今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

菊花賞2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 菊花賞 事前予想

先日の秋華賞はみんな見たかしら?

アーモンドアイの三冠達成…すごい脚だったわ!
1頭だけ、ちょっとスペックが違ったって感じ(笑)。
最後の直線は、他の馬が止まって見えたほどよ…。

いやでも今後の活躍に期待が高まるわね!

そして、引き続き京都では大注目のレースが開催されるわ。

そう、クラシック3冠競走のトリ菊花賞G1よ!

過去の勝ち馬はオルフェーヴルゴールドシップキタサンブラックキセキといった錚々たる顔ぶれ。
先週行われた京都大賞典で復活を遂げたサトノダイヤモンドも忘れてはいけないわね。

今年は日本ダービー馬ワグネリアン不在ということで、どの馬にもチャンスあり。
去年ほどではないにしろ、今年もひと波乱ありそうだわ。

現時点での注目馬は最後に紹介しているから、しっかりチェックしてちょうだいね。

ということで、今年の登録馬の紹介に移るわ。

2018年 菊花賞 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アイトーン 57.0 五十嵐忠 栗東
アフリカンゴールド 57.0 西園正都 栗東
エタリオウ 57.0 友道康夫 栗東
エポカドーロ 57.0 藤原英昭 栗東
オウケンムーン 57.0 国枝栄 美浦
カフジバンガード 57.0 松元茂樹 栗東
グレイル 57.0 野中賢二 栗東
グローリーヴェイズ 57.0 尾関知人 美浦
グロンディオーズ 57.0 田村康仁 美浦
コズミックフォース 57.0 国枝栄 美浦
ゴールドフラッグ 57.0 須貝尚介 栗東
シャルドネゴールド 57.0 池江泰寿 栗東
ジェネラーレウーノ 57.0 矢野英一 美浦
ステイフーリッシュ 57.0 矢作芳人 栗東
タイムフライヤー 57.0 松田国英 栗東
ドンアルゴス 57.0 庄野靖志 栗東
フィエールマン 57.0 手塚貴久 美浦
ブラストワンピース 57.0 大竹正博 美浦
メイショウテッコン 57.0 高橋義忠 栗東
ユーキャンスマイル 57.0 友道康夫 栗東

ここから過去10年分のデータを使って、菊花賞の予想を始めていくわよ!

はじめに、前走レース別成績。

2018年 菊花賞 前走レース別成績

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
神戸新聞G2 8- 6- 5-51/70 11.4% 20.0% 27.1%
セントラG2 1- 3- 1-45/50 2.0% 8.0% 10.0%
野分特別1000 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
札幌記念G2 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
兵庫特H1000 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0%
支笏湖特1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
阿賀野川1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
九十九里1000 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
野分特H1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
HTB賞1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
習志野特1000 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
日高特別1000 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
朝日チャG3 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
大原S1600 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
清滝特H1000 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
500万下 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
本栖湖特1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
美作特H1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
能勢特H1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
東京優駿G1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
東京スポG3 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
丹頂SH 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
西宮SH1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
西宮S1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
清滝特別1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
新潟記念HG3 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
三田特H1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
札幌日経 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
札幌日H1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
玄海特H1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
愛宕特別1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
阿寒湖特1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ライラッ1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ムーンH1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
マレーH1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
フィリH1000 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ジャパG1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
オクトH1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
1000万下 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

 

とても分かりやすいデータで、馬券の中心は前走トライアル組って感じね。
異例ローテで注目を浴びているブラストワンピースは、扱いに気を付けないといけないわ。

今年トライアルから参戦するのは、下記9頭よ。

エタリオウ
エポカドーロ
オウケンムーン
グレイル
コズミックフォース
ジェネラーレウーノ
ステイフーリッシュ
タイムフライヤー
メイショウテッコン

札幌記念からも1頭絡んでいるけど、同馬は前走4番人気3着
それなりの人気を背負って好走した馬ってことだから、アイトーン(前走16番人気16着)には荷が重そうね…。

あと、G1菊花賞といえども条件戦からの上がり馬にも注意しておかないといけないわ。
当日6番人気以降の穴馬たちも多く絡んでいるから、なおさら警戒が必要よ。

さらに、5頭中4頭が2400m以上の好走経験があったことがわかったの。
中距離以上の好走歴には要注目ね。

次は、前走着順別成績よ。

2018年 菊花賞 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6- 1- 5- 43/ 55 10.9% 12.7% 21.8%
前走2着 1- 4- 1- 17/ 23 4.3% 21.7% 26.1%
前走3着 3- 3- 1- 13/ 20 15.0% 30.0% 35.0%
前走4着 0- 0- 1- 13/ 14 0.0% 0.0% 7.1%
前走5着 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%
前走6〜9着 0- 1- 1- 33/ 35 0.0% 2.9% 5.7%
前走10着〜 0- 1- 0- 20/ 21 0.0% 4.8% 4.8%

 

