今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

キーンランドカップ2019のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 キーンランドカップ 事前予想

今週は、サマースプリントシリーズの行方を占う第5戦、キーンランドカップの予想をしていくわよ!

このレースは、過去10年で10万オーバーの馬券が3も出ているし、3連単の配当が1万円を割ったこともないから、かなり高配当に期待できるの。

今回もデータを駆使して各馬を調べ上げた結果、人気馬に先着する可能性の高い、オイシイ伏兵馬を見つけることができたわ。

ウチの重賞予想では、先週・先々週と穴馬含みの的中を出しているし、今回も自信は十分。
注目馬はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、今週の特別登録馬を確認してもらうわね。

2019年 キーンランドカップ 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アスターペガサス 53.0 中竹和也 栗東
カイザーメランジェ 57.0 中野栄治 美浦
サフランハート 56.0 北出成人 栗東
シュウジ 57.0 須貝尚介 栗東
セイウンコウセイ 58.0 上原博之 美浦
タイムトリップ 56.0 菊川正達 美浦
タワーオブロンドン 58.0 藤沢和雄 美浦
ダイメイフジ 56.0 森田直行 栗東
ダノンスマッシュ 57.0 安田隆行 栗東
ハッピーアワー 54.0 武幸四郎 栗東
ホープフルサイン 53.0 本間忍 美浦
ライオンボス 57.0 和田正一 美浦
ライトオンキュー 56.0 昆貢 栗東
クリーンファンキー 54.0 鈴木伸尋 美浦
デアレガーロ 54.0 大竹正博 美浦
ナックビーナス 55.0 杉浦宏昭 美浦
パラダイスガーデン 54.0 粕谷昌央 美浦
ペイシャフェリシタ 54.0 高木登 美浦
リナーテ 54.0 須貝尚介 栗東

それじゃ、過去10年中、札幌開催だった全9レースのデータを使って、キーンランドカップの予想を組み立てていくわ。

前走クラス別成績から見てちょうだい!

2019年 キーンランドカップ 前走クラス別成績

※今回登録している馬の前走レースだけを取り上げているから、各列の合計が9にならないわよ。

多くの馬が前走にG3かOP特別を使ってきているようだけど、前走G3組の方が成績優秀ね。

また、今回はG1後の休養明けにここを使う馬が何頭かいるけど、前走G1組もかなり好走率が高いわ。

基本的にはこの辺りを馬券の中心にしつつ、OP特別組も他のデータが良ければ買う、という風に考えていきましょう。

次は、前走着順別成績を見てもらうわね。

2019年 キーンランドカップ 前走着順別成績

前走勝ち馬がかなり好走しているわ。

勝ってさえいればほぼクラスは問わない感じだから、今回でいうところのライオンボスやリナーテには期待できるわよ。

ただ、前走2勝クラスを勝ったホープフルサインについては、そもそも過去10年の間にそこから馬券になった馬がいないから微妙なところだけどね。

また、前走で掲示板を外しても好走率にはあまり影響がないし、なにより5~9着の馬は過去に3勝もしているから、直近の凡走で人気を落としている馬は積極的に勝っていきましょう。

次は、レース当日人気別成績を見てもらおうかしら。

2019年 キーンランドカップ レース当日人気別成績

1番人気はかなり信頼できるようね。

ただし勝率についてはいまひとつで、過去10年における1番人気馬の単勝回収率は62、というデータも出ているわ。

勝ち馬を選ぶ際には、上位人気を平等に見定めるようにしましょう。

今回の1番人気は、恐らく高松宮記念(G1)で4着になったダノンスマッシュ
そこに、京王杯スプリングステークス(G2)を勝ったタワーオブロンドンや、UHB賞(OP特別)を勝ち上がってきたリナーテが続く感じになりそうね。

彼らのうちだれが軸にふさわしいか、金曜日までかけてじっくり検討していきましょう。

また穴党としては、10番人気以降の馬が過去2頭馬券になっているのが気になるわね。

彼らの共通点について調べてみたところ、いずれも前走にUHBを使っていて、さらに前走・本走とも負担重量が56kgだった、ということがわかったわ。

理由としては、前走と同じコース・同じ斤量で走ることによって、馬のほうに「慣れ」が出てくる、ということが考えられるわね。

ただ今回、そういう条件に当てはまる穴馬はいないし、基本的には人気上位9頭のことだけ考えればいいわよ。

次は、年齢別成績を見てちょうだい。

2019年 キーンランドカップ 年齢別成績

勝ち馬になるのは5歳までで、とくに4歳馬は好走率が高い、という傾向が見られるわ。

今年1桁人気になりそうな馬はたいてい若いけれど、その中でもとくに4歳馬を中心に考えるのがよさそうね。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわよ。

2019年 キーンランドカップ 注目馬①

ダノンスマッシュ(牡4
【前走:函館スプリントステークス(G3)競走除外】

今後出てくる情報次第では、単勝2倍を切ってもおかしくないくらいの支持を得ているダノンスマッシュ

もともとトップクラスの実力がある馬だし、このレースが実質的な復帰初戦になるわけだから、どうしても好走に期待しちゃうわよね。

実際、彼は前走や年齢などのデータもいいものが揃っているし、現状かなり期待できる存在。
これまでのキャリアで、右回り1200mにおける成績が3-1-0-0というのも注目に値するわ。

もっとも、このレースでは1番人気が過信できないから、金曜日に公開するデータ次第では紐にとどめておく可能性も考慮すべきよ。

これから引き続き、注意深く観察していきましょう!

2019年 キーンランドカップ 注目馬②

リナーテ(牝5
【前走:UHB賞(OP特別)1番人気1着】

前走OP特別組の中では、もっとも期待できるのがこのリナーテ

単純に1番人気で勝ったから、というだけではなく、そのレースの内容も良かったわよね。

彼女はここまで調べたデータに不安なところがないのはもちろん、好走に期待できる更なる材料があるの。

実はこのレース、牝馬の成績がなり良くて、過去10年の成績は6-3-5-32
勝率13.0%、複勝率は30.4にもなるのよ。

夏は牝馬が強い、というのはよく聞く話だけど、このレースではとくにそれが顕著なのね。

現状、ダノンスマッシュに先着する可能性がもっとも高いのは彼女よ!

1番人気が勝ちきれないキーンランドカップ
この馬が先着すれば、10万馬券も夢じゃないわよ!

2019年 キーンランドカップ 注目穴馬

デアレガーロ(牝5
【前走:高松宮記念(G1)8番人気7着】

1桁人気に収まりそうな牝馬としてもう1頭、このデアレガーロを紹介しておきたいわ。

彼女、実は今年頭の京都牝馬ステークスで、さきほど紹介したリナーテを下して勝利しているのよね。

その割には今の所ほとんど人気していないし、現状かなりおいしい馬といえるわ。

前走から5ヶ月ほど空いたローテーションが不安といえば不安だけど…
ここ最近、しっかり休んで本番に備える流れは珍しくないし、さらにこのレースでは前走G1組がかなり好走しているのよね。

その他のデータも悪くないものが揃っているし、あまり心配しすぎる必要はないわ。

彼女が来れば、配当もかなりオイシイことになるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次