g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

阪神大賞典予想 2017

レースの見どころ
今週、日曜日に阪神競馬場で阪神大賞典(G2)が行われるわ。

このレースは天皇賞(春)のトライアルレースとなっていて、1着馬に優先出走権が与えられるの。

このレースのイメージとしては、古馬の王道路線を歩む馬が春の始動戦として選ぶレースだから、強い馬が順当に勝つレースね。

だから、馬券的にはあまり妙味のないレースと言えるかもしれないわ。

過去10年の3連単の平均配当が12,092円と辛うじて万馬券になっているけど、それだけこのレースが堅い決着になりやすい証拠ね。

まぁ、今年も確固たる軸馬がいるしメンバーを見ても激しく荒れる可能性は少なそうね。

3着なら人気薄がくる可能性は十分秘めているから、そこに突っ込んで来そうな穴馬をビシッと見つけるから期待してなさい。

じゃ、今年の見どころを簡単に話すわ。
今年は何と言ってもサトノダイヤモンドが最大の注目ね。

昨年、菊花賞と有馬記念を制して最優秀3歳牡馬を受賞したんだけど、ダービーで負けたマカヒキと比べても現状ではこっちの方が評価は上ね。

今年の大目標は秋の凱旋門賞、ここは楽に勝って天皇賞(春)に向かいたいところね。

2番手は連覇を狙うシュヴァルグラン
昨年のこのレースを制し天皇賞(春)ではキタサンブラックの3着と好走。
秋にはアルゼンチン共和国杯を制し改めて長い距離が得意なことを示したわね。

距離適性ではサトノダイヤモンドよりこちらの方が得意だから、そこでどこまで差を詰められるかね。

他では、昨年の天皇賞(春)で2着のカレンミロティック万葉ステークスを勝ったタマモベストプレイ2014年のダービー馬ワンアンドオンリー、などが出走予定となっているわ。


じゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
ウインスペクトル56.0宗像義忠美浦
サトノダイヤモンド57.0池江泰寿栗東
シュヴァルグラン57.0友道康夫栗東
スピリッツミノル56.0本田優栗東
タマモベストプレイ56.0南井克巳栗東
トーセンバジル56.0藤原英昭栗東
トウシンモンステラ56.0村山明栗東
マドリードカフェ56.0荒川義之栗東
レーヴミストラル56.0高野友和栗東
ワンアンドオンリー57.0橋口慎介栗東

登録段階で10頭しかいないのね…。

ただ、何であれサトノダイヤモンドに逆らう理由はないかしらね。

ここからは、データを使って阪神大賞典を分析していくわ。

以下のデータは、阪神大賞典の過去10年分のデータになるわ。


まずは、前走クラス別成績

前走クラス別成績
前走クラス

このレースで勝ち負けしようと思ったら、G1やG2と言ったハイレベルなレースからの出走じゃないと勝負にならないようね。

最多の勝ち星はG2なのね。
個人的にはG1の有馬記念組が強いかなと思っていたからこの成績はちょっと意外だったわ。

じゃ、G2組のレース別成績を見てみるわ。

  日経新春杯:【3-1-2-4】
   京都記念:【1-1-1-15】
 ステイヤーズS:【1-0-0-1】
             AJCC:【1-0-0-0】

となっていて、日経新春杯、京都記念と言った関西圏で行われるレース好成績を上げているから、この2レースが中心で良さそうね。

じゃ、G2組で最多の勝ち馬を出している日経新春杯組の前走着順を掲示板内と掲示板外で分けて見てみるわ。

前走掲示板内:【3-0-1-4
前走掲示板外:【0-1-1-0


となっていて、やっぱり日経新春杯で掲示板を確保した方がここでも勝ち負けが出来るようね。

今年の日経新春杯組は…2頭共掲示板外ね…。
とは言ってもこの組は相性が良いから一応マークしておくわ。

勝ち負けは掲示板組馬券に絡む率で言うと掲示板外! 
日経新春杯組は外せないわね!

