g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

青葉賞予想 2017

レースの見どころ
ゴールデンウィークに突入する土曜日に、東京競馬場でダービートライアルの青葉賞が行われるわ。

1994年の創設当初から2009年までは、3着以内の馬にダービーへの優先出走権が与えられていたんだけど、2010年から2着までに変更されたの。

過去の勝ち馬を見ると、3歳で天皇賞(秋)と有馬記念を勝った2002年のシンボリクリスエス、2003年のゼンノロブロイ、2012年のフェノーメノなど。

ダービー馬は出していないものの、古馬になってG1を勝った馬も中にはいるから、長い目で見ると活躍馬が出ているレースとも言えるわね。

それでは、今年の見どころから話していくわ。

弥生賞で4着だったベストアプローチ
大きく崩れる馬ではないけど、前走で見せたように瞬発力勝負に課題は残すけどうまく立ち回れれば面白いと思うわ。

スプリングステークス5着のトリコロールブルー
この馬の持ち味は何と言っても切れる脚。
直線の長い東京なら、さらに良さを生かせると思うから楽しみね。

500万組では、このレースと相性の良い大寒桜賞を勝ったアドマイヤウイナー。
この馬は前目の位置から速い上がりを使える馬。
とは言え控える事も出来るし臨機応変に対応出来るのが強みね。

あとは、アザレア賞を勝ったアドミラブル、水仙賞を勝ったイブキなど15頭が2枚しかないダービーへの切符を懸けて争うわ。


ここで、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アグネスウイン56.0森秀行栗東
アドマイヤウイナー56.0須貝尚介栗東
アドミラブル56.0音無秀孝栗東
イブキ56.0奥村武美浦
キングズラッシュ56.0久保田貴美浦
サーレンブラント56.0戸田博文美浦
ショワドゥロワ56.0鹿戸雄一美浦
スズカロング56.0橋田満栗東
タガノアシュラ56.0五十嵐忠栗東
ダイシンクイント56.0森秀行栗東
ダノンキングダム56.0安田隆行栗東
トリコロールブルー56.0友道康夫栗東
ベストアプローチ56.0藤原英昭栗東
ポポカテペトル56.0友道康夫栗東
マイネルスフェーン56.0手塚貴久美浦

2着に入ればダービーに出場できるチャンスがあるのに、登録段階で15頭なんて少ないのね…。

まぁいいわ!
それじゃ、いよいよデータを使って青葉賞を分析していくわ。

以下のデータは、青葉賞の過去10年分のデータになるわ。


初めは前走クラス別成績

前走クラス別成績
前走クラス

前走クラス別成績を見ると、重賞組よりも500万下クラスから出走して来た馬の好走が良く目立つわね。

まずは、青葉賞で馬券に絡んだ500万下レースの成績を距離別に詳しく見てみましょう。

※【】内の数字は左から1着、2着、3着、4着以下を表しているわ。

【2400m:2-0-5-16】
アザレア賞:【2-0-1-7】
500万下:【0-0-3-6】
ゆきやなぎ賞:【0-0-1-5】
ゆりかもめ賞:【0-0-1-0】

