朝日杯FSの無料予想はコチラココをクリック

日経新春杯2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

日経新春杯の最終予想をするわよ!

例年荒れ模様な上、中京に舞台を移した昨年はより大荒れとなったこのレース。

今年も高配当を演出し得る伏兵はもちろん、ステラヴェローチェのような飛び抜けた人気馬をどう評価すべきかも気になるところよね。

今回、各馬をフラットな目線で評価できるデータ予想を用いて、そのあたりをバッチリと予想印に反映しておいたわ。

高配当が見込める注目穴馬も紹介しているから、ぜひ最後までチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

競走成績

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 モズナガレボシ 牡5 55.0 松山弘平 荒川義之 栗東
2 クラヴェル 牝5 54.0 横山典弘 安田翔伍 栗東
2 3 マイネルウィルトス 牡6 56.0 川須栄彦 宮徹 栗東
4 ステラヴェローチェ 牡4 57.0 M.デム 須貝尚介 栗東
3 5 ロードマイウェイ 牡6 56.0 幸英明 杉山晴紀 栗東
6 ヤシャマル 牡5 54.0 松田大作 尾形和幸 美浦
4 7 アフリカンゴールド セン7 55.0 国分恭介 西園正都 栗東
8 フライライクバード 牡5 55.0 武豊 友道康夫 栗東
5 9 マイネルフラップ 牡6 53.0 国分優作 梅田智之 栗東
10 ヨーホーレイク 牡4 55.0 川田将雅 友道康夫 栗東
6 11 ショウナンバルディ 牡6 57.0 坂井瑠星 松下武士 栗東
12 エフェクトオン 牡6 53.0 秋山真一 久保田貴 美浦
7 13 トップウイナー 牡6 55.0 和田翼 鈴木孝志 栗東
14 プレシャスブルー 牡8 55.0 勝浦正樹 相沢郁 美浦
8 15 ダノンマジェスティ 牡7 55.0 岩田望来 音無秀孝 栗東
16 トラストケンシン 牡7 53.0 池添謙一 高橋文雅 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
前走の格が上がるほど好走率も高まる
昨年は前走にOP特別を使った2頭が馬券になった

■前走着順別成績
前走で掲示板になっていれば好走する
昨年の覇者ショウリュウイクゾは前走で掲示板を外していて、かつ本走と同条件のレースで馬券になっていた

■レース当日人気別成績
1・2番人気が好調
10番人気以降から馬券になった馬の大半は関西所属の6歳馬

■年齢別成績
若ければ若いほど走る
4歳馬の成績がズバ抜けている

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを基に日経新春杯の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 5 3 3 44 9.1% 14.5% 20.0%
2枠 4 1 3 48 7.1% 8.9% 14.3%
3枠 4 5 3 47 6.8% 15.3% 20.3%
4枠 1 5 8 48 1.6% 9.7% 22.6%
5枠 6 4 5 50 9.2% 15.4% 23.1%
6枠 4 4 3 56 6.0% 11.9% 16.4%
7枠 6 9 7 62 7.1% 17.9% 26.2%
8枠 5 4 4 74 5.7% 10.3% 14.9%

昨年から引き続き今年も中京での開催ということで、中京の中距離で行われた重賞における過去10年分の枠順データを集めてみたわ。

傾向的に、内側と外側での有利不利はないように感じられるわね。

むしろ注目すべきは真ん中、といったところ。
とくに5枠は勝率が高めだし、単勝回収率は400%近い数値が出ているの。

今年5枠にはいかにも配当妙味のありそうなマイネルフラップヨーホーレイクが収まっているし、警戒したいわね。

逆に隣の4枠は、勝ち馬の数が極端に少ないから注意が必要。

もっとも、複勝率は高いから馬券に含める分には問題なさそうだけど、最先着馬は出にくい傾向にあることは覚えておきたいわね。

次は、斤量別成績を見てもらうわよ。

斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
52kg 2 1 2 12 11.8% 17.6% 29.4%
53kg 1 1 0 13 6.7% 13.3% 13.3%
54kg 1 2 0 22 4.0% 12.0% 12.0%
55kg 4 2 1 24 12.9% 19.4% 22.6%
56kg 1 4 4 19 3.6% 17.9% 32.1%
57kg 0 0 0 7 0.0% 0.0% 0.0%

57kgの斤量を背負った馬は過去10年で1頭も馬券になっていない、という興味深いデータよ。

今年そんな57kgの負担重量に決まったのが、圧倒的1番人気のステラヴェローチェ
クラシック3戦では、同斤量である程度の結果を残せているとはいえ、好走が疑わしいと言えるデータ出ている以上注意したいわね。

逆に好調なのが、斤量55kgの子たち。
勝率も高めだし、ヨーホーレイクを含めた6頭は期待できるわよ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していこうかしら!

