今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

シンザン記念2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

今週は新春の3歳マイル王決定戦、シンザン記念(G3)を予想するわよ!

クラシック競争での活躍を狙う若駒たちが集結する、このレース。

秋から思わぬ急成長を遂げている馬も多く、波乱が起こりやすいレースとしても有名よね。

そんな各馬の人気と実力が釣り合わないレースこそ、頼るべきはウチのようなデータに基づいた予想

今回も各馬を調べ上げたところ、誰もが見逃すアノ伏兵に最先着さえ狙える好材料が見つかったの。

7桁配当も夢じゃない注目穴馬としてページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認していくわよ!

目次

2022年シンザン記念 特別登録馬

馬名 性別 負担重量 調教師 所属
アールチャレンジ 56.0 千田輝彦 栗東
アバンチュリエ 56.0 大竹正博 美浦
ウナギノボリ 56.0 音無秀孝 栗東
カワキタレブリー 56.0 杉山佳明 栗東
シーズザデイ 56.0 川村禎彦 栗東
ジャカランダ 56.0 河内洋 栗東
ジャスティンヴェル 56.0 安田隆行 栗東
セルバーグ 56.0 鈴木孝志 栗東
ソリタリオ 56.0 西村真幸 栗東
デルマグレムリン 56.0 五十嵐忠 栗東
ビーアストニッシド 56.0 飯田雄三 栗東
ベルウッドブラボー 56.0 和田雄二 美浦
マテンロウオリオン 56.0 昆貢 栗東
レッドベルアーム 56.0 藤原英昭 栗東
ロードカテドラル 56.0 斎藤誠 美浦
サウンドビバーチェ 54.0 高柳大輔 栗東
ショウナンアメリア 54.0 奥村武 美浦
スプリットザシー 54.0 西村真幸 栗東
モズゴールドバレル 54.0 藤岡健一 栗東
ラスール 54.0 藤沢和雄 美浦

それじゃあ今週も過去10年分のデータを基に、シンザン記念の予想を組み立てていくわね。

今年も去年から引き続き中京での開催だけど、レースの傾向を掴む上で通常開催時の舞台である京都のデータも参考にしているわよ。

まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

2022年シンザン記念 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 1 2 3 15 4.8% 14.3% 28.6%
G2 0 1 1 5 0.0% 14.3% 28.6%
G3 2 0 1 6 22.2% 22.2% 33.3%
OP特別 0 0 0 5 0.0% 0.0% 0.0%
1勝 4 3 4 32 9.3% 16.3% 25.6%
未勝利 2 2 1 30 5.7% 11.4% 14.3%
新馬 1 2 0 12 6.7% 20.0% 20.0%

前走G3組の成績がいいわね。

勝率は他を圧倒しているし、単勝回収率も100%を超えているから、ここは勝ち馬の最有力として覚えていきたいところ。

しかも今回前走にG3を使ったのはビーアストニッシドだけだから、相対的にも高く評価できるわね。

ただ今回が前走と同クラスか、または昇級戦かで分けると、実は本走が昇級戦になる馬の方がデータ上は優勢
前走が新馬戦だったような子たちも、決して侮れないわよ。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2022年シンザン記念 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
前走1着 4 5 4 56 5.8% 13.0% 18.8%
前走2着 2 0 0 4 33.3% 33.3% 33.3%
前走3着 1 1 0 6 12.5% 25.0% 25.0%
前走4着 1 1 1 7 10.0% 20.0% 30.0%
前走5着 0 2 1 6 0.0% 22.2% 33.3%
前走6~9着 2 1 3 15 9.5% 14.3% 28.6%
前走10着~ 0 0 1 13 0.0% 0.0% 7.1%

前走で3着以内だった馬はさすがに安定した成績を残しているど…。
おおむねどこからでも馬券にはなり得る、といった感じね。

他のデータ次第では前走で惨敗した馬でも買える、ってことを覚えておいてちょうだい。

ちなみに前走で掲示板を外してここで勝利した2頭は、いずれも前走が重賞で、かつ前走と同じ騎手が鞍上だった、という共通点があるの。
今回この条件にはセルバーグが唯一該当しそうだから注目よ。

