g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

産経賞オールカマー予想 2017

レースの見どころ
先週のローズステークス(G2)は悔しい結果となったわね…。

3着のリスグラシューを◎、2着のカワキタエンカを○としていたのに、ラビットランを押さえることが出来なかったわ。

データでラビットランには注意!と紹介していたから、「◎○を軸にラビットランを押さえて500円獲ったよ!」というメールを会員さんからもらったものの、印を打てなかったのは無念。

阪神ジャンプステークス(G3)は馬単2点で獲れたけど、大きな配当を取りこぼすのは悔しいわね…。

この悔しさは、産経賞オールカマー(G2)で挽回させてもらうことにするわ!!


オールカマーと言えば、中山巧者として有名だったマツリダゴッホの3連覇。

マツリダゴッホは中山競馬場で12戦して、馬券を外したのは有馬記念の2回のみだったから、今年も中山を得意とする馬には注目したいわ。


ただ、おにぎり型のトリッキーな中山2200mで行われるレースではあるんだけど、馬券に絡むのは中穴までなの。

レース難易度は高くないから、確実に獲りたい1戦よ!

まずはイメージしやすいように、過去10年分の結果を見てもらうわね。

配当

過去10年で荒れたのは2014年のみ。

また、2012年・2014年を除く8回で馬券に絡んでいるのは1番人気ね。
2012年・2014年は2番人気が勝ち馬だから、1番人気 or 2番人気から中穴を相手に選ぶっていうのがセオリーよ。

今年もデータに該当する穴馬が見つかったから、去年同様に良い結果を出せそうよ!


予想に入る前に登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルバート57.0堀宣行美浦
カフジプリンス56.0矢作芳人栗東
グランアルマダ56.0西園正都栗東
ショウナンバッハ56.0上原博之美浦
ステファノス56.0藤原英昭栗東
タンタアレグリア57.0国枝栄美浦
ツクバアズマオー56.0尾形充弘美浦
ディサイファ56.0小島太美浦
トルークマクト56.0尾関知人美浦
パリカラノテガミ56.0清水英克美浦
ブラックバゴ56.0斎藤誠美浦
マイネルサージュ56.0鹿戸雄一美浦
マイネルディーン56.0鹿戸雄一美浦
マイネルミラノ56.0相沢郁美浦
モンドインテロ56.0手塚貴久美浦
デニムアンドルビー54.0角居勝彦栗東
ルージュバック55.0大竹正博美浦

今年は、長距離実績のあるアルバート・大阪杯2着のステファノス・AJCCを勝利したタンタアレグリア・オークス2着のルージュバックなど、面白いメンバーが揃ったわね。

このメンバーなら、1番人気はステファノスかしらね。

それじゃ、2014年に新潟で行われたレースを除いた過去9年分のデータを使って、オールカマーを紐解いていくわよ!


まずは、前走クラス別成績から紹介するわ。

前走クラス別成績
前走クラス

前走G1組の成績が高いわね。

勝率から考えると、勝ち馬はG1・G2組で考えたいわ。


ここではG1・G2・G3のクラスごとに、どんなレースから出走して来たのかまとめてみたわ。


■G1から出走した馬の前走レース(1着,2着,3着,4着以下)

・宝塚記念(3,4,1,5)
宝塚記念から参戦した馬の複勝率は61.5%、馬券に絡んだ8頭は当日の3番人気以内だから実力馬はしっかり押さえておきたいわね!

と思ったけど、今年宝塚記念からの参戦馬はいなかったわ。

・天皇賞春(1,1,0,4)
天皇賞春から参戦した馬の複勝率は33.3%、馬券に絡んだ2頭は当日の一桁人気。
今年はアルバートが該当するから、他の条件と合致したら押さえたいわね。

今年はアルバートを含めた3頭がG1から参戦するんだけど、安田記念(ステファノス)・ヴィクトリアマイル(ルージュバック)のデータはないから、ここで判断するのは難しいわ。


■G2から出走した馬の前走レース(1着,2着,3着,4着以下)

・札幌記念(3,1,2,8)
札幌記念から参戦した馬の複勝率は42.9%、馬券に絡んだ6頭は当日の一桁人気かつ前走を一桁決着していたわ。

宝塚記念につづく相性の良いレースだから注意したいわね。
今年札幌記念からの参戦は、ツクバアズマオー・ディサイファ・マイネルミラノの3頭。

だけど、馬券に絡んだ馬は札幌記念で一桁決着していたから、上記3頭には期待出来ないわ!

・その他(0,0,1,10)
馬券に絡んだのは、目黒記念から参戦した2012年のユニバーサルバンクのみ。
前走4番人気5着だったから、前走の人気所かつ掲示板を確保していた場合のみ相手に考える程度ね。

上記以外で今年G2から参戦するのはタンタアレグリア(AJCC)、休み明けではあるけどデータ的には押さえておきたい1頭ね。


G3から出走して馬券に絡んだ8頭なんだけど、前走はバラバラ。

目立った共通点はなかったから、他のデータで絞り込んでいくわ!


次は、前走着順別成績よ。

前走着順別成績
前走着順

前走の着順を気にして考えちゃダメってデータね。

ここでは特に軽視しがちな、前走10着以下だった3頭の情報をまとめたわ。


■前走10着以下だった3

・2016年のゴールドアクター
(1番人気1着)、前走の天皇賞春を1番人気12着

・2013年のヴェルデグリーン
(9番人気1着)、前走の新潟大賞典を5番人気10着

・2011年のゲシュタルト
(6番人気2着)、前走の天皇賞春を15番人気17着

共通点として、中山競馬場に限った3戦以内に連対した経験があったわ。

トルークマクトとマイネルミラノの2頭とは、ここでお別れね。


次は、当日の人気別成績。

レース当時の人気別成績
人気

複勝率で考えると1番人気を軸にして考えたいわ。

今年の1番人気は、難しいところだけどステファノスかしらね。

それに、当日の二桁人気は無視して良さそうだから、9頭立てのレースと考えれば良いってことよ。


気になるのは、6~9番人気で馬券に絡んだ9頭。

4~5番人気よりも複勝率の数値が良いから注意したいわ!

