エビコ

根岸ステークスを徹底予想!重賞レースはお任せ!

根岸ステークス予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した根岸ステークス

2022年根岸ステークス開催情報

レース名 根岸ステークス
クラス G3
開催日 2022年1月30日(日)
開催場 東京競馬場
レース番号 11R

2022年根岸ステークス事前予想

今週のW重賞、中京ではシルクロードSが開催されるけど、東京の根岸ステークス(G3)も見どころ満載よ!

フェブラリーSに条件が近いことから、大一番の前哨戦として有力馬が参戦してくるこのレース。
今年もソリストサンダーを筆頭に、まさに砂の猛者揃い、って感じのメンバーが集ったわね。

そんな目移りするような面々のレースこそ、客観的に各馬を評価できるデータ予想が役立つはず。

今回もデータを駆使して信頼度の高い人気どころや、番狂わせの気配漂う伏兵を炙り出しておいたわ。

ページの最後には6桁配当が期待できる注目穴馬情報もあるから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から見ていきましょう。

目次

    競走成績

    馬名 性別 負担
    重量
    調教師 所属
    エアアルマス57.0池添学栗東
    オーロラテソーロ56.0畠山吉宏美浦
    オメガレインボー56.0安田翔伍栗東
    ゲンパチフォルツァ55.0堀井雅広美浦
    サクセスエナジー58.0北出成人栗東
    サンライズラポール56.0平田修栗東
    サヴァ55.0上村洋行栗東
    ジャスティン57.0矢作芳人栗東
    ジャスパープリンス56.0森秀行栗東
    スマッシングハーツ56.0新谷功一栗東
    スリーグランド56.0高橋義忠栗東
    ソリストサンダー57.0高柳大輔栗東
    タイガーインディ56.0大橋勇樹栗東
    タイムフライヤー56.0橋口慎介栗東
    タガノビューティー56.0西園正都栗東
    テイエムサウスダン57.0飯田雄三栗東
    トップウイナー56.0鈴木孝志栗東
    フルデプスリーダー56.0斎藤誠美浦
    ミッキーワイルド56.0安田隆行栗東
    モジアナフレイバー56.0福永敏地方
    リアンヴェリテ56.0中竹和也栗東
    レピアーウィット57.0堀宣行美浦
    クロパラントゥセン55.0藤沢和雄美浦
    ヘリオスセン56.0寺島良栗東

    ※馬名をクリックすれば各馬の情報が見られるわよ。


    それじゃあ今回も過去10年分のデータを基に、根岸Sの予想を組み立てていくわよ。

    まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

    PR

    前走クラス別成績

    前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    G2 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%
    G3 5 3 2 29 12.8% 20.5% 25.6%
    OP特別 2 5 3 51 3.3% 11.5% 16.4%
    3勝クラス 0 0 0 5 0.0% 0.0% 0.0%
    地方 0 1 2 26 0.0% 3.4% 10.3%
    海外 0 0 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
    ※今回前走にG1を使った馬は登録されていないから、集計から省いているわよ。

    前走にG3を使った馬が好調ね。

    勝率も抜けて高いし、ここを使った子を中心に馬券を考えたいところだけど…。

    G3組をレース別で見てみると、武蔵野S(G3)組が勝率33.3%・複勝率は55.6%とよく走れていたの。
    該当するソリストサンダーリアンヴェリテは、高く評価したいわね。

    また人気どころでは、タガノビューティーヘリオスが前走にオープン特別を使っているんだけど…。
    タガノビューティーが使ったギャラクシーSは、複勝率44.4%とよく馬券に絡めているわ。

    前述も含めると、上位陣ではソリストサンダータガノビューティーが一歩リードね。

    次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。
     

    前走着順別成績

    前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    前走1着 1 5 0 26 3.1% 18.8% 18.8%
    前走2着 2 3 1 20 7.7% 19.2% 23.1%
    前走3着 3 0 4 10 17.6% 17.6% 41.2%
    前走4着 2 1 0 13 12.5% 18.8% 18.8%
    前走5着 0 0 1 10 0.0% 0.0% 9.1%
    前走6~9着 1 1 3 25 3.3% 6.7% 16.7%
    前走10着~ 1 0 1 19 4.8% 4.8% 9.5%

    前走の着順に関わらず馬券に絡むことがわかるわ。

    とはいえ、前走4着をさかいに複勝率が下がる傾向にあるから、馬券を組む際は前走4着以内だった馬に比重を置くのが賢明かもしれないわね。

    他にも、前走6着以降だった、のべ7頭について調べてみたんだけど…。
    いずれも前走が重賞(芝・ダート問わず)で、かつ6歳以上だった、という共通項が見られたの。

