今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

キーンランドカップ2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 キーンランドカップ 最終予想

キーンランドカップの最終予想をするわよ!

秋のビッグレースを見据え、有力馬たちが続々参戦してくるこのレース。

月曜日に伝えた通り、上位陣が粒揃いの今年は超大荒れ決着、みたいな展開は期待しにくいんだけど…。

引き続きデータを追加して検証したところ、大穴クラスのとある伏兵に好走気配が見られたわ。

馬券に含めるだけで6桁配当も期待できる注目の穴馬候補として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を確認していくわよ。

2021年 キーンランドカップ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ロードアクア 牡5 56.0 団野大成 浅見秀一 栗東
2 ソロユニット 牝3 51.0 古川吉洋 角川秀樹 地方
2 3 アストラエンブレム セン8 56.0 吉田隼人 小島茂之 美浦
4 タイセイアベニール 牡6 56.0 藤岡佑介 西村真幸 栗東
3 5 メイケイエール 牝3 52.0 武豊 武英智 栗東
6 カツジ 牡6 58.0 横山武史 池添兼雄 栗東
4 7 ヒロイックアゲン 牝7 54.0 秋山稔樹 加藤和宏 美浦
8 セイウンコウセイ 牡8 58.0 勝浦正樹 上原博之 美浦
5 9 エイティーンガール 牝5 55.0 横山和生 飯田祐史 栗東
10 シュウジ 牡8 57.0 丹内祐次 昆貢 栗東
6 11 ミッキーブリランテ 牡5 56.0 和田竜二 矢作芳人 栗東
12 レイハリア 牝3 51.0 亀田温心 田島俊明 美浦
7 13 ダイアトニック 牡6 57.0 池添謙一 安田隆行 栗東
14 カイザーメランジェ 牡6 56.0 菱田裕二 中野栄治 美浦
8 15 マイネルアルケミー 牡5 56.0 黛弘人 中野栄治 美浦
16 ジョーアラビカ 牡7 56.0 大野拓弥 清水久詞 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
前走の格が高いほど好走する

■前走着順別成績
前走1着馬が好調
基本的には前走の成績がよかった馬を買う

■レース当日人気別成績
5番人気までの馬が馬券の8割を占めている
直近10年で2桁人気だった馬は1頭しか馬券になっていない

■牡牝別成績
牝馬が好成績を収めている

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年のうち函館開催だった年を除く、9レース分のデータを用いてキーンランドカップの予想を詰めていくわよ。

まずは、枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 キーンランドカップ 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 0 0 15 0% 0% 0%
1 0 1 13 6.7% 6.7% 13.3%
0 1 0 16 0% 5.9% 5.9%
2 3 0 13 11.1% 27.8% 27.8%
0 1 2 15 0% 5.6% 16.7%
2 1 1 14 11.1% 16.7% 22.2%
3 1 3 11 16.7% 22.2% 38.9%
1 2 2 13 5.6% 16.7% 27.8%

圧倒的に外枠有利、というデータよ!

データが拮抗していて選択が難しいような子たちがいれば、外枠に入った馬を優先すべきね。

そんな外枠でも、とくに7枠には要注目。
勝ち鞍を含め馬券に絡む傾向が強いし、単勝回収率は260%と好コスパも期待できるわ。

今年はいかにも馬券に妙味のありそうなダイアトニックカイザーメランジェが7枠に収まっているから、注視してちょうだい。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2021年 キーンランドカップ 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 2 1 2 18 8.7% 13.0% 21.7%
460~479kg 2 2 1 25 6.7% 13.3% 16.7%
480~499kg 3 2 2 30 8.1% 13.5% 18.9%
500kg以上 2 4 2 37 4.4% 13.3% 17.8%

基本的にはどの条件からでも勝ち馬になり得る、って感じのデータね。

本走に限ってはそこまでシビアに馬体重を気にしなくてよさそうだけど、480~499kgだった馬は単勝回収率が140%と抜けて高い数値が出ているから、穴馬を選ぶ際は注視してみてもいいかもしれないわ。

ちなみに520kg以上だった馬は【2-2-2-8】とかなりの好走率を残しているから、現時点で該当する子はいないとはいえ、当日この範囲に入るような成長があった馬は注目すべきね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 キーンランドカップ 注目馬①

レイハリア(牝3)
【前走:葵ステークス(重賞)13番人気1着】

本命に推したいのが、レイハリアよ!

