今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

ヴィクトリアマイル2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 ヴィクトリアマイル 最終予想

ヴィクトリアマイルの最終予想をするわよ!

過去には2,000万馬券が飛び出したこともある、大荒れ必至の今レース。

今年はアーモンドアイが参戦してくることもあり、例年のような展開にはならなそうなんだけど…。

ただ月曜日にも伝えたように、本走ではデータ上アーモンドアイを上回る伏兵馬が存在しているの。

今回行ったデータ検証でも好走する条件によく当てはまっていたし、この伏兵馬のおかげで今年も大波乱と好配当が期待できそうよ。

そんな1頭はページの後半に注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から見ていくわ。

2020年 ヴィクトリアマイル 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ラヴズオンリーユー 牝4 55.0 M.デム 矢作芳人 栗東
2 ビーチサンバ 牝4 55.0 福永祐一 友道康夫 栗東
2 3 シャドウディーヴァ 牝4 55.0 池添謙一 斎藤誠 美浦
4 シゲルピンクダイヤ 牝4 55.0 和田竜二 渡辺薫彦 栗東
3 5 プリモシーン 牝5 55.0 レーン 木村哲也 美浦
6 トーセンブレス 牝5 55.0 柴田善臣 加藤征弘 美浦
4 7 ダノンファンタジー 牝4 55.0 川田将雅 中内田充 栗東
8 ディメンシオン 牝6 55.0 松田大作 藤原英昭 栗東
5 9 セラピア 牝4 55.0 田辺裕信 藤岡健一 栗東
10 メジェールスー 牝5 55.0 岡田祥嗣 藤原英昭 栗東
6 11 サトノガーネット 牝5 55.0 吉田豊 矢作芳人 栗東
12 アーモンドアイ 牝5 55.0 ルメール 国枝栄 美浦
7 13 トロワゼトワル 牝5 55.0 三浦皇成 安田隆行 栗東
14 スカーレットカラー 牝5 55.0 石橋脩 高橋亮 栗東
15 アルーシャ 牝5 55.0 北村宏司 藤沢和雄 美浦
8 16 ノームコア 牝5 55.0 横山典弘 萩原清 美浦
17 コントラチェック 牝4 55.0 武豊 藤沢和雄 美浦
18 サウンドキアラ 牝5 55.0 松山弘平 安達昭夫 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておきましょう。

■前走競馬場別成績
中山を使った馬が好成績
京都から参戦した馬は当日人気薄での連対経験あり

■前走着順別成績
前走1着馬は極端に成績が悪い
複勝率50%の前走5着馬は馬券になる可能大

■年齢別成績
4歳馬が安定した成績
当日5番人気以内だった5歳は過去0勝

それじゃあ月曜に引き続き、10年分のデータを使ってヴィクトリアマイルの予想を詰めていくわよ。

まずは、騎手別成績表から見てもらおうかしら。

2020年 ヴィクトリアマイル 騎手別成績

騎手 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
横山典弘 2 0 0 6 25.0% 25.0% 25.0%
ルメール 1 0 0 3 25.0% 25.0% 25.0%
レーン 1 0 0 0 100.0% 100.0% 100.0%
福永祐一 0 1 1 7 0% 11.1% 22.2%
武豊 0 1 0 7 0% 12.5% 12.5%
吉田豊 0 1 0 4 0% 20.0% 20.0%
北村宏司 0 0 1 6 0% 0% 14.3%
池添謙一 0 0 1 5 0% 0% 0%
田辺裕信 0 0 1 2 0% 0% 0%
石橋脩 0 0 0 3 0% 0% 0%
M.デムーロ 0 0 0 5 0% 0% 0%
三浦皇成 0 0 0 5 0% 0% 0%
松山弘平 0 0 0 1 0% 0% 0%
大野拓弥 0 0 0 1 0% 0% 0%
和田竜二 0 0 0 1 0% 0% 0%

