今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

中山記念2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

今週は中山伝統のマイルG2戦、中山記念を予想するわよ!

G1戦線で活躍するマイラーの参戦もあり、本命サイドが中心で決着する傾向の強いこのレース。

今年はマイルCSを沸かせたダノンザキッドが登録されているとあって、すでにかなりの人気を集めているわね。

ただこのレース、普段はカタめに決着しがちな分、荒れた時は大きく荒れるから注意が必要。
2017年には伏兵の台頭で30万馬券が飛び出しているし、不人気馬の軽視は禁物よ。

今回も各種データを用いて、そんな波乱を巻き起こし得る穴馬候補を炙り出しておいたわ。

高配当が狙える注目穴馬として紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認していくわよ。

目次

特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤハダル 55.0 大久保龍 栗東
ウインイクシード 56.0 鈴木伸尋 美浦
エブリワンブラック 56.0 武幸四郎 栗東
カラテ 56.0 高橋祥泰 美浦
ガロアクリーク 56.0 上原博之 美浦
ダノンザキッド 55.0 安田隆行 栗東
トーラスジェミニ 56.0 小桧山悟 美浦
パンサラッサ 56.0 矢作芳人 栗東
ルフトシュトローム 56.0 堀宣行 美浦
ワールドリバイバル 55.0 牧田和弥 栗東
コントラチェック 54.0 藤沢和雄 美浦
マルターズディオサ 54.0 手塚貴久 美浦
ゴーフォザサミット セン 56.0 藤沢和雄 美浦
ソッサスブレイ セン 56.0 粕谷昌央 美浦
ヒュミドール セン 56.0 小手川準 美浦
レッドサイオン セン 56.0 藤沢和雄 美浦
ワールドウインズ セン 56.0 武幸四郎 栗東

それじゃあ今週も過去10年分のデータを基に、中山記念の予想を組み立てていくわよ。

まずは、レース当日の人気別成績から見てちょうだい。

レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 0 0 7 30.0% 30.0% 30.0%
2番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
3番人気 3 1 1 5 30.0% 40.0% 50.0%
4番人気 0 2 2 6 0.0% 20.0% 40.0%
5番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
6番人気 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
7番人気 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
8番人気 0 1 1 8 0.0% 10.0% 20.0%
9番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気以下 0 0 0 28 0.0% 0.0% 0.0%

データ上、勝ち馬になり得るのは5番人気まで、ということになるわね。

といっても勝ち馬の9割は3番人気以内から出ていて、2019年に5番人気で勝利したウインブライトも当日の単勝オッズは7.0倍。

つまり、オッズが一桁台になるほどわかりやすい実績やデータを備えた馬が勝つ、ということ。

現時点でいうと今年は、
ダノンザキッド
カラテ
アドマイヤハダル
パンサラッサ

勝ち馬候補として考えられるわね。

また馬券になった馬に関しては、8番人気以内からしか出ていないわ。

そして、馬券になった馬の最大オッズは45.3倍

馬券圏内や穴馬候補は、このあたりを基準に選ぶようにしましょう。

次は、前走クラス別成績を見てもらうわよ。

前走クラス別成績

前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 5 4 3 23 14.3% 25.7% 34.3%
G2 0 0 4 20 0.0% 0.0% 16.7%
G3 4 4 2 20 13.3% 26.7% 33.3%
OP特別 0 1 0 18 0.0% 5.3% 5.3%

※今回登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

馬券の大半は、G1とG3組から出ていることがわかるわね。

どちらも甲乙つけがたい成績になっているから、それぞれレース別にして今回該当する登録馬を当てはめてみるわよ。

■有馬記念(G1)【1-1-0-6 / 勝12.5% 連25.0% 複25.0%】:パンサラッサ

■マイルCS(G1)【1-0-2-5 / 勝12.5% 連12.5% 複37.5%】:ダノンザキッド

■菊花賞(G1)【0-0-1-2 / 勝0.0% 連0.0% 複33.3%】:ワールドリバイバル

■中山金杯(G3)【4-0-1-8 / 勝30.8% 連30.8% 複38.5%】:ウインイクシード

■福島記念(G3)【0-0-0-1 / 勝0.0% 連0.0% 複0.0%】:ヒュミドール・コントラチェック

■東京新聞杯(G3)【0-0-0-6 / 勝0.0% 連0.0% 複0.0%】:カラテ・トーラスジェミニ・マルターズディオサ

中山金杯組が抜けて好調ね!

今年このローテンションで来るのはウインイクシードだけだし、相対的な意味でも高く評価したいわ。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
前走1着 5 2 2 12 23.8% 33.3% 42.9%
前走2着 2 2 1 5 20.0% 40.0% 50.0%
前走3着 0 0 1 7 0.0% 0.0% 12.5%
前走4着 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 1 1 2 3 14.3% 28.6% 57.1%
前走6~9着 2 3 0 23 7.1% 17.9% 17.9%
前走10着~ 0 2 3 32 0.0% 5.4% 13.5%

前走の成績が連対以上だった馬が馬券になりやすい、というデータよ。

今年は前走1着馬の参戦がないから、前走2着だったアドマイヤハダルヒュミドールを押さえておけばいいわね。

ちなみに前走2着馬は単勝・複勝ともに回収率が100%を超えているから、穴目としても面白い存在になるわ。

また、前走で掲示板外だった馬についても調べてみたんだけど…。
前走6着以降から馬券になった馬はいずれも前走に重賞を使っていた、という共通点があったの。

この条件に該当しない、
エブリワンブラック
ルフトシュトローム
レッドサイオン
ワールドウインズ

の4頭は扱いに気を付けてちょうだい。

次は、年齢別成績を見てもらうわよ。

年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 3 5 13 16.0% 28.0% 48.0%
5歳 5 4 0 23 15.6% 28.1% 28.1%
6歳 1 2 2 23 3.6% 10.7% 17.9%
7歳 0 1 2 15 0.0% 5.6% 16.7%
8歳以上 0 0 1 10 0.0% 0.0% 9.1%

若い馬ほど走る、というデータね。

とく勝ち馬に関しては9割が4・5歳馬から出ている、というところは見逃せないポイント。

前項のレース当日人気別成績でピックアップした4頭に限ると、カラテ以外が該当するわよ。

また7歳以上になると、好走率がガクッと下がる傾向にあるんだけど…。

7歳以上で馬券になったのべ4頭について調べみたら、うち3頭が中山開催の重賞で馬券になった実績ある、という傾向が見つかったの。

高齢馬の中でも、昨年この舞台で3着入線したウインイクシードだけはこの条件に該当するから侮れないわよ。

そんなところで、現段階における注目馬と穴馬候補を紹介していこうかしら!

注目馬①

アドマイヤハダル(牡4)
【前走:白富士ステークス(OP特別L)2番人気2着】

前走白富士Sで2着入線した、アドマイヤハダル

最後は彼らしい末脚で最先着馬に0秒2差まで迫るなど、ようやくいい時の気配が戻ってきた、って感じね。

前走で連対以上の成績を収めた馬が馬券に絡んでいる、というのは伝えた通りだし、勢いのある彼は狙い目よ。

中山では馬券圏内こそないけど、走った2戦はどちらも掲示板内と大きく崩れないのが魅力。
皐月賞では今回最大のライバルになり得るダノンザキッドに先着しているし、今の状態でなら十分勝利することもできると見ているわ。

馬券妙味というところでも、現時点ではダノンザキッドよりこちらね!

注目馬②

ダノンザキッド(牡4)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)5番人気3着】

前走のマイルCSではグランアレグリアに0秒2差の3着入線を果たした、ダノンザキッド

実力と能力は今メンバーでは群を抜いた存在とあって、1番人気の筆頭に挙げられているわね。

伝えてきたように、この中山記念は彼のような人気するほどわかりやすい材料の揃った馬が強いレースだし、ローテンションや年齢も好走傾向内

皐月賞こそ案外だったものの、ホープフルSで最先着していることを鑑みれば中山でのレースは計算できると見ていいんじゃないかしら。

コスパ面ではアドマイヤハダルを推したいけど、最先着候補としてはダノンザキッドが最有力と見ているわ!

カタめに決着する傾向の強い、中山記念。
ただ今年は、アノ伏兵が波乱を演出してくれそうよ!

注目穴馬

ウインイクシード(牡8)
【前走:中山金杯(G3)8番人気6着】

今年も昨年同様に、絶好のデータが出ていた中山金杯からのローテンションで参戦してくるウインイクシード

ただ昨年は中山金杯3着だったのに対し今年は6着、さらに衰えが出てきてもおかしくない8歳であるなど、好走に陰りが見えるように感じている人もいるかもしれないけど…。

今年の中山金杯の敗戦は外枠の不利が影響した、ということは明白だし、また陣営が明言しているように前走は本走への叩き。

それでいて時計は昨年より早かったし、また中山金杯を使ったことで状態も上がってきているとあって、前走の結果や年齢的なところを心配する必要はないわよ。

メンバー的にも昨年より劣る今年の中山記念は、前団での競馬ができれば勝ち負けになってもおかしくないわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次