g1レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

皐月賞予想 2016

今週は牡馬クラシック第一弾の皐月賞が行われるわ。
とにかく今年の皐月賞は近年稀に見る豪華さね。
 
マッチとSMAPと嵐が共演・・・
 
えっ!?
前も聞いたって??
そういえば確かに言ったわね。
 
じゃ、小遊三と木久扇と圓楽が同じ高座に…
ってこれは笑点ね!
 
え~っと、
ジョン・マッケンローとジャック・ニクラウスとベーブ・ルースが吉野家にいるくらい豪華じゃない・・・。
 
えっ!?
もう訳が分からないって・・・。
 
あんた、『まどマギ』好きね!?
キュウベイが言うじゃないの。
ビックボーナスが終わった後にパネルを叩くと『わけがわからないよ』って。
あれってほとんど天国Aなのよね・・・。
 
ってこんな長々となんの話してるのかしら。
完全に脱線したわ。
 
そうそう皐月賞が豪華って話をしてたのよね。
先週の桜花賞は1頭が抜けた人気だったけど、この皐月賞は3頭で人気を分け合う形になりそうね。
私が予想した人気はあとで教えるわ。
 
でも、3強って言われたときって間違いなく人気薄が1頭は絡んでくるのよ。

例えば1993年の皐月賞は、ウイニングチケット、ビワハヤヒデ、ナリタタイシンの3強って言われていたけど3着に入ったのはシュクレノンシェリフ(9番人気ガレオンの降着による繰り上がり)。
私は3頭では決まらないと思っているから、馬券圏内に入るであろう人気薄の馬をデータから導き出して行くわ。
 
その前に枠番が確定したから晩酌でもしながら見なさい。
 
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ドレッドノータス牡357.0藤岡佑介矢作芳人栗東
12ジョルジュサンク牡357.0吉田隼人鮫島一歩栗東
23マカヒキ牡357.0川田将雅友道康夫栗東
24アドマイヤダイオウ牡357.0福永祐一友道康夫栗東
35マウントロブソン牡357.0ベリー堀宣行美浦
36ミライヘノツバサ牡357.0柴田大知伊藤大士美浦
47ウムブルフ牡357.0柴山雄一堀宣行美浦
48ミッキーロケット牡357.0横山典弘音無秀孝栗東
59ナムラシングン牡357.0田辺裕信高野友和栗東
510トーアライジン牡357.0大野拓弥村山明栗東
611サトノダイヤモンド牡357.0ルメール池江泰寿栗東
612リスペクトアース牡357.0石川裕紀小笠倫弘美浦
713プロフェット牡357.0戸崎圭太池江泰寿栗東
714ロードクエスト牡357.0池添謙一小島茂之美浦
715エアスピネル牡357.0武豊笹田和秀栗東
816リオンディーズ牡357.0M.デム角居勝彦栗東
817アドマイヤモラール牡357.0内田博幸上原博之美浦
818ディーマジェスティ牡357.0蛯名正義二ノ宮敬美浦

 
マカヒキ以外の有力馬は真ん中から外に固まった感じね。
エアスピネルをリオンディーズはもう少し内の方が良かったかしら。

枠番別成績は下でも話しているからよく見なさい!!
 
新しいデータの前に月曜のデータをまとめるわよ。
相変わらず私は貴様らには優しいのね!!
 
■前走レース別では共同通信杯、弥生賞、スプリングステークス組が圧倒
過去10年間で9勝。
共同通信杯に限り当日の人気が4番人気以内。
 
■前走1着馬が10年間で8勝している
2007年ヴィクトリーを除く全ての1着馬は重賞である
 
■前走1番人気がかなり強い
3着まで見ても前走1番人気が強い。
 
どう?いつだってあたしのデータは役に立つでしょ?
 
さぁ、ここから新しいデータを出していくわよ!
 