次は、前走G1組のレース別成績を見てみるわ。

   有馬記念:【2-4-2-6】
   宝塚記念:【0-0-0-1】
ジャパンカップ:【0-0-0-3】

となっていて、G1組では有馬記念組しか馬券に絡まないの
ちなみに、その有馬記念組の前走着順別成績は

  前走1着:【1-1-0-0】
  前走2着:【0-0-0-0】
  前走3着:【1-0-0-0】
  前走4着:【0-1-0-0】
  前走5着:【0-0-1-2】
前走6着以下:【0-2-1-4】

ちなみに前走1着で馬券に絡んだ2頭は、2012年オルフェーヴル、2013年ゴールドシップ。

この2頭に言えるのが、菊花賞と有馬記念を制して出走してきているのよ。

まぁ、オルフェーヴルの場合は“世紀の逸走”があっての2着だから、2頭とも勝ちと考えてもいいような気もするけど。

これだけ見れば、サトノダイヤモンドには一切の死角がないのが分かるわ。

G3組では、ダイヤモンドステークス組のみが馬券に絡んでいて、全7頭の内6頭が掲示板内を確保しているから、G3組で狙うなら、ダイヤモンドステークス組がいいわね。

【前走G1
・サトノダイヤモンド
・シュヴァルグラン
・トーセンバジル

【前走G2
・マドリードカフェ
・レーヴミストラル
・ワンアンドオンリー


【前走G3
・スピリッツミノル
・トウシンモンステラ

【前走OP
・タマモベストプレイ

【前走1600万下】
・該当馬なし

【前走1000万下】
・ウインスペクトル


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順

前走着順別成績を見ると、前走掲示板を確保した馬の成績が圧倒的に良いのが分かるわ。

前走1着馬を見ると、勝ち馬が過去10年間で3勝と少し物足りなさを感じるけど連対率・複勝率では高い数字を残しているから馬券の軸としては文句なし。


最初に伝えたけど、このレースは堅いの!
前走、1000万条件を勝ったウインスペクトルは格不足、切って問題ないわ!

【前走1着】
・ウインスペクトル
・サトノダイヤモンド
・タマモベストプレイ


【前走2着】
・該当馬なし

【前走3着】
・該当馬なし

【前走4着】
・トウシンモンステラ

【前走5着】
・ワンアンドオンリー

【前走6〜9着】
・シュヴァルグラン
・スピリッツミノル
・マドリードカフェ

【前走10着以下】
・トーセンバジル
・レーヴミストラル


次は、前走人気別成績

前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績だけど、前走1番人気だった馬の数字はすごいわね。

複勝率に至っては92.9%って…ほぼ馬券に絡むってことじゃない。

これで、ますますサトノダイヤモンドが有利になった感じね。

【前走1番人気】
・サトノダイヤモンド


【前走2番人気】
・タマモベストプレイ

【前走3番人気】
・該当馬なし

【前走4番人気】
・該当馬なし

【前走5番人気】
・シュヴァルグラン

【前走6〜9番人気】
・レーヴミストラル
・ワンアンドオンリー

【前走10番人気以下】
・ウインスペクトル
・スピリッツミノル
・トウシンモンステラ
・トーセンバジル
・マドリードカフェ


じゃ、ここまでのデータをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
G1組は有馬記念から、G2は日経新春杯と京都記念の相性が良い。