◎本命

ヨーホーレイク(牡4)
【前走:東京優駿(G1)6番人気7着】

目の故障から約7ヶ月ぶりの実戦復帰となる、ヨーホーレイク

それでも皐月賞・東京優駿での力走もあって、本走ではステラヴェローチェに次ぐ支持を得ているわね。

ただ検証ではほぼすべてで好データに該当していたし、今回枠・斤量とも絶好調の範囲にあることがわかって、データ上はそのステラヴェローチェ以上に評価できる存在と言えるわ。

そんな馬が単勝オッズ5倍程度が見込めるとなれば、それこそコスパ面でも見逃せない存在、って感じよね。

ヨーホーレイクは状態面でも不安はなさそうで、栗東のCWで行った最終追い切りでも7F【97.2-66.5-52.0-37.3-11.7】の時計を記録。
復帰戦とあってしっかりと身体は作って来れているし、調子自体も良好そうよ。

ここを勝って、最強世代のトップクラスに名乗りを挙げたいわね!

○対抗

ステラヴェローチェ(牡4)
【前走:有馬記念(G1)3番人気4着】

鬼門ともいえる、斤量57kgに決まったステラヴェローチェ

先ほども触れたようにクラシック3戦では同負担重量で好走していたし、過度な心配はいらないような感じもするんだけど…。
どうやら単勝オッズが1倍台になりそうだ、ということも考慮して、印は対抗にとどめておくことにしたわ。

もっとも、彼は他のデータに関しては好調で、中京での実績も十分
馬券外に飛ぶような姿は想像し難いから、買い方さえ気をつければ、馬券に含める分にはなんの問題もないわよ。

ステラヴェローチェの最終追い切りは、有馬記念からコンビを組むMデムーロJを背に栗東・CWで6F【81.0-65.6-50.5-35.9-11.2】の時計を記録。
中2週の疲れを感じさせない元気な姿が見られたし、状態面に不安はなしよ。

間違っても、切ろうだなんて考えないことね!

▲単穴

ダノンマジェスティ(牡7)
【前走:アンドロメダステークス(OP特別L)3番人気6着】

月曜日にも注目馬として取り上げていた、ダノンマジェスティ

不安要素も多かった彼だけど、今日の検証で枠・斤量ともに好調な範囲内にあることがわかって、”買える”存在であると判断したわ。

前回触れたように本走の舞台である中京では、これまでに3戦して2勝1連対と相性もいいし、高齢馬は走らない、といった前例を覆すことだってできるはずよ。

そんなダノンマジェスティ、状態もよさそうで、栗東の坂路で行われた最終追い切りは【51.8-38.2-25.0-12.7】の時計を記録。
アンドロメダS時に比べ明らかに馬体に締まりが見られたし、今回は前走から一変するような走りを見せてもおかしくないわよ。

オッズも悪くないし、積極的に狙っていきたいわね!

△連下

フライライクバード(牡5)
【前走:アルゼンチン共和国杯(G2)3番人気3着】

月曜日からここまで、あまり取り上げてこなかったフライライクバード

とはいえ彼は本走で好調な斤量55kg、さらに5歳馬であるなど、目立たないながらも好材料を備えている存在。

骨っぽいメンバーが揃っていた前走のアルゼンチン共和国杯でも3着を確保するなど、実績は本走上位クラスだし、馬券には含めておけば活躍してくれそうな1頭だわ。

彼は調教も順調にこなしたようで、栗東のCWで行われた最終追い切りでは7F【99.0-67.4-52.4-37.5-11.5】の時計を記録。
コンビを組む武豊Jも走りに自信をのぞかせていたし、万全に近いレベルで当日が迎えられそうね。

舞台は大得意の中京、重賞初制覇だって夢じゃないわ!

例年以上の荒れ模様になりそうな、今年の日経新春杯。
アノ伏兵を馬券に含めてこそ、期待以上の配当にありつけそうよ!

注目穴馬

マイネルウィルトス(牡6)
【前走:チャレンジカップ(G3)3番人気6着】

月曜日から変わらず、本走において大注目の穴馬候補がマイネルウィルトスよ!

ここまで紹介してきた面々に比べると、人気順ではかなり開きのある彼。
それでも前走のアルゼンチン共和国杯では、人気しているフライライクバードを差し置いて連対するなど、地力の強さは上位陣にも引けを取らないレベルよ。

さらに彼と同じ「関西所属の6歳馬」がこの舞台でたびたび波乱を巻き起こしている、というのは伝えた通りだし、枠・斤量を含め、穴馬として好走するに十分な材料が揃っているのも見逃せないポイントね。

そんなマイネルウィルトス、栗東・坂路での最終追い切りでも【52.2-37.5-24.4-12.4】の時計で状態のよさをアピールできていたし、レース当日が待ち遠しいほどの好調っぷり。
中京巧者であることも考慮すれば、激走にかなり期待が持てるわよ。

今年は上位陣が人気を吸っているだけに、彼が馬券に飛び込むだけでもかなりの高配当が見込めるわ!

よかったらシェアしてちょうだい!
エビコ

12/17(日)阪神11R
朝日杯FS(G1)2023

12月16日(土)中山11R
ターコイズS(G3)2023


今週の予想記事を公開したわよ!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次