ダートレースを含め、スプリント戦3連勝中と勢いに乗る彼女。
前走の葵Sではヨカヨカを負かして最先着するなど、実績以上に地力があること証明して見せたし、古馬が相手の今回も十分勝ち負けできるはずよ。

今日の検証では彼女のような馬体重が450kgに届かない小さな馬でも好走し得る、というデータが出ていたし、枠も含め走る材料は豊富。
右回りのワンターンも3走前の中山3歳未勝利戦で攻略済み、ということを加味すれば、本走との相性は疑いようがない、ってところね。

そんなレイハリアの最終追い切りは、大雨の函館ウッドコースで4F【55.7-40.9-13.1】の時計を記録。
流す程度だったけど、リズムよく動けていたし、しっかりと仕上がっている、と評価できるんじゃないかしら。

斤量51kgと最軽量の恩恵も見込める今回、気配十分よ!

2021年 キーンランドカップ 注目馬②

メイケイエール(牝3)
【前走:桜花賞(G1)3番人気18着】

実績では頭ひとつ抜けている印象のメイケイエール

操作が難しい面があり、かつ前走桜花賞での大敗がひっかかるところではあるけど、今回はタッグを組んで3勝の武豊Jが鞍上に戻ってくるし、距離も適性の高いスプリント戦とあって、十分勝利まで期待できそうよね。

データ面でも月曜日にはほとんどの好データに合致していたし、前走時より馬体がガッシリした今回は馬体重も好走傾向内と良好。
デビュー以来最軽量となる斤量52kgで走れる、ということも加味すれば、安心して馬券に含められるわね。

メイケイエールは状態面も好調そうで、札幌芝コースで行った最終追い切りでは4F【52.9-36.6-11.7】の時計をマーク。
落ち着きも出てきて、かなりいい状態で日曜日が迎えられそうよ。

コスパも最低限は見込めそうだし、アタマから買っても間違いじゃないわ!

2021年 キーンランドカップ 注目馬③

タイセイアベニール(牡6)
【前走:UHB賞(OP特別)3番人気2着】

前走のUHB賞では勝ち馬にタイム差なしの2着入線を果たした、タイセイアベニール

前走の結果がダイレクトに反映される傾向が強いこのレースでは、彼のような好調馬は見逃しちゃダメよ。

タイセイアベニールは他の検証でもなかなかの好データに該当していて、本走との相性もよさそう。
洋芝での実績は誰もが認めるところだし、信頼に値する材料が揃った今回は一発あってもおかしくないわ。

そんな彼の最終追い切りは、札幌の芝コースで【65.6-50.5-36.9-13.0】の時計を記録。
中1週の臨戦ということで馬なりで流す程度の調教だったけど、疲れを感じさせないどころか上積みが感じ取れるほど余裕のある走りが見られたのは好印象だったわ。

仕上がりがよくて、人気も中堅クラスの今回。
積極的に狙っていくべき1頭よ!

2021年 キーンランドカップ 注目馬④

エイティーンガール(牝5)
【前走:UHB賞(OP特別)5番人気13着】

昨年のキーンランドC覇者、エイティーンガールも見逃せない1頭。

前走の結果が反映されやすい、というデータがある本走だけに、UHB賞で惨敗した彼女は推しにくい存在ではあるんだけど…。

このキーンランドCはリピーターが好調な舞台だし、目立たないながらデータ面も好調。
2走前の高松宮記念では勝ち馬に0秒4差まで迫る激走を見せるなど、地力は今回のメンバーでも見劣りしないレベルだし、十分昨年のような走りに期待できるわ。

そんなエイティーンガールの最終追い切りは、札幌の芝コースで【64.9-49.5-35.2-11.8】の時計を記録。
前走でひと叩きされたことで明らかに状態は上向いているし、いい雰囲気で当日に望めそうよ。

オッズも10倍台は割らなそうだし、配当妙味も大いに見込めるわね!

好調な上位陣を中心に考えたい今年のキーンランドカップだけど…。
高配当のためにはアノ伏兵を見逃せないわ!

2021年 キーンランドカップ 注目穴馬

ソロユニット(牝3)
【前走:ハヤテスプリント(重賞)1番人気1着】

月曜日から変わらず、穴馬候補として注目したいのがソロユニットよ!

初の芝レースとなる本走、さらに3歳馬とまだまだ実力や適性が未知数なだけに、どれだけの走りができるのか評価が難しい彼女だけど…。
1週間データ検証した限りでは、十分通用しそうな感じよ。

前走の結果がいいほど好走傾向にある本走で彼女はしっかりと最先着しているし、枠順も持ち味のスピードが活かせる内枠。
彼女のような馬体重が440kgに満たない馬が勝利した前例も見つかったし、満足いく材料が揃っているのよね。

世間の評価に反して、このキーンランドCとはかなりの好相性だから侮れないわよ。

そんなソロユニットの最終追い切りは、門別の坂路で600m【43.6-28.0-13.3】の時計を記録。
激戦を演じた前走の疲れも抜けたようで、軽やかな走りが好印象だったわ。
状態も万全ってところね!

ダートとはいえ、スプリント戦7勝とスピードは一級品の彼女。
中央の有力馬たちを一蹴して、大波乱を巻き起こしても不思議はないわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次