今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

シルクロードステークス2018の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 シルクロードステークス 最終予想

さぁ、春のスプリント王決定戦の登竜門、シルクロードステークス(G3の直前予想よ!!

上位人気が堅実だけど伏兵の台頭で波乱傾向にあるレース、月曜日の事前予想でもそう伝えたわよね。
このスタンスは変更ナシ、上位人気を軸に紐荒れを狙っていくわ!

今回人気しそうなのはダイアナヘイロー、アレスバローズ、ナックビーナス、ファインニードル、セイウンコウセイあたり。

オッズも割れそうだし、絶対的な馬も不在で実力は横一線。
これは波乱のニオイが濃厚ね!!

軸馬を選定することが重要になるのはもちろんだけど、データを駆使して人気薄の激走候補も見つけたから、期待していてちょうだい!

まずは、今年の確定した枠順から紹介よ。

2018年 シルクロードステークス 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ファインニードル 牡5 57.0 川田将雅 高橋義忠 栗東
2 アレスバローズ 牡6 54.0 M.デム 角田晃一 栗東
2 3 グレイトチャーター 牡6 54.0 和田竜二 鮫島一歩 栗東
4 フミノムーン 牡6 55.0 国分優作 西浦勝一 栗東
3 5 アットザシーサイド 牝5 53.0 四位洋文 浅見秀一 栗東
6 セカンドテーブル 牡6 56.0 水口優也 崎山博樹 栗東
4 7 セイウンコウセイ 牡5 58.0 松田大作 上原博之 美浦
8 ダイアナヘイロー 牝5 55.0 武豊 福島信晴 栗東
5 9 キングハート 牡5 56.0 中谷雄太 星野忍 美浦
10 ニシケンモノノフ 牡7 57.5 横山典弘 庄野靖志 栗東
6 11 ユキノアイオロス セン10 53.0 川島信二 和田正道 美浦
12 タマモブリリアン 牝5 52.0 古川吉洋 南井克巳 栗東
7 13 カラクレナイ 牝4 54.0 池添謙一 松下武士 栗東
14 ミッキーラブソング 牡7 56.0 松山弘平 橋口慎介 栗東
15 ナックビーナス 牝5 54.0 勝浦正樹 杉浦宏昭 美浦
8 16 ラインミーティア 牡8 57.0 西田雄一 水野貴広 美浦
17 ロードクエスト 牡5 57.0 三浦皇成 小島茂之 美浦
18 ナリタスターワン 牡6 55.0 幸英明 高橋亮 栗東

最終予想へ入る前に、月曜日に出したデータの振り返りと、軸馬候補の整理をしておくわね。

前走クラス別成績
前走G2組とOP特別組を中心に考える(特に淀短距離ステークスからの参戦馬に注意)

前走着順別成績
前走掲示板組を中心に考える
軸として考えるのは、前走一桁人気で掲示板を確保した馬
6着以下で負けた馬は着差に注目

年齢別成績
軸は5歳と6歳

これをもとに、中心は前走G2組とOP特別組」、軸馬は前走一桁人気で掲示板確保」「5or6歳」で考えると紹介したわ。

冒頭で紹介した上位人気5頭の中で、全ての条件と合致したのはナックビーナスのみ。
データ的にも不足なし、今年の軸はナックビーナスで行くわ!

それじゃ、過去10年のデータを使ってシルクロードステークスの最終予想をするわよ!

まずは、データに移って斤量別成績を見てもらうわね。

2018年 シルクロードステークス 斤量別成績

このデータで注目して欲しいのは、57.559kg以上の重いハンデを背負った馬も好走しているということ。
頭数は多くないけど、率で見ると良い成績だから気を付けたいわね。

好走条件を確かめるために4頭を調べてみたら、全頭が重賞を勝ったことのある馬だったわ。

今年の出走馬で重ハンデを背負うのはセイウンコウセイ(58.0kgニシケンモノノフ(57.5kgの2頭。
ともに条件と合致するけど、ニシケンモノノフが好走していたのはダートなのよね…。
このことには事前予想でも何度か触れているけど、芝での実績がないと厳しいと思うわ。

一方、53kg以下の軽ハンデ馬は苦戦しているの。
51.5~53kgは3頭しか馬券になっていないし、51kg以下に至っては0頭。

けど、この馬券に絡んだ3頭は過去に大穴を開けた馬だったの!
2014年のリトルゲルダ(13番人気3着)、2013年のメイショウデイム(11番人気3着)、そして2012年のケンブリッジエル(16番人気3着)。

さらに興味深いのは3頭中2頭が牝馬だったこと。
斤量51.5~53kgの牝馬…今年はタマモブリリアンアットザシーサイドがいるわ!

