今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

アルゼンチン共和国杯2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 アルゼンチン共和国杯 最終予想

アルゼンチン共和国杯の最終予想をするわよ!

ハンデ戦ながら、上位人気馬が馬券を独占することも珍しくない今レース。

今年もユーキャンスマイルを筆頭に、地力に勝る3頭が飛び抜けて人気しているし、近年の傾向通りなら彼らに有利な展開になりそうなんだけど…。

ただ、世間の評価が数頭に集中するレースほど、伏兵を軽視すると痛い目を見るから油断は禁物。

今回も月曜からの検証で、とある伏兵馬に上位陣を上回る激走傾向が見つかったわ。

この穴馬が来れば例年にない高配当が期待できるから、予想印と一緒にぜひチェックしてちょうだい!

うまとみらいと
↑よりディープな予想が見たければ、このサイトをチェックよ!↑

さっそく、確定した枠順を確認するわよ!

2020年 アルゼンチン共和国杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 バレリオ 牡5 55.0 津村明秀 相沢郁 美浦
2 ラストドラフト 牡4 56.0 戸崎圭太 戸田博文 美浦
2 3 ベストアプローチ セン6 56.0 江田照男 小島茂之 美浦
4 エアウィンザー セン6 57.0 横山典弘 角居勝彦 栗東
3 5 ユーキャンスマイル 牡5 58.0 岩田康誠 友道康夫 栗東
6 トーセンカンビーナ 牡4 55.0 M.デム 加藤征弘 美浦
4 7 アイスバブル 牡5 55.0 横山武史 池江泰寿 栗東
8 サンレイポケット 牡5 55.0 荻野極 高橋義忠 栗東
5 9 ミュゼエイリアン セン8 53.0 横山和生 黒岩陽一 美浦
10 サンアップルトン 牡4 55.0 柴田善臣 中野栄治 美浦
6 11 プリンスオブペスカ 牡6 54.0 丸山元気 松永昌博 栗東
12 メイショウテンゲン 牡4 56.0 池添謙一 池添兼雄 栗東
7 13 タイセイトレイル 牡5 55.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
14 オセアグレイト 牡4 55.0 三浦皇成 菊川正達 美浦
15 サトノルークス 牡4 56.0 大野拓弥 池江泰寿 栗東
8 16 アールスター 牡5 56.0 長岡禎仁 杉山晴紀 栗東
17 ゴールドギア 牡5 53.0 田辺裕信 伊藤圭三 美浦
18 オーソリティ 牡3 54.0 ルメール 木村哲也 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわね。

■前走クラス別成績
前走G1組は出走した7割が馬券になっている
前走3勝クラスの六社ステークス組が出てきたら注意

■前走着順別成績
前走4着以内が馬券の中心
前走10着以下の巻き返しは見込めない

■年齢別成績
3歳馬と人気した4歳馬が狙い目
7・8歳馬は過去10年馬券経験なし

■レース当日人気別成績
3番人気以内が馬券の9割を占めている
穴馬を狙うなら単勝オッズ60倍以内から

それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを使ってアルゼンチン共和国杯の予想を詰めていくわよ。

まずは、斤量別成績から見てちょうだい。

2020年 アルゼンチン共和国杯 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
53kg 0 1 0 16 0% 5.9% 5.9%
54kg 0 0 1 25 0% 0% 3.8%
55kg 1 4 5 23 3.0% 15.2% 30.3%
56kg 6 2 0 17 24.0% 32.0% 32.0%
57kg 2 1 0 18 9.5% 14.3% 14.3%
58kg 1 0 0 8 11.1% 11.1% 11.1%

※今回出走する馬の斤量だけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

負担重量56kgだった馬が、かなりの好成績を収めているわね。

ここからは2013年に当時7番人気だったアスカクリチャンが勝った例もあるし、人気に関係なく56kgに決まっただけで高く評価したいところ。

今回は中堅人気のメイショウテンゲンサトノルークスの他に、ラストドラフトといった穴サイドにも勝機が出てきたから注意したいわね。

他には複勝率が高く、馬券に絡んでくる可能性のある斤量55kg組にも注目したいわ。

この斤量からはここ10年で5頭が3着になっているんだけど、詳しく調べてみたら、うち4頭が前走に重賞以外のレースを使って馬券になっていた、という傾向が見られたの。

本走では、1頭だけその傾向に当てはまる馬がいるわね!

