今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

アルゼンチン共和国杯2021のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 アルゼンチン共和国杯 事前予想

今週は秋府中の名物ハンデ重賞、アルゼンチン共和国杯(G2)を予想するわよ!

グランプリまで続く秋G1戦線の前半戦が終わり、世間ではちょっと一息、って感じの雰囲気だけど…。

穴党に休んでいるヒマなんかないわよ!

このアルゼンチン共和国杯は、伏兵による番狂わせが期待できる中長距離のハンデ戦。

昨年は20万馬券が飛び出しているし、「G1の谷間」なんて侮れないレースよ。

今回もデータを駆使して、そんな高配当が見込める穴馬候補を炙り出しておいたわ。

ここをしっかり的中させて、年末に向けての軍資金をゲットしてちょうだい!

さっそく、今年の特別登録馬から見てもらうわね。

2021年 アルゼンチン共和国杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アイアンバローズ 54.0 上村洋行 栗東
アイスバブル 55.0 池江泰寿 栗東
アンティシペイト 55.0 国枝栄 美浦
オーソリティ 57.5 木村哲也 美浦
オウケンムーン 56.0 国枝栄 美浦
サトノソルタス 55.0 堀宣行 美浦
ディアマンミノル 54.0 本田優 栗東
トーセンカンビーナ 55.0 加藤征弘 美浦
フライライクバード 55.0 友道康夫 栗東
ボスジラ 56.0 国枝栄 美浦
マイネルウィルトス 56.0 宮徹 栗東
レクセランス 54.0 池添学 栗東
ロードマイウェイ 56.0 杉山晴紀 栗東
コトブキテティス 51.0 田島俊明 美浦
アドマイヤアルバ セン 53.0 柄崎孝 美浦
ゴースト セン 54.0 橋口慎介 栗東

それじゃあ今週も、過去10年分のデータを使ってアルゼンチン共和国杯の予想を組み立てていくわよ。

まずは、前走クラス別成績を見てちょうだい。

2021年 アルゼンチン共和国杯 前走クラス別成績

前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 3 1 1 9 21.4% 28.6% 35.7%
G2 4 4 2 54 6.3% 12.5% 15.6%
OP特別 1 2 2 35 2.5% 7.5% 12.5%
3勝クラス 2 3 3 17 8.0% 20.0% 32.0%

※今回登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

前走にG1を使った馬が安定した成績を残しているわね。

今回G1組は昨年の覇者オーソリティだけだし、相対的な面も含めて素直に評価してよさそうだわ。

他に気になるのが、単純な馬券になった馬の数がもっとも多い前走G2組
この馬券になった子たちについて詳しく調べてみたら、ちょうど半数が前走にオールカマーを走っていた、という傾向が見つかったの。

今年オールカマーからのローテーションを使ってくる、アドマイヤアルバサトノソルタスの2頭も警戒しておきたいわね。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

2021年 アルゼンチン共和国杯 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2 2 4 16 8.3% 16.7% 33.3%
前走2着 2 0 1 7 20.0% 20.0% 30.0%
前走3着 0 4 2 7 0.0% 30.8% 46.2%
前走4着 2 1 0 9 16.7% 25.0% 25.0%
前走5着 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
前走6~9着 3 3 2 39 6.4% 12.8% 17.0%
前走10着~ 0 0 1 42 0.0% 0.0% 2.3%

基本的には、前走で好走した馬が引き続き好成績を収めている、といった感じのデータよ。

とくに前走4着までは好走率でも目立った数値を残せているから、馬券はこのあたりを中心に考えたいわね。

ちなみに前走6~9着から勝利した3頭は、いずれもその前走での人気が5番以内だった、という共通点があるの。

夏から秋にかけてある程度目立っていた馬なら、前回負けていても巻き返しに期待できる、って感じね。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらおうかしら。

2021年 アルゼンチン共和国杯 レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2 2 1 5 20.0% 40.0% 50.0%
2番人気 4 0 0 6 40.0% 40.0% 40.0%
3番人気 3 1 5 1 30.0% 40.0% 90.0%
4番人気 0 4 0 6 0.0% 40.0% 40.0%
5番人気 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%
6~9人気 1 2 3 34 2.5% 7.5% 15.0%
10番人気以下 0 0 1 70 0.0% 0.0% 1.4%

