アイビスSDの無料予想はココをタップ

京都記念2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

今週はG1戦線の壮行レース、京都記念(G2)を予想するわよ!

一昨年はクロノジェネシス、昨年はラヴズオンリーユーが勝利したように、例年カタめに決着する傾向の強いこのレース。

今年もオークス馬のユーバーレーベンや、ジャパンC4着のサンレイポケットといった強力な上位陣が最先着への注目を集めているわね。

ただ普段カタいレースこそ、荒れた時には大きく荒れるもの。
昨年同様阪神でのイレギュラー開催でもある、波乱の展開も見据えて予想したいわね。

今回データを用いて各馬を調べ上げたところ、とある伏兵に上位陣以上の好材料が見つかったの。

注目穴馬としてページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認していくわよ。

目次

競走成績

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エヒト 56.0 森秀行 栗東
サンレイポケット 56.0 高橋義忠 栗東
タガノディアマンテ 56.0 鮫島一歩 栗東
ダノンマジェスティ 56.0 音無秀孝 栗東
ディアマンミノル 56.0 本田優 栗東
マカヒキ 57.0 友道康夫 栗東
ラーゴム 55.0 斉藤崇史 栗東
レッドガラン 56.0 安田隆行 栗東
レッドジェネシス 56.0 友道康夫 栗東
ジェラルディーナ 53.0 斉藤崇史 栗東
マリアエレーナ 53.0 吉田直弘 栗東
ユーバーレーベン 54.0 手塚貴久 美浦
アフリカンゴールド セン 56.0 西園正都 栗東

それじゃあ今週も過去10年分のデータを基に、京都記念の予想を組み立てていくわね。

今年も去年から引き続き阪神での開催だけど、レースの傾向を掴む上で通常開催時の舞台である京都のデータも参考にしているわよ。

まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

前走クラス別成績

前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 5 5 7 18 14.3% 28.6% 48.6%
G2 1 2 2 35 2.5% 7.5% 12.5%
G3 2 1 0 14 11.8% 17.6% 17.6%
OP特別 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%

※今回登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、各列合計が10にならないわよ。

前走G1組がよく走れているわね。

回収率も単勝・複勝ともに100%オーバーと好調だし、ここを使った子たちを中心に馬券を組んでいきたいところだけど…。

レース別で見てみると、今回のG1組の中でもより好走にできる馬が炙り出せたわ。

【菊花賞:1-1-0-1 勝率33.3% 連対率66.7% 複勝率66.7%】
【ジャパンC:0-1-2-4  勝率0.0% 連対率14.3% 複勝率42.9%】

ジャパンC組も勝ちこそないながら、複勝率は高めで悪くないんだけど…。
トータルでは菊花賞組がローテーション上もっとも適性がある、と言えるわ。

今回唯一菊花賞を使ってくる、レッドジェネシスには要注目よ。

この要領で、今回の登録馬のレース別成績を見ていくと…。

【中山金杯(G3):1-1-0-6 勝率12.5% 連対率25.0% 複勝率25.0%】
【AJCC(G2):1-1-1-12 勝率6.7% 連対率13.3% 複勝率20.0%】
【日経新春杯(G2):0-0-0-17 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率0.0%】
【チャレンジC(G3):0-0-0-1 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率0.0%】
【万葉S(OP特別):0-0-0-1 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率0.0%】
【中日新聞杯(G3):過去10年出走なし】

買えるのは中山金杯組とAJCC組、ということがわかるわね。

中山金杯を使ったレッドガランタガノディアマンテ、AJCCを使ったエヒトは切れないわ。

次は、前走着順別成績を見ていくわよ。

前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2 2 0 9 15.4% 30.8% 30.8%
前走2着 1 3 2 6 8.3% 33.3% 50.0%
前走3着 0 1 1 4 0.0% 16.7% 33.3%
前走4着 0 2 1 7 0.0% 20.0% 30.0%
前走5着 1 1 0 7 11.1% 22.2% 22.2%
前走6~9着 4 1 4 21 13.3% 16.7% 30.0%
前走10着~ 2 0 2 26 6.7% 6.7% 13.3%

前走1着馬の勝率はさすがだけど、馬券圏内というところではさほど前走の着順は影響しないようね。

ただ前走6着以降だった馬がよく馬券になっている、という点は見逃せないところ。

詳しく調べてみたら、この範囲から馬券になったのべ13頭は、いずれも前走の格がG2以上だった、という共通点があったの。

前項の前走クラス・レース別成績で好データに該当していた馬に絞ると、
レッドジェネシス
エヒト
ユーバーレーベン
マカヒキ

巻き返しに期待できるわね!