必要なデータはこれで十分!!
ここまでの情報をもとにシルクロードステークスの印を発表するわよ!

◎ナックビーナス

〇ロードクエスト

▲セイウンコウセイ

アットザシーサイド

グレイトチャーター

2018年 シルクロードステークス 注目馬①

ナックビーナス(牝5)
【前走:カーバンクルステークス(OP特別)1人気1着】

前走では1番人気に応えて勝ち切ったわね。

OP特別では4勝していて、2017年3月のオーシャンステークス(G3)2着、同年8月のキーンランドカップ(G3)3着と重賞での好走経験もあり
G3なら十分通用する力を持った馬よ!

この馬はキャリア22戦の中で二桁決着が一度もないの。
掲示板を外したのも5回だけと、大崩れしないのよね。

今回、勝浦正樹騎手へ乗り替わるけど、成績は3戦して全て馬券圏内
そんなに大きなマイナスとして捉えなくていいわよ。

最終追い切りでも併せ馬で先着と、好調な走りを見せたわ。

重賞初制覇に向けて、態勢は整ったって感じね!

2018年 シルクロードステークス 注目馬②

ロードクエスト(牡5)
【前走:カーバンクルステークス(OP特別)4番人気3着】

前走のカーバンクルステークスでは最速の上がりを使って3着に健闘したロードクエスト。
1200mは初出走だけど、自慢の末脚を使った良い競馬だったわね。
一度走ったことによってペース慣れも見込めると思うから、今回も好走の期待が高まるわ!

逃げ・先行が強いシルクロードステークスだけど、直線が短く平坦なコースだから差し・追い込みが届くことも十分アリ。

ロードクエストはキャリア15戦中11戦で上位の上がりを使っていて切れる脚が武器
この馬の武器が活かせる舞台と言えるんじゃないかしら。

重賞での好走経験は何度もあって、実力拮抗の中でも実績上位。
G3でなら勝ち負けできる馬よ。

久々の重賞勝利への期待が高まるわね!

2018年 シルクロードステークス 注目馬③

セイウンコウセイ(牡5)
【前走:京阪杯(G3)5番人気7着】

メンバー唯一の中央芝G1馬であるセイウンコウセイ。

前走の京阪杯は7着と負けてしまったけど、1着との差は0.2秒
1番人気のソルヴェイグに先着するなど、着順以上の内容だったと言えるわ。

この馬の特徴として、冬場に結果を出すというものがあるの。
1・2月の厳寒期の成績は4戦して全て連対(1-3-0-0)と、好成績を残しているのよ!

追い切りでの動きの良さを見ても、寒さが増すにつれて調子が上がるみたい。

加えて京都の芝1200mは4戦して3連対と得意なコース

ここを勝って高松宮記念連覇へ繋げたいわね!

今年も上位人気に食い込む激走馬を発見!
データ的に死角ナシだけど恐らく二桁人気…
一発の可能性ありな2頭はコノ馬たち!

2018年 シルクロードステークス 注目馬④

△アットザシーサイド(牝5)
【前走:タンザナイトステークス(OP特別)2番人気5着】

前走は5着だったけど、メンバー中2位の上がりを使って1着とは0.2着差
決して悲観する負けではなかったわ。

4走前の札幌スポニチ賞(1000万下)では、最速の上がりで2着に3馬身半の差をつける圧勝
続く道頓堀ステークス(1600万下)でも1番人気に応えて見事に勝利。

着実に力を付けているのは間違いないわね。

距離に関しても、芝1200m4戦して掲示板を外したのは1度だけと安定した成績を残しているのもポイント。

あと斤量別成績でも紹介したように、シルクロードステークスは軽ハンデの牝馬が穴を開ける傾向があるの!

斤量53kgのアットザシーサイドは押さえておきたい1頭よ!

2018年 シルクロードステークス 注目穴馬

グレイトチャーター(牡6
【前走:淀短距離ステークス(OP特別)3番人気4着】

シルクロードステークスと相性の良い淀短距離ステークスからの参戦ね。
結果は4着だったけど、最速の上がりを使い3着とはアタマ差。
着順以上の内容だったんじゃないかしら!

京都では6戦して掲示板を外したのは1度だけと、安定した成績を残しているのも見逃せないところ。
その掲示板を外したのも6着で、1着との差は0.2秒だったの。
大きくマイナスに考える必要のない負けと言えるわね。

1200mも、18戦して14戦で掲示板確保、二桁決着の大敗は1度だけと大崩れしない走りをしてきたこの馬。

データ面でも好走条件は全てクリアしているから、是非押さえておいて欲しい1頭よ。

しかも、人気はかなり低そう…これは馬券的にもかなり美味しくなるわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次