前走馬券に絡んだ馬が(10-8-7-73)と、圧倒的な強さを見せているわ。
勝ち馬もココから考えてよさそうね。

このうち前走が神戸新聞杯だった馬に絞ると(8-5-2-10)複勝率60%と、かなりの好成績。
エタリオウメイショウテッコンの評価を上げないといけないわね。

4着以下で敗れた5頭についてなんだけど、全頭が神戸新聞杯朝日杯セントライト記念を使ってきた馬たちだったの。

つまり、トライアルで馬券に絡めなかった馬が本番で巻き返したってこと。

そう考えると、アイトーンゴールドフラッグ消しでいいわね。

続いて、前走距離別成績。

2018年 菊花賞 前走距離別成績

1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 1- 0- 0- 12/ 13 7.7% 7.7% 7.7%
2000m 0- 1- 0- 20/ 21 0.0% 4.8% 4.8%
2200m 1- 3- 2- 46/ 52 1.9% 7.7% 11.5%
2400m 8- 6- 7- 61/ 82 9.8% 17.1% 25.6%
2500m 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
2600m 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%

 

やはり3000mという距離だけあって、前走との差が1000m以上ひらくと大きい影響が出るようね。
中心は前走2400mで考えたいところ。

有力馬筆頭のブラストワンピースには不利なデータね…。

最後は、所属別成績よ。

2018年 菊花賞 所属別成績

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 0- 0- 1- 44/ 45 0.0% 0.0% 2.2%
栗東 10- 10- 9-106/135 7.4% 14.8% 21.5%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

 

出走数の差があるとはいえ、これは大きな偏り
圧倒的に関西馬が有利というデータね。

またもブラストワンピース不利なデータが出てしまったわ…。

唯一の関東馬は2014年のゴールドアクター。
戦績を見ると2400m以上での好走歴が目立つから、中距離以上への適性が必要ってことかしら。

ブラストワンピースは日本ダービー5着、2400mのゆりかもめ賞1着の好走歴があるから、まだ検討の余地はありそうね。

それじゃ、ここまでのデータをもとに現時点での注目馬を紹介するわよ。

2018年 菊花賞 注目馬①

エタリオウ(牡3)
【前走:神戸新聞杯(G2)3番人気2着】

エタリオウ・ブラストワンピース・エポカドーロで人気を分け合いそうだけど、この中だったらエタリオウを推すわ。

「前走トライアル組」「前走3着以内」「前走2400m」「関西馬」と、データ面からも隙が見当たらないのよね。
特に、「前走神戸新聞杯3着以内」複勝率60%の好データは見逃せないわ。

前走はワグネリアンに惜敗してしまったけど、上がりは最速の33.9秒
見どころは十分だったわ。

2走前の日本ダービーも、先行勢が3着内を独占する中での4着
着順以上に強い競馬を見せてくれたわね。

勝ち切れないという面は確かにあるけど、キャリア8戦すべて掲示板確保という安定した戦績もまた事実。
2400mをコンスタントに使っているから、3000mへの対応も問題さそうだわ。

データと適性を鑑みると、今のところ軸馬候補ナンバー1ね。

2018年 菊花賞 注目馬②

グレイル(牡3)
【前走:朝日杯セントライト記念(G2)6番人気3着】

なかなか結果が残せず、もどかしい展開が続いていたグレイル。
けど、前走では上がり最速をマークして3着に健闘し、菊花賞への切符を掴んだわ。

やはり左回りが苦手なのかしら…。
今回の京都は2戦2勝の得意コースだから、舞台替わりはプラスに働きそうね!

データ面でも「前走トライアル組」「前走3着以内」「関西馬」と、大きなマイナス
もなし
前走2200mも6頭が馬券に絡んでいるから、そこまで悲観することもないわ。
この6頭のうち、5頭が朝日杯セントライト記念を使っているしね。

前走を叩いたことで、上積みにも期待できるわ。

そこまで注目を浴びていないから、妙味馬券にも期待できそうよ。

ダービー馬不在で、どの馬にもチャンスがある菊花賞
気になるのは前走を快勝した上がり馬!
不安要素もあるけどコノ馬の堅実な脚と実績は見逃せないわ!

2018年 菊花賞 注目穴馬

グロンディオーズ(牡3)
【前走:信濃川特別(1000万下)2番人気1着】

条件戦からの参戦で気になるのはコノ馬ね。

前走は2着を3馬身突き放しての快勝。
しかも上がりは最速の33.1秒…前でそれだけの脚を使われては、後続も追い抜けないわ…。

ちなみに、信濃川特別は前年覇者キセキも勝ったレースなの。
ただ、キセキはその後に神戸新聞杯を使ったけど、グロンディオーズは直行
この差がどう出るかに注目ね。

「前走2000m以下」「関東馬」とマイナスデータも目立つんだけど、どうにも気になる1頭なのよ…。

距離に関しても2走前の500万下で2400mを勝っているし、距離延長も問題なく対応できそう。
キャリア4戦すべてで上がり最速をマークと、堅実な末脚も魅力だわ。

ここまで馬券圏内に飛んだことなしという安定した実績にも注目よ。

モレイラ騎手を確保しているのも不気味ね…。

とはいえ不安要素も多い馬だから、追い切りなども見て金曜日に最終判断をするわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次