次は、レース当日の人気別成績を見てもらうわよ。

レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2 2 2 4 20.0% 40.0% 60.0%
2番人気 0 2 3 5 0.0% 20.0% 50.0%
3番人気 2 4 2 2 20.0% 60.0% 80.0%
4番人気 1 1 2 6 10.0% 20.0% 40.0%
5番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
6番人気 4 0 1 5 40.0% 40.0% 50.0%
7番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気以下 0 0 0 20 0.0% 0.0% 0.0%

6番人気までの馬しか馬券にならない、というデータよ。

ここまで極端なデータが出ている以上、レース当日は素直に6番人気以内の馬で馬券を組むのが賢明かもしれないわ。

ちなみに単勝オッズでいうと、最大でも34.3倍

現時点でこの条件に及ばない、
ディアマンミノル
タガノディアマンテ
ダノンマジェスティ
エヒト

は好データや調教で抜群の時計が出た、みたいなわかりやすい好材料がない限りは厳しそうね。

逆に好走が期待できる範囲のなかで、もっとも好調なのが6番人気

過去10年で勝ち馬が4頭出ているだけでなく、単勝回収率は600%オーバーとまさに狙い目、って感じなの。
ちょっと不思議なデータではあるけど、傾向上ぜひとも馬券に含めたいわね。

最後は、年齢別成績を見ていくわよ。

年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 3 6 2 17 10.7% 32.1% 39.3%
5歳 6 1 6 18 19.4% 22.6% 41.9%
6歳 1 2 1 24 3.6% 10.7% 14.3%
7歳 0 1 1 16 0.0% 5.6% 11.1%
8歳以上 0 0 0 4 0.0% 0.0% 0.0%

5歳をさかいに成績に大きな開きがあるわね。

となれば、4・5歳馬を中心に勝ち馬や馬券候補を考えたいわけだけど…。
4・5歳で勝利した9頭について調べてみたら、いずれも重賞で最先着したことがある、という共通点があったの。

今年この条件に該当するユーバーレーベンレッドジェネシス、さらにラーゴムは有力な勝ち馬候補として注目すべきだわ。

また8歳を超えると、馬券になる確率は0%
京都記念では3着2回と相性のいいマカヒキだけど、今回馬券圏内は難しそうね。

そんなところで、現段階における注目馬と穴馬候補を紹介するわよ!

注目馬➀

レッドジェネシス(牡4)
【前走:菊花賞(G1)1番人気13着】

大敗した菊花賞からの仕切り直しとなる、レッドジェネシス

伝えたように、彼は前走から巻き返して勝利した馬たちと条件が一致しているし、データ上このレースともっとも相性のいい1頭と言えるわ。

前々走の神戸新聞杯では、ダービー馬のシャフリヤールに先着し2着入線を果たすなど、実力はここを勝ち切れるだけのものがあるし、今回は得意とする非根幹の中長距離戦

データ・適性ともに好調な本走では、有力な勝ち馬候補になり得ると見ているわ。

注目馬②

レッドガラン(牡7)
【前走:中山金杯(G3)4番人気1着】

前走の中山金杯では後続に2馬身半差をつけて圧勝した、レッドガラン

7歳になった今年も、まだまだ重賞で主役の張れるところを証明してくれたわね。

高齢馬の成績がいいとは言えない京都記念だけど、これだけ走れる7歳馬なら好走に期待できるわ。

検証では本走との相性のよさも確認できたし、今回が12戦目で4つの勝ち鞍がある得意の阪神コース、というところも馬券圏内へ後押ししてくれるポイントよ。

絶好調の「6番人気候補」、としても注目ね。

データ上は上位陣が有利な京都記念。
ただアノ伏兵を侮ると、みすみす高配当を獲り逃すことになりかねないわよ!

注目穴馬

エヒト(牡5)
【前走:アメリカジョッキークラブカップ(G2)9番人気9着】

現時点ではシンガリ人気の、エヒト

過去10年6番人気以降がまったく走れていない京都記念だけど、彼なら前例を覆して波乱を巻き起こし得るわ。

検証の通り、本走は前走の格がG2以上であれば巻き返しが望める舞台だし、彼と同じ5歳馬はもっとも勝ち鞍になっているのよね。

本走と同舞台だった前々走のサンタクロースSでは後続に3馬身差をつけて勝利するなど、阪神の中長距離とも好相性だし、さらに彼と同じルーラーシップ産駒はこのレースにおける過去10年の成績が【1-0-1-0】で複勝率100%、なんてデータあるの。

イレギュラーな阪神開催の今年だからこそ、彼の激走で異例の高配当決着も十分に見込めるわ!

よかったらシェアしてちょうだい!
目次