今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

中山金杯2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 中山金杯 事前予想

2018年。
さっそく中山金杯(G3)が始まるわ!

今年も正月から競馬が出来て、みんな元気に一年が始められたと思うとなんだか嬉しいわ。

このレースは、ここ数年は落ちついた結果になっているけど、直近の10年では20万馬券を超える配当が2回出ているの。

今年は荒れてもおかしくないメンバーが集まったから、高配当になる可能性も十分にあるわよ!

さっそく、確定した枠番をみてちょうだい。

2018年 中山金杯 特別登録馬

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ウインブライト 牡4 56.0 松岡正海 畠山吉宏 美浦
2 レアリスタ 牡6 55.0 石橋脩 堀宣行 美浦
2 3 トーセンマタコイヤ 牡7 54.0 内田博幸 加藤征弘 美浦
4 アウトライアーズ 牡4 54.0 蛯名正義 小島茂之 美浦
3 5 デニムアンドルビー 牝8 54.0 川田将雅 角居勝彦 栗東
6 セダブリランテス 牡4 55.0 戸崎圭太 手塚貴久 美浦
4 7 ブラックバゴ 牡6 56.0 岩田康誠 斎藤誠 美浦
8 パリカラノテガミ 牡7 52.0 田中勝春 清水英克 美浦
5 9 ダイワキャグニー 牡4 56.0 横山典弘 菊沢隆徳 美浦
10 タイセイサミット 牡5 56.0 北村宏司 矢作芳人 栗東
6 11 ストレンジクォーク 牡6 54.0 柴山雄一 小島太 美浦
12 フェルメッツァ 牡7 55.0 田辺裕信 松永幹夫 栗東
7 13 ジョルジュサンク 牡5 54.0 吉田隼人 鮫島一歩 栗東
14 マイネルミラノ 牡8 57.0 柴田大知 相沢郁 美浦
8 15 ショウナンマルシェ セン7 53.0 三浦皇成 二ノ宮敬 美浦
16 ケントオー 牡6 56.0 勝浦正樹 西橋豊治 栗東
17 カデナ 牡4 56.0 福永祐一 中竹和也 栗東

7枠以降で馬券に絡んだのは過去2頭。

2008年のアドマイヤフジ(3番人気1着)と、同じく2008年のエアシェイディ(2番人気2着)。

外枠の上位人気馬以外は消しってことで、4~5番人気になりそうなカデナにはちょっといただけないデータね。

その分、内枠の人気薄を押さえるって感じで考えたいわ。

それじゃ、過去10年分のデータを使って、中山金杯の予想を始めるわよ!

まずは、前走クラス別成績から。

2018年 中山金杯 前走クラス別成績

重賞組の数値が高いけど、どの組からも馬券に絡んでいるわね。

「うわ~ この1頭忘れてたよ…」

年明けからそんな事にならないように、重賞より下の組から参戦して馬券に絡んだ7頭を調べてみたわ。

■重賞より下の組から参戦して馬券に絡んだ7

・2017年のツクバアズマオー(1番人気1着)、前走では1番人気1着
・2017年のクラリティスカイ(6番人気2着)、前走では4番人気5着
・2017年のシャイニープリンス(4番人気3着)、前走では10番人気3着
・2012年のダイワファルコン(4番人気2着)、前走では1番人気9着
・2012年のフェデラリスト(2番人気1着)、前走では4番人気1着
・2010年のトウショウシロッコ(5番人気2着)、前走では2番人気5着
・2008年のエアシェイディ(2番人気2着)、前走では1番人気5着

ここから分かる条件は、
「前走で掲示板を確保or前走で掲示板は確保していないけど上位人気だった」ことと、
「当日もそれなりの人気だった」
ということね。

今年、重賞より下の組から参戦するのは、アウトライアーズ・ショウナンマルシェ・ストレンジクォーク・ダイワキャグニー・トーセンマタコイヤ・パリカラノテガミ・ブラックバゴ・レアリスタの8頭。

この中で条件に合うのは、ダイワキャグニー・ブラックバゴの2頭よ。

この2頭と、重賞組で考えれば良いわね。

次は、前走着順別成績。

2018年 中山金杯 前走着順別成績

これも、前走クラス別成績に類似したイメージよ。

前走で上位決着した馬の成績が良いけど、下位決着でも馬券には絡んでいるの。

実際に、前走6着以下から巻き返しているのが9頭もいるから無視できないわね!

と思って、この9頭に共通点がないか調べてみたんだけど、一致するデータは見つからなかったわ…。

前走で掲示板を外した馬でも、他のデータに合致した馬がいれば注意が必要よ!

次は、当日の人気別成績。

2018年 中山金杯 レース当日人気別成績

率で考えると、当日の5番人気までで大方決まるという感じね。

でも、6番人気以下から馬券に絡んだ馬が過去の20万馬券を生みだしたのよ…。

ということで、6番人気以降で馬券に絡んだ6頭の共通点を調べてみたわ。

■6番人気以降で馬券に絡んだ6頭の共通点

6頭中5頭は、3戦以内に重賞で掲示板を確保していたわ。

残りの1頭は重賞以外で勝利していたの。

つまり、3走以内で最低限の走りをしていたということ。

ジョルジュサンク・ストレンジクォーク・タイセイサミット・デニムアンドルビー・トーセンマタコイヤ・フェルメッツァ・マイネルミラノ・レアリスタの8頭にも十分チャンスがあるっていうことよ!

次は、前走の人気別成績。

2018年 中山金杯 前走人気別成績

勝ち馬は、前走の一桁人気と考えていいわね。

それにしても6~9番人気だった馬が5しているのには驚き!

前走で6~9番人気だった5頭を調べてみると、当日の5番人気以内の馬だったわ。

上位人気になりそうな馬で、前走6~9番人気だったのはブラックバゴのみ

扱いに気を付けたい1頭ね。

最後は、年齢別成績よ。

2018年 中山金杯 年齢別成績

4~7歳までは、年齢の差を感じさせない結果になっているわね。

ここで何が言いたいのかというと、8歳馬の成績よ。

今年、デニムアンドルビーマイネルミラノの2頭が8歳馬で出走するんだけど、ここは外して考えてOKということ。

実績で考えるとまだ戦えそうな感じはするけど、データ的には切り!

実際、2011年に3番人気だったアクシオンも12着と惨敗しているのよ。

それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。

■枠順別成績
7枠以降で馬券に絡んだのは2頭
7枠以降で押さえるなら上位人気という事が条件

■前走クラス別成績
今年は、重賞組とダイワキャグニー・ブラックバゴで考えたい

■前走着順別成績
前走掲示板外から馬券に絡んだ馬は9頭と多く、注意が必要

■当日の人気別成績
当日の5番人気までが中心
6番人気以降は、3走以内で最低限の走りをしていた馬に注意
詳しくは該当箇所をチェックしてちょうだい

■前走の人気別成績
ブラックバゴには注意が必要

■年齢別成績
4~7歳に差はない
8歳馬のデニムアンドルビーとマイネルミラノの2頭は切り!

それじゃ、データを基に中山金杯の印を紹介するわ!

◎ブラックバゴ

○ダイワキャグニー

▲セダブリランテス

△ウインブライト

△フェルメッツァ

タイセイサミット

2018年 中山金杯 注目馬①

ブラックバゴ(牡6)
【前走:アンドロメダステークス(OP特別)6番人気1着】

新馬の頃から注目されていた1頭だけど、青葉賞(G2)のあと8カ月の休養。

そこから調子を落とし、2年以上かけて条件戦をクリアして来たわね。

でも、前走ではそんなスランプを感じさせない1戦をしてくれたわ。

スタートをやや出遅れ、最終コーナーでも大外に振られながら、上り2位の末脚で1番人気のストロングタイタンに1馬身以上の差を付けて勝利。

過去にはホープフルステークス(当時G2)で3着、続く京成杯(G3)でも1番人気2着と重賞で馬券に絡んだ経験もあるわ。

ここからG1戦線に昇り詰めるのは難しいと思うけど、G3なら十分に勝ち切れる力がある馬よ!

