G1レース展望
レースの見どころ
今週は、牝馬三冠における最初のレース、桜花賞の予想をしていくわよ!

先日のドバイワールドカップでアーモンドアイが勝利したこともあり、ますます盛り上がりそうな今年の春競馬。

予想に慣れていない新規ファンの資金が本命馬に流れてくれれば、穴馬券の配当がさらに高まるわ。

今回、データを駆使して登録馬を調べ上げた結果、ダントツ人気のダノンファンタジーに先着するかも知れない伏兵馬を見つけることができたの。

今月・来月のG1ラッシュに向けた軍資金が作れそうよ。

注目馬はページの最後で紹介しているから、ぜひ見ていってちょうだい。


さっそく、今週の特別登録馬を確認してもらうわね。


馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アウィルアウェイ55.0高野友和栗東
アクアミラビリス55.0吉村圭司栗東
アズマヘリテージ55.0河内洋栗東
アフランシール55.0尾関知人美浦
イベリス55.0角田晃一栗東
エールヴォア55.0橋口慎介栗東
クロノジェネシス55.0斉藤崇史栗東
グランアレグリア55.0藤沢和雄美浦
ココフィーユ55.0斎藤誠美浦
シェーングランツ55.0藤沢和雄美浦
シゲルピンクダイヤ55.0渡辺薫彦栗東
シャドウディーヴァ55.0斎藤誠美浦
ジュランビル55.0寺島良栗東
セントセシリア55.0矢作芳人栗東
ダノンファンタジー55.0中内田充栗東
トロイメント55.0西浦勝一栗東
ノーブルスコア55.0藤原英昭栗東
ノーワン55.0笹田和秀栗東
ビーチサンバ55.0友道康夫栗東
フィリアプーラ55.0菊沢隆徳美浦
プールヴィル55.0庄野靖志栗東
ホウオウカトリーヌ55.0栗田徹美浦
メイショウケイメイ55.0南井克巳栗東
メイショウショウブ55.0池添兼雄栗東
ラブミーファイン55.0田所秀孝栗東
ラヴズオンリーユー55.0矢作芳人栗東
ルガールカルム55.0田村康仁美浦
レッドアステル55.0国枝栄美浦

それじゃ、過去10年のデータを使って、桜花賞の予想を組み立てていくわ。

前走レース別成績から見てもらうわね!

前走レース別成績
前走レース別成績表
※今回出走する馬の前走レースだけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ

まず目につくのが、前走チューリップ賞組の成績。

馬券に絡んだ数も割合も申し分ないし、馬券の中心はここから探すのがよさそうね。


また、出走数のわりに成績が振るわないのが前走フィリーズレビュー組

ここから馬券に絡んだ馬について、共通点を調べてみたんだけど…
該当する3頭は全員、そのフィリーズレビューで当日1番人気、かつ連対していたことがわかったの。

前走までで大きく抜けた実力を示しておかないと、このG1の舞台では戦えないってことね。

今回、さきほどの条件に当てはまる馬はいないから、フィリーズレビュー組はまとめて切ってしまって問題ないわ。


次は、レース当日人気別成績を見てちょうだい。

レース当日 人気別成績
レース当日 人気別成績表

1番人気馬の成績が頼りないわね…。

今年はおそらく、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を含めて4連勝中のダノンファンタジーが大きく抜けた1番人気。

彼女は過去10年の1番人気馬と比べても高い実力を持っている、というのは間違いないけど、あまり過信せず他の上位人気と同程度に評価していきましょう。


また下位人気に目をやると、10番人気以降の穴馬が2頭馬券に絡んでいるのが気になるわね。

詳しく調べてみたところ、その2頭はいずれも福永祐一騎手が騎乗していたわ。

今回、福永Jが騎乗する予定のビーチサンバはそれなりに人気しそうだし…
今年は1桁人気馬だけ考慮して馬券を組み立てればよさそうね。


次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

馬体重別成績
馬体重別成績表

500kgを超えない範囲なら、大きければ大きいほどいい、というわかりやすい傾向が見られるわね。

今年は、400kgを割りそうな超小型馬セントセシリアや、500kgオーバーはかたい大型馬エールヴォアが登録しているけど、このデータを見る限りどちらも買えないわ。

セオリー通り、常識的な範囲で身体ができている馬を買うのがいいわね。


次は、騎手別成績を見てちょうだい。

騎手別成績
騎手別成績表

万全を期して挑みたいG1の舞台、主戦騎手が続投している方が好成績かと思ったけど…
乗り替わりがあろうとなかろうと、ほとんど差がないわね。

むしろ単勝回収率を調べてみると、乗り替わりのあった馬の方が高いのよ。

中穴クラスで乗り替わりの発生した馬がいたら注意したいわね。


そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわよ。

注目馬1
ダノンファンタジー(牝3
【前走:チューリップ賞(G2)1番人気1着】

買うにせよ買わないにせよ、注目せざるを得ないのがこのダノンファンタジー

新馬戦こそ勝ち星をグランアレグリアに譲ったものの、その後はG1を含む怒涛の4連勝

本走でも1番人気は確実で、ともすると単勝2倍もつかないんじゃないか、という感じね。

穴党の私としては、どうにか切る材料を探したいところなんだけど…
正直、いまのところ彼女自身に不安な部分は見当たらないわ。

ここまで調べたデータでも、特段の問題は見つからなかったしね。

あと問題になるのは、彼女に先着するポテンシャルを持った馬がいるかどうかというところ。

そのあたりも含めて、金曜日までじっくり検討していきましょう。

もちろん、この後出てくる情報次第では、切ることさえありえるわよ!

注目馬2
グランアレグリア(牝3
【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)1番人気3着】

新馬戦時代、唯一ダノンファンタジーに土をつけているグランアレグリア

もちろん、彼女に注目する理由はそれだけじゃないわ。

前走の朝日杯FSは惜しくも3とはいえ、牝馬にとって難しい時期である2歳冬に、牡馬と戦ってこの成績なら立派なもの

そのレースから本走へのローテーションは過去10年例がないし、3ヶ月半というブランクは気になるけど…
2走前のサウジアラビアロイヤルカップ(G3)が4か月の休養明けだったことを考えれば、彼女にとっては大きな問題じゃないわね。

彼女は三歳牝馬にしては大きめな馬体でデータ的にも期待できるし、今のところかなり「買い」の1頭。

あとは当日、ダノンファンタジーとワンツー、なんていう渋い馬券にならないよう祈るばかりね!


大きく勝ってG1ラッシュに弾みをつけたい桜花賞
この馬を押さえておけば、10万馬券も夢じゃないわ!


注目穴馬

ノーブルスコア(牝3
【前走:チューリップ賞(G2)7番人気3着】

前走では、下馬評を覆してダノンファンタジーに1馬身差まで迫ったノーブルスコア

位置取り次第では先着さえありえたんじゃないか?と思えるような脚だったわね。

彼女はここまで一勝しかしていないからか、今のところほとんど人気していないけど、ここを読んでいるみんなは今の内に注目しておいてちょうだい。

前走チューリップ賞組の好走率が高いのは、すでに話したとおり。
鞍上が乗り替わることも含め、彼女はこのレースで好走する穴馬の条件によく当てはまっているのよね。

彼女が勝ったりすれば、ものすごい配当になりそうよ!




エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る