今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

オータムハンデ2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 オータムハンデ 最終予想

京成杯オータムハンデの最終予想をするわよ!

サマーマイルシリーズの王者をかけ、また秋のG1戦線を見据え、夏競馬の締めくくりにふさわしい好メンバーが集った今レース。

その分、馬券に絡みそうな馬さえも選びにくく、展開次第では過去の200万馬券に近い配当だってあり得るわよ。

今回もデータを使って人気どころで信頼できる馬や、最先着も見込める高配当請け合いの穴馬を探し出せたわ。

印はページの後半で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

うまとみらいと
↑産経賞セントウルステークスの予想は、こちらのサイトでチェックしてちょうだい!↑
さっそく、確定した枠順から見てもらうわよ!

2020年 オータムハンデ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ルフトシュトローム 牡3 54.0 石橋脩 堀宣行 美浦
2 ボンセルヴィーソ 牡6 55.0 木幡巧也 池添学 栗東
2 3 アルーシャ 牝5 55.0 戸崎圭太 藤沢和雄 美浦
4 ストーミーシー 牡7 57.0 田辺裕信 斎藤誠 美浦
3 5 アンドラステ 牝4 53.0 ルメール 中内田充 栗東
6 スイープセレリタス 牝4 52.0 丸山元気 藤沢和雄 美浦
4 7 ジャンダルム 牡5 56.0 藤井勘一 池江泰寿 栗東
8 シゲルピンクダイヤ 牝4 54.0 和田竜二 渡辺薫彦 栗東
5 9 アフランシール 牝4 52.0 津村明秀 尾関知人 美浦
10 トロワゼトワル 牝5 55.0 横山典弘 安田隆行 栗東
6 11 ラセット 牡5 55.0 秋山真一 庄野靖志 栗東
12 エントシャイデン 牡5 56.0 大野拓弥 矢作芳人 栗東
7 13 ミッキーブリランテ 牡4 54.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
14 アストラエンブレム セン7 57.0 横山武史 小島茂之 美浦
8 15 メイケイダイハード 牡5 55.0 酒井学 中竹和也 栗東
16 スマイルカナ 牝3 52.0 柴田大知 高橋祥泰 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわ。

■前走距離別成績
単勝回収率1000%の前走2000m組に注目
前走1400mで勝っていれば連勝もある

■前走着順別成績
前走1着は本走でも勝ち馬に期待できる
OP特別以下のクラスで前走10着以下は切る

■年齢別成績
馬券の中心は4歳馬
当日人気した新馬は勝ち馬の可能性あり

■レース当日の人気別成績
勝ち馬は4番人気まで
ディープインパクト産駒なら10番人気以下でも好走する

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年のうち中山開催だった9年分のデータを使って、京成杯オータムハンデの予想を詰めていくわよ。

まずは、斤量別成績を見てもらおうかしら。

2020年 オータムハンデ 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
52kg 2 0 0 1 66.7% 66.7% 66.7%
53kg 1 2 1 12 6.3% 18.8% 25.0%
54kg 1 3 2 24 3.3% 13.3% 20.0%
55kg 3 0 2 20 12.0% 12.0% 20.0%
56kg 1 0 1 24 3.8% 3.8% 7.7%
57kg 1 2 0 14 5.9% 17.6% 17.6%

※今回出走する馬の斤量だけを取り上げているから、合計が9にならない列があるわよ。

全体的に、負担重量の少ない馬がよく走っている傾向にあるわね。

なかでも、本走でもっとも軽い斤量となる52kgを背負った馬が飛び抜けて好成績を残しているわ。
単勝回収率は実に368%にもなるし、この負担重量に決まっただけでも高く評価できるほど。

