七夕賞

福島11R七夕賞(GⅢ・芝2000m)
◎8 タニノフランケル
○5 ストロングタイタン
▲6 マルターズアポジー
☆9 ロードヴァンドール
☆7 カフェブリッツ
△3 ロシュフォール
レースの見どころ
七夕賞の最終予想をするわよ!


荒れると言われている夏競馬の中でも、とくに高配当に期待できるのがこの七夕賞。

今回は、過去のデータにバッチリとはまる穴馬が、なんと2も見つかったのよ。

仮に2頭とも馬券に飛び込んでくれば、帯封馬券になるのは間違いないところ。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。


さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11エンジニア牡654.0津村明秀牧光二美浦
12アウトライアーズ牡554.0野中悠太小島茂之美浦
23ロシュフォール牡455.0三浦皇成木村哲也美浦
24ソールインパクト牡754.0大野拓弥戸田博文美浦
35ストロングタイタン牡657.0戸崎圭太池江泰寿栗東
36マルターズアポジー牡757.0武士沢友堀井雅広美浦
47カフェブリッツ牡654.0蛯名正義池江泰寿栗東
48タニノフランケル牡455.0福永祐一角居勝彦栗東
59ロードヴァンドール牡655.0横山典弘昆貢栗東
510ベルキャニオン牡855.0丸山元気堀宣行美浦
611ゴールドサーベラス牡754.0藤田菜七清水英克美浦
612ミッキースワロー牡557.5菊沢一樹菊沢隆徳美浦
713ウインテンダネス牡656.0柴田大知杉山晴紀栗東
714ブラックスピネル牡657.0石橋脩音無秀孝栗東
815クレッシェンドラヴ牡555.0内田博幸林徹美浦
816クリノヤマトノオー牡555.0和田竜二高橋義忠栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
複勝率が高いのはOP特別組
G3組はもっとも多くの勝ち馬を出している

■前走着順別成績
前走10着以下の馬が好走しており、回収率も高い
前走4着までの馬は複勝率が高い

■レース当日人気別成績
1番人気は健闘する
10番人気以下は、前走から人気していなかったことが条件

■年齢別成績
馬券の中心は6歳くらいまで、4歳馬が好成績
7歳以上の馬は前走で差しを狙っていたことが条件

それじゃ、新たに2点のデータを使って、七夕賞の予想を詰めていくわ。


枠順別成績から見てちょうだい!

枠順別成績
枠順別成績表
※2010年に3位同着があったから、3着馬は合計10頭いるわよ

4枠の好走率がものすごいことになっているわね…。
今回は、人気しそうなタニノフランケルと、大穴カフェブリッツがここに収まっているわ。

そうそう、七夕賞では毎年枠連7-7が妙に売れることで有名だけど、7枠、8枠は好走率がイマイチ

その割によく買われるせいで回収率も低いから、他のデータが揃っていない限り、ここの馬は気にしなくていいわよ。
次は、斤量別成績を見てもらおうかしら。

斤量別成績
https://www.titanic-online.com/common/images/forecast/star_festival/2019/star_festival_weight_2019.jpg

斤量の重い、つまりハンデキャッパーに見込まれている馬はそれだけ好走する、というわかりやすい傾向が見られるわ。

ただし、57.5kg以上を背負った馬は過去10年で1勝もしていないから注意してちょうだい。

今回トップハンデを背負うことになったミッキースワロー、ちょっと買い方に気を付けたほうがいいわよ。

また斤量の軽い馬の中には当然穴馬が多いんだけど、とくに53.555kgを負担する馬は単勝回収率が350%オーバーなの。

大穴がもし勝つとしたら、この条件から出てきそうだってこと。


そんなところで、今回の予想印を紹介するわ。

本命
タニノフランケル(牡4
【前走:鳴尾記念(G3)3番人気8着】

データ上絶好の枠に入ったタニノフランケル

本人の脚質と合わせて考えても、3枠のマルターズアポジーを前に行かせるか、自分が前に出るか選べる位置だから都合がよさそうね。

彼は4歳馬であることをはじめとして十分いいデータが揃っているし、荒れがちに見える本走でも意外と人気馬が健闘する、というのは月曜日に話した通り。

さらに彼は、ここまでのキャリアで道悪のときほど好成績を残しているのよね。

相手に誰を押さえるにしても、このレースではまず彼のような本命どころを買っておくのが賢い選択

追い切りでも、輸送の余力を残しつついい動きをしてきたし、狙い目よ!