※本走で出走予定の騎手だけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ。

騎手別成績表では横山JとルメールJ、レーンJが1着を経験していることが分かるわね。

特にレーンJは、これまで1走のみとはいえ勝率100%

今レース2戦目となる今回も、かなりいいイメージを持って鞍上を務めてくれそうね。

レーンJはプリモシーンに、
横山Jは昨年の勝ち馬ノームコアに、
そしてルメールJは大注目のアーモンドアイ
それぞれ騎乗予定よ。

人気しそうなところで逆に気がかりなのが、サウンドキアラに乗る松山Jと、ラブズオンリーユーのMデムーロJの成績ね。

どちらも馬券に入ったことさえないところを見ると、本走でも警戒が必要。

とくにMデムーロJは2018年に当時2番人気に推されたアドマイヤリードで6着と掲示板を外しているし、本走で3番人気以内には入りそうなラブズオンリーユーは雲行きが怪しくなってきたわよ。

次は、当日の人気別成績表を見てもらうわ。

2020年 ヴィクトリアマイル レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2 3 0 5 20.0% 50.0% 50.0%
2番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
3番人気 0 1 2 7 0% 10.0% 30.0%
4番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
5番人気 2 0 1 7 20.0% 20.0% 30.0%
6番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
7番人気 1 1 2 6 10.0% 20.0% 30.0%
8番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 10.0%
9番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
10番人気 1 3 3 81 1.1% 4.5% 4.5%

レース当日の人気別成績では、1番人気が好成績を残しているわね。
連対率・複勝率はともに50%で、ここが馬券に絡んでくると見てよさそう。

当日までにアクシデントがない限り、1番人気に推されるであろうアーモンドアイにはかなりの好データになったわ。

とはいえ、1番人気以外でも8番人気までは成績にさほど差がないし、中穴くらいまではそれなりに好走するってことは頭に入れておいた方がいいわね。

また、穴党としては、10番人気以下で馬券経験のある馬についても調べておきたいわ。

穴馬が好成績を残すためには、騎手の手腕も大事になってくるものだけど…
本走に出てくる騎手の中でも、サトノガーネットの鞍上を務める吉田Jと、アルーシャに騎乗する北村宏Jの2名は、過去にこのレースで2桁人気馬を馬券に飛び込ませているわ。

特に北村宏Jは、2010年に当日のオッズが75倍のニシノブルームーンを3着に導いた経験もあるし、人気薄でもあなどれないわよ。

そんなところで、追い切りの結果を含めた予想印を発表していくわ!

2020年 ヴィクトリアマイル 注目馬①

アーモンドアイ(牝5)
【前走:有馬記念(G1)1番人気9着】

本走の本命馬に推したいのは、世間からの注目度もNO.1のアーモンドアイよ。

月曜日の検証では不安があった彼女だけど、今回は好走が期待できるデータによく当てはまっていたわ。

なんといっても1番人気がよく走るレースだし、過去3頭勝ち馬が出ている6枠に決まった本走では実力通りの走りを見せてくれそうよ。

そんな好データが揃ったアーモンドアイは、中21週のレース間隔を感じさせない好調さも評価すべきポイント。

美浦南Wでの最終追い切りでは、併せ馬との7馬身差を軽々追いつき【64.1-49.6-35.6-12.4】の好時計で万全の状態をアピールしてくれたわ。

当日は単勝2倍を切りそうで配当の旨味は少ないけど、彼女の実力を考えればそれでも十分なオッズといえるわ!

2020年 ヴィクトリアマイル 注目馬②

プリモシーン(牝5)
【前走:ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)1番人気5着】

データの好調さでは、プリモシーンも見逃せない1頭よ。

2年連続で出走してくる馬が好調の本走において、彼女は昨年2着に入っての参戦なのは評価できるし、前走5着馬は複勝率50%なのは月曜に伝えた通り。

さらに鞍上を務めるレーンJは今レース勝率100%と、データ面ではアーモンドアイを上回る数字が出ているわ。

また彼女は通算15戦のうち、左回りは【3-1-1-2】で得意としていることも忘れないでちょうだい。

美浦南Wで行われた最終追い切りでは、馬なりで【66.9-51.7-38.9-12.0】の時計。
最後はしっかり脚を使えての併馬0.1秒先着に、鞍上のレーンJも折り合いに自信が持てたようね。

今の彼女なら、あのアーモンドアイに先着する可能性も十分よ!