次は、レース当日の人気別成績を見てちょうだい。

2022年シンザン記念 レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 0 1 6 30.0% 30.0% 40.0%
2番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
3番人気 0 0 2 8 0.0% 0.0% 20.0%
4番人気 2 1 1 6 20.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0 1 1 8 0.0% 10.0% 20.0%
6~9人気 2 5 1 32 5.0% 17.5% 20.0%
10番人気以下 0 1 2 44 0.0% 2.1% 6.4%

いかにも3歳馬によるレースらしい混戦ぶりで、1番人気だからといって信頼度が高いわけじゃないようだわ。

こういったレースに限っては世間の評価を鵜呑みにせず、好データに該当している馬に重点を置いて予想したいわね。

ちなみにこのシンザン記念、直近10年で見ると上位人気3頭で決まるような堅い年はなくて、毎年1頭は中堅人気馬が馬券に入っているの。

とくに6~9番人気だった馬が波乱を演じている傾向にあるから、今年もそのあたりの子は要チェックね。

次は、所属別成績を見てもらうわよ。

2022年シンザン記念 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 2 1 0 11 14.3% 21.4% 21.4%
関西 8 9 10 96 6.5% 13.8% 22.0%

馬券になった馬の数は関西馬が多いけど、好走率で見ると関東馬が好調ね。

関東馬は出走頭数は少ないものの、出てくればなかなかの成績を残す、といった感じだから、ぜひ注目してちょうだい。

そうそう、直近10年において関東所属で勝利した2頭はいずれも牝馬で、かつ当日の単勝オッズが5倍を切る本命クラスだった、という共通点があるの。
今年1番人気筆頭のラスール、この条件にぴったり合致しそうね!

次は、枠順別成績を見てもらうわよ。

2022年シンザン記念 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 2 2 0 8 16.7% 33.3% 33.3%
2枠 1 2 1 11 6.7% 20.0% 26.7%
3枠 2 0 3 10 13.3% 13.3% 33.3%
4枠 1 1 1 13 6.3% 12.5% 18.8%
5枠 1 0 0 17 5.6% 5.6% 5.6%
6枠 0 3 1 15 0.0% 15.8% 21.1%
7枠 2 0 2 17 9.5% 9.5% 19.0%
8枠 1 2 2 16 4.8% 14.3% 23.8%

どちらか言えば内枠の方が有利、と言えるデータよ。

とくに最内1枠は好走率も高いから、今回ここに入ったビーアストニッシドはしっかりおさえておきたいわ。

また回収率で見ると、3枠が好調。
単勝・複勝ともに100%を超えていて、2012年に当時11番人気で3着入線したプレミアムブルーを筆頭によく穴馬が出ている枠でもあるのよね。

今年3枠を引いたジャカランダアールチャレンジは、いかにもこのデータに当てはまりそうな2頭だし要警戒よ。

最後は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2022年シンザン記念 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~439kg 1 1 0 14 6.3% 12.5% 12.5%
440~459kg 3 1 1 19 12.5% 16.7% 20.8%
460~479kg 3 2 6 28 7.7% 12.8% 28.2%
480~499kg 0 1 3 33 0.0% 2.7% 10.8%
500kg以上 3 5 0 13 14.3% 38.1% 38.1%

500kgを超える馬がよく走れているわね。

前走時の馬体重を参考にすると、今回500kg以上だったのはジャカランダレッドベルアーム

とくにジャカランダは3歳馬としては規格外の570kgを超える馬格だけど、このシンザン記念は520kg以上あった馬の複勝率は70%近い数値、なんてデータもあるから見逃せないわね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を紹介するわよ!

2022年シンザン記念 注目馬①

ビーアストニッシド(牡3)
【前走:京都2歳ステークス(G3)5番人気2着】

このレースの本命に推したいのが、ビーアストニッシドよ!

前走の京都2歳Sでは9番人気の下馬評を覆し、連対を果たした彼。
それでも人気面では今のところ、かなり低い支持に落ち着いているわね。

ただこのレースは前走で馬券になった馬なら十分に勝利する見込みがあるし、今回彼が入った1枠は絶好調。
さらにシンザン記念は逃げが決まりやすいレースとあって、彼のような先行力のある馬にはうってつけの舞台なの。

そんな馬が中堅人気になりそうだとなれば、それこそコスパ面で大活躍してくれそうな存在、と言えるわね。

ビーアストニッシドの最終追い切りは栗東のCWで行われ、時計は7F【94.5-65.0-51.0-36.3-11.9
推進力のある力強い走りが見られたし、かなりいい稽古ができたようだわ。

ここを勝って、クラシック戦線に名乗りを上げたいわね!