対抗
ストロングタイタン(牡6
【前走:日刊中山金杯(G3)10番人気15着】

ここまでのキャリアで、夏から初秋にかけて好成績を残してきたストロングタイタン

そのせいか前走の結果のわりに人気が高くて、斤量も57kgを背負わされることになったわけだけど…
このレースで斤量の重い馬は走る、というのはすでに伝えた通り。

彼は57kgを背負う馬の中でもとくにデータがいいから、ぜひ買っておきたい1頭よ。

最終追い切りも、栗東の坂路を終始馬なりで4ハロン54.2-12.3とまあまあの時計。
1週前、2週前の段階でいいタイムを出していたから、最終は軽くまとめたって感じね。

本走は彼の得意な小回り2000m、ここで結果を出してほしいわ!

単穴
マルターズアポジー(牡7
【前走:ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)11番人気14着】

買うにしろ切るにしろ、予想の際にはずっと気に掛けることになるのがこのマルターズアポジー

月曜日に調べた段階では、高齢馬の好走条件に当てはまっていなくて、ちょっと厳しい評価だったのよね。

ただ、今回彼が入った3枠は単勝回収率が340あって、穴馬の激走に期待できるところ。

さらに57kgという斤量もデータ上かなり好走に期待できるとあって、総合的に見て十分以上に買えると判断したわ。

そうそう、このレースは逃げ馬の成績が1-0-1-8となかなかいいのも見逃せないところ。
マルターズアポジーと競ってまでハナに立とうという馬は今回いなさそうだし、雨で重たくなった馬場を先頭で突っ切ることになりそうね。

このレースで、久々の活躍を見せてほしいわ!

連下
ロシュフォール(牡4
【前走:新潟大賞典(G3)1番人気3着】

さきほど紹介したタニノフランケルと1番人気を争うことになりそうなロシュフォール

月曜日の段階ではもっとも注目していた1頭だったんだけど…
差しが届かなくなりそうな馬場状態や、今日調べたデータなども加味して、最終的には連下評価としたわ。

とはいえ彼の安定感は、本走の出走馬の中でもトップクラス

重賞経験がほとんどないのを気にする人がいるかもしれないけど、前走でレーストップの上がりを見せていたことは忘れちゃダメよ。

今回のレースで馬券に届く差し馬がいるとしたら、彼のような馬をおいて他にないってわけ。

仮にストロングタイタンとワンツーになっても、これから紹介する穴馬のお陰で配当も満足いくものになりそうよ!


帯封馬券への期待が高まる七夕賞
高配当に直結する穴馬が、今回は2頭も見つかったわ!


注目穴馬

ロードヴァンドール(牡6
【前走:天皇賞(春)(G1)7番人気12着】

月曜日に調べた穴馬の条件に、意外とよく当てはまっているロードヴァンドール

これまで夏に活躍したイメージのない馬だし、そのせいか人気が落ちているけれど…
日曜の福島は雨の影響でかなり気温が落ちそうだし、積極的に狙っていけるわよ。

彼は調教でもずっといい動きをしていて、輸送を控えた最終追い切りでも栗東の坂路で4ハロン53.2-12.4という時計。

2ヶ月以上のブランクを感じさせない仕上がり、って感じね。

今回入った5枠は複勝率が高めだし、買っておくといい事がありそうよ!

注目穴馬

カフェブリッツ(牡6
【前走:日経賞(G2)8番人気10着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたカフェブリッツ

今回、好走率の極めて高い4に入って、ますます買いやすくなったわね。

芝の2000mは今回がはじめてとなる彼だけど、逆にいえば適性がないと判断する材料もないわ。
むしろマンハッタンカフェの子であることを考えれば、この位の距離で好走してもおかしくないのよね。

負担重量54kgはかなり回収率の高い条件だし、その他のデータも高配当を暗示しているわ。

そうそう、追い切りがずっと順調そうなのも好材料ね。

彼を押さえておけば、周りをアッと言わせる的中が獲れるかもしれないわ!




エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る