今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

愛知杯2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 愛知杯 事前予想

今日は4歳牝馬のハンデ戦、愛知杯の予想をしていくわよ!

愛知杯といえば、5年前の2013年に400万オーバーの超高額配当が出たのを覚えている人もいるんじゃないかしら。

今年もマキシマムドパリのような実績馬から、下剋上を狙う1000万クラスの馬までバリエーション豊かなメンバーがそろったわ。

2013年のような、荒れるレースも期待できるわよ!

まずは、過去10年の結果を見てもらうわね。

※2015年は開催中止よ。

2013年や2008年の7桁馬券が目立つけど、それ以外のレースも常に高配当!

表を詳しく見て貰えばわかるとおり、このレースは1番人気があまり馬券に絡んでいないから、データを使って本命馬を割り出すことがより重要になるわ。

今回も4つのデータを駆使して、勝利まであり得る有力穴馬をピックアップしたから、最後まで見て行ってちょうだい。

詳しい予想に入る前に、今回の特別登録馬を確認するわよ。

2018年 愛知杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アンドリエッテ 52.0 牧田和弥 栗東
エテルナミノル 54.0 本田優 栗東
オートクレール 53.0 中野栄治 美浦
キンショーユキヒメ 53.0 中村均 栗東
ギモーヴ 52.0 池添学 栗東
クィーンチャーム 53.0 池江泰寿 栗東
クインズミラーグロ 54.0 和田正道 美浦
ゲッカコウ 54.0 高橋義博 美浦
コパノマリーン 51.0 斎藤誠 美浦
サンタフェチーフ 53.0 斉藤崇史 栗東
シャルール 54.0 松永幹夫 栗東
タニノアーバンシー 52.0 角居勝彦 栗東
ハッピーユニバンス 52.0 平田修 栗東
ブラックオニキス 52.0 加藤和宏 美浦
マキシマムドパリ 56.0 松元茂樹 栗東
メイズオブオナー 50.0 藤原英昭 栗東
リーサルウェポン 48.0 武市康男 美浦
リカビトス 51.0 奥村武 美浦
レーヌドブリエ 51.0 矢作芳人 栗東
レイホーロマンス 51.0 橋田満 栗東
ロッカフラベイビー 53.0 鹿戸雄一 美浦
ワンブレスアウェイ 54.0 古賀慎明 美浦

それじゃ過去10年のうち、中京競馬場で開催された7レース分のデータを使って、愛知杯の予想をしていくわ。

まずは前走クラス別成績から見ていくわよ。

2018年 愛知杯 前走クラス別成績

まず注目して欲しいのは、前走1000万下組の成績の良さ!

勝率・連対率・複勝率どれも申し分ないから、ぜひ馬券の軸に据えたいわね。

今回、前走1000万下から出走するのはメイズオブオナー1頭よ!

あとデータを見ていて気になるのは、前走G2組がまったく馬券に絡んでいないこと。

該当する馬が少ないから何とも言えないけど、今回G2から出走するロッカフラベイビーについては、他に怪しいデータがあれば切る必要があるわね。

次は、前走着順別成績。

2018年 愛知杯 前走着順別成績

前走5着までの馬が、満遍なく成績を残しているように見えるわね。

今回の登録馬の中で、前走掲示板入りした馬は以下の8頭。

・アンドリエッテ
・エテルナミノル
・ギモーヴ
・ゲッカコウ
・サンタフェチーフ
・マキシマムドパリ
・メイズオブオナー
・レイホーロマンス

基本的には彼らを中心に馬券を組み立てれば良さそうだけど…
とはいえ穴党として気になるのは、前走6着以降で馬券に絡んだ馬たち。

該当する6頭のうち、現在の出走条件に含まれない3歳馬を除いた5頭について詳しく調べてみたら、いずれも前走からの斤量差が1kg以内という共通点が見つかったわ。

斤量に関しては更におもしろいデータがあるから、出走馬の情報が出そろう金曜日に詳しく見ることにするわね。

次は、年齢別成績。

2018年 愛知杯 年齢別成績

※三歳馬が出走可能だった時期のデータが含まれているわよ。

勝ち馬は4~5歳馬からしか出ていないのね!

とくに4歳馬の成績がずば抜けて高いから、ぜひ馬券の中心に据えたいわ。

今回の登録馬の中ではブラックオニキスメイズオブオナーリカビトスが4歳ね。

あと過去に7歳馬がまったく馬券に絡んでいない、というのも気になるところ。

今回該当するオートクレールリーサルウェポンにとっては厳しいデータになるわ。

次は、脚質別成績。

2018年 愛知杯 脚質別成績

過去7レースのうち、逃げ馬が馬券に絡んだ年が2回もあるのね。

今回ハナを切りそうなコパノマリーンタニノアーバンシーには要注意だわ。

またほかの脚質に注目すると、勝ち馬は後方から、2~3着馬はより前方から多く出ているのがわかるわね。

フォーメーションで馬券を買うときの参考にしてちょうだい。

さあ、ここまでのデータを基に、現状での注目馬を紹介するわよ!

2018年 愛知杯 注目馬①

マキシマムドパリ(牝6)
【前走:中日新聞杯(G3)4番人気5着】

2017年、1番人気に応えて愛知杯を制したマキシマムドパリ。

彼女は社台系の牝馬ということで、6歳3月での引退が決まっているから、本走がラストランになりそうね。

今回の出走馬の中では実績も頭一つ抜けているし、今年も上位人気は堅いわ。

データを見ても大きな不安材料はないんだけど…
6歳という年齢や、前からの競馬が得意な脚質などを考慮すると、勝ち馬候補というよりは紐に押さえておく位がちょうどいいわね。

ラストランを勝利で飾ってほしい想いはありつつ、あくまでシビアに見ていくわよ!

2018年 愛知杯 注目馬②

タニノアーバンシー(牝5
【前走:逆瀬川ステークス(1600万下)3番人気6着】

出走が確定すれば、ウォッカの子として初めて重賞を走ることになるタニノアーバンシー。

彼女は2015年のデビュー以来、昨年末の前走で6着になるまで一度も掲示板を外したことのなかった、非常に安定感の高い馬よ。

唯一掲示板を外した前走も、内容を見れば彼女の1800mにおける持ち時計を更新した好走。
1着のサトノアリシアより1kg重い斤量を背負った上で着差が0.3秒に収まっているわけだから、着実に力を付けていると考えていいわ。

これまで牡馬とも対等に渡り合ってきた彼女なら、このレースで勝ち負けするのは間違いないわね!

超高配当に期待が高まる今年の愛知杯。
あまり注目されていない伏兵たちの中から、勝利まであり得る有力馬を探し出したわ!

2018年 愛知杯 注目穴馬

メイズオブオナー(牝4
【前走:3歳上1000万下 4番人気1着】

ぎりぎり除外対象を免れる賞金額のメイズオブオナー。

ハーツクライ産駒という血統的に、まだまだ成長途上と思われている彼女だけど、ここまでの競争成績は(3-2-4-4となかなかのもの。

さらに今回調べたデータについても、4歳馬」「追い込み脚質」など、このレースの勝ち馬としての条件によく合致しているわ。

4歳になった今年は、そろそろ本格化を期待する競馬ファンが出てきそうな頃合い。
彼女をおいしいオッズで買えるのは、本走が最後かもしれないわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次