エビコ

2019年大阪杯を大胆予想!重賞で稼ぐ情報満載

回収率に自信あり!勝率の高い分析をした2019年大阪杯

2019年大阪杯開催情報

レース名 大阪杯
クラス G1
開催日 2019年3月31日(日)
開催場 阪神競馬場
レース番号 11R

2019年大阪杯事前予想

レースの見どころ
今週は、春の中距離王決定戦、大阪杯の予想をしていくわよ!

8頭ものG1が集い、かなり華やかなレースになりそうな今回。

このレースは毎回実力のある馬が集まることもあって、基本的には堅く決着しがちなんだけど…

今回、データを駆使して登録馬を調べ上げたところ、実力のわりに人気が伴っていない、オイシイ中穴を見つけたの。

当日の展開によっては、ここ数年とは比較にならないほどの高配当にありつけそうよ!

注目馬はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。


さっそく、今週の特別登録馬を確認してもらうわね。

競争成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アクションスター57.0和田勇介美浦
アルアイン57.0池江泰寿栗東
エアウィンザー57.0角居勝彦栗東
エポカドーロ57.0藤原英昭栗東
キセキ57.0角居勝彦栗東
サングレーザー57.0浅見秀一栗東
スティッフェリオ57.0音無秀孝栗東
ステイフーリッシュ57.0矢作芳人栗東
ステルヴィオ57.0木村哲也美浦
ダンビュライト57.0音無秀孝栗東
ブラストワンピース57.0大竹正博美浦
ペルシアンナイト57.0池江泰寿栗東
マカヒキ57.0友道康夫栗東
ムイトオブリガード57.0角田晃一栗東
ワグネリアン57.0友道康夫栗東

それじゃ、過去10年のデータを使って、大阪杯の予想を組み立てていくわ。

前走レース別成績から見てちょうだい!

前走レース別成績
前走レース別成績表
※今回出走する馬の前走レースだけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ

勝率を見ると、中山記念組と有馬記念組が大きく抜けているわ。

今回、中山記念を使ってきたのがエポカドーロステルヴィオの中穴クラス。
それに対して有馬記念組はキセキブラストワンピースの本命組って感じね。

ただ中山記念組は複勝率がそれほどでもないから、買い目を広げすぎないように注意してちょうだい。

また、勝ち馬こそ1頭しか出ていないけど、複勝率の高い京都記念組も見逃せないわ。

今回該当するのはアクションスターステイフーリッシュダンビュライトマカヒキの4頭ね。



次は、レース当日の人気別成績を見てもらおうかしら。

レース当日 人気別成績
レース当日 人気別成績表

まず10番人気以降の穴馬はまったく馬券に絡んでいないことがわかるわ。

各所の予想オッズを見る限りだと…
アクションスタースティッフェリオステイフーリッシュマカヒキムイトオブリガードあたりは厳しそうね。


また1番人気馬は勝率が若干頼りないけど、複勝率はさすがの90

単勝回収率も複勝回収率も100%を超えているから、今年もベタ買いして大丈夫そうね。

今年の1番人気は、キセキブラストワンピースか微妙なところだけど…
ブラストワンピースは前走を勝っていて近走成績が見栄えするから、僅差でより支持を集めるんじゃないかしら。


ちなみに、表ではひとまとめになっているけど、6番人気の馬がなぜか2-2-1-5と妙に成績がいいこともわかったわ。

当日、その辺りにオッズの断層ができていたら注意しましょう。


次は、脚質別成績を見てちょうだい。

脚質別成績
脚質別成績表

阪神の芝2000mはコーナーを4つ回るから、一般的には逃げ・先行馬が有利と言われているコース。

データを見る限りでもたしかに先行馬の成績がいいけど、そんなに大きな差ではないわね。

むしろ、後方の馬が脚質を原因に人気を落としていたら、そちらを積極的に買うのもアリだわ。


次は、騎手別成績よ。

騎手別成績
騎手別成績表

鞍上が続投してくれた方が好走する、というのはイメージ通りだけど、その差はかなりのものね。

今回、中穴クラスに乗り替わりのあった馬が多いから、扱いに注意したいわ。


そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわね。

注目馬1
ブラストワンピース(牡4
【前走:有馬記念(G1)3番人気1着】

昨年末の有馬記念を勝ってG1馬となったブラストワンピース

デビュー時から将来を期待されていた馬だっただけに、見ている方としても「ようやく勝ってくれたか」という感じよね。

彼はここまで調べたデータによく当てはまっているし、G1馬の多い登録馬の中でも実力はトップクラス

昨年春には毎日杯を勝っていて、阪神に適性がありそう、というのもプラス評価ね。

有馬記念から3ヶ月のブランクがあるのを気にする人もいるかもしれないけど…
すでに説明した通り、有馬記念からのローテーションは過去10年で実績があるし、ブラストワンピース自身も休み明けは苦にしないタイプ

具体的な買い目は金曜日までじっくり検討するにしても、買うこと自体には何の不安もないわ!

注目馬2
ワグネリアン(牡4
【前走:神戸新聞杯(G2)2番人気1着】

ブラストワンピースとは対照的に、今回扱いに注意したいのがこのワグネリアンよ。

昨年、ダービーと神戸新聞杯を連覇して、本走でもかなり人気が出そうな彼。

ただ、前走レース別成績のところでも軽く触れた通り、神戸新聞杯からのローテーションは過去10年例がないのよね。

彼は過去の実績を見る限り「鉄砲が利く」馬ではあるけど、とはいえ半年以上のブランクはこれが初めて。

鞍上についても、主戦騎手に戻っただけとはいえ、前走から乗り替わりがあるのよね。

下手したら単勝5倍もつかないかもしれない、というところまで考えると、今のところあまり美味しくない馬だと言えるわ。

彼を買うには、それなりの覚悟が必要になるわよ!

強い馬が勝つG1レースで、実力のわりに人気していない馬がいるとしたら…?
そんな彼を押さえておけば、かなりの確率で高配当にありつけるわ!


注目穴馬

エポカドーロ(牡4
【前走:中山記念(G2)3番人気5着】

昨年のダービーでは、落鉄しながらもワグネリアンの2につけたエポカドーロ

近走で期待ほどの成績を挙げられていないからか、今のところかなり人気が落ち込んでいるけど…
その分、穴党としてはかなりオイシイ1よ。

彼は勝率の高い前走中山記念組であることをはじめとして、今回調べたデータによく当てはまっているのよね。

「勝ち味に薄い」なんて言われることもある彼だけど、このコースなら前目の馬も十分戦えるから期待して大丈夫。

彼が勝てば、9年ぶりの10万馬券もありえるわよ!




大阪杯予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる