今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

菊花賞2019のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 菊花賞 事前予想

今週は、最も強い馬が勝つクラシック3冠の最終戦、菊花賞の予想をしていくわよ。

このレースは、タフな条件だけあってG1の割には荒れやすく、2年連続で6桁配当が出ているわ。

さらに過去10年、3連単の配当が5桁を割ったレースは1度しかないし、すんなりとは決まらない感じなのよね。

そんなレースこそ、アドレナリン競馬予想のようにデータを使って伏兵馬を見つけ出すスタイルが有効になるわ。

今回も、数々の好走条件に当てはまる穴馬を見つけたから、ぜひチェックしてちょうだい。

好走必至の注目馬はページの最後で紹介しているわよ!

さっそく、今週の特別登録馬を見てもらうわね。

2019年 菊花賞 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤジャスタ 57.0 須貝尚介 栗東
アドマイヤスコール 57.0 加藤征弘 美浦
カウディーリョ 57.0 堀宣行 美浦
カリボール 57.0 須貝尚介 栗東
サトノルークス 57.0 池江泰寿 栗東
ザダル 57.0 大竹正博 美浦
シフルマン 57.0 中尾秀正 栗東
タガノディアマンテ 57.0 鮫島一歩 栗東
ディバインフォース 57.0 寺島良 栗東
ナイママ 57.0 武藤善則 美浦
ニシノデイジー 57.0 高木登 美浦
バラックパリンカ 57.0 平田修 栗東
ヒシゲッコウ 57.0 堀宣行 美浦
ヒッチコック 57.0 中竹和也 栗東
ホウオウサーベル 57.0 奥村武 美浦
メイショウテンゲン 57.0 池添兼雄 栗東
ユニコーンライオン 57.0 矢作芳人 栗東
レッドジェニアル 57.0 高橋義忠 栗東
ワールドプレミア 57.0 友道康夫 栗東
ヴァンケドミンゴ 57.0 藤岡健一 栗東
ヴェロックス 57.0 中内田充 栗東
メロディーレーン 55.0 森田直行

それじゃあ今回は、過去10年のデータを使って菊花賞の予想を組み立てていくわよ。

前走レース別成績から見てちょうだい!

2019年 菊花賞 前走レース別成績

前走レース名 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
神戸新聞杯
G2
7 6 4 49 10.6% 19.7% 25.8%
セントライト記念
G2
1 3 1 46 2.0% 7.8% 9.8%
2勝クラス 1 0 5 35 2.4% 2.4% 14.6%

※ここに表示していないレースは、本走の出走馬と関係がないか、あるいは馬券になった馬が1頭もいないレースよ。

神戸新聞杯を使ってきた馬がかなり安定した結果を残している一方で、セントライト記念組は好走率がイマイチ

今年はセントライト記念5着のニシノデイジーが、ルメールJ騎乗でそれなりの人気になりそうだけど、ちょっと注意した方がいいわよ。

また下位条件に注目すると、前走2勝クラスを使ってきた馬が3着に飛びこむケースが多いようね。

そういったレースは配当が上がることも多いから、詳しく調べてみたの。

するとそんな2勝クラス組の中でも、2000m以下の距離を使ってきた馬は、成績が1-0-0-20一段落ちることがわかったの。

条件戦上がりの馬なら、さすがに長めの距離での実績が欲しい、って感じね。

アドマイヤスコールカウディーリョカリボールあたりはちょっと厳しいわ。

次は、前走着順別成績を見てちょうだい。

2019年 菊花賞 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 6 1 6 43 10.7% 12.5% 23.2%
2着 2 5 1 17 8.0% 28.0% 32.0%
3着 2 3 1 14 10.0% 25.0% 30.0%
4着 0 0 1 13 0% 0% 7.1%
5着 0 0 1 12 0% 0% 7.7%
6~9着 0 1 0 31 0% 3.1% 3.1%
10着以下 0 0 0 20 0% 0% 0%

馬券の大半は、前走で馬券になった馬が占めているのね!

ただその中で、1着ならそれだけ強いかといえばそうでもなく、むしろ前走3着の馬は単勝回収率が150%にもなるから狙い目よ。

さて、そうなると穴党として気になるのが、前走4着以降で馬券になった馬たち。

彼らについて詳しく調べてみたところ、3頭とも前走時点での人気が1に収まっていたことがわかったわ。

つまり、逆に前走時点で人気のなかったナイママメイショウテンゲンは、ちょっと買いにくいってことね。

あとこれはデータを見ての通りだけど、前走で2桁まで落ちた馬はさすがに馬券になっていないから、アドマイヤジャスタあたりも気を付けた方がいいわよ。

次は、レース当日人気別成績を見てもらうわね。

2019年 菊花賞 レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5 1 1 3 50.0% 60.0% 70.0%
2番人気 0 3 0 7 0% 30.0% 30.0%
3番人気 1 0 2 7 10.0% 10.0% 30.0%
4番人気 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
5番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
6番人気 0 0 2 8 0% 0% 20.0%
7番人気 2 1 2 5 20.0% 30.0% 50.0%
8番人気 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
10番人気以下 0 1 3 86 0% 1.1% 4.4%