次は、枠順別成績を見てもらうわよ。

2020年 アルゼンチン共和国杯 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 0 2 13 6.3% 6.3% 18.8%
2 1 2 13 11.1% 16.7% 27.8%
1 1 0 16 5.6% 11.1% 11.1%
0 2 2 15 0% 10.5% 21.1%
2 2 1 15 10.0% 20.0% 25.0%
3 2 1 14 15.0% 25.0% 30.0%
1 1 1 22 4.0% 8.0% 12.0%
0 1 1 23 0% 4.0% 8.0%

好調なのが6枠で、それより内側ならおおむね馬券に期待できる、という感じね。

ここ10年で3頭の勝ち馬が出ている6枠は、中堅人気が最先着した前例もあって、単勝回収率で見ると実に114%にもなるわ。

今回6枠にはメイショウテンゲンプリンスオブペスカと、いかにも穴馬として大駆けのありそうな面々が決まったわよ。

逆に、外側にかけては成績が下降気味

今回の舞台はそこまで枠による有利不利はないと言われているけど、この傾向を見る限りいくらか評価を落とさざるを得ないわ。

特に人気しているオーソリティは大外からのスタートになるから、馬券内が難しいとは言わないまでも注意が必要ね。

うまとみらいと

そんなところで、最終追い切りの結果を含めた予想印を発表するわよ!

2020年 アルゼンチン共和国杯 注目馬①

ユーキャンスマイル(牡5)
【前走:天皇賞春(G1)2番人気4着】

月曜から変わらず、本走の中心となる存在はユーキャンスマイルよ。

彼はこれまでの検証でも好データによく該当していたし、今回枠もいいところに入ってくれたわ。
もともと今回のメンバーとの力関係やコース適性では頭一つ抜けた存在だったし、安心して軸を任せられる、と言えるんじゃないかしら。

そうそう、天皇賞(春)以来久々のレースとなるユーキャンスマイルだけど、状態面は心配なさそうよ。

今回の舞台に向けて8月中旬からしっかり乗り込まれているし、栗東坂路での最終追い切りでも【53.8-38.8-25.1-12.4】の時計で好調さをアピールできていたわ。

ジャパンカップで上位を狙うためにも、ここは問題なく勝っておきたいわね!

2020年 アルゼンチン共和国杯 注目馬②

メイショウテンゲン(牡4)
【前走:宝塚記念(G1)16番人気5着】

月曜には注目穴馬として紹介した、メイショウテンゲン

ただ1週間の検証で、十分ユーキャンスマイルの対抗馬として扱えると判断したわ。

彼は好走傾向にある前走G1組に加え、一番成績のいい斤量と枠に決まるなど、今回のメンバーでもっとも好データに該当している1頭

さらにここにきて、人気した4歳馬が馬券になり得る、というデータも見つかったし、彼は勝利さえも狙える存在になっているわ。

メイショウテンゲンは調教も順調で、栗東CWでの最終追い切りは【86.4-70.8-55.6-41.5-12.5】という時計。
1週間前にしっかりと追われたこともあり感覚を確かめる程度の走りだったけど、夏を越して明らかに良化傾向にあるし日曜に向け仕上がりは上々よ。

このところの負けが嫌われてか、この馬にしては今回のオッズは高め
配当面でも狙い目の彼、切るようなことだけはしないでちょうだい!

