高松宮記念

中京11R高松宮記念(GⅠ・芝1200m)
◎9 ファインニードル
○6 レッドファルクス
▲13 レーヌミノル
☆3 ブリザード
△8 レッツゴードンキ
レースの見どころ
高松宮記念の最終予想をするわよ!

このレースが基本的に上位人気で決着しがちだということは、月曜日に話したわよね。

ただ今回は、上位人気にイマイチ信頼しきれない馬が多いの。
つまり穴馬にも馬券に食い込む余地が十分にあるってことよ!

その穴馬が誰か?についても、データを使ってきっちり割り出しておいたから、期待しててちょうだい!


さっそく、確定した枠番を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11セイウンコウセイ牡557.0松田大作上原博之美浦
12リエノテソーロ牝455.0吉田隼人武井亮美浦
23ブリザードセン757.0ティータイウ外国
24スノードラゴン牡1057.0大野拓弥高木登美浦
35ノボバカラ牡657.0武藤雅天間昭一美浦
36レッドファルクス牡757.0M.デム尾関知人美浦
47ナックビーナス牝555.0三浦皇成杉浦宏昭美浦
48レッツゴードンキ牝655.0岩田康誠梅田智之栗東
59ファインニードル牡557.0川田将雅高橋義忠栗東
510ダイアナヘイロー牝555.0松山弘平大根田裕栗東
611ダンスディレクター牡857.0武豊笹田和秀栗東
612ネロ牡757.0ミナリク森秀行栗東
713レーヌミノル牝455.0和田竜二本田優栗東
714ラインミーティア牡857.0西田雄一水野貴広美浦
715ジューヌエコール牝455.0福永祐一安田隆行栗東
816シャイニングレイ牡657.0北村友一高野友和栗東
817キングハート牡557.0北村宏司星野忍美浦
818ラインスピリット牡757.0森一馬松永昌博栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
前走シルクロードSが強い

■前走人気別成績
馬券の大半は前走3番人気以内
5番人気以降は2走で連対が条件

■年齢別成績
成績のピークは5
7歳以上の馬は馬体重500kg以上が条件

■脚質別成績
前でレース出来る馬が有利
逃げ馬の回収率が高い

それじゃ、新たなデータを使って高松宮記念の最終的な予想を組み立てていくわ。

当日人気別成績から見てもらおうかしら!

当日人気別成績
当日人気別成績表

1番人気馬の複勝率が80あるのはさすがだけど、勝率30というのはちょっと物足りないわね。

勝ち馬候補については、5番人気までの馬からこれまでのデータを基に選べばいいわ。


5番人気といえば、過去の馬券の8割は5番人気以内の馬から出ているのね。

基本的には上位人気で決着するけれど軸が定まらない、というのがこの高松宮記念の難しさだと言えるわ。

また、穴馬候補がいないかと思って、6番人気以降で馬券に絡んだ馬についても調べてみたんだけど…
該当する馬は全員、生涯初勝利を1200mまたは1400mで挙げていたことがわかったわ。

早くから短距離適性を見出されていた馬なら、人気薄でも勝機があるってこと。

逆にキャリアの途中で短距離に転向してきたダイアナヘイローのような馬はちょっと厳しいわね。


さあ、ここでさっそくだけど今回の予想印を紹介するわ。

もちろん予想には他にも大事なデータを使っているんだけど、それは各馬のコメントを確認してちょうだい!


◎ファインニードル

◯レッドファルクス

▲レーヌミノル

△レッツゴードンキ

☆ブリザード


本命
ファインニードル(牡5
【前走:シルクロードステークス(G1)4番人気1着】

月曜日に話したとおり、人気どころの中ではもっとも好走材料が揃っているファインニードル。

枠番についても、通算成績が1-1-1-17)の5という、悪くないところを引いてくれたわね。

最終追い切りを見ても、今年のシルクロードステークスから更に状態が上向いていることが分かる良い動きだったわ。

唯一の懸念材料である左回り経験の少なさを補っても、あまりあるくらいの完成度よ。

彼を軸にしておけば、このレースは半分獲ったようなものね!

今年は穴馬の激走にも期待が高まる高松宮記念
人気どころの評価と、彼らに先着しそうな伏兵馬、どちらも要チェックよ!


対抗

レッドファルクス(牡7
【前走:阪急杯(G3)2番人気3着】

昨年秋のスプリンターズステークス覇者であり、JRA賞最優秀短距離馬にも選ばれたレッドファルクス

月曜日にも調べた通り、彼は年齢の面でちょっと本命に推しにくいの。
それでも、本走で圧倒的一番人気の馬を切ることはデータが許してくれないわ。

彼は今回3枠6番に入ったわけだけど、過去10年における3枠の成績は3-1-1-15となかなかのもの。
更に彼は中京の芝での通算成績が3-0-1-0とかなり良いのよね。

今日までに調べたほかのデータについても、年齢以外は大きな不安材料もないし、対抗に推すには十分だわ。

最終追い切りも気合い十分、彼が勝ち負けしてくることは間違いなさそうよ!

単穴

レーヌミノル(牡4
【前走:夕刊フジオーシャンステークス(G3)3番人気6着】

昨年春の桜花賞以来、勝利から遠のいているレーヌミノル

このレースで人気薄の馬を買うには、初勝利を短距離で挙げた馬がいいと言ったのを覚えているかしら?

ずっとマイル路線で使われてきたこの馬だけど、彼はまさに1200mの新馬戦を勝っているのよ。

そういえば、2走目の小倉2歳ステークス(G3)で勝ったころまではスプリント路線で使われるものだとばかり思っていたわね…。

彼はここまでのデータに照らしても不安なところがないし、このレースでまたスプリンターの素質を見せてきてもおかしくないわ。

今回中穴クラスの人気に落ち着いている彼、高配当を狙うならぜひ押さえておいてちょうだい!

連下

レッツゴードンキ(牝6
【前走:フェブラリーステークス(G1)10番人気5着】

このところ牡馬とも互角以上の戦いを繰り広げているレッツゴードンキ

月曜日の段階ではデータの面でいくつかケチが付いたんだけど、あれから更に調べた結果、それを払拭するだけの好材料を見つけたわ!

それが、彼女の主戦騎手である岩田康誠J。
岩田騎手はこのレースでの成績が1-2-2-4で、複勝率はなんと55.6にもなるの。

ただ枠番については、過去一度も勝ち馬が出ていない4枠8番なのよね…
8枠の複勝率は過去10年で15とまずまずだけど、勝ち馬候補には推せない、ということで今回は連下評価よ。

ちかごろ競馬ファンの間で「カワイイ」と評判の彼女だけど、私はあくまでシビアに見ていくわ!

注目穴馬

ブリザード(セ7
【前走:センテナリースプリント(海外G1)5番人気5着】

月曜日の段階で「買うにはもうひと押し足りない」と話していたブリザード。

今回いくつかのプラス材料が見つかったおかげで、十分買えると判断したわ!

まず一つは、彼がデビュー戦で1400mを勝っていた馬だということ。
人気別成績のところで話したとおり、早くからスプリントの才能を見出されていた馬にならチャンスがあるのがこのレースよ。

そしてもう一つ、今回2枠3番という絶好の枠を引いたこともプラスだわ。
2枠は過去10年の成績が4-2-0-14と、もっとも馬券になりやすいのよ。

前回の日本遠征での雪辱に燃えるブリザード、見くびっていると痛い目見るわよ!




的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る