実際に、どんな馬が馬券に絡んだのかまとめたから見てちょうだい。


■6~9番人気で馬券に絡んだ9

・2016年のツクバアズマオー
(6番人気3着)、前走の新潟日経オープン(OP)を3番人気4着

・2012年のユニバーサルバンク
(6番人気3着)、前走の目黒記念(G2)を4番人気5着

・2011年のゲシュタルト
(6番人気2着)、前走の天皇賞春(G1)を15番人気17着

・2010年のトウショウシロッコ
(6番人気3着)、前走の新潟記念(G3)を10番人気2着

・2008年のキングストレイル
(6番人気2着)、前走のキーンランドカップ(G3)を7番人気4着

・2015年のミトラ
(7番人気3着)、前走の中日新聞杯(G3)を3番人気5着

・2007年のエリモハリアー
(7番人気3着)、前走の札幌記念(G2)を6番人気8着

・2008年のトウショウシロッコ
(8番人気3着)、前走の新潟記念(G3)を14番人気3着

・2013年のヴェルデグリーン
(9番人気1着)、前走の新潟大賞典(G3)を5番人気10着

G1・G2組は前走クラス別成績で条件を出したから、ここではG3組以下で共通点を探したわ。

その6頭には、2走以内に馬券に絡んでいたという実績があったの。

また、ヴェルデグリーンを除く5頭は前走掲示板決着というデータがあったから、この2つの情報を基に相手を選びたいわ。

当日の人気は分からないけど、カフジプリンス・モンドインテロ・グランアルマダ、ブラックバゴの4頭が当日6~9番人気になるようなら注意したいわ!


それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。

■前走クラス別成績
中心に考えたいのは前走G1・G2組かつ当日の上位人気
今年の条件で言うと、アルバート・ステファノス・ルージュバック・タンタアレグリアの中から勝ち馬が出る。

■前走着順別成績
前走の着順に執着しては危険!
二桁着順だった馬は、以前に中山競馬場で連対した経験があれば押さえる

■当日の人気別成績
3連系の馬券ならば1番人気を軸に考える
前走G3以下のクラスに出走し、当日6~9人気になった馬には注意したい
また、前走で掲示板決着だった馬は特に注意!


上記のデータをもとに、現時点での注目馬を紹介するわ!

注目馬1
ステファノス(牡6)
【前走:安田記念(G1)7着(4番人気)】

重賞の勝利は3歳の時の富士ステークス(G3)からないけど、国内のレースでは二桁決着がなく大崩れしない馬。

国内のG1を6戦して掲示板を外したのは前走の安田記念のみと、今回のメンバーで言うと上位の実績があるわ。


前走の敗因は距離。

2000mでは良い末脚を持っていると言えるけど、マイラー相手に瞬発力で勝負をするとさすがに厳しいわね。

中山での実績は2戦して皐月賞(G1)を5着・中山記念(G2)を3着と悲観する成績ではないわ。

賞金があるから天皇賞には参加はできるけど、実力で出走権を勝ち取ってほしいわね!


注目馬2
モンドインテロ(牡5)
【前走:札幌日経オープン(OP)1着(1番人気)】

モンドインテロもステファノス同様、過去に二桁決着のない馬。

G2でも安定した成績を残していて、過去5戦では4回掲示板に入り、馬券にも2回絡んでいるの。

直近の重賞である目黒記念(G2)でも3番人気に支持されていたように、前走のOPでは格が違うことを証明してくれたわね。


OPからの参戦で馬券に絡んだのは1頭しかいないけど、札幌日経オープンから参加した馬だからプラス要素として考えられるわ。

中山競馬場での実績は3戦して全てで馬券に絡んでいるから、ここでも大崩れするとは考えにくいわ!


注目馬3
アルバート(牡6)
【前走:天皇賞春(G1)5着(6番人気)】

ステイヤーズステークス(G2)を連覇している長距離のスペシャリスト。

前走の天皇賞春でも、キタサンブラック・シュヴァルグラン・サトノダイヤモンドという猛者との戦いで5着と、長距離では強いレースができる馬よ。

4歳のこの時期に走った条件戦では、そのシュヴァルグランに先着したこともあるの。


ただ、問題は距離ね。

G2での成績は4戦して3回馬券に絡んでいるけど、どれも2500m以上のレース。

長距離馬相手には良い末脚を使えるんだけど、この距離ではどうかしらね。

勝つためには先行して体力勝負をするのが正攻法だけど、ここを勝っても天皇賞ではなくアルゼンチン共和国杯(G2)に向かうだろうから、無理をする必要が無いのは気になるところ。

直前予想までに相手としてどうするか、しっかり判断するわ!


注目穴馬4
タンタアレグリア(牡5)
【前走:AJCC(G2)1着(7番人気)】

結果は残しているけど、ちょっと扱いに困る馬よね…。

前走のAJCCを9カ月ぶりに走って1着。
ゼーヴィントを相手に同じ上りで走ったから力があることの証明にはなったけど、今回もそこから8カ月ぶりのレース。

状態を見てみないと判断できないわね…。

ただ、休み明けだからという理由だけで無印にしてしまうと、前走のような結果になるから注意したい1頭よ!


1番人気から中穴の相手を探すだけ
手堅く獲りたいオールカマー!
高配当になる馬券に絡むだろう穴馬を紹介するわ!



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます



2017年的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報 g2全38レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る