今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

天皇賞(春)2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 天皇賞(春) 事前予想

いよいよ今週、古馬の最高峰を決定する天皇賞(春)が行われるわ!

天皇賞といえばまず思い出されるのが「平成の盾男」こと武豊Jだけど、彼は先日の京都8Rで騎乗停止を受けてしまったのよね…。

彼が騎乗予定だったクリンチャーは有力どころの一角と目されていたし、そこに鞍上不安が出た今年はなかなか荒れたレースになるんじゃないかしら。

そうそう、このレースは昨年こそガチガチの決着だったけど、それ以前は8年連続で10万オーバーの高配当が出ていたのよ。

武豊Jが不在で、さらに他のメンバーにもこれぞ!という馬がいない今年。
ひょっとしたら、100万円クラスの馬券が出るかもしれないわ。

このページの最後に、高配当を演出してくれそうな穴馬の情報を載せておくから、期待しててちょうだい!

詳しい予想に入る前に、今年の特別登録馬を確認してもらうわね。

2018年 天皇賞(春)特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルバート 58.0 堀宣行 美浦
ガンコ 58.0 松元茂樹 栗東
クリンチャー 58.0 宮本博 栗東
サトノクロニクル 58.0 池江泰寿 栗東
シホウ 58.0 笹田和秀 栗東
シュヴァルグラン 58.0 友道康夫 栗東
ソールインパクト 58.0 戸田博文 美浦
チェスナットコート 58.0 矢作芳人 栗東
トーセンバジル 58.0 藤原英昭 栗東
トウシンモンステラ 58.0 村山明 栗東
トミケンスラーヴァ 58.0 竹内正洋 美浦
ピンポン 58.0 粕谷昌央 美浦
ミッキーロケット 58.0 音無秀孝 栗東
ヤマカツライデン 58.0 池添兼雄 栗東
レインボーライン 58.0 浅見秀一 栗東
スマートレイアー 56.0 大久保龍 栗東
カレンミロティック セン 58.0 平田修 栗東

それじゃ、過去10年のデータを使って天皇賞(春)の予想をしていくわ。

前走レース別の成績から見てちょうだい。

2018年 天皇賞(春)前走レース別成績

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
日経賞G2 3- 3- 2-44/52 5.8% 11.5% 15.4%
阪神大賞G2 3- 2- 4-48/57 5.3% 8.8% 15.8%
産経大阪G2 2- 3- 2-10/17 11.8% 29.4% 41.2%
京都記念G2 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
大阪杯G1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ダイヤモHG3 0- 1- 0-12/13 0.0% 7.7% 7.7%
大阪—ハH 0- 0- 1-14/15 0.0% 0.0% 6.7%
DWCG1 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
サンシH1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
中日新聞HG3 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
香ヴァG1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
湾岸S1600 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
名古屋城1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
福島民報 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
天皇賞秋G1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
御堂筋S1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ライト 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

※今回出走する馬の前走レースだけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ。

前走大阪杯を使ってきた馬はかなり成績がいいわ。

今年該当するシュヴァルグランスマートレイアーヤマカツライデンには要注意ね。

あとは該当する馬の数が少ないけど、京都記念から出走してきた馬の馬券内率はかなりのもの。

今回該当する馬が1頭だけいるわね!

彼の評価については最後に紹介するけど、その前に他のデータを見てもらうわ。

次は前走着順別成績よ。

2018年 天皇賞(春)前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 5- 5- 4- 27/ 41 12.2% 24.4% 34.1%
前走2着 3- 1- 3- 22/ 29 10.3% 13.8% 24.1%
前走3着 0- 2- 1- 19/ 22 0.0% 9.1% 13.6%
前走4着 0- 0- 1- 14/ 15 0.0% 0.0% 6.7%
前走5着 1- 0- 0- 13/ 14 7.1% 7.1% 7.1%
前走6〜9着 0- 2- 0- 34/ 36 0.0% 5.6% 5.6%
前走10着〜 1- 0- 1- 15/ 17 5.9% 5.9% 11.8%

基本的には前走13着の馬が馬券の中心だけど、ここで注目して欲しいのは前走10着以降の馬。

前走3着の馬に迫るくらいの成績を残しているわ。

数字を見る限り、このレースは前走で4~9着に凡走した馬よりも、大崩れした馬の方が買いやすいといえるわね。

シュヴァルグラントミケンスラーヴァヤマカツライデンにはじゅうぶんに注意してちょうだい。

次は、馬体重別の成績を見てもらおうかしら。

2018年 天皇賞(春)馬体重別成績

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
420〜439kg 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
440〜459kg 0- 2- 1- 18/ 21 0.0% 9.5% 14.3%
460〜479kg 2- 3- 2- 30/ 37 5.4% 13.5% 18.9%
480〜499kg 4- 1- 2- 51/ 58 6.9% 8.6% 12.1%
500〜519kg 2- 2- 4- 33/ 41 4.9% 9.8% 19.5%
520〜539kg 2- 1- 0- 9/ 12 16.7% 25.0% 25.0%
540〜 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%

馬体重520kg以上の馬がかなり好成績に見えるわね。

回収率がいい500~519kgの馬を合わせて500kg以上の馬は買い」と覚えてちょうだい。

今回そのくらいの馬体で出走してきそうなのは、シホウトミケンスラーヴァヤマカツライデンあたりね。

次は、脚質別成績を見てちょうだい。

2018年 天皇賞(春)脚質別成績

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 0- 10/ 12 16.7% 16.7% 16.7%
平地・先行 3- 6- 5- 20/ 34 8.8% 26.5% 41.2%
平地・中団 4- 4- 5- 67/ 80 5.0% 10.0% 16.3%
平地・後方 0- 0- 0- 45/ 45 0.0% 0.0% 0.0%
平地・マクリ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%

いい脚を長く使う先行馬の成績が優れてるのはイメージ通りだけど、それにしても極端ね。

先行脚質というだけで、無条件に買ってしまってもいいくらいの数字だわ。

とくに人気薄の馬が好走するのは逃げか先行のパターンがほとんどだから、気を付けた方がいいわよ。

さあ、ここで現時点での注目馬を紹介するわ。

2018年 天皇賞(春)注目馬①

シュヴァルグラン(牡6
【前走:大阪杯(G1)4番人気13着】

前走の大阪杯では、期待に応えられず凡走に終わったシュヴァルグラン

とはいえ本走における数少ないG1ということもあって、当日もかなりの人気になりそうね。

前走の負けっぷりをみるとちょっと…いや、かなり心配になってしまうけど、このレースにおいて前走で惨敗した馬が悪くない結果を残してきたのは、すでに話したとおり。

その他のデータについても申し分ないから、あまり心配しすぎることもないわ。

そもそも彼は2016年の天皇賞(春)では3着、2017年には2着とどんどん着順を上げてきていて、このレースと相性がいいといえる馬。

彼のことは引き続きシビアに評価していくけど、今のところは買うのに十分と判断するわ!

2018年 天皇賞(春)注目馬②

ヤマカツライデン(牡6
【前走:大阪杯(G1)15番人気11着】

重賞に挑戦してから、勝利のないヤマカツライデン

昨年のこのレースでも大敗しているし、すでに切ってる人も多そうな彼だけど…。

春の天皇賞に出てくる人気薄の逃げ馬、というと、どうしてもビートブラックのことを思い出してしまうわ。

2012年、当時14番人気だったビートブラックが大逃げを決めて、オルフェーヴルらを打ち負かしたのよね。

ヤマカツライデンが第二のビートブラックになれるかどうか、コッソリ注目している人もいるんじゃないかしら。

そういう期待は抜きにしても、彼は前走のレースや着順、馬体重など、このレースで好走する馬の条件がよくそろっていて注目せざるを得ないわ。

2012年のような迷レースを何度も期待するのは考え物だけど、彼のことは頭の片隅にとどめておいてちょうだい!

8年連続で10万オーバーの馬券が出た天皇賞(春)
今年馬券を賑わす伏兵馬はこの馬よ!

2018年 天皇賞(春)注目穴馬

ミッキーロケット(牡5
【前走:京都記念(G2)7番人気7着】

ここ一年勝利から遠ざかっているミッキーロケット

ずっとクラシックディスタンスを使ってきたイメージのある彼だけど、一昨年の菊花賞に出走していたわ。

その時はサトノダイヤモンドの5着でどうにか掲示板を確保しているし、距離適性という面ではあまり心配する必要はないわね。

また彼は本走唯一の前走京都記念組であることや、番手での競馬を得意とする脚質など、このレースの好走条件によく合致しているの。

今のところほとんど注目されていないし、配当の面でも期待できるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次