愛知杯

中京11R愛知杯(GⅢ・芝2000m)
◎3 メイズオブオナー
○7 マキシマムドパリ
▲5 タニノアーバンシー
☆11 シャルール
△1 ゲッカコウ
レースの見どころ
愛知杯の最終予想をするわ!


各所の予想オッズを見渡すと4番人気以降がかなり大きく割れていて、ますます大荒れに期待できる今回のレース。

今日は新たに2点のデータを使って最終的な印を打ったんだけど、100万馬券もありうるほど意外な顔ぶれになったわよ。

期待してちょうだい!!

予想に入る前に、今回の出馬表を見ておくわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ゲッカコウ牝554.0丹内祐次高橋義博美浦
12ギモーヴ牝552.0藤岡康太池添学栗東
23メイズオブオナー牝450.0松若風馬藤原英昭栗東
24リカビトス牝451.0吉田隼人奥村武美浦
35タニノアーバンシー牝552.0M.デム角居勝彦栗東
36ブラックオニキス牝452.0松山弘平加藤和宏美浦
47マキシマムドパリ牝656.0藤岡佑介松元茂樹栗東
48レイホーロマンス牝551.0岩崎翼橋田満栗東
59キンショーユキヒメ牝553.0秋山真一中村均栗東
510エテルナミノル牝554.0四位洋文本田優栗東
611シャルール牝654.0北村友一松永幹夫栗東
612クインズミラーグロ牝654.0幸英明和田正道美浦
713コパノマリーン牝551.0井上敏樹斎藤誠美浦
714クィーンチャーム牝653.0中谷雄太池江泰寿栗東
715ロッカフラベイビー牝653.0古川吉洋鹿戸雄一美浦
816ハッピーユニバンス牝652.0池添謙一平田修栗東
817アンドリエッテ牝652.0鮫島克駿牧田和弥栗東
818ワンブレスアウェイ牝554.0津村明秀古賀慎明美浦

それじゃ、月曜から引き続き、過去10年のうち中京開催だった7レース分のデータを使って、最終的な予想を組み立てていくわ。

単勝オッズ別成績から見てもらうわね!

単勝オッズ別成績
単勝オッズ別成績表

まず、単勝100倍台の超大穴はまったく馬券に絡んでいないことがわかるわ。
単勝50~99.9倍で馬券に絡んだ1頭も、当日のオッズはぎりぎり50倍台。
その辺りを基準に下位人気の馬を切っていくわよ。

愛知杯は人気が割れるから、当日単勝60倍を上回る馬はそんなに多くならないと思うけど…

月曜日の段階で別の不安材料があった上に人気も低いロッカフラベイビーを基準に、彼女より高いオッズが付きそうなコパノマリーン、ハッピーユニバンス、クィーンチャームを合わせた4頭を切るわ。


次は、斤量別成績。

斤量別成績
斤量別成績表

最軽量のハンデを負った馬は切れる!というデータなんだけど、今回該当しそうだったリーサルウェポンは出走を回避したのよね。

それで別の点に着目してみたら、データ上、まず今回のトップハンデ56kgを背負ったマキシマムドパリが有力だということが分かったの。

その他の斤量については、49.5~51kg負担の馬が勝ち馬候補になりそうね。

今回該当するのはコパノマリーン、メイズオブオナー、リカビトス、レーヌドブリエ、レイホーロマンスよ。


さらにもう一点、このデータを単体で見ただけではわからないポイントがあるわ。

月曜日の記事で、「前走6着以降で馬券に絡んだ馬は、みな前走との斤量差が1kg以内だった」という話をしたのを覚えているかしら?

今回その条件に当てはまり、かつここまでに切っていない馬が1頭だけいるの!

その馬が誰だったかは、以下の予想から注目穴馬を確認してちょうだい!


3 メイズオブオナー

7 マキシマムドパリ

 5 タニノアーバンシー

 1 ゲッカコウ

 11 シャルール

本命
メイズオブオナー(牝4
【前走:3歳上1000万下 4番人気1着】

月曜日に注目していたメイズオブオナーを本命にしたわ!

斤量別成績のところでも軽く触れた通り、本走の負担重量は50.0kgと、出走馬の中では最軽量になったわね。

最終追い切りの状態もよくて、最後1fは持ったまま11.8秒となかなかの好時計

若さ溢れる走りで、重賞初勝利をもぎ取ってもらいたいわ!

対抗
マキシマムドパリ(牝6
【前走:中日新聞杯(G3)4番人気5着】

事前予想でも取り上げていた、マキシマムドパリ。

あれから更に調べてみたところ、このレースではキングカメハメハ産駒の成績が(2-1-0-3だという良いデータが見つかったの。

月曜日には「紐に留めておくのがいい」と言ったけど、負担重量などのデータも加味して対抗に格上げすることにしたわ。

本走が引退レースになりそうな彼女、ぜひ有終の美を飾って欲しいわ!


過去には400万馬券も出た、超大荒れの愛知杯!
高配当のカギを握るのは、データが導き出したこの馬たちよ!


単穴

タニノアーバンシー(牝5)
【前走:逆瀬川ステークス(1600万下)3番人気6着】

サンタフェチーフが除外になったことで、鞍上にM.デムーロを迎えることができたタニノアーバンシー。

特別登録の段階ではさして注目を浴びていなかった彼女だけど、ウォッカの仔である彼女に外国人騎手が乗るとあれば、当日はそこそこの人気になるんじゃないかしら。

それでも、もとより人気が大きく割れるこのレースでは、十分なオッズがつくはずよ。

お母さんに産駒重賞初勝利をプレゼントしてあげてほしいわ!



連下

ゲッカコウ(牝5)
【前走:ディセンバーステークス(OP特別)4番人気2着】

前走のディセンバーステークスでは、圧倒的1番人気のグレーターロンドンを抑えて2となったゲッカコウ。

今回鞍上を任される丹内騎手は、昨年9月にゲッカコウに騎乗して勝利した経験もあるし、この愛知杯でも過去1戦して3着一回と、悪くないデータがそろっているの。

その昨年9月の勝ち鞍では、普段と違って逃げる競馬を見せてくれていたわね。
もし本走でもタニノアーバンシーとハナを争って「行った行った」の展開になったら…なんて、考えてしまうわ。

今回引いた1枠の過去の成績は(0-1-2-10、複勝率から言っても紐として申し分ないわ!



注目穴馬

シャルール(牝6)
【前走:カシオペアステークス(OP特別)10番人気8着】

斤量別成績の項で話した「前走6着以降で、斤量差が1kg以内」という馬がこのシャルールよ!

54kgという負担重量はクインズミラーグロと同じということもあって、彼女と比べて一見実績が劣ってみえるシャルールにはいいオッズがつくことが期待できるわ。

最終追い切りではリラックスしながらもいい時計を出していたし、仕上がりは上々。

彼女が私たちに遅めのお年玉をくれるかもしれないわよ!




的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る