今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

大阪杯2021のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 大阪杯 事前予想

今週は春の中距離王決定戦、大阪杯を予想するわよ!

このレース、注目はなんといってもコントレイルグランアレグリアの初対決。

G1四勝馬同士の激突とあって、両者どんな走りを見せてくれるのか、今から楽しみで仕方ないって感じね!

ただ大阪杯は伏兵がたびたび馬券を賑わしている、中荒れ要警戒の舞台

今年は2強以外のメンバーもかなり強力だし、波乱の展開も十分期待できるわよ。

今回も過去のデータを用いて、そんな注目の2頭に先着する可能性を秘めた穴馬を見つけ出しておいたわ。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、今年の特別登録馬を確認するわよ。

2021年 大阪杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アーデントリー 57.0 川村禎彦 栗東
アドマイヤビルゴ 57.0 友道康夫 栗東
カデナ 57.0 中竹和也 栗東
キセキ 57.0 辻野泰之 栗東
ギベオン 57.0 藤原英昭 栗東
クレッシェンドラヴ 57.0 林徹 美浦
コントレイル 57.0 矢作芳人 栗東
サリオス 57.0 堀宣行 美浦
ハッピーグリン 57.0 森秀行 栗東
ブラヴァス 57.0 友道康夫 栗東
ペルシアンナイト 57.0 池江泰寿 栗東
モズベッロ 57.0 森田直行 栗東
ワグネリアン 57.0 友道康夫 栗東
グランアレグリア 55.0 藤沢和雄 美浦
レイパパレ 55.0 高野友和 栗東

それじゃあ今週は、このレースがG2だった時代も含めた過去10年分のデータを基に、大阪杯の予想を組み立てていくわね。

まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい!

2021年 大阪杯 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 3 2 5 14 12.5% 20.8% 41.7%
G2 5 6 5 49 7.7% 16.9% 24.6%
G3 0 1 0 23 0% 4.2% 4.2%
OPEN特別 1 0 0 8 11.1% 11.1% 11.1%

※今回登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

レースの格が高くなるにつれて成績も上がる、というデータよ。

となると、やはり注目すべきは前走G1組
コントレイルグランアレグリアは、どちらも評価しなければいけないわね。

ただレース別成績で見ると、G1組のなかでも有馬記念を使った馬が【2-2-3-8】と好調
今回唯一該当している、クレッシェンドラヴは覚えておいたほうがよさそうだわ。

さて、単純な勝ち馬の数がもっとも多い前走G2組だけど、ここからは金鯱賞組に警戒したいところ。
単勝回収率が150%あって、ここから穴馬が出がちなのよね。

大波乱を演じて見せたギベオンを筆頭に、該当する4頭は要注意よ。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2021年 大阪杯 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 1 3 5 15 4.2% 16.7% 37.5%
2着 5 0 1 15 23.8% 23.8% 28.6%
3着 1 3 1 14 5.3% 21.1% 26.3%
4着 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
5着 1 3 1 6 9.1% 36.4% 45.5%
6~9着 1 1 1 20 4.3% 8.7% 13.0%
10着以下 0 0 0 22 0% 0% 0%

前走2着馬が図抜けた勝率になっているわね!

5勝のうち2勝は大阪杯がG1になった2017年以降のものだし、今年も最先着争いに絡んでくる可能性が高いわ。

今回はアーデントリーの他に、コントレイルがここに該当。
前走1着馬グランアレグリアと比べると、奇妙なことにデータ上は一歩リードと言えるわ。

ちなみにこのレース、前走で10着以下大敗した馬が巻き返した前例は過去10年で一度もないの。

今年該当する3頭については、よっぽどの好データがないと買えない、ってことだから注意してちょうだい。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらうわよ。

2021年 大阪杯 レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4 2 2 2 40.0% 60.0% 80.0%
2番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
3番人気 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
4番人気 1 1 3 5 10.0% 20.0% 50.0%
5番人気 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
6~9番人気 2 4 1 41 4.2% 12.5% 14.6%
10番人気以下 0 0 0 51 0% 0% 0%