的中が欲しければ見逃すんじゃないわよ~
 
ここからが新しいデータよ。
 
前走脚質別成績
逃げ(0-0-0-16)
勝 率:0%
連対率:0%
複勝率:0%
 
先行(6-6-6-52
勝 率:8.6%
連対率:17.1%
複勝率:25.7%

 
差し(3-3-3-47)
勝 率:5.5%
連対率:10.9%
複勝率:14.5%
 
追込(1-1-2-30)
勝 率:2.9%
連対率:5.9%
複勝率:11.8%
 
こう見ると、前走の脚質で後ろに行くほど皐月賞での複勝率が落ちて行くのね。
このデータを見ると、前走後方からの競馬だったマカヒキには不安なデータね。
 
じゃ、皐月賞本番での脚質別成績を見るわ。

脚質別成績
逃げ(2-0-1-8
勝 率:18.2%
連対率:18.2%
複勝率:27.3%

 
先行(2-4-2-27)
勝 率:5.7%
連対率:17.1%
複勝率:22.9%
 
差し(6-4-6-67)
勝 率:7.2%
連対率:12.0%
複勝率:19.3%
 
追込(0-2-1-45)
勝 率:0%
連対率:4.2%
複勝率:6.3%
 
これが、皐月賞での脚質別データよ。
今度は一転して、脚質が前ほどいい成績を残しているのね。
前走で、逃げた馬はダメだったけど本番で逃げた馬は良い成績を残しているわ
一方で、先行馬も複勝率はそこそこだけど勝率はやや低いわね。

 
三つ巴のオッズが予想されるレースで人気別成績を見るわ。

人気別成績
1番人気(2-2-1-5)
勝 率:20%
連対率:40%
複勝率:50%
 
2番人気(1-3-2-4)
勝 率:10%
連対率:40%
複勝率:60%
 
3番人気(2-0-2-6)
勝 率:20%
連対率:20%
複勝率:40%
 
4番人気(2-0-2-6)
勝 率:20%
連対率:20%
複勝率:40%
 
5番人気(0-0-0-10)
勝 率:0%
連対率:0%
複勝率:0%
 
 
6番人気(1-2-0-7)
勝 率:10%
連対率:30%
複勝率:30%
 
7番人気(2-0-0-8)
勝 率:20%
連対率:20%
複勝率:20%
 
8番人気(0-1-2-7)
勝 率:0%
連対率:10%
複勝率:20%
 
これ以上下は救いようのない数字だから省くわ。
私だって忙しいんだから!!!
1番人気の勝利率が20%って言うのは低いわね。

勝ち馬は7番人気までの馬から出ているし、上位人気だからって安易に飛びつかないほうが身の為よ。
ほらほら。人気薄が馬券に絡みそうな匂いがするでしょ~!!
 
じゃ、私が予想した人気をこっそり教えるわ。

 1 リオンディーズ
 2 サトノダイヤモンド
 3 マカヒキ
 4 マウントロブソン
 5 エアスピネル
 6 ロードクエスト
 7 ディーマジェスティ
 8 アドマイヤダイオウ
 9 ナムラシングン
10 プロフェット
11 ドレッドノータス
12 ミライヘノツバサ
13 ジョルジュサンク
14 リスペクトアース
15 ミッキーロケット
16 ウムブルフ
17 ラグルーラ
18 ユニゾンデライト
19 アドマイヤモラール
20 サイモンゼーレ
21 ワイルドゲーム
22 トーアライジン
 
サトノダイヤモンドがどこまで人気になるかが読めないのよね。
普通に考えれば1・2番人気のどちらかなんだけど、変則ローテーションは先週の桜花賞で負けた例もあるから、3番人気も考えられるけど私は2番人気にしたわ。
 