2020年 アルゼンチン共和国杯 注目馬③

ラストドラフト(牡4)
【前走:ケフェウスステークス(OP特別)2番人気8着】

穴馬候補として注視したいのが、ラストドラフトよ。

前走からの巻き返しが起きにくい本走において、前走8着の彼は決していい傾向にあるとは言えないんだけど…。

それでも、それ以外はおおむね好データに該当していたのは好印象。
斤量に関しても好走率が高い56kgに決まったし、馬券内に期待が持てる1頭と言っていいんじゃないかしら。

そうそう、本走でラストドラフトに騎乗する戸崎Jだけど、今回のレースにおける成績が【1-2-1-1】でかなりの好走傾向にあるの。

昨年5番人気で連対したタイセイトレイルをはじめ、中堅どころをたびたび馬券にしているし、過去10年における単勝回収率は実に254%にもなるわ。
本走でも、前評判の高くないラストドラフトを馬券に導いてくれそうね。

ラストドラフトの最終追い切りは、美浦のポリトラックを【63.8-49.1-36.1-12.3】の時計。
道中は反応のよさを見せてくれたし、前走で使われて明らかに良化しているのは評価したいポイントよ。

今年のAJCCで3着に食い込んだ実績がありながら、今のところ中堅人気に収まっている彼。
これくらいのオッズで買えそうなのは、嬉しい限りね。

2020年 アルゼンチン共和国杯 注目馬④

オーソリティ(牡3)
【前走:青葉賞(G2)3番人気1着】

前走青葉賞での勝ちっぷりが評価され、本走でもトップクラスに人気にしているオーソリティ

ただ今回、過去1・2着経験のない斤量54kg、さらに枠も好走率がいまひとつな大外を引いてしまい、データ面ではいくらか評価を下げざるを得なくなったわ。

もっとも、前走での成績が直接順位に影響しがちな本走で彼は有利だし、唯一の3歳馬、という点では無視できないところ。
先週天皇賞(秋)を制したルメールJが鞍上を務めるのも頼もしい限りだし、上位入賞というところでは期待が持てる存在よ。

そんなオーソリティ、1週間前の調教では気性面で問題があったみたいだけど、水曜日の最終追い切りでは美浦の南Wで【69.1-54.6-39.8-12.5】の時計を記録するなど、安定感ある走りを見せてくれたわ。

最先着こそ難しそうだけど、馬券には含めておくべき1頭よ。

堅く決着しそうな雰囲気が漂う、今年のアルゼンチン共和国杯だけど…
世間ではノーマークのアノ穴馬が、例年にない高配当を運んできてくれるわよ!

2020年 アルゼンチン共和国杯 注目穴馬

バレリオ(牡5)
【前走:丹頂ステークス(OP特別)6番人気2着】

今レースにおいて上位陣を脅かす存在になり得るのが、バレリオよ!

枠はなかなかのところに決まったし、なんといっても彼は先ほど伝えた「前走で重賞以外のレースを使って馬券になった斤量55kg」に該当する1頭なのよね。

さらに月曜日に単勝オッズは60倍まで、というデータを紹介したけど、彼は今回ちょうどそのあたりに落ち着きそうだし、穴馬として好走に期待できる存在と言えるわ。

そうそう、彼は昨年、今回の舞台とほぼ同条件の青嵐賞で勝ち馬になっているの。
2勝クラスとはいえ連対馬に約2馬身差をつけての圧勝だったし、コースとの相性も本走随一と言えるわよ。

バレリオの最終追い切りは、美浦南Wで 【66.0-52.0-39.1-13.2】の時計。
1週間前にしっかり負荷をかけたことで今回時計はまずまずだったにせよ、状態はよさそうだし日曜日が楽しみな内容だったわ。

人気どころを蹴散らして高配当の立役者になり得るバレリオ、狙い目よ!

エビコが認めた競馬予想「うまとみらいと」の無料登録は↓こちら
うまとみらいと

「うまとみらいと」は、本命馬穴馬指数の情報を提供する3コンテンツが一つになった、とってもオトクな競馬情報サイト。

馬の実力が一目でわかる「コラボ@指数」など、予想に必要な情報がたくさん揃っているから、まったくの初心者でも今週末から3連単が狙えるわ。

それどころか、「うまとみらいと」で提供されるボリューム満点の情報を全て活用して稼げれば、欲しかった車や時計、贅沢な食事、仕事に囚われない自由な生活を手に入れるのも夢じゃないわね。

もし、今の収入にプラスして毎週10万円の利益を得られたならあなたは何がしたい?何が欲しい?

「うまとみらいと」への登録は↓から無料でカンタンにできるけど、今のうちに週末の高配当を何に使うか、考えておいてちょうだい!

うまとみらいと
よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次