今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

キーンランドカップ2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 キーンランドカップ 最終予想

キーンランドカップの最終予想をするわよ!

例年豪華なメンバー構成ながら、伏兵の活躍で荒れがちな今レース。
過去には中穴クラスが馬券を独占して37万馬券が飛び出しているから、世間の評判に惑わされない予想が何より重要よ。

今回もデータ検証から、過去に馬券を賑わせてきた馬たちとの共通点を持ったある穴馬候補を探し出すことができたわ。

高配当が期待できる注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

うまとみらいと
↑よりディープな予想が見たければ、こちらのサイトをチェックよ!↑

さっそく、確定した枠順を見てもらうわよ!

2020年 キーンランドカップ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ダイアトニック 牡5 58.0 武豊 安田隆行 栗東
2 イベリス 牝4 54.0 横山武史 角田晃一 栗東
2 3 ダイシンバルカン 牡8 56.0 勝浦正樹 吉田直弘 栗東
4 ビリーバー 牝5 54.0 杉原誠人 石毛善彦 美浦
3 5 メイショウショウブ 牝4 54.0 横山典弘 池添兼雄 栗東
6 ショウナンアンセム 牡7 56.0 石川裕紀 田中剛 美浦
4 7 メイショウカズヒメ 牝6 54.0 柴山雄一 南井克巳 栗東
8 カッパツハッチ 牝5 54.0 大野拓弥 矢野英一 美浦
5 9 ダイメイフジ 牡6 56.0 菱田裕二 森田直行 栗東
10 クールティアラ 牝4 54.0 丹内祐次 矢野英一 美浦
6 11 フィアーノロマーノ 牡6 56.0 藤岡康太 高野友和 栗東
12 ライトオンキュー 牡5 57.0 古川吉洋 昆貢 栗東
7 13 アスタールビー 牝4 54.0 吉田隼人 南井克巳 栗東
14 エイティーンガール 牝4 54.0 坂井瑠星 飯田祐史 栗東
8 15 ディメンシオン 牝6 54.0 松田大作 藤原英昭 栗東
16 ヤマカツマーメイド 牝3 51.0 池添謙一 池添兼雄 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわね。

■前走クラス別成績
複勝率が50%に迫る3勝クラスは馬券の可能性大
OP特別組なら前走で大敗していても一発あり

■前走着順別成績
前走1着馬が馬券の中心
前走10着以下でも重賞を使った馬なら穴馬になり得る

■年齢別成績
4歳馬が群を抜いて好成績
前走で馬券になった5歳馬は買い

■所属別成績
関西馬を中心に馬券を組み立てる
関東馬は穴馬になり得る

それじゃあ引き続き、過去10年のうち札幌開催だった9年分のデータを使ってキーンランドカップの予想を詰めていくわよ。

まずは、斤量別成績を見てちょうだい。

2020年 キーンランドカップ 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
51kg 1 0 0 4 20.0% 20.0% 20.0%
54kg 5 3 4 25 13.5% 21.6% 32.4%
56kg 2 2 3 50 3.5% 7.0% 12.3%
57kg 1 0 1 9 9.1% 9.1% 18.2%
58kg 0 2 0 5 0% 28.6% 28.6%

※今回出走する馬の斤量だけを取り上げているから、合計が9にならない列があるわよ。

斤量別成績からは、おおよそ負担重量の少ない馬ほど走る、と見てよさそうね。

特に今レース最小負担重量となる「51kg」は、絶対数こそ少ないものの過去1頭勝ち馬が出ていて、比較した中でもっとも高い勝率になっているわ。
今回唯一斤量51kgで走るヤマカツマーメイドは、2016年の勝ち馬ブランボヌールと「関西所属の3歳牝馬」という共通点があるし、最先着もあり得る1頭として期待できるわよ。

他には、単純な勝ち馬の数が多い、斤量「54kg」にも注目するわよ。
この斤量では過去に5頭の1着馬がいるんだけど、調べてみたらいずれも「牝馬」で、「前走に芝1200mを使って馬券になっていた」ことが分かったの。