【2200m:2-6-2-23】
山吹賞:【1-2-1-15】
水仙賞:【1-0-0-6】
大寒桜賞:【0-3-1-1】
500万下:【0-1-0-1】

【2000m:0-1-1-15】
500万下:【0-1-0-3】

距離別で見ると、特に良いのが2200m〜2400mを走って出走して来た馬

下のクラスから出走して来た馬を狙うなら、2000m以上の距離に注目ね。

次に、オープンクラスをレース別で見てみたわ。

【G2】
弥生賞:【2-0-0-4】
スプリングS:【0-1-0-14】

【G3】
毎日杯:【3-0-1-8】

【OP】
若葉S:【1-0-0-9】
すみれS:【0-1-1-4】

と、この5レースしか馬券に絡んでいないの。
全て距離が1800m〜2200mだから、それ以下のオープンクラスレースから出走して来た馬は切ってしまって良さそうね。


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順

着順別成績を見ると、馬券に絡むか掲示板を外した馬がよく馬券に絡んでいて、4着・5着と中途半端な着順が1番良くないようね。

特に500万下クラスに出走した馬の場合は、1着じゃないとここで好勝負を演じるのは難しいわ。

最も500万で負けているような馬はたとえ出走したとしても馬券的には要らないわね。

逆に6〜9着で馬券に絡んだ4頭のうち3頭はG2から出走した馬になるわ。

【前走1着】
・アドマイヤウイナー
・アドミラブル
・イブキ
・ダノンキングダム
・ポポカテペトル

【前走2着】
・該当馬なし

【前走3着】
・ショワドゥロワ
・マイネルスフェーン

【前走4着】
・ベストアプローチ

【前走5着】
・サーレンブラント
・トリコロールブルー

【前走6〜9着】
・アグネスウイン
・タガノアシュラ

【前走10着以下】
・キングズラッシュ
・スズカロング
・ダイシンクイント


次は、前走人気別成績

前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績を見ると、2番人気以内だった馬が圧倒的な成績を挙げているわ。

特に1番人気だった馬の複勝率は41%と結構高いのよね。

勝率・連対率では前走2番人気の方がいいからここも注目よ。

【前走1番人気】
・アドミラブル

【前走2番人気】
・アドマイヤウイナー
・ダノンキングダム

【前走3番人気】
・トリコロールブルー
・ポポカテペトル
・マイネルスフェーン

【前走4番人気】
・アグネスウイン
・イブキ

【前走5番人気】
・ショワドゥロワ

【前走6〜9番人気】
・サーレンブラント
・スズカロング
・ダイシンクイント
・タガノアシュラ
・ベストアプローチ

【前走10番人気】
・キングズラッシュ


次は、脚質別成績

脚質別成績
脚質

直線の長い東京らしく、差し馬が多く馬券に絡んでいるわ。

今の時期、東京の芝はかなり状態が良く、前に行く馬が有利そうに感じるけど、青葉賞に関しては切れる脚を持った差し馬が1番有利みたいね。

馬券に絡んだ差し馬は全て、前走で3位以内の上がりを使っているから、とにかく上がり3ハロンは必ずチェックよ。

【逃げ】
・イブキ
・タガノアシュラ

【先行】
・アグネスウイン
・アドマイヤウイナー
・ポポカテペトル

【差し】
・アドミラブル
・キングズラッシュ
・サーレンブラント
・ショワドゥロワ
・ベストアプローチ
・マイネルスフェーン

【追込】
・スズカロング
・ダイシンクイント
・トリコロールブルー


次は、人気別成績

レース当日人気別成績
人気

これは、青葉賞当日の人気別成績。

1番人気は他に比べればまずまず信頼出来ると思うけど、勝率40%は少し物足りない気はするのよね。

複勝率まで見ると70%とかなり信頼度は高くなるから、連単系より連複の軸とする方が良いわよ。

意外に頑張っているなと思うのは、6番人気以下の馬たち。

6〜9番人気で8頭も馬券に絡んでいるし、10番人気以下もしっかりと馬券に絡んでいるから馬券としては、相手として伏兵や穴馬を確実に入れておかなければダメね。


最後は、青葉賞の枠順別成績

枠順別成績
枠

東京の2400mと言うことで、スタートから1コーナーまで距離があるから外枠の馬でも難なく先行出来るし、枠による有利不利は無いと考えて良さそうね。

強いて言うなら、1枠・2枠の成績が良くないのね。

芝の状態が良い今だと、みんな内の良い所を通りたくなるのは当たり前。

そうなると直線で馬群がバラけることなくそのまま内に閉じ込められる可能性が高くなるのよね。

内枠に入った差し馬は4コーナーから直線に入るときに、『いかにスムーズに捌けるか』がポイントになるから騎手の腕にも注目ね。


それじゃ、データをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
前走オープンクラスでは1800m〜2200mの距離で、500万下では2000m〜2400mと長めの距離を使った馬の好走が目立つ。

