g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

クイーンカップ予想 2015

近年はホエールキャプチャやヴィルシーナがここをステップに桜花賞に直行。既にクラシック前の最終戦はスタートしており、いよいよクラシックが直ぐそこに来ている。今期の牝馬重賞路線は荒れており、ルージュバックこそ抜けた存在だがまだ牝馬戦線の各馬の力関係はハッキリとしていない。ここはシッカリとレース傾向を絡めて見ていきたい。

近年、このレースで目立つのがフェアリーステークス組と阪神ジュベナイルフィリーズ組の活躍。ただ、それでも阪神ジュベナイルフィリーズで大敗し、大きく巻き返した馬は近年ラルケットの3着しかなく、今年のジュベナイルフィリーズ組にとっては嫌なデータ。

そこで注目したいのがフェアリーステークス組。フェアリーステークスがマイル戦へと変更されて以降、そこをステップにこのレースに望んだ馬が2勝2着1回3着3回と好走している。とりわけ注目なのが各馬のフェアリーステークスでの枠順。当時の枠順を見てみると13,16,11,16,7,15番と見事に外枠に偏っているのだ。中山マイルの外枠が不利というのは周知の事実。だがそれでいてフェアリーステークス時の着順も2,3,2,5,4,2着と全馬ともに掲示板は確保している。不利を跳ね除け、能力の高さを実は証明していた馬たちがクイーンカップで活躍していた。逆にフェアリーステークスで内枠から勝利し、ここに駒を進めて1倍台の断然人気で馬券圏外へと沈んだ11年のダンスファンタジアはフェアリ ーステークスで4番枠。枠順の利もあり勝ったタイプだった。

それを考えると今年は◎メイショウメイゲツが面白い。前走のフェアリーステークスでは14番枠。しかも出遅れて勝負所ではマクって来た馬に被せられて一旦追い出しを待たされる不利もあった。それでも最後は追い込み5着と掲示板は確保。フェアリーステークス→クイーンカップで好走してきたパターンにピッタリ当てはまる。ということは能力的にここでもヒケをとらないことを歴史が証明している。

またこの馬、2走前の東京の赤松賞でも直線は内に潜り込んだために行き場を失い追えたのは正味100m程度だった。それでも上がりは最速タイでスムーズなら勝ち切りまであったのでは、という内容だった。東京に替わるのも全く心配なく狙って妙味十分の一頭だ。

相手にはフェアリーステークスと同じ舞台のひいらぎ賞組を。○キャットコインも中山マイルで大外枠から勝利を挙げた馬。重賞ではなかったが牡馬相手に完勝しており、こちらも評価できる内容だった。また、初戦は東京のスローペースを差し切っており、全2戦ながらも違うペースの競馬を経験し、連勝しているのは見逃せない。

単穴にも2戦とも全く異なるペースを経験し崩れず安定した末脚を繰り出している▲ミッキークイーン。未勝利勝ち直後だがポテンシャルは高く、侮れない存在。

あとは前走のタイムが評価できる☆ブルックデイル、もう一頭のフェアリーステークス組の△カービングパスまで押さえる。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る