2018年 中山金杯 注目馬②

ダイワキャグニー(牡4)
【前走:キャピタルステークス(OP特別)1番人気1着】

こちらもOP特別から参戦するダイワキャグニー。
G1馬のサトノアレスを押さえて1番人気で勝利したわ。

前走で1番人気になった理由は、2走前の毎日王冠(G2)でグレーターロンドンにハナ差4着と好成績を残したことかしらね。

最後には差されたものの、先行力は魅力的よ。

勝ち星は全て東京競馬場だけど、小回りが効く中山競馬場の方が相性は良いと感じるわ。

勝利数で考えると重賞組に軍配が上がるけど、連対候補として外せない1頭よ!

2018年 中山金杯 注目馬③

セダブリランテス(牡4)
【前走:アルゼンチン共和国杯(G2)3番人気3着】

新馬戦から馬券を外したことがないセダブリランテス。

若干、人気が過剰かな?とは思うものの、ダートも走れるし、前走でも芝2500mを先行して粘ったスタミナは評価できるわ。

しかも休み明けのレースだったことを考えると、そのタフさにはこの先の期待が高まるわ!

今回も当然先行するんだけど、メンバーを見ると普通に走ればスタミナだけで馬券を外すことは無いだろうし、3枠を引けたのも好印象よ!

2018年 中山金杯 注目馬④

ウインブライト(牡4)
【前走:福島記念(G3)2番人気1着】

昨年の春のスプリングステークス(G2)ぶりに、福島記念で重賞2勝目をしたわ。

2000mは厳しい?という雰囲気もあったけど、前走のメンバーが小粒だったこともあり上手く先行して勝ち切ったわね。

今回のメンバーも前走同様のレベルだから、セダブリランテス同様に先行力だけで馬券に絡む可能性があるわよ。

中山も得意で、皐月賞(G1)以外の3戦ではすべて連対しているの。

2000mを先行して馬券に絡むことが立証されたし、最内の経済コースを走れるのも魅力的

外せない1頭ね。

2018年 中山金杯 注目馬⑤

フェルメッツァ(牡7)
【前走:中日新聞杯(G3)8番人気14着】

昨年、6歳にして本格的に重賞に参戦して来た、遅咲き馬。

夏の七夕賞からG3を4戦走って来たけど、掲示板を2度確保、うち小倉記念では馬券に絡んでいるわ。

前走では、スタートで外から先行馬がなだれ込み、これまでの展開通りの走りが出来ずに惨敗したけど、本来は先行すれば、重賞でも掲示板前後の決着ができる馬なのよ。

今回は6枠。最悪のケースは免れたわね。

スタートからウインブライトやセダブリランテスに上手く付いていけば、前残りの展開も十分に考えられるわ!

前走の結果で人気を落とす今回、穴馬として押さえたい1よ。

今年のメンバーなら10万馬券も!
データでもマイナスがないのに、不当に二桁人気となっている特別な穴馬を紹介するわ!

2018年 中山金杯 注目穴馬

タイセイサミット(牡5)
【前走:中日新聞杯(G3)10番人気13着】

フェルメッツァ同様、中日新聞杯(G3)の二桁決着馬。

これまで16戦しているけど、二桁決着をしたのは前走が初めて。

理由も、単純に半年ぶりのレースだったから。
まったく悲観するものじゃないし、今回のレースではこの点は払拭されているわ。

夏に走ったエプソムカップ(G3)では2番人気に支持されていたし、その直前の条件戦やOP特別でも連勝している事を考えると、今回の二桁人気が信じられないくらい。

2000mも得意な距離で、7戦して掲示板を外したのは休み明け出走の前走のみ。

金杯の注目穴馬、押さえておいて損はない馬よ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次