できるマイルCS
6桁配当の立役者は、きっと彼に違いないわ!

2019年 マイルチャンピオンシップ 注目穴馬

マイスタイル(牡5
【前走:毎日放送賞スワンステークス(G2)4番人気3着】

回収率の高い5歳馬からは、このマイスタイルに注目よ。

前走では、さきほど本命に推したダイアトニックとタイム差なしの争いを繰り広げるなど、実力面では不安のない存在

その割には実績を不安視されていて、本走ではあまり注目されていないのよね。

彼は5であることや、前走G2で馬券になっていること、さらに当日は恐らく単勝40倍前後で推移するであろうことなど、穴馬の条件をひととおり揃えているわ。

2000mの函館記念を逃げて勝つなど、距離や展開を選ばず器用に走れる点も高評価ね。

彼が勝ったりすれば、配当はものすごいことになるわよ!

 

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次