2020年 ヴィクトリアマイル 注目馬③

ノームコア(牝5)
【前走:高松宮記念(G1)8番人気15着】

スプリントに挑戦した前走では、いいところなく15着に沈んだノームコア

ただ彼の主戦場は明らかに、本走と同じ芝1600m
昨年のこのレースで、同条件の世界レコードを出したのは記憶に新しいわよね。

今回は、過去10年のヴィクトリアマイルで2勝を挙げている福永Jが鞍上を務めるし、複勝率30%の8枠16番からの出走が決まったことで、本走でも十分好走に期待できるわよ。

そうそう、ノームコアは前走に高松宮記念を使ってきているけど、過去に同じローテーションでこのレースに挑んだストレイトガールが、ヴィクトリアマイル連覇を成し遂げている、というのも見逃せないポイント。
しかもストレイトガールは、今年のノームコアと同じように高松宮記念を13着と大敗していたの。

これだけ共通点が多いと、ノームコアの連覇にも期待が高まるわよね。

そんな彼女は、1週間前に美浦南Wでの追い切りで【68.5-53.2-39.6-11.8】と上々の時計。
併馬には0.6秒先着で、追われてからの反応のよさを見る限り、かなり状態もよさそうだし、連覇に視界良好ね!

2020年 ヴィクトリアマイル 注目馬④

コントラチェック(牝4)
【前走:中山牝馬ステークス(G3)2番人気16着】

月曜には注目穴馬として紹介した、コントラチェック

好走が期待できる「4歳馬」「前走中山」に該当していて、データ面では本走の穴馬にふさわしい1頭だったわね。

ただ、今回は好走データに当てはまらなかったし、前走2番人気で最下位だったのはやはり気になるところ。
最終追い切りはモヤで細かなタイムを見極められなかったけど、1週間前の【73.2-56.9-42.5-12.8】という時計を見る限り本調子とは言い難い感じがするわ。

とはいえ彼女は、2015年に当時人気最下位のミナレットが3着に飛び込んだ8枠からの出走に決まったわけだし、押さえておきたい一頭であることには間違いないわよ。

アーモンドアイを始め、好走条件を満たす馬が揃った今年のヴィクトリアマイル。
穴馬らしいデータの揃ったあの伏兵馬が、大波乱を演出するわよ!

2020年 ヴィクトリアマイル 注目穴馬

サトノガーネット(牝5)
【前走:阪神牝馬ステークス(G2)14番人気9着】

本走の穴馬として推したいのは、サトノガーネットよ。

キャリア初のマイル戦となった前走の阪神牝馬ステークスでは、勝ち馬に0.7秒差と大敗を喫してしまった彼女。
しかし過去に1,800mで2勝していることを考えれば、前走だけを見てマイル適性を判断するのは早計よ。

今回は、2016年の勝ち馬ストレイトガールと同じ前走阪神牝馬ステークス9着での参戦、さらに2015年に当時12番人気だったケイアイエレガントを勝たせた吉田Jが騎乗と、当日人気薄であろう彼女にとって好データが揃っているわ。

そうそう、今回は触れてなかったけど、彼女が入った馬番11番の成績は【2-0-0-8】で、ほかのどこよりも勝ち馬が出ているの。

この勝ち馬2頭は、前走で馬券外だったにも関わらず勝っているし、今年のサトノガーネットのような馬でも11番に入ったというだけで十分勝機があるわ。

そんな彼女は、栗東坂路で行われた最終追い切りでも【53.5-38.9-25.4-12.7】のいい動きで、調教も問題なくこなせたみたい。

厩舎も非常にいいと自信を見せているし、当日は激走が期待できるんじゃないかしら。

過去に大物喰いを果たしてきた馬たちと同じデータが揃ったサトノガーネット、アーモンドアイに先着しうる穴馬として注目よ!

 

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次