g1レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

菊花賞予想 2017

レースの見どころ
3歳牡馬三冠の最終戦、菊花賞(G1)が行われるわ!

先週の秋華賞と同じように直近10年の勝ち馬は、その後のG1でも活躍しているの。

代表的な馬は、サトノダイヤモンド・キタサンブラック・エピファネイア・ゴールドシップ・オルフェーヴル。

競馬ファンならまず知っている名馬が勢ぞろいなのよ。


菊花賞は強い馬が勝っているんだけど、それなりに紐荒れしてくれるレースでもあるの。

さすがに初体験の3000m、上位人気が絡んでも30万馬券が過去10回で3回。

イメージを持ってもらうために、直近の結果をまとめてみたわ。

過去10年に成績

1番人気の複勝率が80%と、軸として安心できる数字。

30万オーバーでも2回馬券に絡んでいるから、1番人気を軸に二桁人気まで深掘りしていくっていうのがセオリーね。


菊花賞の前哨戦である神戸新聞杯(G2)を勝ったレイデオロは、ジャパンカップに向かうから、今回の上位人気はアルアイン・キセキ・サトノアーサー・ミッキースワロー辺り。

1番人気は、キセキかしらね…。

でも、抜けた力を持つ馬がいない、今回の菊花賞。
それなりに荒れる結果になりそうよ。

今回のデータでは7頭まで絞り込めたわ!

穴馬もしっかり残ったから、楽しみにしててちょうだい!


紹介する前に、まずは登録馬を確認するわね。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アダムバローズ57.0角田晃一栗東
アドマイヤウイナー57.0須貝尚介栗東
アルアイン57.0池江泰寿栗東
アルムチャレンジ57.0川村禎彦栗東
ウインガナドル57.0上原博之美浦
キセキ57.0角居勝彦栗東
クリノヤマトノオー57.0高橋義忠栗東
クリンチャー57.0宮本博栗東
サトノアーサー57.0池江泰寿栗東
サトノクロニクル57.0池江泰寿栗東
サンデームーティエ57.0谷原義明美浦
スティッフェリオ57.0音無秀孝栗東
ダノンディスタンス57.0佐々木晶栗東
ダンビュライト57.0音無秀孝栗東
チャロネグロ57.0大和田成美浦
トリコロールブルー57.0友道康夫栗東
ブレスジャーニー57.0佐々木晶栗東
プラチナヴォイス57.0鮫島一歩栗東
ベストアプローチ57.0藤原英昭栗東
ポポカテペトル57.0友道康夫栗東
マイスタイル57.0昆貢栗東
マイネルヴンシュ57.0水野貴広美浦
ミッキースワロー57.0菊沢隆徳美浦
メイショウテンシャ57.0池添兼雄栗東


それじゃ、過去10年分のデータを使って菊花賞の予想をはじめるわ。

まずは、前走クラス別成績から。

前走クラス別成績
前走クラス別成績

馬券に絡んだのは、G2と条件戦のみ。

今年は、前哨戦以外のG2組はいないから、神戸新聞杯(G2)・セントライト記念(G2)・条件戦の馬で考えれば良いわ。

前走のレースの詳細をもう少し具体的に紹介するわね。

前走レース別成績
前走クラス別成績

なるほど。

2つある前哨戦でも、神戸新聞杯から参戦する馬の成績が良いわ。

馬券組み立ての中心は、前哨戦でも特に神戸新聞杯組から考えるってことね。


ここでは、前哨戦以外の馬の情報を集めてみたわ。

■前哨戦以外から参戦して馬券に絡んだ6

2016年のレインボーライン(9番人気2着)
前走の札幌記念(G2)を4番人気3着

2007年のアルナスライン(6番人気2着)
前走の京都大賞典(G2)を6番人気3着

2014年のゴールドアクター(7番人気3着)
前走の1000万下を1番人気1着

2013年のバンデ(3番人気3着)
前走の1000万下を1番人気1着

2010年のビートブラック(13番人気3着)
前走の1000万下を5番人気1着

2009年のスリーロールス(8番人気1着)
前走の1000万下を3番人気1着


G2からの参戦馬は、一桁人気で馬券に絡んでいること。

1000万下では、一桁人気で1着ということが条件になるわね。


今年、前哨戦以外から馬券に絡む可能性があるのは、クリノヤマトノオー・トリコロールブルー・ポポカテペトル・マイネルヴンシュの4頭よ!

前哨戦組が15頭いるから実質19頭立て、まだまだ絞り込んでいくわ!


次は、前走着順別成績よ。

前走着順別成績
前走着順別成績

勝ち馬は、前走馬券に絡んだ馬と考えて良さそうね。

連対馬も、10番人気以下で馬券に絡んだ馬の情報が分かれば、同様に考えられるかもしれない。


ここでは前走4着以下からの参戦で、馬券に絡んだ4頭の情報をまとめたわ。

■前走4着以下からの参戦で、馬券に絡んだ4頭

2012年のユウキソルジャー(7番人気3着)
前走の神戸新聞杯で9番人気4着

2016年のエアスピネル(6番人気3着)
前走の神戸新聞杯で2番人気5着

2008年のナムラクレセント(9番人気3着)
前走の神戸新聞杯で7番人気6着

2008年のフローテーション(15番人気2着)
前走の神戸新聞杯で14番人気12着


これは面白いわね。

前走4着以下だった馬で考えれば良いのは神戸新聞杯組ってことね!

