今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

京都記念2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 京都記念 事前予想

さぁ、今週の日曜日に行われる京都記念(G2の予想をしていくわよ!

注目はやっぱり日本ダービー馬レイデオロじゃないかしら。
特に、皐月賞馬アルアインとの4歳対決は必見ね!

さらに、この2強に割って入るのがエリザベス女王杯を制したモズカッチャン、そして秋華賞馬ディアドラの4歳牝馬たち。

なんとG1馬が4頭も!
登録数が少ないながらも豪華なメンバーが集まったわ!

目立ってなはいけど面白味のある馬もしっかりいるわね…。
どんな馬かって? 最後にちゃんと紹介するから安心してちょうだい!

まずは、今年の登録馬を見てもらうわ。

2018年 京都記念 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アクションスター 56.0 音無秀孝 栗東
アルアイン 57.0 池江泰寿 栗東
クリンチャー 55.0 宮本博 栗東
ケントオー 56.0 西橋豊治 栗東
ミッキーロケット 56.0 音無秀孝 栗東
レイデオロ 57.0 藤沢和雄 美浦
クロコスミア 54.0 西浦勝一 栗東
ディアドラ 54.0 橋田満 栗東
プリメラアスール 54.0 鈴木孝志 栗東
モズカッチャン 54.0 鮫島一歩

それじゃ、過去10年のデータを使って京都記念の予想を始めるわね!

最初は、前走クラス別成績から。

2018年 京都記念 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2勝 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
3勝 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
OPEN非L 0- 1- 0- 11/ 12 0.0% 8.3% 8.3%
G3 3- 3- 1- 18/ 25 12.0% 24.0% 28.0%
G2 0- 1- 2- 38/ 41 0.0% 2.4% 7.3%
G1 5- 4- 6- 17/ 32 15.6% 28.1% 46.9%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
海外 2- 1- 1- 0/ 4 50.0% 75.0% 100.0%

 

前走G1組の成績が良いわね。
海外組のデータもあるけど、今年該当する馬はいないから前走G1組を中心で進めるわね。

この前走G1組の15頭、調べてみたら半数近い7頭が掲示板外決着だったの。
前走の着順は気にしないで良さそうよ。

あと、苦戦している前走OP組と条件戦上がりも登録馬にはいないから考えなくてよし。

残る前走G2・G3組、馬券に絡んだ馬の条件を掘り下げてみたわ。

前走G2

2015年 スズカデヴィアス(4番人気2着)
前走:ステイヤーズステークスで6番人気4着

2011年 ヒルノダムール(2番人気3着)
前走:日経新春杯で3番人気2着

2008年 シルクフェイマス(11番人気3着)
前走:アメリカジョッキークラブカップで11番人気10着

2頭が前走で掲示板を確保しているわね。

2008年のシルクフェイマスは1年以上の休み明けでの10着だから、ちょっと特殊なデータ。
これは参考外と考えてもいいわ。

その点を踏まえると、G2を走った馬は前走掲示板組と考えたいわね。

今年の前走G2組で言うと、ミッキーロケットが条件と合致。

前走G3

2015年 ラブリーデイ(3番人気1着)
前走:中山金杯で4番人気1着

2013年 トーセンラー(6番人気1着)
前走:新潟記念で1番人気7着

2010年 ジャガーメイル(3番人気2着)
前走:ダイヤモンドステークス出走取消

2009年 サクラメガワンダー(1番人気2着)
前走:鳴尾記念で1番人気1着

2009年 ヴィクトリー(9番人気3着)
前走:京都金杯で10番人気15着

2008年 アドマイヤオーラ(1番人気1着)
前走:京都金杯で1番人気2着

2008年 アドマイヤフジ(4番人気2着)
前走:中山金杯で3番人気1着

前走出走取消になったジャガーメイルを除く6頭中、5頭が前走4番人気以内で一桁決着

ケントオー(前走14番人気)とプリメラアスール(前走8番人気)は、少し厳しいかしらね…。

次は、前走着順別成績。

2018年 京都記念 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 4- 1- 12/ 19 10.5% 31.6% 36.8%
前走2着 2- 1- 1- 8/ 12 16.7% 25.0% 33.3%
前走3着 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5%
前走4着 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
前走5着 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
前走6〜9着 3- 0- 3- 28/ 34 8.8% 8.8% 17.6%
前走10着〜 2- 1- 3- 23/ 29 6.9% 10.3% 20.7%