今回は、
スマイルカナ
アフランシール
スイープセレリタス
が斤量52kgで走るから要チェックね。

また勝率は52kgに及ばないまでも、より勝ち星が多い斤量55kgの馬たちも注目したいわ。

ここからは3頭が1着になっているんだけど、調べてみたらいずれも「牡馬」で、当時は「単勝オッズ10倍を切る人気馬」だった、という共通点があったの。

本走では唯一トロワゼトワルがこの条件に該当しそうだから、最先着が狙える1頭として覚えておいてちょうだい。

次は、騎手別成績を見てもらうわ。

2020年 オータムハンデ 騎手別成績

騎手 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
横山典 3 0 0 3 50.0% 50.0% 50.0%
田辺 2 1 0 2 40.0% 60.0% 60.0%
戸崎圭 1 2 0 1 25.0% 75.0% 75.0%
ルメール 1 0 0 1 50.0% 50.0% 50.0%
津村 1 0 0 6 14.3% 14.3% 14.3%
石橋脩 0 1 0 6 0% 14.3% 14.3%
藤井勘 0 0 1 0 0% 0% 100.0%
柴田大 0 0 0 3 0% 0% 0%
丸山 0 0 0 2 0% 0% 0%
坂井 0 0 0 1 0% 0% 0%
木幡巧 0 0 0 1 0% 0% 0%
秋山真 0 0 0 1 0% 0% 0%
大野 0 0 0 5 0% 0% 0%

※今回出走する馬に騎乗予定の騎手だけを取り上げているから、各列合計が9にならないわよ。

騎手別では、横山典Jが3勝と好成績を残しているわ。

横山Jと言えば、昨年の本走で日本レコードを更新しているし、今レースと相性のいい騎手、という感じよね。
今年も昨年コンビを組んだトロワゼトワに騎乗が決まったし、連覇に期待大ってところかしら。

他には、横山Jに次ぐ勝ち鞍を挙げている田辺Jにも注目するわよ。

彼は2015年に当時13番人気のフラアンジェリコを最先着させているんだけど、この馬は当時7歳で、今回騎乗するストーミーシーと同じ

高齢になるほど好走が疑わしい今レースにおいて、田辺Jが鞍上を務めるストーミーシーは面白い存在になりそうね。

うまとみらいと

そんなところで、追い切りの結果を含めた予想印を発表していくわよ!

2020年 オータムハンデ 注目馬①

トロワゼトワル(牝5)
【前走:関屋記念(G3)8番人気2着】

昨年の本走では、1:30.3の驚異的な時計でレコード優勝を飾ったトロワゼトワル

その勝ち鞍以降は4戦ほど馬券から見放されるレースが続いたけど、前走の関屋記念では彼女らしい走りが戻って連対したし、今回も十分勝つチャンスがあるわ。

月曜日から検証してきたデータにもよく該当していたし、さらに今回彼女が入る5枠10番は【3-0-0-5】で単勝回収率は150%を超えているの。
知っての通り、彼女は昨年も同じ5枠10番からの出走でレコード勝ちしていて、世間の評価以上に期待できる存在よ。

そんなトロワゼトワルは、輸送を考慮して行われた栗東坂路での追い切りでも【53.3-38.7-24.8-12.2】となかなかの時計で状態のよさをアピールできていたわ。

週末の中山は雨模様ということもありパンパンの良馬場は見込めないものの、彼は昨年稍重だった2レースで勝ち馬になっているし適性に期待できそう。

2年連続となる横山典Jとのコンビで、今年も大逃げに期待大ね!

2020 オータムハンデ 注目馬②

スマイルカナ(牝3)
【前走:米子ステークス(OP特別L)2番人気1着】

月曜には、真っ先に注目馬として挙げたスマイルカナ

ただ今回は、中山マイルでは不利とされる大外8枠に決まり、万全で走れる、とは言い難い状況になってしまったけど…。
それでも、月曜からのデータ検証では枠順の不利を補うに余りある好条件に該当していたし、そこまで悲観するほどではないわよ。

そうそう、スマイルカナは春から使い詰めだったこともあり、前走はキャリアでもっとも軽量な410kgでのレースになったけど、それでも勝ち切れたのは大きな収穫だし、430kg程度まで増えた本走では陣営も体調に太鼓判を押しているわ。