【前走着順別成績】
500万クラスからは1着以外馬券に絡むのは難しい。
重賞大敗組の巻き返しも可能。

【前走人気別成績】
1番人気・2番人気だった馬が圧倒的な数字を残している。
特に1番人気の複勝率が41%と高い数字を残している。

【脚質別成績】
差し馬が多く馬券に絡んでいる。
特に切れる脚を持った馬に有利に働くレースになっている。

【人気別成績】
1番人気は連単系より連複系の軸にオススメ。
6番人気以下の伏兵や穴馬たちもしっかり馬券に絡んでいるから、相手として手広く押さえる必要がある。

【枠順別成績】
特に枠の有利不利はない。
ただ、内枠の馬は包まれる心配があるため差しタイプの馬は直線でいかに上手く捌けるかがポイント。

と言うものだったわ。


それじゃ、これらのデータと各馬のレース内容から私のオススメ馬を教えるわ。

注目馬1
アドミラブル
【前走:アザレア賞(500万下)1着1番人気)】

祖母グレースアドマイヤの兄弟にダービー馬フサイチコンコルド、皐月賞馬アンライバルド、母スカーレットの兄弟に皐月賞馬ヴィクトリーとG1馬を始め重賞ウィナーがいる良血馬。

2走前の1800mで初勝利をあげて、前走で一気に600m距離を延長して2400mに挑んだけど特に問題なく距離はこなしていたし、先行してあっさり抜けるあたりはレースセンスを感じるわ。

父ディープインパクト、母父シンボリクリスエスと、どちらも東京の2400mで勝っていることから東京は初めての出走になるけど、問題なく克服出来るわ。

ただ、今回は初めての長距離輸送になるから馬体重や当日の気配は注目よ。


注目馬2
トリコロールブルー
【前走:スプリングステークス(G2)5着(3番人気)】

これまで4戦して左回りで全2勝を挙げているサウスポー。

上がり4戦中3戦でメンバー最速を使っているように切れる脚を持っている馬なの。

前走のスプリングステークスは位置取りが後ろになってしまったのは誤算だったけど、それでも最後は5着まで追い込んでいるし、走りを見ると直線の長い広いコースの方が良さそうね。

距離に関しては少し微妙なところはあるけど、青葉賞自体ハイペースになることはないしこなせると思うわ。

ダービーで勝ち負けは難しいと思うけど、このメンバーなら上位争いは出来るわよ。


注目馬3
ダノンキングダム
【前走:ゆりかもめ賞(500万下)1着(2番人気)】

これまで3戦2勝のステイゴールド産駒。

前走のゆりかもめ賞では、2番手からと積極的なレースをして直線で抜け出す時に内と外からプレッシャーがかけられて失速しそうな感じだったけど、そこからしぶとく伸びて外と内から迫って来る2頭を押さえてハナ差の勝利。

勝ちタイムの2.26.1も決して悪くないし例年の青葉賞なら十分勝ち負け出来るタイムね。

先行〜中団までと幅広い脚質を持っているしペース次第でどこからでもレースが出来るのが強みね。


注目馬4
アドマイヤウイナー
【前走:大寒桜賞(500万下)1着(2番人気)】

勝ち馬こそ出していないけど、過去4頭が馬券に絡んでいる大寒桜賞を勝って出走してきた馬。

昨年同じレースを勝ったレッドエルディストは青葉賞で2着したように、同じ左回りで直線に坂があるコースだから結びつきは高そうね。

頭数は多くなかったけどスローペースという訳でもなかったし、そんな中で3番手からレースを進めて、直線では上がり最速の34.8を使って勝利。

過去の大寒桜賞の勝ち馬と比べても遜色ない勝ちタイムと上がりを使っているから、このレース内容ならここでも十分勝ち負け出来ると思うわ。


特に抜けた馬がいない今年の青葉賞。
どの馬にもダービーへのチャンスあり!
エビコが見つけたダービーへの切符を掴む穴馬はこれだ。


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2017年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報 g2全38レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る