 

※前走取消除外馬がいるから一部の合計が10になっていないわ

このデータで注目して欲しいのは、6着以下だった馬の巻き返しが多いこと!
2着は1頭しかいないけど、1・3着は半数以上を占めているわ。

前走の着順はあまり気にしないでよさそうよ!

【前走1着】
モズカッチャン

【前走2着】
クリンチャー
クロコスミア
レイデオロ

【前走3着】
※該当なし

【前走4着】
ミッキーロケット

【前走5着】
※該当なし

【前走6着以下】
アクションスター
アルアイン
ケントオー
ディアドラ
プリメラアスール

次は、年齢別成績。

2018年 京都記念 年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳・1-3月 4- 3- 2- 24/ 33 12.1% 21.2% 27.3%
5歳・1-3月 5- 1- 6- 20/ 32 15.6% 18.8% 37.5%
6歳・1-3月 1- 5- 1- 24/ 31 3.2% 19.4% 22.6%
7歳以上 0- 1- 1- 23/ 25 0.0% 4.0% 8.0%
4歳 4- 3- 2- 24/ 33 12.1% 21.2% 27.3%
5歳 5- 1- 6- 20/ 32 15.6% 18.8% 37.5%
6歳 1- 5- 1- 24/ 31 3.2% 19.4% 22.6%
7歳 0- 1- 0- 14/ 15 0.0% 6.7% 6.7%
8歳 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

 

4歳と5歳が中心になりそうね。
ただ、6歳も2着が5頭いて見逃せない数字だわ。

一方、7歳以上の高齢馬は苦戦傾向…
今年は8歳馬のアクションスターがいるけど、前走クラス別成績のデータも併せて考えると切ってしまって問題ないわ!

ここでは相手探しの為に、6歳馬の共通点も調べてみたから参考にしてちょうだい。

■6歳で馬券に絡んだ7

2014年 デスペラード(6番人気1着)
前走:有馬記念(G1)で7番人気7着

2014年 トーセンラー(2番人気2着)
前走:マイルチャンピオンシップ(G1)で2番人気1着

2011年 メイショウベルーガ(5番人気2着)
前走:有馬記念(G1)で9番人気12着

2010年 ジャガーメイル(3番人気2着)
前走:ダイヤモンドステークス出走取消

2010年 ドリームジャーニー(2番人気3着)
前走:有馬記念(G1)で2番人気1着

2009年 サクラメガワンダー(1番人気2着)
前走:鳴尾記念(G3)で1番人気1着

2008年 アドマイヤフジ(4番人気2着)
前走:中山金杯(G3)で3番人気1着

格上の前走G1なら着順問わずだけど、それ以外は馬券に絡んでいることが必須と言えそうね。

今年の6歳は前走G3組のケントオープリメラアスール
前走クラス別成績でのデータと併せて考えると、この2頭は切っていいわ。

…で、結局残ったのは4歳と5歳じゃない!

ならば答えは簡単、今年は4歳と5歳で馬券を組み立てればいいってことね。

最後は、牡牝別成績。

2018年 京都記念 牡牝別成績

牡牝 着別度数 勝率 連対率 複勝率
9- 7- 10- 73/ 99 9.1% 16.2% 26.3%
セン 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
牡・セン 9- 7- 10- 77/103 8.7% 15.5% 25.2%
1- 3- 0- 14/ 18 5.6% 22.2% 22.2%

 

注目して欲しいのは牝馬の成績よ。
好走数は圧倒的に牡馬・セン馬だけど、牝馬も出走数の割には好走しているの。

今年の牝馬たちにチャンスはあるのか?
それを検証するために、過去10年で馬券に絡んだ牝馬4頭の好走条件を調べてみたわ。

■牝馬で馬券に絡んだ4頭

2017年 スマートレイアー(5番人気2着)
前走:香港ヴァーズ(G1)で6番人気5着

2016年 タッチングスピーチ(3番人気2着)
前走:エリザベス女王杯(G1)で4番人気3着

2011年 メイショウベルーガ(5番人気2着)
前走:有馬記念(G1)で9番人気12着

2010年 ブエナビスタ(1番人気1着)
前走:有馬記念(G1)で1番人気2着

4頭とも、当日5番人気以内で支持されていたのね。

さらに掘り下げてみたら、重賞で優勝経験あり・京都での好走実績ありという共通点も見つかったわ。

人気と実力を兼ね備えていて京都適性のある牝馬なら、ここでも勝負できるってことね。

今年、登録のある牝馬は4頭。

プリメラアスールは実績的にも厳しいし、年齢別成績でも切ったから考えなくてよし。
当日の人気は分からないけど、ディアドラモズカッチャンクロコスミアは条件と合致するから要注意よ!

それじゃ、ここまでのデータをまとめるわね。

■前走クラス別成績
前走G1組を中心に考える
前走G2組で気を付けたいのはミッキーロケットのみ

■前走着順別成績
前走着外からの巻き返しが多い

■年齢別成績
今年は4歳と5歳で決まり

■牡牝別成績
牝馬で注意すべきは、ディアドラ・モズカッチャン・クロコスミアの3頭

さぁ、これまでのデータを基に現時点での注目馬を紹介するわね!
断然人気になるだろうレイデオロ以外からピックアップしたわ。

2018年 京都記念 注目馬①

アルアイン(牡4)
【前走:菊花賞(G1)2番人気7着】

レイデオロとの対決で注目されているわね。

3走前の皐月賞では、9番人気という低評価を覆しての優勝
見事、G1初制覇を果たしたわ。

前走の菊花賞は、不良馬場と適性距離でなかったことが敗因なのは明らか。
3000mはちょっと長かったわね。

今回の2200mは、2走前の朝日セントライト記念(G2)で2着と好走しているから問題なし!
右回りの成績も74勝(4-1-0-2)と好相性。

この馬の本領が発揮されるのはココよ!

2018年 京都記念 注目馬②

モズカッチャン(牝4)
【前走:エリザベス女王杯(G1)5番人気1着】

前走のエリザベス女王杯を勝ち、G1馬の仲間入りを果たしたモズカッチャン。

4歳牡馬勢に対抗する、4歳牝馬の筆頭ね。

キャリアは9戦と浅いけど、二桁決着がないという大崩れしない走りが魅力の馬ね。
2000m以上なら馬券を外したことがないのも高ポイント!

京都は3走して全てが馬券に絡んでいて、コース適性も高いわ。

何より、京都記念と同条件のエリザベス女王杯を制したってことが最大のアドバンテージね!

牡馬を蹴散らす可能性は十分秘めているわ!

レイデオロやアルアインの影に隠れて息を潜める実力馬
レベルの高い相手と戦ってきたコノ馬に注目!

2018年 京都記念 注目穴馬

クリンチャー(牡4)
【前走:菊花賞(G1)10番人気2着】

前走の菊花賞では10番人気で波乱を演出したクリンチャー。
最後の直線で一度は抜け出すなど、2着とはいえ見どころ十分だったわ!

馬場に助けられたと思われがちだけど、4走前の皐月賞(G1)ではレイデオロに先着していて地力があるのは確か
結果は4着だけど、勝ち馬アルアインと0.3秒差ってことも考えると着順ほど悪い内容ではなかったわ。

さらに、その前のすみれステークス(OP特別)では5馬身ほど突き離して後の菊花賞馬キセキに勝っているのよ。

目立たないけど、結構レベルの高い戦いを経験してきた面白味のある馬なの。

コース適性に関しても、京都は2戦2連対と抜群の相性。

前走のような激走に、今回も期待しちゃうわね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次