【前走着順別成績】
勝ち馬の9割が前走掲示板内。

【前走人気別成績】
前走1番人気だった馬の成績がずば抜けている。


これらのデータと各馬のレース内容から私のオススメ馬を教えるわ。

注目馬1
サトノダイヤモンド
【前走:有馬記念(G1)1着(1番人気)】

間違いなく現4歳世代で1番力があるのはこの馬だと思うし、これまでの戦績を見ても大きく崩れることは考えにくいわ。

前走1番人気が強いこのレースで該当するのがこの馬だけなのよね。

おまけに、菊花賞と有馬記念を勝って出走してくればほぼ勝ち負けだし、データだけを見ると死角なんてこれっぽっちもないわ

昨年は菊花賞と有馬記念を勝ったけど、菊花賞に関してはスローペースからの瞬発力勝負でこの馬向きの展開だったわ。

有馬記念も割とスローな展開で、キタサンブラックが逃げ粘るところをゴールまで差し切った感じだったけど、この馬にしては切れなかったわね。

結果的に勝つには勝ったけど、中山のようなパワーが必要な馬場は苦手なのかなと思ったわ。

阪神もパワーがいる馬場だけど、まだ芝の状態は良いから、そこまで気にしなくて良いと思うわ。

これまで見ていると折り合いを欠く馬じゃないから、3000mの距離は何ら問題ないと思うし、力的にもここはまず負けないでしょう。

仮に、負けたら凱旋門賞挑戦を撤回してもらいたいくらいだわ!


注目馬2
シュヴァルグラン
【前走:有馬記念(G1)6着(5番人気)】

昨年このレースを危なげなく勝って出走した天皇賞(春)では3着と好走。

3走前のアルゼンチン共和国杯では、好位からしっかり伸びて勝利。

ジャパンカップでは、決め手を生かすレースをしてここでも3着と好走。

前走の有馬記念では、4コーナー手前から動き出すと言う福永騎手らしくない積極的な乗り方をするも、最後は止まってしまい6着。

この馬って、スタミナはあるんだけど使える脚が限られると言うか、どちらかといえば瞬発タイプなのかなと思うわ。

溜めると伸びるんだけど、自分から動くと末脚が甘くなる。

そんな有馬記念だったけど、上位馬との力差を認めざるを得なかったわ。

ただ、位置取りは問わないしある程度前でレースが出来るのは強みだと思うわ。

現時点でサトノダイヤモンドとの力差があるのは否めないけど、成長力のあるハーツクライ産駒、そして得意な距離と斤量が同じならもう少し僅差のレースが出来ても良いと思うわ。


注目穴馬
タマモベストプレイ
【前走:万葉ステークス(OP)1着(2番人気)】

クラス別データでも示した通り、前走オープン組の成績は決して良いとは言えないの。

ただ、前走1着で出走してきたところを私は評価したいわ。

オープンクラスで前走1着は、この馬とサトノダイヤモンドしかいないから外す訳にはいかないわ。

フジキセキ産駒にしては珍しい長距離馬だし、重賞だと足らない部分があって良くて掲示板くらいの成績だけど、オープンならしっかり結果を出せるのよね。

勝ちタイムの3:06.1の過去10年間で2番目の早いタイムだし、ペースも淡々と流れていたし、どの馬にとってもタフなレースだったわ。

スタミナが問われるレースを4番手から押し切ったのは素晴らしい、オープンとは言え7歳になってもこんなタフなレースが出来るのは馬が充実しているんでしょうね。

兄弟を見ても長く活躍できる血統だし、7歳だからと言って甘く見ると痛い目に合うわ。

阪神大賞典は頭数が揃わないけど、割とタフなレースになるからこの馬に向いていると思うわ。

昨年は4着だったけど、今年のメンバーなら3着の可能性は十分あるわよ。


注目馬4
レーヴミストラル
【前走:日経新春杯(G2)10着(6番人気)】

これまで青葉賞と日経新春杯の2400mの重賞を2勝しているこの馬。

昨年の日経新春杯では、天皇賞(春)3着馬のシュヴァルグランを最後方から差し切り勝ち。

当時、シュヴァルグランより2キロ重い斤量を背負っていたにも関わらず差し切った走りはびっくりしたわ。

そのレースでの上がりが33.1とすごい上がりを使っているんだから。

でも、その後は3戦続けて2桁着順と、それなりの脚は使えているけど結果が伴っていない感じね。

追い込み馬だから、展開の好転など実力以外の助けが必要になるのがこの馬の最大の弱点なの。

前走は長期休養明け、稍重馬場、58キロが影響して全く見せ場を作ることが出来なかったけど、叩き2戦目の今回は状態が上がってくるし、斤量も2キロ軽くなるから上手く乗れば3着はあると思うわ。


12着は決まったようなこのレース。
しかし3着以下は横一線。
エビこが見つけた意外な穴馬とは…。


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2017年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g2全37レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る