キーンランドカップ

札幌11Rキーンランドカップ(GⅢ・芝1200m)
◎7 ダノンスマッシュ
○6 レッツゴードンキ
▲8 デアレガーロ
☆16 オールインワン
△11 ナックビーナス
レースの見どころ
キーンランドカップの最終予想をするわ!
月曜日の段階で「激走する2桁人気馬」の条件まで絞り込めているこのレース。

その後、情報を更に調べてみたところ、去年のエポワスのような「超不人気馬」に思わぬ活躍の可能性があることがわかったの!!

もしかすると配当が6桁クラスの大荒れになるかもしれないのよ…。

競馬で稼ぎたいなら、絶対にこのレースを押さえてちょうだい!

印はページの一番下で紹介しているから、ちゃんと最後まで読まないと損するわよ!

それではさっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11クリーンファンキー牝554.0武豊鈴木伸尋美浦
12スターオブペルシャセン556.0内田博幸藤沢和雄美浦
23ヒルノデイバロー牡756.0四位洋文昆貢栗東
24ペイシャフェリシタ牝554.0田辺裕信高木登美浦
35ムーンクエイクセン558.0ルメール藤沢和雄美浦
36レッツゴードンキ牝655.0岩田康誠梅田智之栗東
47ダノンスマッシュ牡353.0北村友一安田隆行栗東
48デアレガーロ牝454.0横山典弘大竹正博美浦
59ティーハーフ牡856.0国分優作西浦勝一栗東
510キングハート牡557.0フォーリ星野忍美浦
611ナックビーナス牝554.0モレイラ杉浦宏昭美浦
612トゥラヴェスーラ牡353.0福永祐一高橋康之栗東
713キャンベルジュニア牡656.0M.デム堀宣行美浦
714タマモブリリアン牝554.0古川吉洋南井克巳栗東
815ユキノアイオロスセン1056.0丸山元気石毛善彦美浦
816オールインワン牡556.0戸崎圭太浜田多実栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■当日人気別成績
馬券の2/3は5番人気以内
2桁人気馬は前走UHBが条件

■前走クラス別成績
G1組と1600万下組が好成績
OP特別組はUHB賞以外切る

■所属別成績
典型的な西高東低
関東馬は前走1200m以下が条件

■年齢別成績
4の好走が目立つ
7歳以上は過去1年以内に2度以上の掲示板入りが条件

それじゃ月曜日同様、過去10年のうち札幌開催分9レースのデータを使って、キーンランドカップの最終的な予想を組み立てていくわ。


脚質別成績から見てちょうだい!

脚質別成績
脚質別成績表

札幌の千二で行われるレースだから、当然前の馬が有利なんだけど…。

開催4週目とあって、中段以降の馬がイメージ以上に健闘するから要注意。

脚質のおかげで人気を落としている実績馬がいれば、積極的に買っていきたいわ。

そういえばちょうど1頭、前走の結果も含めて人気が落ちてしまっている馬がいるわよね…。


次は、斤量別成績を見てもらおうかしら。

斤量別成績
斤量別成績表

これは、過去3着以内に入った馬たちを、負担重量と馬体重の比によって分類した表よ。

こうしてみると、体重比11.0%超から11.5%の範囲に収まる斤量を背負った馬の成績がいいわ。

前走までの馬体重を参考にすると…。
人気どころの中では、レッツゴードンキダノンスマッシュがこの範囲に収まりそうね!


そんなところで、予想印を発表するわよ。

本命
ダノンスマッシュ(牡3
【前走:函館日刊スポーツ杯(1600万下)3番人気1着】

月曜日にも注目馬として紹介していたダノンスマッシュ

最終追い切りは、芝コースで5ハロン66.3-12.4という時計で、一見そこそこ程度の仕上がりって感じだけど…。

思えば彼は一週前の段階でビッシリ追われていたから、最終では軽く流していたはずなのよね。

それでこのタイムということは、相当仕上がっていると見ていいわね。
乗り役を務めた北村友騎手も状態の良さを評価していたし、じゅうぶん本命に推すに足ると判断したわ。

彼がもしここを勝てば、今後のスプリント戦線が楽しみになるわね!

対抗
レッツゴードンキ(牝6
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)6番人気6着】

本走では実績最上位クラスのレッツゴードンキ

負担重量は55kgとなって、体重と斤量の比もちょうどいいところに収まりそうだわ。

水曜輸送ということで最終追い切りは軽めだったけど、それでもWコースを単走馬なりで5ハロン69.5-12.4と上々の動き。

1週前の時点では芝コースで追われて、しまい11.3といういい伸びを見せていたし、休みや輸送などの影響はほぼないと見ていいわね。

陣営としても久々の勝利に向けて気合十分だろうから、ほとんど万全の体制で出走できそう。

ぜひ桜花賞馬としていいところを見せてほしいわね!


昨年のような大荒れレースに期待できるキーンランドカップ
「☆印の不人気馬」を押さえて、10万馬券を勝ち獲ってちょうだい!


単穴

デアレガーロ(牝4
【前走:UHB賞(OP特別)1番人気4着】

前走UHB賞組で4歳馬と、このレースにおける好走条件がよく揃っているデアレガーロ

これまで紹介していなかったけれども、彼には他にも「洋芝のレースにおける成績が(2-0-0-1)」といういいデータがあるのよね。

最終追い切りでは、芝コースを4ハロン54.3-12.0という時計で状態はよさそう。
短期放牧に出されたことで、いい意味でリフレッシュできているのかもしれないわね。

幸いあまり人気していないから、配当の面でも狙い目よ!

連下

ナックビーナス(牝5
【前走:函館スプリントステークス(G3)1番人気3着】

モレイラ騎手の騎乗が決まり、人気が高まっているナックビーナス

彼女も近年のレッツゴードンキと同じように、重賞で善戦しつつも勝ちきれない戦いを続けているのよね。

前走も、休み明けでさえなければ!と思わせてくれるようないい内容だっただけに、陣営もやきもきしているんじゃないかしら。

そんな鞍上に、実は今まで日本の重賞を勝ったことのないモレイラJが乗る、というのがちょっと不安ではあるけど…
とはいえここまでに調べたデータはおおむね良好。

印こそ連下としたけど、余裕があれば1着の買い目も押さえておいてちょうだい!

注目穴馬

オールインワン(牡5
【前走:UHB賞(OP特別)6番人気10着】

冒頭で紹介した、「超不人気馬」がこのオールインワン

OP入り後はちょっとふがいない成績が続いているんだけど…
でも、そんな彼に注目すべき理由はいくつもあるわ。

まず月曜日に紹介した通り、これまでキーンランドカップでは、前走UHB賞の2桁人気馬が穴をあけてきたということ。
彼はこれまでに調べた他のデータでも、文句のないものが揃っているのよね。

また、彼は血統の面でも評価できるわ。

シルクロードS(G3)から高松宮記念(G1)を連覇したファインニードルを始めとして、今年のスプリントでは彼と同じアドマイヤムーン産駒が活躍しているのよ。

最終追い切りでもいい動きをしていたし、騙されたと思って押さえておいてちょうだい!




的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る