勝ち馬の大半は当日3番人気以内だった馬から出ている、というデータよ。

とくに3番人気だった馬は、勝率もさることながら複勝率は90%ともの凄い数値が出ているから見逃せないわ。

現時点で抜けて人気しているオーソリティボスジラ、さらにアンティシペイトあたりには好材料になるわね。

逆に下位人気だった子たちだけど、馬券になり得るのは6~9番人気くらいまで、といったところ。
このレースに限っては、穴馬は中堅クラスから選ぶのが賢明、と言えそうよ。

最後は、年齢別成績を見てもらうわね。

2021年 アルゼンチン共和国杯 年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 5 4 4 25 13.2% 23.7% 34.2%
5歳 1 4 4 41 2.0% 10.0% 18.0%
6歳 2 2 0 29 6.1% 12.1% 12.1%

※今回登録されている馬の年齢だけを取り上げいるから、合計が10にならない列があるわよ。

4歳馬が絶好調ね!

勝率は他と比べ極端に高いし、4歳馬を軸に馬券を組み立てるのがよさそうだわ。

ちなみに6歳で勝ち馬になった2頭は、いずれもその勝利から1年以内の重賞で馬券になっていた、という共通点があるの。

該当するアイスバブルアドマイヤアルバサトノソルタスには追い風になるデータね。

そんなところで、現段階における注目馬を発表していくわよ!

2021年 アルゼンチン共和国杯 注目馬①

オーソリティ(牡4)
【前走:天皇賞春(G1)6番人気10着】

本走が復帰戦となる、前回覇者のオーソリティ

奇しくも今回は、去年この舞台を制した時と同じ、骨折明けでのレースになるわね。

ローテーション的には前回と異なるけど、前走G1組が好調なのは伝えた通りだし、人気した馬が堅実な走りをする傾向の強い本走では、昨年同様の結果が見込めそう

さらに府中では3戦して勝ち鞍2回、連対1回と相性抜群なところも魅力よね。

前走では大敗した馬は勝てない、なんて傾向があるアル共だけど、彼なら前例を覆しての勝利に期待できるわ!

2021年 アルゼンチン共和国杯 注目馬②

フライライクバード(牡4)
【前走:ムーンライトハンデ(3勝クラス)1番人気1着】

前走のムーンライトHではトップハンデを背負いながらも、後続に2馬身半の差をつけ圧勝してみせたフライライクバード

骨っぽい古馬相手にも物怖じしない走りを見せてくれたし、3勝クラス組がよく走る本走では彼のような上がり馬は見逃せない、って感じよね。

伝えたように、アル共は前走の成績がダイレクトに反映されやすい傾向があるし、何より4歳馬が絶好調。
さらに父はJC、秋天を沸かせたスクリーンヒーローとあって、血統的にもこの舞台は相性に期待できるわ。

今回はメンバー的にもチャンスがありそうだし、ここを勝利して重賞戦線に名乗りを挙げたいわね!

上位陣が優勢なアルゼンチン共和国杯だけど…。
今年は高配当必至のアノ伏兵から目が離せないわよ!

2021年 アルゼンチン共和国杯 注目穴馬

ゴースト(セ5)
【前走:丹頂ステークス(OP特別)2番人気3着】

現段階でもっとも注目している穴馬候補が、ゴーストよ!

前走3着入線した丹頂Sを含め、中長距離のレースでは安定した走りを見せる彼。
府中のレースはキャリア初になるけど、阪神などタフなコースでの好走歴があるところを見る限り十分こなせそうよね。

彼は検証でもなかなかの好データに該当していたし、本走との相性も悪くなさそう
長い直線を使っての末脚を活かせれば、番狂わせを起こすことだって不可能じゃないわ。

人気も上がりすぎないだろうから、コスパのいい穴馬候補として金曜日まで追っていくわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次