今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

桜花賞2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 桜花賞 最終予想

桜花賞の最終予想をするわよ!

例年にない、大混戦の様相を呈しているこのレース。

とくに上位陣は甲乙つけがたい実績馬ばかりとあって、どの馬を優先すべきか悩ましい、って感じね。

そんな難解なレースこそ、ウチのようなデータ予想が何より有効

今回も過去の好走馬の傾向を徹底的に調べ上げ、信頼できる人気どころや穴サイドの注目馬を探し出しておいたわ。

10万馬券を手にしたければ、ぜひウチの予想印を参考にしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していきましょう。

2021年 桜花賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ストライプ 牝3 55.0 田辺裕信 尾形和幸 美浦
2 ファインルージュ 牝3 55.0 福永祐一 木村哲也 美浦
2 3 ブルーバード 牝3 55.0 柴田大知 高橋祥泰 美浦
4 ソダシ 牝3 55.0 吉田隼人 須貝尚介 栗東
3 5 アカイトリノムスメ 牝3 55.0 横山武史 国枝栄 美浦
6 ストゥーティ 牝3 55.0 岩田康誠 奥村豊 栗東
4 7 ククナ 牝3 55.0 藤岡佑介 栗田徹 美浦
8 メイケイエール 牝3 55.0 横山典弘 武英智 栗東
5 9 エンスージアズム 牝3 55.0 岩田望来 安田翔伍 栗東
10 アールドヴィーヴル 牝3 55.0 M.デム 今野貞一 栗東
6 11 ジネストラ 牝3 55.0 北村宏司 鹿戸雄一 美浦
12 ヨカヨカ 牝3 55.0 幸英明 谷潔 栗東
7 13 エリザベスタワー 牝3 55.0 川田将雅 高野友和 栗東
14 ミニーアイル 牝3 55.0 藤岡康太 武幸四郎 栗東
15 シゲルピンクルビー 牝3 55.0 和田竜二 渡辺薫彦 栗東
8 16 ソングライン 牝3 55.0 池添謙一 林徹 美浦
17 ホウオウイクセル 牝3 55.0 丸田恭介 高柳瑞樹 美浦
18 サトノレイナス 牝3 55.0 ルメール 国枝栄 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
G1の好走率が高い
現G2のチューリップ賞組が好調

■前走着順別成績
前走3着馬がとくに優勢
前走が阪神だった6~9着馬なら巻き返しの可能性あり

■レース当日人気別成績
複勝率80%の2番人気に注目
穴馬は単勝87倍程度を基準にする

■所属別成績
関西馬が有利

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年分のデータを基に桜花賞の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 桜花賞 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 1 1 17 0% 5.3% 10.5%
0 0 2 17 0% 0% 10.5%
1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
3 1 0 16 15.0% 20.0% 20.0%
3 0 4 13 15.0% 15.0% 35.0%
0 2 1 17 0% 10.0% 15.0%
2 2 1 25 6.7% 13.3% 16.7%
1 3 1 25 3.3% 13.3% 16.7%

真ん中にかけて成績がいい、というデータね。

なかでも注目したいのが5枠

ここは昨年のデアリングタクトといった人気した馬が順当に勝っているのに加え、2013年に当時14番人気だったプリンセスジャックが3着に入るなど、伏兵がよく馬券になっている枠でもあるのよね。

回収率は単勝・複勝ともに200%程度とかなりのものだし、今回5枠を引いたエンスージアズムアールドヴィーヴルは高く評価したいわ。

一方、1番人気筆頭のソダシが入った2枠だけど…。

この枠、2019年に彼女と同等の人気だったクロノジェネシスが3着に沈んだところでもあるの。

馬券にこそなっているから大きく評価を下げる必要はないけど、万全な状況ではない、ってことは覚えておいてちょうだい。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2021年 桜花賞 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~419kg 0 1 1 15 0% 5.9% 11.8%
420~439kg 0 4 3 31 0% 10.5% 18.4%
440~459kg 2 2 2 46 3.8% 7.7% 11.5%
460~479kg 6 0 3 39 12.5% 12.5% 18.8%
480~499kg 2 3 1 13 10.5% 26.3% 31.6%
500kg以上 0 0 0 4 0% 0% 0%

このレースで勝利するためには440kg以上の馬格は必要、ということが分かるわね。

調教後の馬体重を見る限り、当日一桁人気が見込まれる上位4頭はすべてこの条件に該当しそうだけど、なかでも勝率の高い460~479kgの範囲に入るソダシサトノレイナスメイケイエールはデータ上一歩リード、ってところだから覚えておいてちょうだい。

ただ重い馬の方がよく走るとはいえ、あまりに馬格のある馬は考え物

500kgを超えた馬は、ここ10年まったく馬券に絡めていないのよね。

チューリップ賞を勝って本走に来るエリザベスタワーには、ちょっと嫌なデータになっているわよ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していこうかしら。

2021年 桜花賞 注目馬①

メイケイエール(牝3)
【前走:チューリップ賞(G2)1番人気1着】

本走における本命に推したいのが、メイケイエールよ!