今回この条件に該当する、

イベリス
カッパツハッチ
アスタールビー

勝ち馬が狙える3頭と言っていいんじゃないかしら。

次は、枠順別成績を見てもらうわよ。

2020年 キーンランドカップ 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 0 0 0 15 0% 0% 0%
2枠 1 0 2 12 6.7% 6.7% 20.0%
3枠 0 2 0 15 0% 11.8% 11.8%
4枠 2 3 0 13 11.1% 27.8% 27.8%
5枠 1 1 2 14 5.6% 11.1% 22.2%
6枠 2 0 1 15 11.1% 11.1% 16.7%
7枠 2 1 3 12 11.1% 16.7% 33.3%
8枠 1 2 1 14 5.6% 16.7% 22.2%

枠順別成績からは、外側を引いた馬が好成績を残しているのが分かるわね。

特に7枠から走った馬が単純に馬券に絡んだ回数も多いし、複勝率は唯一30%を超えていて好走に期待できるわ。
2015年には当時8番人気だったウキヨノカゼがこの枠から勝ち馬になった例もあるし、今回7枠に決まった中穴クラスのアスタールビーエイティーンガールは最先着が狙える、と言えそうね。

逆に、まったく馬券に絡めていない1枠は要注意

この1枠はなぜか例年人気薄の馬が多い、という共通点があるから、上位人気馬の場合一概に当てはまるとは言い難いんだけど…。

今回はトップクラスの人気を集めるダイアトニックイベリスが1枠に決まっているから、実績がある2頭とはいえ、いくらか評価を下げざるを得ないわね。

うまとみらいと

そんなところで、追い切りの結果を含めた予想印を発表するわよ!

2020年 キーンランドカップ 注目馬①

ライトオンキュー(牡5)
【前走:UHB賞(OP特別)2番人気1着】

前走のUHB賞では、本走でも競うことになる面々を相手に最先着を果たしたライトオンキュー

今レースは前走で勝った馬が好調なのは伝えた通りだし、ここ3戦で2勝と本格化の兆しが見える彼は本走でも注目の存在よ。

そうそう、ライトオンキューは札幌の芝1200mでは、キャリア【1-1-0-1】となかなかの好成績で、今メンバーでもっとも同コースとの相性がいい1頭と言えるの。
6枠なら変な心配はいらないし、得意のコースで勝ち馬だって十分に狙えるわよ。

そんなライトオンキューは、札幌のダートコースで行われた最終追い切りでも【53.2-38.2-12.1】と上々の時計を記録。
11戦連続での騎乗となる古川Jとも折り合いばっちりで、追われてからの反応もよかったし、万全な調教ができた、と言えそう。

57kgと見込まれた斤量に決まったけど、前走は同じ負担重量で後続に2馬身をつけ圧勝しているし、今回もダイアトニックを破る好走に期待大ね!

2020年 キーンランドカップ 注目馬②

ダイアトニック(牡5)
【前走:函館スプリントステークス(G3)1番人気1着】

月曜日には真っ先に注目馬として紹介した、ダイアトニック

データや実績では疑う余地がないんだけど、今回は鬼門と言える1枠を引いてしまったのが気になるところ。
ただ、伝えたように1枠は人気薄が集中したこともあるし、本走で特別力のあるダイアトニックならイメージするほど厳しい状況ではない、と言えるわ。

また、今レースは分かりやすい好材料のある馬が強い、というのは伝えた通りだけど、過去に当日の単勝オッズが2.9倍以下だった馬は【1-2-3-1】で、複勝率は実に85.7%にもなるの。
1番人気筆頭で、おそらく当日は単勝オッズ3倍を切ってくるであろうダイアトニックは、1着を外したとしても、馬券には高確率で絡んでくる、ということが言えそうね。

そんなダイアトニックは追い切りでも目を見張る動きを見せ、札幌の芝コース【69.2-53.4-38.1-12.5】の好時計で順調な仕上がりをアピールしていたわ。

スプリントの適性は間違いなく高い馬だから、秋のG1戦線に向け格の違いを見せてもらいたいわね!

