G1レース展望
レースの見どころ
今週は、いよいよ始まったクラシック三冠の第一弾皐月賞の予想をしていくわよ!

日本ダービーへ連なる超有力馬たちの戦いとしても気になるレースだけど、私が一番注目しているのは配当のこと。

昨年の皐月賞は9番人気のアルアインが勝利して、なんと100万オーバーの馬券が出たのよね。

もともと皐月賞は1番人気が勝ちきれないレースだから、今年も大荒れに期待じゅうぶん。

データで調べた伏兵馬をきっちり押さえておけば、また帯封の札束が拝めるかもしれないわよ!

さっそく、今年の特別登録馬を見てちょうだい。

競争成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アイトーン57.0五十嵐忠栗東
エポカドーロ57.0藤原英昭栗東
オウケンムーン57.0国枝栄美浦
キタノコマンドール57.0池江泰寿栗東
グレイル57.0野中賢二栗東
ケイティクレバー57.0安田翔伍栗東
サンリヴァル57.0藤岡健一栗東
ジェネラーレウーノ57.0矢野英一美浦
ジャンダルム57.0池江泰寿栗東
ジュンヴァルロ57.0友道康夫栗東
ステルヴィオ57.0木村哲也美浦
スリーヘリオス57.0村山明栗東
タイムフライヤー57.0松田国英栗東
ダノンプレミアム57.0中内田充栗東
ダブルシャープ57.0渡辺薫彦栗東
マイネルファンロン57.0手塚貴久美浦
ワグネリアン57.0友道康夫栗東

それじゃ、過去10年のデータを使って、皐月賞の予想をしていくわ。


前走クラス別成績から見てもらうわね!

前走クラス別成績
前走クラス別成績表

まず、前走OP特別組からはまったく勝ち馬が出ていないことがわかるわ。

今年はけっこうな馬が該当するけど、とくにG1馬タイムフライヤーが前走OP特別を使っていることは覚えておいてちょうだい。

また勝ち馬といえば、前走G2組より前走G3組の勝率が高い、というのはおもしろいデータだわ。

そういえば昨年9番人気から勝利したアルアインも、前走はG3だったのよね…。

今回、G3を使ってきた馬は3頭だけ。
どれもトップクラスの人気ということはなさそうだから、昨年のような大荒れに期待できるわ!


次は、前走着順別成績を見てちょうだい。

前走着順別成績
前走着順別成績

馬券のほとんどは前走4着までの馬から出ているのね。

馬券の中心はその辺りの馬に任せれば良さそうよ。

ただその中でも、前走3着組からまったく勝ち馬が出ていないのが気になるわ…

今回該当する馬が3いるから、買う時はいちおう気をつけておいてちょうだい。


あとは相手を探すために、前走6着以降で馬券に絡んだ馬の共通点を調べてみたんだけど…
該当する2頭はそれぞれ、前走の1番人気と2番人気だったことがわかったわ。

前走までにじゅうぶんな支持を集めるだけの活躍を見せている必要があるってことね。

前走5番人気から凡走したジュンヴァルロのような馬は買えないわ。


次は、脚質別成績よ。

脚質別成績
脚質別成績表

先行馬の勝率が振るわないわね…。

昨年1番人気で7着に沈んだファンディーナの例もあるし、先行馬を買う時は少し気を付けた方がいいわ。


また逃げ馬は過去2回馬券になっているけど、該当する2頭は当日の人気がそれぞれ7番・8番人気だったの。

今年の逃げ馬はどれも大穴レベルの人気になりそうだし、なにより数が多くてハナ争いからの逃げ潰れも心配。
今回は考えなくていいわね。


次は、所属別成績を見てちょうだい。

所属別成績
所属別成績表

勝率に関しては関東馬のほうが高いのね。

その差はわずかだけどG1級の戦いとなると、こういった小さな有利の積み重ねが勝ちに繋がってくるものよ。

関東馬といえば、まず思い出されるのはステルヴィオ

さらにあともう一頭、ここまでに調べた好走条件によく合致する馬がいるわ…


さあ、そんな気になる関東馬も含めた、現段階での注目馬を紹介するわね!

注目馬1
ステルヴィオ(牡3
【前走:スプリングステークス(G2)1番人気1着】

ここまで5戦のキャリアで連対を外したことがないステルヴィオ

勝ちを逃した2レースはいずれもダノンプレミアムに負けていて、本走こそリベンジを、と思っていたところだろうけど…
くしくもそのダノンプレミアムは挫跖で出走回避が濃厚なのよね。

陣営としては拍子抜けかもしれないけど、予想屋としては推しやすくなって助かわ。

そんな本走の一番人気はこのステルヴィオかワグネリアンか?というところだけど、データ上は関東馬であるこの馬が一歩リード

ここまでのレースで見せてきた強烈な末脚も、このレースを勝つのにおあつらえ向きね。

来たるべきダノンプレミアムへのリベンジに向けて、ここは気持ちよく勝ってほしいわ!


好走条件ぴったりのアノ馬や、不釣り合いなオッズのついた伏兵馬…
帯封馬券の再来に備えて、彼らをぜひチェックしてちょうだい!


注目馬2

オウケンムーン(牡3
【前走:共同通信杯(G3)6番人気1着】

前走の共同通信杯を勝ってG3覇者となり、もっか3連勝中のオウケンムーン

2走前では、本走と同じ中山の芝2000mを経験しているのよね。
条件戦とはいえ癖の強い中山競馬場でいちど勝っている、というのはあきらかにプラスよ。

彼は「関東馬」「前走G3で勝利」など、このレースの好走条件が揃っているから、さきほど紹介したステルヴィオとどちらを本命にするか悩ましいところ。

配当の面では、オウケンムーンが勝ってくれた方が嬉しいわね!

彼はまだレース中にイレ込んだりヨレたりして若いところがあるけど、それでも地力の差でここまで勝ち進んできた馬。

G1であるこのレースでもじゅうぶん勝ち負けに期待できるわ!

注目穴馬

グレイル(牡3
【前走:共同通信杯(G3)1番人気7着】

オウケンムーンのところでも紹介した共同通信杯で、1番人気に応えられず凡走したグレイル。

各所の予想人気を見ると、上位半分には入れなさそうなくらいの支持なのよね…。

このレースでは、前走で人気を集めたけど結果の伴わなかった馬が穴をあけてきた、というのはすでに話したとおり。

休み明け1走目だった前走の負けを、重く見られすぎている彼はまさに「買い」よ。

また今回は鞍上が岩田騎手のテン乗りになりそうだけど、実はこれはグレイルにとってプラス材料。

このレースにおける岩田Jの成績は、過去10年間で2-1-1-4なの。
去年ファンディーナを飛ばしたイメージがどうしても強いけど、データ上はこのレースに強い騎手だといえるわ。

本走は、彼をおいしいオッズで買えるまたとないチャンスよ!




的中実績
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る