京都記念

京都11R京都記念(GⅡ・芝2200m)
◎08 ハープスター
○04 キズナ
▲06 ラブリーデイ
△11 ハギノハイブリッド
×07 トウシンモンステラ

過去10年を遡っても、1番人気と2番人気が揃って馬券圏内から外れたことのないレース。また、2着以内に限れば、7番人気以下は来たことがなく、基本的には人気上位馬で決着することがほとんどと捉えていいだろう。

今期の京都の前半戦はイン有利が露骨ではあったが、連続開催の後半に入り、もうトラックバイアスはほぼ感じなくなってきた。ならば京都の外回り戦で実力馬が力を出し切れずに不発の可能性は少ない。

コース的な有利不利がなく、斤量差も少ないGⅡ戦。スローペース濃厚の組み合わせと言えども、単純に能力勝負となることが予想される。

◎ハープスターはジャパンカップこそ敗れたが、当時は凱旋門賞帰りで検疫含め調整が難しかった上、4コーナー手前で故障馬を避ける際に躓いて減速し外に進路を取り直すロスが響いてのもの。再度あれだけのメンバーとやるならともかく、今回のメンバーなら全く悲観する内容ではない。

決め手を求められる京都は脚質的にベストの舞台と思われるし、今回は立て直されてこれまでより調整日程が楽になり、入厩してからも入念に乗り込まれて仕上がりは申し分ない。

札幌記念の圧勝ぶりから古馬相手でも力が抜けていることは証明済みだし、外回りの京都で捌きやすい手頃な頭数なら取りこぼすことはまずないとみている。

○キズナは骨折明けで仕上がりだけがカギ。この後、大阪杯更に叩いて天皇賞春という青写真を聞いたときは、まずは叩き台なのか…と思ったりもしたが、いやいや、2ヵ月も厩舎で乗り込まれて、追い切るごとに調子は上昇してきた。休み明けは3戦3勝と鉄砲駆けするタイプだし、京都も天皇賞春の4着以外は3戦3勝と得意にしているコース。斤量差が影響しやすい京都なのでハープスターの方を上位には取ったが、こちらもほぼ死角はなく、順当に◎○の組み合わせで決まる確率は高い。

以下は2着3着のヒモ候補だが、堅実かつ最近また調子を上げている▲ラブリーデイ、素質をまだ見限れない△ハギノハイブリッド、前走は前が開かずに脚を余した×トウシンモンステラまでで大丈夫だろう。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る