2020年 キーンランドカップ 注目馬③

メイショウショウブ(牝4)
【前走:UHB賞(OP特別)5番人気6着】

前走UHB賞組からは、メイショウショウブにも注目よ。

悲観するほどではない3枠に決まってくれたし、上位陣に引けを取らない好データに該当していたのは高く評価したいわ。

また、今回騎乗予定の横山典弘Jは、2017年にナックビーナスで3着なっているんだけど、本走のメイショウショウブとは、「4歳牝馬」「斤量54kg」という共通点があるの。
昨年のG2ニュージーランドトロフィーではコンビを組んで連対しているし、実績ある鞍上に決まり馬券に期待大ね。

そんなメイショウショウブの追い切りは、札幌芝コース【68.8-52.2-37.4-11.8】の時計で、併せて走ったヤマカツマーメイドに先着する軽やかな脚を見せてくれたわ。

前走から中2週のローテーションが不安だったけど、むしろ休み明けから2回使われ良化傾向にある彼女は、本走では穴馬として激走し得る存在よ!

2020年 キーンランドカップ 注目馬④

カッパツハッチ(牝4)
【前走:UHB賞(OP特別)6番人気2着】

前走のUHB賞では、6レースぶりの馬券内を確保したカッパツハッチ

昨年はアイビスサマーダッシュで連対するなど、力はあるものの近走では見せ場がなかったから、前走の連対は復調への試金石になったんじゃないかしら。

彼女はデータ面でもなかなか好調で、今回出走する4枠8番は過去9年で2頭の勝ち馬が出ているし、上位陣とも十分戦えるわよ。

そんなカッパツハッチ、折り合いに専念した追い切りでは、札幌芝コース【67.3-50.5-36.1-12.1】と時計こそそこそこだけど、鞍上の大野Jとの折り合いもよく、長くいい脚が使えていて気配十分

当日はそこまで人気しないだろから、配当面でもおいしい1頭として、ぜひ覚えておいてちょうだい。

上位陣が好走傾向にある、今年のキーンランドカップ。
人気馬の先着を阻むのは、本走と相性抜群のアノ伏兵馬しかいないわ!

2020年 キーンランドカップ 注目穴馬

アスタールビー(牝4)
【前走:しらかばステークス(3勝クラス)2番人気1着】

月曜にも注目穴馬として紹介した、アスタールビー

1週間データを使って彼女を追ってきたけど、今メンバーでもっとも好走データに該当していて、今レースと相性抜群の一頭と言えるわ。

また、今回アスタールビーは勝ち馬が2頭出ている7枠に決まったけど、彼女は7枠から出走したレースにめっぽう強く、キャリア【1-1-0-0】と負けがない、なんてデータもあるし有利にレースが展開できそうよ。

そうそう、ここまで伝えてこなかったけど、本走は逃げた馬が【2-1-1-6】と好成績を残しているの。
過去に「逃げ」で2勝を挙げているアスタールビーは、今回も前に出てレースを運ぶことができれば馬券に大きく近づくわね。

そんなアスタールビーの最終追い切りは、初コンビを組む吉田隼人Jが感触を確かめる走りで、札幌のダートコース【52.0-39.8-12.2】の時計
それでも1週間前に比べスピードの乗りもいいし、直線でうながされてからもしっかり反応できていて充実した内容だった、と言えるんじゃないかしら。

人馬ともに絶好調なこのコンビが、日曜日には大波乱を演出してくれそうよ!

エビコが認めた競馬予想「うまとみらいと」の無料登録は↓こちら
うまとみらいと

「うまとみらいと」は、本命馬穴馬指数の情報を提供する3コンテンツが一つになった、とってもオトクな競馬情報サイト。

無料情報だけでも数万円の配当を連発しているし、ウチと一緒に使えば稼ぐチャンスは何倍にもなるわ。

それどころか、「うまとみらいと」で提供されるボリューム満点の情報をすべて活用できれば欲しかった車や時計、贅沢な食事、仕事に囚われない自由な生活を手に入れるのも夢じゃないわね。

もし、今の収入にプラスして毎週10万円の利益を得られたならあなたは何がしたい?何が欲しい?

「うまとみらいと」への登録は↓から無料でカンタンにできるけど、今のうちに週末の高配当を何に使うか、考えておいてちょうだい!

うまとみらいと
よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次