今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

皐月賞2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 皐月賞 最終予想

皐月賞の最終予想をするわよ!

月曜にも伝えたように、上位人気馬が馬券を独占することも少なくないこのレース。

今年も無敗のエフフォーリアを筆頭に、実績で勝る3頭が有利な展開になりそうなんだけど…。

過去に100万馬券が飛び出したように、伏兵を軽視していると痛い目を見るから注意が必要よ。

今回もさらにデータを加えて検証を進めたところ、上位陣以上の好走が見込める穴馬候補が見つかったの。

7桁配当もあり得る注目穴馬として予想印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

【PR】このサイトで
今週末から的中が狙える
「利益直結馬」公開中!
競馬大陸

さっそく、確定した枠順を確認しましょう!

2021年 皐月賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 アドマイヤハダル 牡3 57.0 ルメール 大久保龍 栗東
2 ルーパステソーロ 牡3 57.0 木幡巧也 加藤士津 美浦
2 3 ステラヴェローチェ 牡3 57.0 吉田隼人 須貝尚介 栗東
4 イルーシヴパンサー 牡3 57.0 大野拓弥 久保田貴 美浦
3 5 ヴィクティファルス 牡3 57.0 池添謙一 池添学 栗東
6 ヨーホーレイク 牡3 57.0 岩田望来 友道康夫 栗東
4 7 エフフォーリア 牡3 57.0 横山武史 鹿戸雄一 美浦
8 ダノンザキッド 牡3 57.0 川田将雅 安田隆行 栗東
5 9 ラーゴム 牡3 57.0 北村友一 斉藤崇史 栗東
10 シュヴァリエローズ 牡3 57.0 三浦皇成 清水久詞 栗東
6 11 ディープモンスター 牡3 57.0 戸崎圭太 池江泰寿 栗東
12 ワールドリバイバル 牡3 57.0 菱田裕二 牧田和弥 栗東
7 13 タイトルホルダー 牡3 57.0 田辺裕信 栗田徹 美浦
14 アサマノイタズラ 牡3 57.0 嶋田純次 手塚貴久 美浦
8 15 グラティアス 牡3 57.0 M.デム 加藤征弘 美浦
16 レッドベルオーブ 牡3 57.0 福永祐一 藤原英昭 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走レース別成績
共同通信杯組は有力な勝ち馬候補になり得る
ステップレースからはスプリングS組に注目

■前走着順別成績
前走で連対以上できていないと勝てない
前走3着からはダノンザキッドにチャンスあり

■レース当日の人気別成績
基本的には上位陣で決まりがち
8番人気がなぜか好走傾向にある

■騎手の乗り替わり別成績
前走と同じ騎手だった馬が強い

それじゃあ月曜から引き続き、東京開催だった2011年を除く、直近9年分のデータを基に皐月賞の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 皐月賞 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 0 0 15 11.8% 11.8% 11.8%
1 1 1 15 5.6% 11.1% 16.7%
0 1 1 16 0% 5.6% 11.1%
2 3 1 12 11.1% 27.8% 33.3%
0 1 2 15 0% 5.6% 16.7%
2 0 2 14 11.1% 11.1% 22.2%
1 2 0 22 4.0% 12.0% 12.0%
1 1 2 21 4.0% 8.0% 16.0%

枠順での有利不利はないように感じられるデータね。

ただ4枠だけは、他に比べ馬券になる見込みが高そう。
集計対象とした9年で6頭、直近4年においては毎年馬券になっているのよね。

上位人気筆頭エフフォーリアダノンザキッドは、いいところからスタートできるわ!

他には、その隣の5枠にも注目よ。

ここは勝ち馬が出ていなくて、一見ちょっと頼りないように見えるんだけど…。
2017年には当時12番人気だったダンビュライトが、翌2018年には8番人気だったジェネラーレウーノが3着に入るなど、穴馬が好走しがちなのよね。

今回はいかにも伏兵の雰囲気漂うラーゴムと、シュヴァリエローズが5枠に収まっているわよ。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2021年 皐月賞 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 1 1 18 0% 5.0% 10.0%
460~479kg 3 1 2 45 5.9% 7.8% 11.8%
480~499kg 5 4 3 40 9.6% 17.3% 23.1%
500~519kg 1 2 3 18 4.2% 12.5% 25.0%
520kg以上 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%

馬体重が460kgから519kgの範囲にないと勝てない、というデータね。

人気の3頭では、エフフォーリアダノンザキッドがしっかりとこの範囲内にある一方…。
ディープモンスターだけは傾向から外れているから、注意してちょうだい。

ちなみに馬体重の増減について傾向を調べてみたら、前走から2kg以上の増加が見られた馬は集計対象とした9年で一度も勝てていない、ということが分かったの。

当日はそのあたりにも注目して、勝ち馬候補を選びたいわね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 皐月賞 注目馬①

エフフォーリア(牡3)
【前走:共同通信杯(G3)4番人気1着】

このレースにおいて本命に推したいのが、エフフォーリアよ!

