大阪杯

阪神11R大阪杯(GⅠ・芝2000m)
◎8 アルアイン
○4 シュヴァルグラン
▲2 サトノダイヤモンド
☆11 ウインブライト
見どころ
豪華メンバー集結の大阪杯G1が、いよいよ日曜日に開催されるわね!

このレースは、1番人気の複勝率90%という信頼度の高さが特徴なんだけど、中穴も1・2着に絡んでくるから要注意!

また、1番人気は当初のスワーヴリチャードからアルアインに逆転しそう。
やっぱり右回りが懸念されたのかしらね…。

今回はデータ的にも信用できるアルアイン◎から、○▲☆に流しての馬単3点に絞ったわよ。
適性的に不安のあるアノ馬は、3・4着とみなして切ったわ。
そこら辺の話も最後にするわね!

じゃあ予想へ入る前に、確定した枠順から見てちょうだい。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ミッキースワロー牡457.0横山典弘菊沢隆徳美浦
12サトノダイヤモンド牡557.0戸崎圭太池江泰寿栗東
23ヤマカツエース牡657.0池添謙一池添兼雄栗東
24シュヴァルグラン牡657.0三浦皇成友道康夫栗東
35ペルシアンナイト牡457.0福永祐一池江泰寿栗東
36スマートレイアー牝855.0四位洋文大久保龍栗東
47ゴールドアクター牡757.0吉田隼人中川公成美浦
48アルアイン牡457.0川田将雅池江泰寿栗東
59トリオンフセン457.0田辺裕信須貝尚介栗東
510サトノノブレス牡857.0幸英明池江泰寿栗東
611ウインブライト牡457.0松岡正海畠山吉宏美浦
612ヤマカツライデン牡657.0酒井学池添兼雄栗東
713マサハヤドリーム牡657.0北村友一今野貞一栗東
714ダンビュライト牡457.0浜中俊音無秀孝栗東
815スワーヴリチャード牡457.0M.デム庄野靖志栗東
816メートルダール牡557.0松山弘平戸田博文美浦

月曜日に出した事前データも振り返っておくわよ。


■前走クラス別成績
馬券の中心は前走G1G2
最も成績が良いのは前走有馬記念組(G1

■前走着順別成績
中心は前走掲示板組
前走69着の巻き返しはあるが、二桁決着の大敗は厳しい

■前走着差別成績
勝ち馬は
0.2秒以内から
1.0秒以上の差を付けられて負けた馬は割引

■年齢別成績
勝ち馬は
4or5
7歳以上は阪神での好走経験に注目


では早速、過去10年のデータを使って大阪杯の最終予想を始めるわ!


まずは、当日の人気別成績から。

人気
人気表

冒頭でも触れたように、1番人気の成績がズバ抜けているわ。
複勝率は90%、軸としては信頼できる数字ね。

繰り返しになるけど、アルアインには良いデータよ。


10番人気以降に目を移してみると、馬券に絡んだ馬はなし。
無理な大穴狙いは避けた方が良さそうね。


このデータで注目して欲しいのは、69番人気
複勝率も20.5で、3番人気と大差なし!

この8頭のうち6頭は、1年前後に行なわれた阪神での重賞において掲示板に載った実績があったわ。
残りの2頭には、阪神好走歴はなかったけど2000mレースで馬券に絡んだ実績アリ

阪神適性か距離適性が必要ってことね。

ちなみに前者6頭は関西馬だったから、ホームである関西馬には阪神適性が必須と言えるわ。

当日の人気は分からないけど、6番人気以降が予想される馬で該当するのは下記7頭。


ウインブライト ※2走前・中山金杯(2000m2
ゴールドアクター ※2走前・宝塚記念(阪神)2
スマートレイアー ※4走前・鳴尾記念(阪神)2
ダンビュライト ※4走前・神戸新聞杯(阪神)4
ペルシアンナイト ※6走前・アーリントンカップ(阪神)1
メートルダール ※2走前・中日新聞杯2000m1
ヤマカツエース ※前年大阪杯3


ゴールドアクターとメートルダールは、何度も言っているように今回は厳しそう。
となれば、実質5頭になるわ。

ただ、スマートレイヤーは恐らく10番人気以降…。
大阪杯は大穴狙いが難しいから、データ的に消しかしらね。


次は、所属別成績を見てちょうだい。

所属
所属表

何ともハッキリとしたデータね。
1着は関西馬、関東馬は頑張っても2着まで。

ゴールドアクターとメートルダールは事前予想の段階で厳しい評価だったから気にしなくていいけど、ウインブライトミッキースワローは要注意

永久的に関西馬が勝ち続けるって訳ではないけど、データの傾向から見るとこの2頭が勝ち切るのは難しそうね。


最後に、過去10年における大阪杯の傾向を話しておくわ。

ずばり、
“阪神or内回り・小回り適性”