1番人気が順当に好成績を残しているようだけど、いくつか気になる点があるわ。

まず、7番人気の馬が妙に好走していること。

そしてG1にしては珍しく、2桁人気で馬券になった馬が4頭いることね。

7番人気について調べてみると、レース当日の単勝オッズがだいたい10倍台後半から20倍台前半くらい。

この範囲でほかの好走条件に当てはまる馬がいたら買いよ。
次に、2桁人気で馬券になった馬について調べてみたんだけど…

該当する4頭のうち3頭は、前走で2勝クラスを使っていたから、基本的には「大穴を狙うなら上がり馬がいい」って感じね。

のこる1頭はセントライト記念組だったんだけど、その馬は2017年のクリンチャー。

前走の時点で前々走+18kgの体重増があって9着に沈んでいて、その影響で人気を落としていたのよね。
当時の彼のように、前走負けた理由がハッキリしているのに、成績だけ見られて人気を落としている、という馬がいれば、買うのもおもしろいわよ。

次は、所属別成績を見てもらうわね。

2019年 菊花賞 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 1 0 1 45 2.1% 2.1% 4.3%
関西 9 10 9 105 6.8% 14.3% 21.1%

京都で開催される最高峰のレースだけあって、典型的な西高東低

馬券のほとんどを関西馬が占めているわ。

関東から輸送されてくる、というだけで、かなり割り引いて考えないといけないわね。
いちおう、過去10年で馬券になった関東馬を詳しく調べてみたところ、くしくも2頭とも、さきほど好走率が高いと紹介した当日の7番人気

さらに前走時点では1番人気だった、という共通点が見つかったわ。

人気推移をチェックしつつ、条件に合う馬がいたら買ってみましょう。

逆に、あからさまに人気している関東馬や、大穴クラスの関東馬は遠慮なく切りたいところ。

現時点で安定した支持を得ているニシノデイジーヒシゲッコウあたりは、気を付けた方がいいわね。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわよ。

2019年 菊花賞 注目馬①

ヴェロックス(牡3
【前走:神戸新聞杯(G2)2番人気2着】

皐月賞2着、ダービー3着の実力をひっさげて本走に挑むヴェロックス

世間での人気は頭一つ抜けていて、今後出てくる情報次第では単勝2倍切ってもおかしくないくらいね。

前走では勝ち馬のサートゥルナーリアにこそ大きく離されてしまったけど、ワールドプレミアにしっかり1馬身以上の差をつけていたのが好印象。

本走はひとたたきが終わって、万全の状態で挑めそうよね。

彼はローテーションなどさまざまなデータが好走条件に合致しているし、穴党の私としても切るわけにはいかなさそうな存在。

とはいえ、金曜日までシビアに実力を見定めていくつもりよ!

2019年 菊花賞 注目馬②

レッドジェニアル(牡3
【前走:神戸新聞杯(G2)4番人気4着】

ヴェロックスに敗れたとはいえ、同じ神戸新聞杯組としてこのレッドジェニアルにも注目したいところ。

同じレースを使ってきたワールドプレミアと比べると、彼は重賞勝ちの経験があるのが魅力的ね。

さらに、ワールドプレミアはこれまで多くとも13頭立てのレースしか使っていないのに比べて、レッドジェニアルはダービーで本走のようなフルゲートのレースを経験している、というのも見逃せないわ。

菊花賞は前走4着以降の馬にちょっと厳しいレースだけれど、その前走で1桁人気だった馬なら好走しうる、というのはすでに話したとおり。
神戸新聞杯は8頭立てだったから、データをそのまま適用するわけにはいかないけど、彼は上半分に含まれる4番人気だったわけだから安心ね。

今のところあまり注目されていない彼、このまま中穴でいてくれればかなりオイシイことになるわよ!

去年や一昨年のような大荒れに期待できる菊花賞
データが導き出したこの穴馬で、高配当をゲットしてちょうだい!

2019年 菊花賞 注目穴馬

サトノルークス(牡3
【前走:朝日セントライト記念(G2)8番人気2着】

セントライト記念組は好走率がイマイチだけど、今年の該当馬のなかで最も先着している、このサトノルークスにはぜひ注目したいところ。

そもそもこのレースを使ってきた子たちの中でも、3着以内だった馬に限定してデータを出すと成績は1-2-1-18
複勝率は16で、データ的には十分合格点って感じなのよ。

さっき説明した通り、菊花賞は前走で馬券になった馬が中心となるレースだし、彼を見逃すと思わぬ損につながるわよ。

さて、セントライト記念で馬券になった馬というと、本走では他にもザダルがいて、彼は前走でサトノルークスとクビ差だった上に通算成績はより華やかよね。

ただそのザダルは、データ的に不安の大きい関東馬だという点がネック。

どちらも人気は大して変わらないだろうから、そういった意味でもサトノルークスの方が買いやすいわ。

実力面ではさすがにヴェロックスなどに一段及ばないだろうけど、そういう馬でさえ勝ちかねないのがこのレースよ!

 

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次