    この条件に当てはまるジャスティントップウイナー、そしてミッキーワイルドリアンヴェリテは巻き返す可能性アリね。

    次は、レース当日の人気別成績を見てもらうわよ。
     

    レース当日人気別成績

    当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1番人気 4 3 0 3 40.0% 70.0% 70.0%
    2番人気 1 1 2 6 10.0% 20.0% 40.0%
    3番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
    4番人気 2 0 1 7 20.0% 20.0% 30.0%
    5番人気 1 0 3 6 10.0% 10.0% 40.0%
    6~9人気 1 3 1 35 2.5% 10.0% 12.5%
    10番人気以下 0 1 3 63 0.0% 1.5% 6.0%

    1番人気はそれなりに信頼できそうね。

    複勝率は70%と高めだし、馬券には含めたいところ。

    今のところソリストサンダーオメガレインボータガノビューティーヘリオスが1番人気の筆頭って感じだけど、調教などで人気に差が出ないようなら、よりデータのいい子を優先しましょう。

    ちなみに10番人気以降から馬券になったのべ4頭だけど、調べてみたらいずれも重賞での勝ち鞍があったの。

    さらに過去10年において、このレースで馬券になった馬の最大オッズは102.7倍と大穴クラスの台頭も見られたわ。

    穴馬候補はこのあたりも考慮しつつ選びたいわね。

    最後は、年齢別成績を見てもらうよ。
     

    年齢別成績

    年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    4歳 2 2 0 9 15.4% 30.8% 30.8%
    5歳 3 3 1 22 10.3% 20.7% 24.1%
    6歳 4 2 4 35 8.9% 13.3% 22.2%
    7歳 1 1 1 30 3.0% 6.1% 9.1%
    8歳 0 2 4 18 0.0% 8.3% 25.0%

    若い馬ほど走る、というデータね。

    となれば、注目すべきは4歳馬となるわけだけど…
    今年登録されている4歳馬3頭は、現時点では除外対象

    出てきたら怖い存在になるけど、基本的には4歳馬の次に好調な5歳馬を中心に馬券を組んでいきたいわね。

    また、高齢になるほど好走率が落ちる傾向にあるこのレースだけど、8歳馬は直近10年で2着2回・3着4回と見逃せない成績を残しているわ。

    そんな8歳馬が馬券になり得る条件についても調べてみたんだけど、馬券になったのべ6頭は、すべて直近3走以内でも馬券になる走りをしていたの。

    今年登録されている8歳馬2頭もこの条件にマッチするから、馬券に来るチャンスはありそうよ。


    そんなところで、現段階における注目馬と穴馬候補を発表していこうかしら!


    PR

    注目馬➀

    タガノビューティー(牡5)
    【前走:ギャラクシーステークス(OP特別)1番人気3着】

    現時点ではトータルでもっとも好材料が揃っている、タガノビューティー

    前走のギャラクシーSや、5歳での参戦など、データとの相性は抜群ね。

    またタガノビューティーといえば、本走の舞台である東京コースがよく似合うわ。
    重賞でこそ馬券圏内がないけど、通算11戦して【5-3-1-2】はまさに東京巧者と呼べる走りっぷりよね。

    走る材料が揃った得意の舞台で、三度目の正直に期待ね!
     

    注目馬②

    オメガレインボー(牡6)
    【前走:カペラステークス(G3)6番人気3着】

    ここへきて本格化の気配を見せる、オメガレインボー

    目下5戦連続で馬券圏内を確保しているとあって、上位人気に推されているのも頷けるわ。

    今回は上がり最速で3着入線した武蔵野Sと条件の近い、東京1400mが舞台。
    脚質面では彼のような追い込み型の馬ほど有利、なんてデータもあるし、位置取りがよければソリストサンダーにリベンジすることだって可能なはずよ。

    本走は躍進のキッカケを作った横山和生Jとのコンビ、ってところも激走に期待できるし、この舞台を勝ち切るようなことがあっても不思議じゃないわ!


    大穴クラスの激走も期待できる、根岸ステークス。
    今年はアノ伏兵が、配当を跳ね上げてくれるかもしれないわ!

     

    注目穴馬

    無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

    会員登録でお得な情報を無料配信!

    • 厳選メインレースの穴馬情報公開
    • WIN5予想
    • 地方競馬予想
    • 中央競馬勝負レース予想
    • トリプル馬単予想(南関競馬)


    登録済みの方はコチラ

    根岸ステークス予想記事一覧

    ログイン



    閉じる

    パスワードを忘れた方はこちら

    会員登録でお得な情報を無料配信!


    閉じる