あとは、この4頭の血統なんだけど、サンデーサイレンスが祖父にいたわ。


ここで切れるのは、神戸新聞杯以外で馬券に絡まなかったクリンチャー・サンデームーティエ・スティッフェリオ・プラチナヴォイスの4頭。

そして、神戸新聞杯で馬券に絡まなかった馬の中で、祖父がサンデーサイレンスではない、アドマイヤウイナー・ベストアプローチの2頭、合計6頭が切れたわ。

残り13頭、もっと絞らないとね。


菊花賞 特別データ
最後は、直近の3走を基にしたデータを用意したわ。

過去10年で馬券に絡んだ30頭の直近3戦のデータを調べていたら、面白いデータが見つかったの。


30頭中、直近の3レースで馬券に2回以上絡んだ馬が25頭だったの。

中でも勝ち馬は10頭すべて、2着馬は10頭中9頭が条件を満たしていたわ。

ここまで残った13頭中、この条件を満たすのはアルアイン・キセキ・クリノヤマトノオー・サトノアーサー・サトノクロニクル・マイネルヴンシュ・ミッキースワロー。

この7頭から今年の勝ち馬が出るってことよ!


それじゃ、今回のデータをまとめるわ。

■前走クラス別成績
馬券の中心は前哨戦2レースからの馬
相手は条件戦で1着だった馬も検討

■前走着順別成績
馬券の中心は前走3着以内
4着以下の場合には、神戸新聞杯組でサンデーサイレンスを祖父に持つ馬に注目したい

■直近の3走データ
連対馬20頭中、直近3戦で2回以上馬券に絡んでいる馬が19頭
勝ち馬はアルアイン・キセキ・クリノヤマトノオー・サトノアーサー・サトノクロニクル・マイネルヴンシュ・ミッキースワローの7頭から考える


絞り込みが足りないわ…。

金曜日までには十分なデータを集めておくわね!!


最後に上記のデータを基に、現時点での注目馬を紹介するわ。



注目馬1
キセキ(牡3)
【前走: 神戸新聞杯(G2)2着(2番人気)】

前走、ダービー馬レイデオロの2着。

無難にレイデオロが勝ったように見えるけど、正直キセキの方が良い走りが出来ていたと思うわ。

1000mが61秒6のペースだったから、前の馬がやや有利な展開で2着というのは高評価。

また、直線で進路が厳しかったというのも敗因だと感じるわ。


これまで2回の重賞では馬券に絡み、毎日杯(G3)ではアルアイン・サトノアーサーの3着。

前走では、レイデオロとサトノアーサーの間の2着。

とりあえずサトノアーサーには、借りを返した感じになったわね。


今回は、皐月賞馬のアルアインに借りを返す番!

重賞は未勝利だけど、過去10年でも5頭が勝っているから問題ないわよ。


注目馬2
ミッキースワロー(牡3)
【前走: セントライト記念(G2)1着(2番人気)】

京都新聞杯では4番人気5着だったけど、切れる脚色から次走の条件戦では1番人気で3着。

横山典弘騎手に乗り替わった途端に、G2を制覇したわね!

これをみると、やっぱり騎手の腕で結果が変わるのが分かるわ。


注目馬に取りあげたのはデータとの相性が良いのもあるけど、中団からでも十分に脚を活かせるスタミナはあることが前走で分かったから。

3000mに距離は伸びるけど、中団で走れれば重賞連覇もありえるわよ!

実績で言うと今一つだけど、掲示板を外したことがない安定性から相手からは外せない1頭よ!


注目馬3
アルアイン(牡3)
【前走: セントライト記念(G2)2着(1番人気)】

今回重賞を勝った馬が3頭いるんだけど、唯一のG1勝利馬。

実績でみるとアルアインが抜けているわね。
ただ、勝った皐月賞では8番人気と微妙な支持。

前走もミッキースワローに、次元の違う脚で差されて2着だったわ。


「弱くはないけど、本当に強いの?」と思っている人もいるんじゃないかしら。

確かに、私も同じように感じるのが正直なところ。

もちろんデータでもマイナスになるものは無いし、今回のメンバーを見ても普通に走れれば馬券に絡むと思うけど…。

事前予想までに、もう少し情報を入れて最終判断するわ。


注目馬4
サトノクロニクル(牡3)
【前走: セントライト記念(G2)3着(3番人気)】

こちらもセントライト記念からの参戦馬。

データでは神戸新聞杯組の成績が目立ったけど、メンバーで考えると今年はセントライト記念組の方が有利?!という印象を持っているわ。


これまでの重賞成績は3戦して2回馬券に絡んでいるし、上記で紹介したミッキースワローに京都新聞杯(G2)でも先着しているから、ある程度の信頼は持てそうよ。


でも、気になるのは2走前のラジオNIKKEI賞(G3)。

直線に入る前から川田騎手が焦っていたのが観て分かるわ。

初の長距離輸送の影響か気分屋なのか?
結果的には馬なりのレースになってしまったわね。


プラス面で言うと京都での成績。

これまで走った3戦ではすべて連対!

今回の人気馬は中団以降の競馬をすることが多いから、サトノクロニクルは先行するはず。

上手くいけば、前残りも十分に考えられるわ!


3歳牡馬、初体験の3000m
1番人気が強いが、紐荒れを大いに期待できるレース
今年データに該当する大穴は“この馬”よ!



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます



2017年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報 g1全26レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る