g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

ファルコンステークス予想 2015

過去にはジョーカプチーノがここを制してNHKマイルカップへと弾みをつけた様にニュージーランドトロフィーと並び、春のマイル王への重要なレースの一つ。中京がリニューアルオープンして4回目の開催となる1400mで施行されるファルコンステークスだ。過去3年で1番人気が4,7,1着。2番人気も10,1,6着と決して信頼できず、フルゲート18頭も手伝い難解な一戦となっている。

その過去3年の勝ち馬を振り返ってみるとブライトライン、インパルスヒーロー、タガノグランパの3頭。この3頭はその後の成績を見て分かる通り、完全なスプリント特化型ではない。戦前の成績を見ても各馬、それまでも1200m戦を走った事すらない馬が3年連続で勝利を収めているのだ。1200mで施行されていた当時は当たり前だがスプリンターが活躍していた。この1ハロンの距離延長と新中京のコース形態がレースの特徴を完全に変えたと見るべきで、ファルコンステークス=スプリントというイメージは無くすべきだろう。ただ、注意したいのはスプリンター型の馬でも能力があれば2,3着は可能ということ。難解な一戦だけに軸から様々なタイプに手広く行くのがベター。また、例年差し馬での決着となっているのも当然のカラクリがある。要はスプリンターの逃げ馬がレースを引っ張るため、コース形態と距離を考慮すると必然的にペースは厳しくなる。今年もアクティブミノル、マジックシャトル、レンイングランド、セカンドテーブルとスプリント戦でも逃げられるスピード自慢の馬がスタンバイ。今年も差し馬の台頭の可能性は高い。軸で狙いたいのはスプリント特化型ではない差し馬。

本命は◎ケツァルテナンゴ。新馬戦、中京2歳ステークスと連勝し、ポテンシャルの高さを早くから見せていたがその後は気難しさがモロにレースで出てしまいスランプに。ただ、それでも立て直されて迎えた前走のアーリントンカップでは直線で追い出しを待たされる不利が致命的だったが、道中は我慢の利いた走りを披露しており、本来の末脚も戻ってきていた。叩かれた上積みに加えて、今回は得意の中京コース。1ハロン短縮とタイトな流れになりそうな状況はこの馬にとって願ったり叶ったりで当日の落ち着きこそカギだが、そこさえクリアできれば積極的に狙いたい一頭だ。

対抗に○フミノムーン。2走前はスムーズさを欠いていたがペースが流れて折り合った今回と同舞台の前走が内容・時計共に非常に優秀なものだった。良馬場なら更に良さそうな印象で警戒が必要。

単穴に▲ブリクスト。前走は勝ち馬にこそ完敗であったが、ここに出走するアポロノシンザンにはコース取りを考えると着差以上の差があった。末脚に安定感がある上、中京コースは2戦2勝と得意にしており侮れない存在。

後はダートながら前走の時計が優秀で芝でもと思わせる☆ライドオンウインド、ベストは1200mながらその末脚は強靭で魅力十分な△ビヨンジオールまで。

カラダレジェンドは連闘で重賞を勝ち、未だ無敗で不気味だが、前走は恵まれた印象もあり、今回は休み明け。押さえ程度にしておく。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る