エビコ

2018年ジャパンカップで的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2018年ジャパンカップ

2018年ジャパンカップ開催情報

レース名 ジャパンカップ
クラス G1
開催日 2018年11月25日(日)
開催場 東京競馬場
レース番号 11R

2018年ジャパンカップ直前予想

馬番 馬名
1アーモンドアイ
3サトノダイヤモンド
9シュヴァルグラン
8キセキ
レースの見どころ
ジャパンカップの最終予想をするわよ!


例年よりやや控えめの14頭立てとなった今年のレース。

ワグネリアンマカヒキなど、ぜひ走りを見たかった馬たちが回避してしまって、ちょっと寂しい感じね…。

さらにその分、上位人気馬が支持されるだろうから、馬券の選択も難しくなってくるわ。

「なんとなく」で馬券を買ってガミらないように、これから紹介するデータをよくチェックしてちょうだい。

ページの最後では、効率よく配当が狙える印も紹介しているわよ。


さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11アーモンドアイ牝353.0ルメール国枝栄美浦
22ハッピーグリン牡355.0服部茂史田中淳司地方
33サトノダイヤモンド牡557.0モレイラ池江泰寿栗東
4サトノクラウン牡657.0ビュイッ堀宣行美浦
45ミッキースワロー牡457.0横山典弘菊沢隆徳美浦
6サンダリングブルーセン557.0ベリームニュイ外国
57サウンズオブアース牡757.0田辺裕信藤岡健一栗東
8キセキ牡457.0川田将雅中竹和也栗東
69シュヴァルグラン牡657.0C.デム友道康夫栗東
10ガンコ牡557.0蛯名正義松元茂樹栗東
711スワーヴリチャード牡457.0M.デム庄野靖志栗東
12カプリ牡457.0ムーアオブライ外国
813ノーブルマーズ牡557.0高倉稜宮本博栗東
14ウインテンダネス牡557.0内田博幸杉山晴紀栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
海外勢は不振
実績あるレースならどれも買えるが、とくに前走天皇賞(秋)組が安定

■レース当日 人気別成績
1番人気の複勝率は高いが勝率はそれなり
1桁人気なら好走に期待できる

■脚質別成績
馬券の中心は差し馬だが、好走率はどの位置でも差がない

■馬体重別成績
通常よりもやや軽め(460~479kg)の馬が好走している


それじゃ、新たに2点のデータを使って、ジャパンカップの予想を詰めていくわよ。


まず枠順別成績を見てちょうだい!

枠順別成績
枠順別成績表

1に入った馬の好走率が圧倒的ね!

今回ここに入ったのは、圧倒的1番人気のアーモンドアイ

やはり、彼女抜きで馬券を組み立てるのは難しいようだわ…


次は、騎手別成績を見てもらうわね。

騎手別成績
騎手別成績表

表にまとめたのは前走からの乗り替わりに関するデータだけど…
見た限り、乗り替わりがあろうがなかろうが、大した差はないようね。

ただ騎手に関してもう少し詳しく調べたところ、おもしろいことがわかったわ。

それも近ごろとくに成績のよい、外国人騎手に関するデータよ。

前走でJRA所属の騎手を鞍上に迎えていて、本走で海外の騎手(ルメデムは中央所属だから含まないわよ)に乗り替わった馬について成績を調べてみたの。
すると着別度数は3-1-1-5該当する馬の半分が馬券に絡んでいたのよ。

今年でいうとサトノダイヤモンドサトノクラウン、そしてシュヴァルグランが該当するわね。


さあ、いよいよジャパンカップの予想印を発表するわよ!

本命
アーモンドアイ(牝3
【前走:秋華賞(G1)1番人気1着】

どれだけ考えても本命から外すことができなかったアーモンドアイ

もともと実力トップクラスの馬が絶好枠に入ったわけだから、もう素直に買ってしまった方がいいわね。

最終追い切りは、美浦のウッドコースでしまいだけ軽く促して6ハロン84.0-12.4という時計。

ここしばらくビッシリ追われていたから最後は軽めの調整で済ませたようだけど、それでもラスト1Fの脚は強烈だったわ。

さて、これだけ好走材料が揃っているとはいえ、世間的な人気も高くて単勝1倍台もあり得そうな彼女。

買わなきゃ当たらないけどトリガミを考えると買いにくい、という感じで、馬券的には扱いに困る馬になってしまったわね。

これから紹介する馬たちをうまく絡めて、効率よく高配当を狙ってちょうだい!

対抗

サトノダイヤモンド(牡5
【前走:京都大賞典(G2)2番人気1着】

前走の京都大賞典で久々の勝利を遂げ、いよいよ完全復活が見えてきたサトノダイヤモンド

ただその前走の内容については、いちオープン馬に過ぎないレッドジェノヴァに半馬身差まで迫られた、という見方もできるわよね。

少なくともあのレースの段階では、彼の実力が十分に発揮されていたとはいえないわ。

とはいえ、およそ一年半ぶりの勝利を経験したことで、人馬ともども気合が乗ってきたのは間違いなさそうよ。

その証拠に、水曜の最終追い切りでは栗東のウッドを4ハロン37.4-11.4という猛時計。
それも鞍上がほとんど仕掛けていない様子だったし、いい意味でテンションが高まっている感じ。

データ的にも、月曜日に調べた要素はもちろんのこと、JRA所属の騎手からモレイラJに乗り替わるのもプラスだわ。

今の彼には、G1を勝てるだけの材料が揃っているわよ!

単穴

シュヴァルグラン(牡6
【前走:京都大賞典(G2)1番人気4着】

昨年のジャパンカップ覇者であるシュヴァルグラン

それ以降も、レインボーラインにクビ差で差し切られてしまった今年の天皇賞(春)など、勝ちきれないながらも見所ある走りが続いているわ。

そして今回、デムーロ弟ことC.デムーロ騎手に乗り替わって参戦。
テン乗りなのはちょっと気になるけど、中央の騎手から外国の騎手への乗り替わりは好材料、というのは何度か伝えているわよね。

彼はその他のデータに照らし合わせても不安なところがないし、叩き2走目となる今回は前走以上の活躍を見せてくれるはず。

最終追い切りもよく動けていて、何より毛艶の良さが印象的だったわ。

今年の有馬記念を最後に引退が決まっている彼。
ここを勝って、もう一花咲かせてほしいわね!

注目穴馬

キセキ(牡4
【前走:天皇賞(秋)6番人気3着】

前走では積極策から3着に粘り込んだキセキ

昨年の菊花賞以来、勝利どころか連対からも遠のいている彼だけど…
海外の強い相手や苦手な展開など、同情すべき点は数多くあったわ。

むしろ、そうやってさまざまな経験を積んできたことで、本走がどんな展開になっても戦えるだけの実力を付けてこられたんじゃないかしら。

最終追い切りでは、栗東のCWコースでしまい11.8というなかなかの時計を出していたし、状態のほうも問題なさそう。

これまで調べたデータに照らし合わせても気になるところはないわね。

上位勢が支持を吸ってくれているおかげでオッズもそこそこになるだろうし、馬券的にもオイシイ1頭よ!


 

ジャパンカップ予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる