今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

皐月賞2019のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 皐月賞 事前予想

今週は皐月賞の予想をするわよ!

皐月賞はクラシック三冠の開幕戦。

過去10年のうち単勝1番人気で優勝したのは、2010年ヴィクトワールピサと、2013年ロゴタイプの2頭のみなの。

例年人気薄が勝ちやすい傾向にあるから、大きな配当を得るには下馬評に振り回されない、冷静な予想が必要になるわ。

そんなときこそ、アドレナリンの出番。

今回も過去10年分のデータをもとに、客観的に予想を展開するわね。

注目馬は予想の最後に紹介しているから、最後まで見逃さないように!!

まずは特別登録馬を見てちょうだい。

2019年 皐月賞 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤジャスタ 57.0 須貝尚介 栗東
アドマイヤマーズ 57.0 友道康夫 栗東
エメラルファイト 57.0 相沢郁 美浦
クラージュゲリエ 57.0 池江泰寿 栗東
クリノガウディー 57.0 藤沢則雄 栗東
サートゥルナーリア 57.0 角居勝彦 栗東
サトノルークス 57.0 池江泰寿 栗東
シュヴァルツリーゼ 57.0 堀宣行 美浦
タガノディアマンテ 57.0 鮫島一歩 栗東
ダディーズマインド 57.0 青木孝文 美浦
ダノンキングリー 57.0 萩原清 美浦
ナイママ 57.0 武藤善則 美浦
ニシノデイジー 57.0 高木登 美浦
ファンタジスト 57.0 梅田智之 栗東
ブレイキングドーン 57.0 中竹和也 栗東
メイショウテンゲン 57.0 池添兼雄 栗東
ラストドラフト 57.0 戸田博文 美浦
ランスオブプラーナ 57.0 本田優 栗東
ヴェロックス 57.0 中内田充 栗東

それじゃあ、10年分のデータを使って皐月賞の予想を立てていくわよ!

2019年 皐月賞 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1勝 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
OPEN非L 0- 3- 1- 30/ 34 0.0% 8.8% 11.8%
G3 5- 1- 4- 37/ 47 10.6% 12.8% 21.3%
G2 5- 6- 5- 71/ 87 5.7% 12.6% 18.4%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
海外 0- 0- 0- 0/ 0

これは前走クラス別のデータ。

見ると、ハイレベルなクラス走ってきた馬が優勝する傾向にあるわね。

 今回も軸馬は前走G2・G3組から選ぶのがオススメ だわ。

勝ち馬の数こそ同じだけど、 勝率を見るとG3組が一歩リード 

過去10年間で前走G3を走って優勝した馬は、以下の5頭よ。

・アルアイン
・ディーマジェスティ
・ドゥラメンテ
・イスラボニータ
・ゴールドシップ

この5頭はほとんどが中団に位置し、後半スパートを駆け勝利しているの。

今回もG3を走ってきた差し馬には注目しておきましょう。
またG3組のなかでも共同通信杯を走った馬の勝率が最も高く、33.3%以上あったの。

今回それに該当するのが、以下の3頭。

・アドマイヤマーズ
・クラージュゲリエ
・ダノンキングリー

この子たちは好走する可能性が高いから、注意しておきなさい。

一方、500万下は1度も馬券に絡んでいないから、今年の皐月賞でも期待は薄いわね。

ダディーズマインドは切っても問題ないわ。

2019年 皐月賞 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値
前走1着 8- 5- 4- 52/ 69 11.6% 18.8% 24.6% 128
前走2着 2- 3- 2- 26/ 33 6.1% 15.2% 21.2% 57
前走3着 0- 0- 2- 21/ 23 0.0% 0.0% 8.7% 0
前走4着 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0% 0
前走5着 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0
前走6〜9着 0- 0- 2- 21/ 23 0.0% 0.0% 8.7% 0
前走10着〜 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0% 0

こちらは前走着順別のデータ。

前走の勝ち馬が好走する面白味のない結果になっているわね。

ここまで勝ち馬が多いと、前走1着だった馬に注目せざるを得ないわ

ただ、穴馬党の私たちとしては、4着以下のデータもしっかり分析しないとね。

4着以下の馬券に絡んだ4頭をさらに調べたところ、4頭中、3頭は報知杯弥生賞(G2)を出
走していた馬
だったの。

報知杯弥生賞(G2)と皐月賞のコースは同じだし、脚が慣れていたのかもしれないわね。

前走が報知杯弥生賞(G2)であれば、4着以下でも悲観する必要はないわ。

2019年 皐月賞 レース当日人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
2番人気 1- 3- 0- 6/ 10 10.0% 40.0% 40.0%
3番人気 2- 1- 2- 5/ 10 20.0% 30.0% 50.0%
4番人気 2- 1- 2- 5/ 10 20.0% 30.0% 50.0%
5番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 1- 1- 3- 5/ 10 10.0% 20.0% 50.0%
9番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

冒頭でも伝えた通り、皐月賞は1番人気が10年間で2頭しか勝っていないの。

だから人気がない馬にも充分に、期待できるわよ。

当日人気別データを見ると、 6番~9番の人気薄の馬もしっかりと優勝 しているでしょ。

過去10年間、6番~9番人気で3着以内になった馬の共通点を確認したところ、ほとんど前走が芝2000mだったのよ。

皐月賞と同距離に慣れている馬であれば、人気薄でも買っておくべき。

今回は前走、報知杯弥生(G2)と共同通信杯(G3)組が予想の中心になりそうね。

それじゃあ、これらのデータから月曜時点の注目馬を紹介するわね。

2019年 皐月賞 注目馬①

ナイママ(牡3
【前走:報知杯弥生(G2)9番人気8着】

昨年の11月あたりから思うように結果が残せていない、ナイママ

札幌2歳ステークス(G3)の2着を最後に、掲示板外の常連になってしまったわね。

それが原因で前走でも人気薄に…。

ただ前走が報知杯弥生(G2)であれば、人気薄でも3着以内に入る可能性は充分にあるわ。

だから現時点では注目馬として挙げておくわね。

2019年 皐月賞 注目馬②

ニシノデイジー(牡3
【前走:報知杯弥生(G2)1番人気4着】

2歳新馬のデビュー戦から、5レース連続で馬券に絡んでいる、ニシノデイジー

初のG1、ホープフルステークスでも、3着以内に入る実力を見せているわ。

その結果、前走の報知杯弥生賞(G2)では、1番人気に。

当時は天候に恵まれず馬場状態が思わしくなかったし、結果4着と結果を残すことはできていなかったけど、今回はその屈辱を晴らしてくれるはず。

直近では皐月賞と同距離の芝2000mを2レース走っているから、脚も慣れているだろうし…。

脚質も差しだから、期待できるわよ。

2019年 皐月賞 注目馬③

ラストドラフト(牡3
【前走:報知杯弥生(G2)2番人気7着】

今週の皐月賞が4レース目となる、アドマイヤマーズ

デビュー戦から2連続で勝利を果たしている、今後が期待できる馬よ。

前走ではルメール騎手から田辺騎手に乗り換えがあったり、天候にも恵まれなかったり…。その影響から7着と結果はイマイチ。

でもデータ的には前走が報知杯弥生(G2)であれば、掲示板外でも好走する結果が出ているし、悲観することはないわね。

2019年 皐月賞 注目馬④

アドマイヤマーズ(牡3
【前走:共同通信杯(G3)1番人気2着】

今までのレースすべて、連対しているほど実力のあるアドマイヤ―マーズ

デイリー杯2歳S(G2)や朝日杯フューチュリティS(G1)など、ハイレベルなレースでもしっかり結果を残しているわね

その分人気も高く、すべて2番人気以内と注目を集めているのよ。

今回も下馬評を集める可能性は高いけど、ここまで安定していると注意しておかないとね。

2019年 皐月賞 注目馬⑤

ダノンキングリー(牡3
【前走:共同通信杯(G3)3番人気1着】

ディープインパクトを父にもつ、ダノンキングリー

2か月前の共同通信杯(G3)では、朝日杯フューチュリティステークス(G1)の優勝馬、アドマイヤマーズなど実力馬が集うなか、見事1に。

スタートからしっかり3番手に付き、しばらく様子を見ながら、直線に入ったところでアドマイヤーズの内を突いて鮮やかな差し切り。

今年出走する3頭のディープインパクト産駒の中で、その末脚を最も色濃く引き継いでいるんじゃないかしら。

過去10年のデータでも、前走1着は好走するからダノンキングリーも押さえておきましょう。

人気薄でも充分に期待できる皐月賞…
クラシック三冠初めの穴馬はこの子よ!!

2019年 皐月賞 注目穴馬

クラージュゲリエ(牡3
【前走:共同通信杯(G3)4番人気3着】

キングカメハメハを父にもつ、クラージュゲリエ

約2か月前の前走、共同通信杯では第4コーナーから直線に向かったところで、外から徐々に周りを抜き、3着に入っていたわね。

2着との差は大きかったけど、全レース優勝していたアドマイヤジャスタや、朝日フューチュリティ(G1)で勝馬となったアドマイヤマーズに食らいつけたのは実力がある証拠。

現段階で世間も注目していないし、高配当が期待できる穴馬よ!!

 

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次