今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

天皇賞(春)2021のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 天皇賞(春) 事前予想

いよいよ今週末、最強ステイヤーの称号をかけた一戦、天皇賞(春)が開催されるわ!

昨年このレースを連覇したフィエールマンが引退し、まさに群雄割拠状態の長距離戦線。

大本命と呼べる馬が不在の今、今年の春天はいつも以上に大荒れが期待できるわよ。

今回もデータを使って各馬を調べ上げたところ、そんな波乱を巻き起こし得る伏兵が見つかったの。

2012年の再来を予感させる注目穴馬としてページの後半で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、今年の特別登録馬から確認していきましょう。

2021年 天皇賞(春) 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アリストテレス 58.0 音無秀孝 栗東
オーソリティ 58.0 木村哲也 美浦
オセアグレイト 58.0 菊川正達 美浦
シロニイ 58.0 池江泰寿 栗東
ジャコマル 58.0 松永幹夫 栗東
ディープボンド 58.0 大久保龍 栗東
ディアスティマ 58.0 高野友和 栗東
ディバインフォース 58.0 寺島良 栗東
ナムラドノヴァン 58.0 杉山晴紀 栗東
マカヒキ 58.0 友道康夫 栗東
メイショウテンゲン 58.0 池添兼雄 栗東
ユーキャンスマイル 58.0 友道康夫 栗東
ワールドプレミア 58.0 友道康夫 栗東
ウインマリリン 56.0 手塚貴久 美浦
カレンブーケドール 56.0 国枝栄 美浦
メロディーレーン 56.0 森田直行 栗東
ゴースト セン 58.0 橋口慎介 栗東

それじゃあ今週も、いつものように過去10年分のデータを使って天皇賞(春)の予想を組み立てていくわね。

今年は阪神での開催だけど、このレースの傾向を探る上で、通常開催時の舞台である京都のデータを用いているわよ。

まずは、前走レース別成績を見てちょうだい!

2021年 天皇賞(春)前走レース別成績

前走レース名 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
阪神大賞典
G2
3 2 4 42 5.9% 9.8% 17.6%
日経賞
G2
2 2 3 39 4.3% 8.7% 15.2%
ダイヤモンドS
G3
0 1 0 13 0% 7.1% 7.1%
ジャパンC
G1
0 0 0 1 0% 0% 0%
大阪ハンブルクC
OP特別
0 0 0 7 0% 0% 0%

※今回登録されている馬の前走レースだけを取り上げているから、各列合計が10にならないわよ。

天皇賞(春)のステップレース組が好調ね。

なかでも注目なのが、前走に阪神大賞典を使った馬たち。
ここ10年で10頭が馬券に絡んでいるところを見ると、絶好のローテーションと言えそうなのよね。

しかも、2012年の勝ち馬ビートブラックのような穴馬たちもこのレースを使っていて、単勝回収率は300%を超えているわ。

今年は阪神大賞典組がのべ7頭が登録されているけど、上位だけでなく凡走した馬たちも注視したいわね。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

2021年 天皇賞(春)前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 4 4 3 23 11.8% 23.5% 32.4%
2着 2 1 3 19 8.0% 12.0% 24.0%
3着 0 2 1 15 0% 11.1% 16.7%
4着 1 0 2 10 7.7% 7.7% 23.1%
5着 1 0 0 13 7.1% 7.1% 7.1%
6~9着 0 1 0 31 0% 3.1% 3.1%
10着以下 1 1 0 12 7.1% 14.3% 14.3%

基本的には、前走の成績順に好走率が高くなっているわね。

掲示板になった馬までは馬券になる可能性が高そうだけど、とくに前走1着馬はしっかりと押さえておきたいところ。
成績がかなり安定しているし、勝ち馬も4頭出ているわ。

ディープボンド
ウインマリリン
ディアスティマ

の3頭はこのレースの中心になり得るわね。

ちなみに前走6着以下から馬券になった3頭について調べてみたら、いずれもG1で3着以内の経験がある、という傾向が見られたわ。

巻き返しを図るマカヒキアリストテレスには、追い風となるデータが出ているわよ。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらおうかしら。

2021年 天皇賞(春)レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 1 0 5 33.3% 44.4% 44.4%
2番人気 4 0 2 3 44.4% 44.4% 66.6%
3番人気 0 3 1 5 0% 33.3% 44.4%
4番人気 1 1 2 5 11.1% 22.2% 44.4%
5番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
6~9番人気 0 2 2 32 0% 5.6% 11.1%
10番人気以下 1 2 2 64 1.4% 4.3% 7.2%

だいたい4番人気くらいまでは馬券になる可能性が高そうね。

なかでも上位1・2番人気だった馬は、より信頼度が高め。
2016年からの直近6年の勝ち馬は1・2番人気が占めているし、荒れる舞台とはいえ重視しなければいけないわね。

今年は抜けた馬がいなくて数頭が1桁台の人気になりそうだけど、迷ったら他のデータとも照らして優勢どころを選んでいきましょう。

さて、上位陣が好調なこのレースにおいて、なかなかの成績を残す10番人気以降だった子たちについても確認していくわよ。

ここからはのべ5頭が馬券になっているんだけど、いずれもG2以上で馬券になった経験がある、という共通点があったの。

言い換えると、ある程度分かりやすい実績のある馬でないと波乱は起こせない、ってことだから…。

メロディーレーン
ディバインフォース
ジャコマル
シロニイ
ゴースト

あたりを買うなら、それなりの理由が必要になるわよ。

最後は、所属別成績表を見てちょうだい。

2021年 天皇賞(春)所属別成績表

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 4 2 2 33 9.8% 14.6% 19.5%
関西 6 8 7 103 4.8% 11.3% 16.9%
その他 0 0 1 2 0% 0% 33.3%

関東馬の成績がいいわね!

単純な馬券になった馬の数こそ地元関西馬の方が多いけど、好走率を見る限り関東馬に分があるわ。

勝率に関しては倍程度違っているから、勝ち馬候補は関東馬から選ぶのがよさそうよ。

そんなところで、現段階における注目馬を発表していくわ!

2021年 天皇賞(春)注目馬①

ディープボンド(牡4)
【前走:阪神大賞典(G2)3番人気1着】

前走の阪神大賞典では、後続に5馬身の差をつけて圧勝したディープボンド

ステップレースのなかで阪神大賞典組がもっとも走れている、というデータは伝えた通りだし、その前走の勝ちっぷりからも今年の春天の優勝候補筆頭、と言えるんじゃないかしら。

また彼は、今回の舞台となる阪神においても2戦して勝ち鞍1回、連対1回と相性抜群。

道悪でも結果を残しているし、そのあたりでも他のメンバーに比べ分がありそうだわ。

上位は人気が割れている分コスパも期待できるし、狙い目の1頭ね!

2021年 天皇賞(春)注目馬②

カレンブーケドール(牝5)
【前走:日経賞(G2)1番人気2着】

前走の日経賞では2着入線と、またしても重賞初制覇を逃したカレンブーケドール

これで重賞では6度目の連対になるなど、なかなか勝ち切れない印象のある彼女だけど…。

大崩れしない安定感は抜群だし、昨年のジャパンCでは超一線級相手に僅差の4着入線を果たすなど実力は本物

今回の検証でも上々の好データに該当していたし、この春天では十分最先着も期待できるわ。

68年ぶりの牝馬優勝へ、視界良好よ!

大荒れも見込めるメンバー構成となった、今年の天皇賞(春)。
アノ伏兵が、例年以上の高配当を運んできてくれるわよ!

2021年 天皇賞(春)注目穴馬

メイショウテンゲン(牡5)
【前走:阪神大賞典(G2)7番人気6着】

本走において穴馬としての激走に期待できるのが、メイショウテンゲンよ!

昨年秋からの重賞3レースでは、いずれも10着以降とふがいない結果に終わっていた彼だけど…。
前走の阪神大賞典では掲示板こそ逃したものの、6着入線と復活の兆しが見える走りを披露してくれたわね。

そんなメイショウテンゲン、この天皇賞(春)でも前走以上の強い競馬を見せてくれそう

検証では目立たないながらもしっかりと好データには当てはまっていたし、何より穴馬の条件とも言える「G2以上で馬券経験あり」の1頭なのよね。

長距離戦もデビュー以来すでに10戦とメンバーでも図抜けた戦績を誇るし、その点でも今回は走る材料が揃っている、と言えるわよ。

まだまだ世間的には評価が低く、かなりのオッズがついている彼。
夢の100万馬券、期待できるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次