過去10年の連対馬20頭中17頭が1年前後で行われた阪神重賞、または内回り・小回りの重賞で馬券になっていた実績があったの。

残り3頭中の2頭も、重賞ではないけど3着以内に入っていたわ。

大阪杯は阪神での好走経験か、小回り・内回りの適性求められる傾向があるのよ。

ここで気になったのが、スワーヴリチャード。
1年前後で阪神重賞を走っていないし、2走前の有馬記念(内回り)も4着。

傾向的に、少し不安なのよね。

今回はスワーヴリチャードにとって、色々と試されるレースとなりそうよ。


それじゃ、以上のことも踏まえて大阪杯の印を発表するわ!

◎⇒○▲☆の馬単3点推奨よ!


アルアイン

シュヴァルグラン

サトノダイヤモンド

ウインブライト

本命
アルアイン(牡4
【前走:京都記念(G2)3番人気2着】

前走はクリンチャーを捉えられなかったけど、ダービー馬レイデオロにはクビ差で先着。
皐月賞馬の意地を見せたわね。

有力馬の中でも、不安な要素が1番少ないアルアイン。

前走レースが京都記念だった馬は1-2-2-8)複勝率38.5と、出走数のわりに好成績。
年齢も相性の良い4歳と、データからはマイナス材料がないの。

さらに阪神は2戦2勝とコース適性も抜群で、距離2000mも皐月賞を勝っているから問題なし!

鞍上が引き続き川田騎手なのも良いわね。
今年に入ってから川田騎手の重賞成績は、4-3-3-7)複勝率58.8と好調なのよ!

もうひとつ、大阪杯はディープインパクト産駒の成績が(3-2-1-8)連対率35.7%と優秀なのもプラス材料。
去年は2着だったけど、その前までは3連勝していたほどよ。

好材料の揃ったアルアイン、皐月賞以来のG1制覇に期待が高まるわね!


大阪杯攻略は適性がカギを握る!
拮抗する2着争いを制するのは

実力・実績・適性が揃ったコノ3頭!



対抗

シュヴァルグラン(牡6
【前走:有馬記念(G1)3番人気3着】

前走の有馬記念は不利な状況にあったのが大きかったわね。
それでも着差0.2秒、2着クイーンズリングとはハナ差と健闘したわ。

毎年、本レースは前走有馬記念組が活躍するんだけど、今年はシュヴァルグランだけ。

改めて前走有馬記念組を振り返ると、(3-1-3-9)複勝率43.8%とトップ成績。
さらに、馬券圏内だった馬に限ると(2-1-0-0)で複勝率100なの!
この鉄板データは見逃せないわ。

さらに阪神は9戦3勝(3-2-1-3)複勝率66.7%と、相性の良いコース。

6歳の力を見せつけてくれるわ!


単穴

サトノダイヤモンド(牡5
【前走:金鯱賞(G2)2番人気3着】

凱旋門賞15着のダメージが抜けないながらも、前走は3着。
この馬にとっては、少し物足りない感じがしたわね。

けど、一度使ったことによってレース勘を取り戻したはずよ。

最終追い切りも併せ馬できっちり先着し、良化をアピール。
上積みも見込め、状態が上がっているのは間違いないわ。

なんと言っても、国内では馬券を外したことがないほど安定した走りができる同馬。

阪神は去年の阪神大賞典(G2)を制しているし、トータル成績は3戦3勝!
阪神適性が高いのは大きなポイントじゃないかしら。

また、アルアインと同じくサトノダイヤモンドもディープ産駒なのも良いわね。

前走よりも迫力のある走りをしてくれるはずよ!


注目穴

ウインブライト(牡4)
【前走:中山記念(G2)2番人気1着】

前走で重賞3勝目を挙げ、勢いのあるウインブライト。

阪神は未出走ながら、内回り・小回り重賞の成績は(3-1-0-1)複勝率80%と優秀な数字をマークしているの。
阪神内回りへの対応も問題ないわ!

あと、ステイゴールド産駒も(2-0-1-5) 連対率25.0% と好成績。

以前は中団後ろで控える競馬をしていたけど、最近は前目に出る競馬もできるのが魅力ね。

ここを目標にしっかり調整されているのも好印象だわ。

恐らく人気は6・7番手と落ち着きそうだから、アルアインを入れてもまずまずの配当になるわね!
関東馬ということで勝ち切るのは難しいけど、2着激走は十分アリよ!




的中実績


うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る