g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

目黒記念予想 2017

レースの見どころ
さすがに今週の競馬界は、ダービーで一色ね。

ダービーの記事にも書いてあるけど、多くの人の想いを乗せたレース、とても楽しみだわ!

でも、馬券的には目黒記念の方がオイシイのよね!

『情熱のダービー』に対して『配当の目黒記念』

帰り道どんな気持ちになっているかは、目黒記念が決めるといっても過言ではないわよ!

実際に、どれだけ目黒記念で熱くなれるのか、直近10年の結果を見てもらうわね。

3連単配当

2008年を除き、堅い決着は無いの!

ダービーがダメでも、気持ち良く帰れるだけのデータを用意したから楽しみにしてちょうだい!


まずは、登録出走馬を見てもらうわね。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
ウムブルフ55.0堀宣行美浦
カフジプリンス55.0矢作芳人栗東
クリプトグラム56.0藤原英昭栗東
サムソンズプライド54.0杉浦宏昭美浦
サラトガスピリット54.0友道康夫栗東
シルクドリーマー53.0黒岩陽一美浦
トルークマクト54.0尾関知人美浦
トレジャーマップ50.0石栗龍彦美浦
ハッピーモーメント54.0角居勝彦栗東
ヒットザターゲット57.5加藤敬二栗東
プレストウィック54.0武藤善則美浦
マイネルサージュ55.0鹿戸雄一美浦
ムスカテール56.0友道康夫栗東
メイショウカドマツ55.0藤岡健一栗東
モンドインテロ56.5手塚貴久美浦
ラニ56.0松永幹夫栗東
レコンダイト55.0音無秀孝栗東
ワンアンドオンリー58.0橋口慎介栗東
ヴォルシェーブ56.5友道康夫栗東
アルターセン55.0古賀慎明美浦
フェイムゲームセン58.0宗像義忠美浦

21頭が出走登録しているわね。

今週の注目レースであるダービーを3年前に勝ったワンアンドオンリー。

ダービーの次に走った神戸新聞杯を勝利して以降、国内のレースでは1度も馬券に絡んでいないのよね…

でも、ダービーの盛り上がりに奮起する、そんなパターンがあるかもしれないわ。

去年のこのレースでG1馬マリアライトに先着したクリプトグラムは、まる一年の休み明け。

二年連続で馬券を盛り上げているヒットザターゲット。

他にも、同じオープン戦を戦ってきた馬、1600万下からの上り馬、あとで紹介するけどダイヤモンドSや天皇賞組…。

今年も堅い決着にはならない!ということが容易に推測できるわ。


それじゃ、過去10年分のデータを使って予想していくわよ。

まずは前走のクラス別で比較していくわ。

前走クラス別成績
前走クラス

どのクラスからでも馬券に絡んでいるから、これだけで絞るのは難しそうね。

ここでは、馬券に絡んだ頭数の少ないG2と条件戦のデータを調べてみたわ。

■前走G2からの出走で2着だった2頭

2016年のマリアライト
目黒記念を1番人気で出走。
それ以前に走ったエリザベス女王杯(G1)1着を含む5つすべての重賞で掲示板に入っていたわ。

2013年のルルーシュ
目黒記念を2番人気で出走。
それ以前にはアルゼンチン共和国杯(G2)を勝利していたわ。

前走G2からの出走で、このレースで馬券に絡む共通点としては、これまでG2以上のレースで馬券に絡んでいる(もっと言えば勝利している)ことを条件にできそうね。

今年該当するのは、
・去年の目黒記念を勝ってから1年ぶりのレースとなるクリプトグラム
・2年連続で、馬券を盛り上げているヒットザターゲット


1年ぶりにレースをするクリプトグラムはレース感が鈍っていると思うけど、
ヒットザターゲットは押さえておきたい1頭よね…。

■前走条件戦からの出走で馬券に絡んだ4頭

2011年のハートビートソング
目黒記念を1番人気で出走して2着。
前走1600万下を2番人気で1着、前年の青葉賞で馬券に絡んでいたわ。

2010年のコパノジングー
目黒記念を5番人気で出走して1着。
前走1600万下を2番人気で1着、それ以前の重賞では馬券に絡んだことは無かったわ。

同じく2010年のイケドラゴン
目黒記念を9番人気で出走して2着。
前走1600万下を7番人気で2桁着順、初の重賞出走で2着になったのね。

同じく2010年のフェニコーン
目黒記念を7番人気で出走して3着。
前走1000万下を2番人気で1着、こちらも初の重賞出走で3着になったの。

2010年は12頭立てだったこともあるしちょっと特殊な年ね。
当日1番人気だったトップカミングは過去に重賞成績なし!

2番人気だったアルナスラインは重賞での勝利経験はあるけど、11ヶ月の休み明けという問題があったわ。

今年はフルゲートで走れそうだし、重賞で成績を残している馬の出走もあるから、2010年までの出来事は起こらなそうよ。

条件戦を勝ち上がってきた馬を拾うとしたら2011年を参考に、前走上位人気で1着だった馬を押さえる程度で考えたいわ!

今年該当するのはこの3頭よ。
・前走1番人気で1着だったアルター
・前走3番人気で1着だったウムブルフ
・前走1番人気で1着だったサラトガスピリット



次は、前走人気別成績。

前走人気別成績
前走人気

※前走海外組で1着になった馬がいるから、1着馬は9頭になっているわ

複勝率は前走1番人気~2番人気だった馬が高いけど、注目したいのは前走6番人気以下の馬の勝率。

前走1番人気と変わりのない数字になっているわ!

以下には、前走6番人気~9番人気だった馬で、目黒記念を勝利した馬の特徴をまとめてみたわ。

気になったのが「前走に出走していたレース」

2008年に目黒記念を3番人気で勝ったホクトスルタン、2013年に4番人気で勝ったムスカテールの前走は天皇賞(春)。

2009年に目黒記念を8番人気で勝ったミヤビランベリ、2015年に11番人気で勝ったヒットザターゲットの前走は新潟大賞典。

前走6番人気~9番人気で、前走上記の2レースに出走していた馬には注目したいわ!

今年それに該当するのは、
・前走、新潟大賞典で7番人気だったトルークマクト


続いて、前走の距離別成績よ。

前走距離別成績
前走距離

これを見ると、前走の2400m走った馬を中心にすれば良さそうね。

今後は相手にする、前走2000mと2500m以上を走った馬をもう少し掘り下げてみるわね。

■前走2000m組の成績 (2.4.1.26)
勝馬の共通点は、2頭とも前走新潟大賞典(G3)からの参戦だったわ。

もうひとつ気になる共通点を見つけたわ!
前走2000mを走った馬で、目黒記念で馬券に絡んだ馬は前走9番人気以内だったの。

前走二桁人気だった馬は、軽視して良さそうよ!


■前走2500m以上(2.3.6.41)
勝馬は2頭とも前走天皇賞(春)、G1からの参戦。

2着馬は、前走天皇賞(春)が2頭、日経賞(G2)からの参戦。

3着馬は、2010年の特例を除くと、有馬記念(G1)2頭、天皇賞(春)1頭、ダイヤモンドS(G3)2頭となっているわ。

前走、重賞からの参戦が条件になるわね。


距離別にまとめたわ。

【前走1900m以下】
該当なし

【前走2000m】
トルークマクト
ヒットザターゲット
ムスカテール
モンドインテロ

【前走2100m~2300m】
ウムブルフ
ラニ

【前走2400mm】
アルター
カフジプリンス
サムソンズプライド
サラトガスピリット
シルクドリーマー
トレジャーマップ
ハッピーモーメント
プレストウィック
マイネルサージュ
メイショウカドマツ
レコンダイト
ヴォルシェーブ

【前走2500m以上】
クリプトグラム
フェイムゲーム
ワンアンドオンリー


最後に、所属別の成績を紹介するわ。

所属別成績
所属

すぐに気が付くと思うけど、注目して欲しいのは勝利数!

2014年に8番人気で勝利したマイネルメダリストを除く9頭は、すべて関西所属の馬なの!

このマイネルメダリストは、
・前走クラス別成績で、最も勝利数の多いオープン特別からの参戦

・前走人気別成績で、最も勝利数の多い前走6番人気~9番人気

・前走の距離別成績で、最も勝利数の多い前走2400mからの参戦


全ての条件を満たした馬だったから、条件が揃っていれば関東馬でも押さえておきたいわ。


それじゃ、データをまとめるわね。

■前走クラス別成績
どのクラスからも馬券には絡むけど、今年の出走馬で考えると…

G1・G3・OP特別・ヒットザターゲット、アルター、ウムブルフ、サラトガスピリット以外は切ってOK

■前走人気別成績
前走重賞組で、6番~9番人気に注意が必要
今年該当するのはトルークマクト

■前走距離別成績
前走2400mが中心

2000mの場合には新潟大賞典組、2500m以上の場合には天皇賞(春)組で考える

■所属別成績
頭に置くのは関西馬!

ただ、これまでの条件を満たす関東馬がいたら注意が必要!


これらのデータを元に、注目馬を紹介して行くわよ。

注目馬1
ヴォルシェーブ
【前走:メトロポリタンS(OP)1着(1番人気)】

注目の1頭目はヴォルシェーブ。
6歳馬にして16戦と少なめで、その分体力の衰えはまったく感じないわ。

今年が成熟期、1年追い掛けたいわ!

この馬の武器は、どの位置で走っても最後に良い脚が使える所!

中団やや後ろ辺りで走ることが多いけど、先行した時でも上りは上位!

過去16戦で、上り3位を外したのはわずか5回。
前走5か月の休み明けにも関わらず、変わらない脚を使って1番人気に応えたわね。

今の東京の馬場では、外からの差しが決まりづらいから、先行して走ればまず馬券に絡むわ!


注目馬2
モンドインテロ
【前走:大阪杯(G1)8着(11番人気)】

キタサンブラック VS マカヒキの頂上決戦と言える大阪杯に参戦して8着。

先着した7頭は7番人気以内の実力馬だから、全く悲観する結果ではないわよ。

これまで重賞経験もそれなりにあって、前走含めて6重賞で掲示板4回。

このレースでも上位に支持されるだけの力があるわ!

2走前の日経新春杯(G2)2400m、3走前のステイヤーズS(G2)3200mで3着とスタミナは証明済み!

ヴォルシェーブよりも少し前で走ることが出来れば、重賞初制覇ができるはずよ!


注目馬3
ヒットザターゲット
【前走:金鯱賞(G2)13着(16番人気)】

とにかく不気味な存在!
来ないと思っていると、後方から馬券圏内まで突っ込んで来るのよね。

昨年も8番人気で3着、一昨年は11番人気で1着。

実は2013年にも走っていて14番人気クビ差4着と、目黒記念との相性がとても高いの!

前走2桁人気が馬券に絡む率は少ないけど、この馬に限っては該当しないようね…。

前走G2・2000mのデータから考えると、2着に食い込んで来そうな気がするわ…。

相手には絶対入れておいて欲しい存在、忘れた頃にやってくるから気を付けて!


注目馬4
サラトガスピリット
【前走:烏丸S(1600万下)1着(1番人気)】

データの適性がほぼ同じアルターと、どちらを選ぶか迷ったわ。

サラトガスピリットを選んだ理由は4つ。

1.関東馬のアルターに対し、関西馬のサラトガスピリット
2.過去の脚質データからアルターよりも前で走れそう
3.アルターが条件戦6連続馬券に絡むのに対し、サラトガスピリットは9連続
4.しかも9戦全てで、上位3以内の上り

1着までの可能性、安定性を含めて考えたわ。

東京コースは初めてだけど先行すれば、なんの問題もないわ!


注目馬5
トルークマクト
【前走:新潟大賞典(G3)6着(7番人気)】

トルークマクトは、上記で紹介した馬に比べると地味な成績を残してきた馬。

でも、前走人気別成績の該当馬。

前走距離別成績で注意したいと警鐘した新潟大賞典組。

まるで2014年のマイネルメダリストのように不気味な存在なの。

軽ハンデではあったものの7歳馬にして、前走の新潟大賞典では上り上位!

どの位のハンデになるか次第で最終判断をするけど、忘れてはいけない馬だと思うわ!


出走登録馬を見れば、
まず、今年も荒れる目黒記念!
今年の主役は、この世代のこの馬よ!


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2017的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g2全38レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る