月曜日の検証ではメンバー内でもっとも優位な好材料が揃っていたし、今回絶好調の4枠に決まったとあって、ますます買いやすくなったわね。

そうそう、エフフォーリアにとって今回の皐月賞が中山での初レースであることを不安がる声もあるようだけど…。

共同通信杯を使って勝ち馬になった4頭のうち3頭も中山でのレース経験がなかった、というデータもあるし、過度な心配はいらないわよ。

そんなエフフォーリアの最終追い切りは、美浦の南Wを【69.0-54.1-39.7-12.4】の時計。
鞍上の横山武史Jともしっかり折り合いが取れていたし、好ローションの共同通信杯を使っているだけあって状態も万全、って感じだったわ。

ここ2週は、無敗馬が制しているG1戦線。
彼がこの舞台を楽々勝ってしまっても不思議はないわよ!

2021年 皐月賞 注目馬②

ヴィクティファルス(牡3)
【前走:スプリングステークス(G2)3番人気1着】

月曜日にも注目馬として紹介していた、ヴィクティファルス

枠こそちょっと頼りないところに決まったけど、馬体重を含め検証データは好調だから、今回も十分勝ち負けできる存在と言えるわ。

さらに雨模様が予想される日曜日は、重馬場のスプリングSを勝ち切った末脚が活きる舞台。
馬場が渋っただけ、彼にとっては追い風になりそうね。

そんなヴィクティファルスの最終追い切りは、栗東の坂路を【53.5-38.7-25.1-12.9】の時計。
1週間前から状態はよさそうだったけど、ここにきて一段と動きにキレが出てきて、まさに万全、って感じの様子だったわ。

今回は人気の3頭に隠れ、単勝10倍程度はつきそうな彼。
コスパ面でもしっかり押さえておきたい1頭よ!

2021年 皐月賞 注目馬③

グラティアス(牡3)
【前走:京成杯(G3)1番人気1着】

前走の京成杯では、後続に2馬身半の差をつけて圧勝したグラティアス

これでデビューから2戦2勝と、上位陣に劣らない高素質馬であることを強く印象付けてくれたわね。

そんなグラティアスは、皐月賞でも好走気配は十分
「前走で人気に応え結果を残した馬」が優勢なのは伝えた通りだし、馬体重は前回から増減なしの498kgと、走る材料は揃っているわ。

そうそう、今回彼に騎乗するM・デムーロJだけど、彼はこのレースにおける直近9年で【2-1-0-5】、通算4勝となかなかの好成績を収めているのよね。
主戦騎手のルメールJから乗り替わりになる本走だけど、”皐月賞男”の手腕も追い風になるはずよ。

M・デムーロJを背に行われた最終追い切りでは、美浦の南Wで【68.0-53.0-39.1-12.6】の時計を記録。
1週間前は折り合いに手を焼いたみたいだけど、今回はかなり落ち着いていたように見えたし、人馬ともに好調と見てよさそうよ。

まだまだ未知数な部分が多い馬だけに、人気も控えめな彼。
狙ってみる価値十分よ!

2021年 皐月賞 注目馬④

ダノンザキッド(牡3)
【前走:弥生賞ディープインパクト記念(G2)1番人気3着】

人気・実績ともに、メンバートップクラスのダノンザキッド

昨年暮れには世代初のG1戦であるホープフルSを制し、最優秀2歳牡馬の座に輝いたのは記憶に新しいわね。

ただ今回の皐月賞では、データ上勝利まではちょっと足りない感じ
ここ9年弥生賞からのローテーションで勝った馬はいないし、前走3着馬もピリッとしないのよね。

好走傾向内にはあるものの、馬体重は前走から2kg以上増えているようだし、ライバルのエフフォーリアに比べると分が悪そうよ。

それでも今回が4レース目のコンビとなる川田将雅Jが鞍上、絶好調4枠など、好材料が揃っているのも確か。
馬券争い、というところでは堅い存在と言えそうだわ。

そんなダノンザキッドの最終追い切りは、栗東のCWを【85.9-69.3-53.7-39.2-11.9】
時計こそ出ていないけど、日曜日に向けてしっかり調整はできているようだから、状態面の心配はいらないわ。

オッズも渋くなりすぎないようだし、積極的に買っていきたいわね!

上位陣が堅実な走りを見せる皐月賞だけど…。
今年はアノ伏兵馬によって、大波乱が巻き起こりそうよ!

2021年 皐月賞 注目穴馬

アサマノイタズラ(牡3)
【前走:スプリングステークス(G2)7番人気1着】

月曜から変わらず、本走における注目の穴馬候補はアサマノイタズラよ!

前回の検証では、いかにも穴馬になり得るデータが出ていた彼。
今回も過去に伏兵が馬券入りした7枠、馬体重は前走と同じ500kgと、ますます期待が膨らむ好走材料が揃ったわね。

さらに月曜にも伝えた通り、この皐月賞が行われる中山はアサマノイタズラがデビュー以降すべてのレースで使っている舞台

前走では重馬場のなか上がり2位の時計で連対するなど、道悪での適性も示してくれたし、得意の舞台で走れる今回は十分上位に穴をあけられる存在よ。

そんな彼の最終追い切りは、美浦の坂路を【52.3-38.8-25.1-12.4】の時計。
1週前から動きはよかったけど、ここへ来て明らかに状態が上がってきたし、すでに臨戦態勢は整っている、って感じよ。

これほど走る材料があるにも関わらず、単勝オッズは30~40倍程度が見込める彼。
高配当が狙えるオイシイ穴馬候補、見逃さないでちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次