それじゃ、データをまとめるわ。
 
■前走レース別では共同通信杯、弥生賞、スプリングステークス組が圧倒
共同通信杯は過去5年間で3勝
※但し当日4番人気以内に限る
 
■前走1着馬が10年間で8勝している
2007年ヴィクトリーを除く全ての1着馬は重賞である
 
■前走1番人気がかなり強い
3着まで見ても前走1番人気が強い。
 
■前走と本番の脚質では総じて前に行ける馬が強い
特に前走で前に行って本番で逃げそうな可能性の馬には注意
 
■1番人気の信頼度はさほど高くない
伏兵の台頭もある。
 
それじゃ、データと各馬の実績などを考慮して私の印を発表するわ。
 
△ロードクエスト
 
△マカヒキ
 
▲マウントロブソン
 
○リオンディーズ
 
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


 
△
ロードクエスト
【前走:スプリングステークス3着(1番人気)】

デビュー戦と、2戦目の新潟2歳ステークスのパフォーマンスで一時期はダービー候補とまで呼ばれていた馬も勝ちきれない競馬が続いているわ。

ここ2戦を見ても中山で最後方から追い込むのは厳しいし、スタートに少し不安があるしで中団からの競馬が試せていないのよね。
ただ、最後は伸びてくるし力があるのは間違いないわ。

前走レース、前走人気と後押し出来るデータもあるけど、馬券圏内までかなと思うから連下2番手の評価ね。

 
△
マカヒキ
【前走:弥生賞1着(2番人気)】

デビューから全てのレースで33秒台以上の上がりを発揮しているマカヒキなんだけど、
確かにこの末脚は魅力よ。

ただ、この脚が多頭数の競馬になって使えるのかという事なの。
リオンディーズを負かしたのは評価できるけど、相手は休み明けだったし幾分マカヒキにとっては有利な条件だったわ。

ここで勝つようならとんでもない馬だけど、前走脚質別データからこの評価ね。
大外一気で差せるほどクラシックは甘くないわよ。

 
▲
マウントロブソン
【前走:スプリングステークス1着(4番人気)】

昨年12月に未勝利を脱出してから3連勝で重賞制覇。
着実に力を付けてきているわね。

前走のスプリングステークスも、1番枠から上手く立ち回った印象もあるけど、最後までしっかりと伸びていたところがこの馬の最大の売りね。
皐月賞は瞬発力を求められるレースではないし、マウントロブソンの様な一定のスピードを持続できる馬って言うのがこのレース向きなのよね。

中団からの競馬になるでしょうけど、3走前で16頭と比較的多い頭数の競馬も経験しているし面白い1頭よ。

データ上は、相性の良いスプリングステークスだし勝って参戦できるのは高評価ね。
ただ、上2頭とは少し差がありそうだから単穴にするわ。


 
○
リオンディーズ
【前走:弥生賞2着(1番人気)】

2戦目でG1を制し怪物の呼び声高いリオンディーズだけど、この馬の素質は相当のものね。
やっぱり朝日杯の走りは鳥肌ものよね。

キャリア2戦目で最後方から一気に差しる・・・これは並の馬では出来る芸当ではないわ、
本物よ!!

前走の弥生賞では、前半からムキになって走っていて4番手からの競馬だったけどこの馬は前に行った方が絶対良いわ。
4コーナーから動いて直線では先頭に立って、最後はマカヒキに差されたけど休み明けを考えれば良いトライアルだったと思うわ。

前走1番人気の馬の勝率が良い事から見逃すことは出来ないわ。
ただ、1番人気になりそうだから配当を考えて対抗に留めておくわ。
 
あの馬がとうとう伏兵扱いに!?
この馬こそ3強に割って入り配当を跳ね上げる。
まだまだ逆転可能なその伏兵馬とは・・・

 
◎
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます



最後に無印にしたサトノダイヤモンドに付いて少し触れるわ。

今回は決死の無印にしたんだけど、その理由はきさらぎ賞から直行っていう事が1番ね。
それと、新馬、500万、きさらぎ賞と順調に勝って来たけどこの3レースとも相手が弱かった印象を受けるの。

現にきさらぎ賞から皐月賞に進んできた馬はサトノダイヤモンドだけと、西のクラシック登竜門のはずがこの有様。

この変則ローテーションの難しさは、先週の桜花賞でメジャーエンブレムが示したように上手くはいかないものなのよ。
馬の完成度の高さで勝ってきて、だんだん他の馬がサトノダイヤモンドに追いついてきたから、きさらぎ賞を勝ったときほどの評価は出来ないわ。

どうせ人気にもなるし、だったらバッサリ切ったほうが配当的にも魅力があるから今回は無印。
ダービーの叩き台として勝てる程クラシックは甘くないわよ。


的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る