月曜にも軽く触れたように、気性面の粗さから安定性に不安のある彼女。
だけど、折り合いさえ取れれば、今回のメンバーをも十分一蹴できるポテンシャルを秘めた1頭でもあるわ。

彼女は今年の桜花賞においても、1週間データで検証した限りかなりの好相性
枠もいいところに収まってくれたし、あとは主戦武豊Jから乗り替わりで騎乗する”じゃじゃ馬”の扱いに長けた横山典弘Jに期待、ってところね。

そんなメイケイエールの最終追い切りは、栗東のCW半マイルを【51.2-37.4-12.1】の時計。
道中は終始スムーズな動きだったし、前走に比べ体もしっかりしていたのは好印象だったわ。

今回は、阪神JFの借りを返す絶好の舞台。
ここを勝って、世代最強牝馬の称号に名乗りを挙げるわよ!

2021年 桜花賞 注目馬②

ソダシ(牝3)
【前走:阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)1番人気1着】

”堅実な走り”なら、ソダシを1番に評価したいわ!

G1を含め目下4連勝と、安定感抜群の彼女。
前走の阪神JFでは壮絶な叩き合いの末、勝利を掴むなど、勝負強さの面でも今メンバーで頭ひとつ抜けた存在よ。

ただ今回、このレースの鬼門とも言える2枠を引いてしまったのよね…。

とはいえ他の検証では軒並み好データに該当していたし、デビュー以来主戦騎手を務める吉田隼人Jが引き続きの鞍上と、好走気配に陰りが見えるほどの不安はないから安心してちょうだい。

そんなソダシの最終追い切りは、栗東の坂路で【54.5-39.1-25.4-12.5】の時計。
1週間前から調子のよさは伺えていたけど、今回は強めで走る寮馬を馬なりで楽々かわすなど、より状態が上がった感じが見て取れたわ。

白毛の話題性もあいまってかなりの人気が見込まれるけど、なんとか単勝3倍程度は確保できそうな彼女。
アタマから買っても、十分活躍してくれそうね!

2021年 桜花賞 注目馬③

アールドヴィーヴル(牝3)
【前走:クイーンカップ(G3)5番人気2着】

実績以上に地力のありそうな、アールドヴィーヴル

前走のクイーンカップではアカイトリノムスメにクビ差で敗れたものの、上がりはメンバー最速と重賞でも通用する末脚を見せてくれたわね。

そんな彼女は目立たないながらも、このレースにおける好データにはしっかりと該当していた1頭。
さらに今回絶好調5枠に決まってくれたとあって、かなり買いやすくなったわね。

そうそう、彼女と同じキングカメハメハを父に持つ馬は、桜花賞で【1-0-1-2】となかなかの成績を残しているの。
回収率は単勝・複勝ともに250%オーバー、なんて好材料もあるし、穴馬としての好走に期待大、って感じね。

さて、アールドヴィーヴルの最終追い切りだけど、栗東の坂路で【56.4-39.9-25.4-12.4】の時計を記録。
最後だけ追ったみたいだけど、反応もよかったし、今回も前走同様のいい走りをしてくれそうよ。

オッズも低すぎない程度に収まってくれそうだし、配当面でも楽しみな存在ね!

2021年 桜花賞 注目馬④

ヨカヨカ(牝3)
【前走:フィリーズレビュー(G2)2番人気2着】

前走のフィリーズレビューでは、ゴール寸前で惜しくも勝利を逃す形となったヨカヨカ

今回は前走のリベンジに加え、九州産馬初のG1制覇の夢を乗せて走る舞台になるわね。

そんな彼女だけど、桜花賞との相性はなかなかのもの
前走の結果が成績に直結しがちな中、しっかりと連対できているし、馬格も好走傾向の範囲内に収まっているわ。

さらに彼女は今回のメンバーで唯一斤量57kgを経験していて、そのレースを後続に3馬身半の差で圧勝しているのよね。
本走で初めて斤量55kgを背負う子が多い中、かなりのアドバンテージになるんじゃないかしら。

さて、ヨカヨカの最終追い切りだけど、機材のトラブルがあって計時ができずじまいだったのよね。

ただ、仕切り直しとなった木曜には栗東の坂路で上々の走りを披露してくれたわ。
ラストは12秒程度、とのことだったし、初の1600mでも十分力を発揮してくれそうよ。

好データが出ているわりに、高いオッズがついている彼女。
狙い目ね!

大荒れの気配漂う、今年の桜花賞。
高配当の立役者は、マイル適性抜群のアノ伏兵馬よ!

2021年 桜花賞 注目穴馬

ストゥーティ(牝3)
【前走:チューリップ賞(G3)4番人気3着】

月曜から変わらず、本走における注目の穴馬候補はストゥーティよ!

前走のチューリップ賞では4頭が0秒1差にひしめく大接戦をものにし、桜花賞への切符を掴んだ彼女。

初の阪神マイルでも先行策を取りながら垂れることなく勝ち負けできたのは、今回のレースにおいても好走が期待できる好材料になったわね。

そんな彼女は、データ面でも優位な存在。
枠もいいところに決まってくれたし、今回鞍上を務める岩田康誠Jはこのレース【2-0-2-5】と抜群の相性をほこっているのよね。

小柄な馬体を不安視する人もいるみたいだけど、軽い分には好走に支障がない、というデータは伝えた通りだし、十分走る条件を満たしているわよ。

ストゥーティの最終追い切りは、栗東の坂路で【54.8-39.6-25.5-12.5】の時計を記録。
岩田Jとの折り合いもバッチリだし、強めで走る寮馬に0秒2先着するなど状態のよさが見て取れる調教だったわ。

ちょうどこのレースの穴馬の基準となる、単勝80~90倍に該当しそうな彼女。
高配当を手にしたければ、切るようなことはしないでちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次