2022年シンザン記念 注目馬②

ラスール(牝3)
【前走:2歳新馬 1番人気1着】

前走の新馬戦で3馬身半差をつけての圧勝劇を演じ、本走ではやや抜けた1番人気になりそうなラスール

新馬戦から来る馬でもよく馬券に絡めている、というのは伝えた通りだし、何より関東所属でかつ今回もルメールJが騎乗する予定の彼女は、データ上も頭ひとつ抜けた存在、と言えるわね。

彼女は調教も好調そのもので、美浦の南Wで行った最終追い切りでも、6F【85.2-69.8-55.4-40.5-12.6】の時計を記録。
前走時からいい状態がキープできているようだし、安心して当日が迎えられるわ。

ただ問題はその人気で、おそらく当日は単勝2倍を下回ることもありそうな感じ。
1番人気が不調、なんてデータもある本走、買い方だけは気を付けたいわね。

2022年シンザン記念 注目馬③

ウナギノボリ(牡3)
【前走:こうやまき賞(1勝クラス)4番人気2着】

重賞では思うような結果がでていない、ウナギノボリ

それでも新馬戦、前走のこうやまき賞では安定した走りで馬券内をしっかりと確保できているわね。

そんな好走を見せた条件戦だけど、どちらも本走と同じ中京が舞台
さらにこうやまき賞こそ2着だったものの、上がりは両レースで最速と、中京との相性のよさが伺えるわ。

検証したデータ的にも問題はなかったし、得意の舞台での飛躍に期待できそうよ。

ウナギノボリは状態面も好調そうで、栗東の坂路で行われた最終追い切りでは【53.0-38.4-25.0-12.6】の時計を記録。
あとは課題のスタートが決まれば、ってところね。

オッズも10倍程度は見込めそうで馬券的な旨味も十分だし、積極的に狙っていきたいところだわ。

2022年シンザン記念 注目馬④

ショウナンアメリア(牝3)
【前走:2歳未勝利 3番人気1着】

前走では3戦目にしてようやく未勝利戦を突破した、ショウナンアメリア

本走はすでに重賞で馬券を賑わせた馬も多いし、ここを勝つにはちょっと足りないと思う人もいるかもしれないけど…。

それでもシンザン記念は未勝利戦あけの馬でもよく走る舞台だし、彼と同じ関東馬は好走率が高いなど、データ的には十分激走が見込める存在

さらに彼と同じロードカナロアを父に持つ馬は、本走において過去10年で4頭が出走して2頭が最先着を果たすなど、血統的にも適性がありそうなのよね。

美浦・南Wで行われた最終追い切りでも、5F【67.6-52.8-38.5-11.9】の時計で好調さをアピールできていたし、重賞馬相手に番狂わせを演じても不思議じゃないわよ。

これだけの好材料が揃っていながら、中堅人気で落ち着きそうな彼。
馬券に含めるだけで配当妙味にありつけそうね!

6桁配当が連発している、大荒れのシンザン記念。
今年はアノ伏兵が、例年以上の高配当を運んできそうよ!

2022年シンザン記念 注目穴馬

セルバーグ(牡3)
【前走:京王杯2歳ステークス(G2)11番人気7着】

本走においてもっとも注目したい穴馬候補が、セルバーグよ!

前走の京王杯2歳Sでは、掲示板にも載れなかった彼だけど…。

伝えたようにこのシンザン記念は、前走が重賞で、かつ前走と同じ騎手が鞍上であれば巻き返しが見込める舞台。

もともと新馬戦をあっさり勝利した力のある馬だし、デビュー以来コンビを組んでいる和田竜二Jが引き続き鞍上を務める本走は、見た目よりずっと信頼できそうよ。

さらに彼はデータもさることながら、状態面でも好走が見込める存在。
栗東の坂路で行われた最終追い切りでは【52.3-37.9-24.8-12.4】の時計を記録するなど、走りは好調そのものだし、少し落ち着きも出てきたように感じられたわ。

しっかり折り合えさえすれば、今回は上位陣を脅かす走りをしてもおかしくないわよ。

まだまだ世間的には見つかっていない激走傾向馬とあって、現時点で人気は大穴クラス
彼が勝てば新年早々もの凄い配当になりそうだし、現にその可能性は十分よ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次