1・2番人気は堅実な走りをする、というデータね。

馬券の半数がここから出ていることを考えれば、今年の2強が順当に上位に入る可能性は高そうだわ。

もっとも1番人気の方がわずかだけど成績で上回っているから、どちらを優先すべきか決めかねるようなら参考にしてちょうだい。

さて、他には穴サイドにも目を向けるわよ。
大阪杯は中穴が馬券になる傾向が強いんだけど、実際6~9番人気だった馬がよく走れているのよね。

ちなみにここから馬券になったのべ7頭について調べてみたら、大半が過去にG1戦で馬券になったことがある、という共通点があったの。

このレースの穴馬については、過去の実績も見ながら地力のある馬に絞って買うのがよさそうね。

最後は、所属別成績を見てもらうわよ。

2021年 大阪杯 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 0 2 1 29 0% 6.3% 9.4%
関西 10 8 9 71 10.2% 18.4% 27.6%

圧倒的に関西馬が有利、と言っても過言ではないほどのデータよ。

ここまで数値に開きがあるなら、馬券を組み立てる際にはある程度関西馬に比重をおいてしまってよさそうね。

ちなみに関東所属で馬券になった3頭について調べてみると、いずれも前走で勝ち馬になっていた、という共通点があったの。

この条件に該当するグランアレグリアに限っては、今回の数値だけで判断しない方がいいかもしれないわ。

そんなところで、現段階における注目馬を発表していくわよ!

2021年 大阪杯 注目馬①

コントレイル(牡4)
【前走:ジャパンカップ(G1)2番人気2着】

2強からは、よりコントレイルに注目よ!

昨年は史上3頭目となる、無敗での牡馬3冠を達成した彼。

前走のジャパンCではアーモンドアイの前に屈したものの、負けて強しと言える走りで世代最強を強く印象付けてくれたわね。

そんな始動戦となるコントレイルだけど、この大阪杯は自身の最適性距離である芝2000m

直線の長い阪神はジャパンCでも上がり最速を記録した彼にもってこいの舞台でもあるし、データ面の好調さを見る限り現段階での信頼度はかなりのもの、と言えるわ。

ただその分、オッズに関しては相当渋いことになりそう
買い方については金曜日までかけて、要検討ね。

2021年 大阪杯 注目馬②

ワグネリアン(牡6)
【前走:京都記念(G2)2番人気5着】

前走の京都記念では惜しくも馬券に届かなかった、ワグネリアン

ただ大敗を喫した2走前の宝塚記念と比べれば復調を感じさせる走りができていたし、そこから長い休養を挟んでいた点を加味すれば、掲示板を確保できた前走はここに向けて上々のデキだった、と言えるわ。

そんなワグネリアンは、今回の検証面でもなかなかの好データに該当していた1頭。
大阪杯はG2組が好調だし、前走5着だった馬は複勝率が50%近くあるのよね。

さらに関西馬でもある彼は、本走でも十分上位に割って入れる存在よ。

キャリアを通じての安定感に加え、末脚はメンバーでもトップクラスの彼。
警戒しておきたいわね。

2強の行方に注目が集まる今年の大阪杯だけど…
アノ伏兵を忘れると、高配当には手が届かないわよ!

2021年 大阪杯 注目穴馬

ギベオン(牡6)
【前走:金鯱賞(G2)10番人気1着】

現段階において、注目したい穴馬候補がギベオンよ!

前走の金鯱賞では、あのデアリングタクトを抑えて最先着を果たした彼。
得意のペースにさえ持ち込めれば、十分G1馬とも勝ち負けができることを証明してくれたわね。

そんなギベオン、この大阪杯でも好走が見込める存在。

金鯱賞組が好調なのは伝えた通りだし、前走1着馬もよく走る傾向にあるわ。
彼が関西馬であることを含めれば、登録馬の中でもトップを争う好データの該当率だし、前走の再来にも十分期待できる、って感じよ。

金鯱賞の番狂わせで注目度が上がったとはいえ、今回はメンバーがメンバーだけにまだまだ人気薄の彼。

今のところは迷わず狙っていきたい1頭よ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次