水曜に美浦の南Wコースで行われた最終追い切りでは、【67.5-52.1-38.8-11.9】と水準程度時計ながら抜群の動きを見せ、日曜日に準備は万端よ。

ハンデにも恵まれたし、2戦2勝と走り慣れた中山で逃げ切りに期待ね。

2020年 オータムハンデ 注目馬③

アルーシャ(牝5)
【前走:パラダイスステークス(OP特別L)5番人気1着】

前走1着馬からは、アルーシャにも注目ね。

月曜日には好条件によく該当していたし、なにより今回彼女が引いた2枠3番は【1-2-1-5】とかなりの好走率になっているわ。

また、2戦連続の騎乗となる戸崎Jは、2016年に当時6番人気だったカフェブリリアントを始め3頭を馬券にしていて、本走との相性はばっちり
人馬共に好調で、なかなか買えるコンビと言えるわ。

そんなアルーシャの追い切りは、美浦の南Wで【67.7-53.2-39.5-12.9】の時計。
着順こそ、併せ馬と6馬身あった差を1馬身まで縮めるに留まったけど、差し馬らしい末脚が見られたし、陣営も順調さに満足していたわ。

大駆けしそうな割にそこまで人気する気配はないし、穴馬として高配当を狙うに持ってこいの1頭よ。

2020年 オータムハンデ 注目馬④

アンドラステ(牝4)
【前走:関屋記念(G3)1番人気3着】

前走の関屋記念では、1番人気に推されながら3着に屈したアンドラステ

とはいえ、彼はデビュー以来8走して通算成績が【4-1-2-1】、唯一馬券外になった2走前のエプソムカップでも4着に粘り込んでいて、強豪揃いの本走でも馬券内に期待できる安定感があるわ。

さらに本走は、月曜日にも伝えた通り4番人気までの馬がよく馬券に絡む傾向にあるレース
今年のアンドラステのように、期待されやすい強みのある馬はとくに期待できるわよ。

そうそう、上位人気と言えば今回アンドラステに騎乗するルメールJも、2018年に当時1番人気のミッキーグローリーで勝ち鞍になっているわ。
彼が乗った栗東CWでの追い切りでも【55.4-40.0-12.8】の時計で、道中しっかりと反応できていたし、いかにも本走で台風の目になり得るコンビ、という感じね。

稍重・重馬場でも3勝しているアンドラステ、展開が向けば重賞初制覇も夢じゃないわよ!

多くの人気馬に好走の気配が漂う、今年の京成杯オータムハンデ。
アノ穴馬を甘く見ると、みすみす高配当を逃すことになるわよ!

2020年 オータムハンデ 注目穴馬

アフランシール(牝4)
【前走:新潟日報賞(3勝クラス)2番人気1着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していた、アフランシール

これまでのデータ検証ではもっとも多くの好条件に該当していたし、今日の検証でも好成績の斤量52kgに決まった点は高く評価できるわ。

さらに【5-1-1-10】と半数以上のレースで勝ち馬を輩出している5枠に決まったとあり、本命に推してもいいほどの好条件が揃ったわよ。

そうそう、今回は津村Jが騎乗するけど、彼は2010年にファイアーフロートで勝ち鞍になっていて、アフランシールとは前走1着馬という共通点があるの。
同条件で勝ち鞍のある騎手が乗り替わってくれるのも、昇格組のアフランシールにとっては嬉しい限りね。

そんなアフランシール、美浦の坂路で行われた最終追い切りでは【53.5-38.0-24.6-12.3】と、それなりの負荷にとどめた時計ながら、しっかりと動けていたわよ。

ここまで好走条件が揃ったにも関わらずほとんど人気していないアフランシール、高配当請け合いの穴馬として覚えておいてちょうだい!

エビコが認めた競馬予想「うまとみらいと」の無料登録は↓こちら
うまとみらいと

「うまとみらいと」は、本命馬穴馬指数の情報を提供する3コンテンツが一つになった、とってもオトクな競馬情報サイト。

無料情報だけでも数万円の配当を連発しているし、ウチと一緒に使えば稼ぐチャンスは何倍にもなるわ。

それどころか、「うまとみらいと」で提供されるボリューム満点の情報をすべて活用できれば欲しかった車や時計、贅沢な食事、仕事に囚われない自由な生活を手に入れるのも夢じゃないわね。

もし、今の収入にプラスして毎週10万円の利益を得られたならあなたは何がしたい?何が欲しい?

「うまとみらいと」への登録は↓から無料でカンタンにできるけど、今のうちに週末の高配当を何に使うか、考えておいてちょうだい!

うまとみらいと
よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次