G3レース全部徹底解剖

オーシャンステークス予想 2015

どういうわけか、例年時計が掛かるスプリント戦で、瞬間的なスピードよりも持続的 なスピードを求められるレース。

他の舞台ではなかなかそうはならないため、スプリント戦での実績がアテにできない 部分があり、むしろ中山コースの適性の方が重要ではないだろうか。

昨年の覇者スマートオリオンは中山の準オープンを勝っての挑戦であったし、一昨年 も中山のオープン特別を勝ったサクラゴスペルが一気に重賞初制覇を飾っている。古 くはアーバニティなど、時計の掛かる中山の芝1200m戦を勝った馬が実績の差を覆し ているケースが目立つ。

今年もその中山適性に優れた○スマートオリオン▲サクラゴスペルが参戦している が、おもしろいのは芝1200m戦に距離を短縮してから、ひと皮剥けた内容を見せてい る◎ベステゲシェンク

改装された中京コースは中山以上にパワーを要する時計の掛かる馬場に変貌。ここで の2走前の勝利はこの中山戦にリンクすると思えるし、前走のシルクロードSでは、 前残り、イン有利が際立っていた京都で鋭く追い込んでの4着と負けて強しの内容 だった。馬群を捌けるかの心配はあるが、明らかに、時計が掛かる芝の短距離戦で本 領発揮のタイプ。ここは条件が揃った一戦とみている。

近走は枠が応えたり、内で詰まったりと敗因がハッキリしている○スマートオリオ ン。今回も外目の枠が若干気になるが、昨年勝った得意の舞台で、こちらは大崩れが 少ないだろう。

常に差なく走れている▲サクラゴスペルも一昨年の勝ち馬。この得意の舞台で、まだ 見限るのは早い。

昨年充実した△リトルゲルダはインで立ち回るのが得意で内枠なら狙える。

先入観なく乗ってくる田辺ジョッキーで差し届かずが定番だった×スギノエンデバー がどう変わるかが見もの。

過去の提供情報

オーシャンステークス

【質問】オーシャンステークスはどんなレースですか?
中山競馬場の芝1200メートルで施行する重賞競走(G3)。
施行時期は3月上旬(原則2回中山3日目)で、出走条件は4歳以上(国際)。
2006年に短距離重賞路線の再整備に伴い、重賞競走(G3)に格上げ、高松宮記念 の前哨戦の位置づけになり、関西圏の前哨戦である阪急杯と対になる競走です。
2010年の優勝馬キンシャサノキセキは、同年の高松宮記念を制覇。
同馬は翌2011年にもオーシャンS2着から、高松宮記念連覇の偉業を成し遂げました。
また、2012年の4着馬カレンチャンは、このレースを前哨戦に選択し、高松宮記念を制覇。
このレースをステップに、延べ3頭の高松宮記念優勝馬を輩出しています。
阪急杯と同様に、高松宮記念を占ううえで、見逃せない一戦と言えます。
【質問】高松宮記念の前哨戦ということですが、やはり実績は重視するべきですか?
2006年に重賞に昇格していますが、それ以降の過去8年を分析すると実績は重要なファクターです。
芝1400メートル以下で重賞連対、もしくは芝1600メートル以下でG13着以内があること。
3着以内馬24頭のうち17頭がこの条件をクリアしています。
ただ、実績馬が好走するオーシャンSですが、非常に荒れるレースで、
今年こそ馬連が3ケタ配当に収まりましたが、過去8年の馬連平均配当は20788円。
1番人気は2連対、2番人気は3連対、3番人気は2連対と上位人気馬はあまり信頼できません。
3連単で100万馬券が3度出るなど、伏兵の台頭に注意が必要です。
【質問】高配当を狙いたいのですが、何か手がかりはありますか?
ステップではシルクロードS組が、すべて2着ですが過去8年で6連対の活躍をみせています。
その人気も6、10、6、7、5、1番人気で、
2013年のダッシャーゴーゴー以外は4着以下からの巻き返しで、
シルクロードSの着順はあまり気にしなくて良さそうです。
世代別でみれば勝利数こそ5歳馬が一歩リードしていますが、
4~8歳の幅広い世代から優勝馬、2着馬が出ています。
6歳以上の高齢馬が高配当を演出することが多く、
高齢が嫌われて人気を落としているようなら、狙って妙味はあります。
【質問】他に注目すべきポイントはありますか?
中山1200メートルは、直線こそ310メートルと短いのですが、
スタート直後から4コーナーまで下り坂が続くため、前半3Fのラップは速くなりやすく、
直線に高低差2.4メートルの急坂があることで、いわゆる「短距離の差し馬」の活躍が目立ちます。
これは重賞やオープンといった上級条件になればなるほど顕著で、
実際、オーシャンSで逃げて連対を果たしたのは2008年のエムオーウイナーのみ。
好位や後方で足をためられる馬に分があります。
また、稍重~重での優勝馬4頭は4コーナーで11、7、5、6番手。
多少でも馬場が悪化すれば差し、追い込み馬が有利と言えるでしょう。
さらに3月初旬は気温が低く芝の生え揃いづらい時期で、1分7秒台の決着は2011年の1度のみ。
このような時計のかかるコンディションも差し、追い込み馬台頭の後押しになっています。
【質問】具体的な馬券戦術を教えてください。
キンシャサノキセキのような一流スプリンターが、能力通りの結果を残すこともありますが、
あくまでも目標は次の高松宮記念。
仕上げの難しい寒い時期ということもあり、実績馬とはいえ過信は禁物です。
上位人気馬が揃って消えることもザラで、思い切った穴狙いのスタンスで間違えはなさそうです。
また、オーシャンSは開催の2週目に行われ、馬場の痛みは少ないことから内枠が有利と考えられます。
馬券は手広く流し、内枠に入った伏兵までマークしておきたいところです。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る