今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

菊花賞2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 菊花賞 最終予想

菊花賞の最終予想をするわよ!

皐月賞馬とダービー馬が出走を回避したことで、より混戦模様となっているこのレース。

世間の評価を見ても抜けた支持を集めるような大本命は不在だし、各馬に甲乙をつけるのが難しいと感じている人も多いんじゃないかしら。

そんな時こそ、頼るべきは客観的なデータを使った予想よ。

今回は走る材料を備えた上位陣に加え、大荒れを予感させる穴馬候補も見つかっているから、ぜひウチの予想印を参考にしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

2021年 菊花賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ワールドリバイバル 牡3 57.0 津村明秀 牧田和弥 栗東
2 アサマノイタズラ 牡3 57.0 田辺裕信 手塚貴久 美浦
2 3 タイトルホルダー 牡3 57.0 横山武史 栗田徹 美浦
4 ロードトゥフェイム 牡3 57.0 丹内祐次 尾形和幸 美浦
3 5 レッドジェネシス 牡3 57.0 川田将雅 友道康夫 栗東
6 セファーラジエル 牡3 57.0 鮫島克駿 高柳大輔 栗東
4 7 ディープモンスター 牡3 57.0 武豊 池江泰寿 栗東
8 エアサージュ 牡3 57.0 藤岡佑介 池添学 栗東
5 9 ヴェローチェオロ 牡3 57.0 幸英明 須貝尚介 栗東
10 モンテディオ 牡3 57.0 横山和生 四位洋文 栗東
6 11 ディヴァインラヴ 牝3 55.0 福永祐一 斉藤崇史 栗東
12 ノースザワールド 牡3 57.0 和田竜二 大久保龍 栗東
7 13 アリーヴォ 牡3 57.0 M.デム 杉山晴紀 栗東
14 ステラヴェローチェ 牡3 57.0 吉田隼人 須貝尚介 栗東
15 ヴァイスメテオール 牡3 57.0 丸山元気 岩戸孝樹 美浦
8 16 グラティアス 牡3 57.0 松山弘平 加藤征弘 美浦
17 ヴィクティファルス 牡3 57.0 池添謙一 池添学 栗東
18 オーソクレース 牡3 57.0 ルメール 久保田貴 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
G2組で神戸新聞杯を使った馬が有力
2勝クラス組に穴馬の気配アリ

■前走着順別成績
前走3着以内だった馬が、馬券の大半を占めている
前走が重賞で、かつ同じ騎手が鞍上であれば巻き返しに期待できる

■レース当日人気別成績
1番人気が圧倒的に強い
10番人気以降では中長距離のレースで勝ち鞍のある馬に注目

■所属別成績
関西馬が優勢

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを用いて菊花賞の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 菊花賞 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 2 0 2 6 20.0% 20.0% 40.0%
2枠 0 2 2 6 0.0% 20.0% 40.0%
3枠 1 1 1 8 9.1% 18.2% 27.3%
4枠 0 1 1 9 0.0% 9.1% 18.2%
5枠 0 0 1 11 0.0% 0.0% 8.3%
6枠 1 4 2 8 6.7% 33.3% 46.7%
7枠 2 0 1 14 11.8% 11.8% 17.6%
8枠 4 2 0 14 20.0% 30.0% 30.0%

今年は京都ではなく阪神でのイレギュラー開催ということで、同条件で行われている阪神大賞典の枠順別データを使用するわよ。

基本的には、外側ほど勝率が高い、って感じね。

とくに大外8枠は、もっとも勝ち馬が出ているとあってより警戒したいところ。
該当するグラティアスヴィクティファルス、そしてトップ人気筆頭のオーソクレースは優位にレースが運べそうね。

逆に最内の1枠だけど…。

外枠と同等の好走率が出ているだけでなく、回収率も単勝・複勝ともに120%を超えているのよね。
今年1枠に入ったワールドリバイバルと、アサマノイタズラは侮れないわよ。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2021年 菊花賞 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 1 1 2 26 3.3% 6.7% 13.3%
460~479kg 1 3 3 38 2.2% 8.9% 15.6%
480~499kg 6 4 4 58 8.3% 13.9% 19.4%
500kg以上 2 2 1 28 6.1% 12.1% 15.2%

馬格のある馬の方が、好走する傾向が強いようね。

とくに480~499kgの範囲だった馬は、勝ち馬の大半を占めるほどの激走を見せているわ。

調教後の馬体重を参考にすると、穴クラスの6頭が該当しているから注目したいわね。

ちなみに520kg以上だった馬は、単勝回収率が120%オーバーとコスパ良好。
該当するワールドリバイバルセファーラジエルエアサージュは、いかにも傾向に当てはまりそうな3頭だし覚えておきたいわ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 菊花賞 注目馬①

ステラヴェローチェ(牡3)
【前走:神戸新聞杯(G2)2番人気1着】

今年の菊花賞、私エビコが本命に推すのはステラヴェローチェよ!

皐月賞馬とダービー馬が不在の今回、実績ではメンバー最上位とあって、世間的にもかなり人気している彼。
ソダシ同様、飛ぶ可能性も考慮して検証をしてきたけど、データを見る限り勝ち負けする展開はカタそうよ。

月曜日にも走る材料が見つかっていたけど、今日枠・馬体重ともに好調な範囲にあるとわかったし、文句なく信頼に値するわね。

それに前走では不良馬場を最速の上がりで勝ち切っているし、馬場状況を問わず強烈な末脚が繰り出せるところも高く評価できるわ。

そんなステラヴェローチェの最終追い切りは、栗東の坂路で【52.3-38.1-24.7-12.6】という時計。
折り合いも状態もよさそうで、終盤のスタミナ勝負なら大歓迎、って感じよ。

同厩であるソダシの敵討ちも含め、ラスト一冠負けられないわね!

2021年 菊花賞 注目馬②

ディヴァインラヴ(牝3)
【前走:木曽川特別(2勝クラス)1番人気1着】

長距離適性、という面ではこのディヴァインラヴは忘れてはいけない存在よ。

3連敗後に挑んだ前々走のタイランドCでは、後続に約2馬身差をつけて勝利した彼女。
その勢いで前走の木曽川特別でも最先着を果たすなど、中長距離路線で一気に才能を開花させた、って感じよね。

まだまだ2勝クラスを突破したばかりに過ぎない彼女だけど、昨年コントレイルを寸でのとこまで追い詰めたアリストテレスも同じような戦歴だったし、この舞台でのこういう上がり馬は侮れないわよ。

ディヴァインラヴは状態もかなりよさそうで、栗東のCWで行った最終追い切りでも【82.9-66.6-51.9-38.6-12.3】の時計を記録。
鞍上の福永祐一Jとの折り合いもバッチリだし、あとは気分よく日曜日に走れれば、ってところね。

オッズもいいし、彼女が勝つようなことがあれば歴史的にも配当的にも物凄い勝利になるわ!

2021年 菊花賞 注目馬③

エアサージュ(牡3)
【前走:札幌日刊スポーツ杯(2勝クラス)2番人気1着】

月曜日にも注目馬として紹介していた、エアサージュ

今日の検証で、彼ほど大柄な馬でも好走傾向にある、ということがわかったし、ますます番狂わせに期待できる、って感じよね。

阪神でのレース経験こそないものの、スタミナとパワーの象徴ロベルト系の血統を持つ彼なら十分こなせそうだし、得意の先行策がハマれば勝ち負けになるはずよ。

そんなエアサージュの最終追い切りは、栗東の坂路で【55.9-40.2-25.6-12.2】の時計を記録。
リズムよく足が出ていたし、前走から変わらず好調と見ていいんじゃないかしら。

オッズも20~30倍はカタそうだし、配当妙味のある穴馬候補として覚えておいてちょうだい!

2021年 菊花賞 注目馬④

セファーラジエル(牡3)
【前走:神戸新聞杯(G2)6番人気7着】

好調神戸新聞杯組からは、セファーラジエルにも注目よ。

そんな重賞初参戦となった前走の神戸新聞杯では、7着入線と結果を出せなかった彼だけど…。
伝えたようにデータ上この菊花賞では、前走が重賞で、かつ前走と同じ騎手が鞍上であれば巻き返しが期待できるのよね。

本走の舞台である阪神ではすでに4戦しているなど経験も十分だし、枠・馬体重も好走傾向内と、走る材料が揃った今回は重賞馬相手にも見せ場を作れると見ているわ。

セファーラジエルの最終追い切りは、栗東のCWで【82.5-66.1-50.9-36.3-11.5】の時計。
タッグ3戦目となる鮫島Jがとにかく乗りやすそうで、仕上がりも万全、って感じだったし期待できるわよ。

正直最先着は難しいところかもしれないけど、高配当を狙うなら彼は切れないわ!

荒れる気配が濃厚な、今年の菊花賞。
配当を6桁まで跳ね上げるのは、アノ伏兵しかいないわ!

2021年 菊花賞 注目穴馬

モンテディオ(牡3)
【前走:神戸新聞杯(G2)8番人気3着】

月曜から変わらず、本走における大注目の穴馬候補はモンテディオよ!

1勝クラスを突破するのに10戦を要した馬が、神戸新聞杯を3着入線したとあって、一見その激走がフロックに思えてしまう彼だけど…。

伝えてきたようにこの菊花賞は、神戸新聞杯からのローテーション、かつ前走で馬券になった馬がよく走れているし、例年上がり馬が馬券を賑わしている舞台。
中長距離での実績もあるし、好データもにしっかり該当していた今回は、十分下馬評を覆す走りが期待できるわ。

そんなモンテディオ、枠順にも恵まれたけど、状態面もかなりよさそう

調整程度だったとはいえ、栗東CWでの最終追い切りでは【84.4-67.0-51.6-37.2-12.1】となかなかの時計を出せていたし、本走が初騎乗となる横山和生Jとの折り合いも問題なさそうだったわ。
状態も前走から引き続き、調子をキープしているわよ。

オッズも30~40倍程度で落ち着きそうだし、彼が勝てば久々の6桁配当も夢じゃないわね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次