今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

朝日杯フューチュリティステークス2020のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 事前予想

今週は来年のクラシックに向けた前哨戦、朝日杯フューチュリティステークスを予想するわよ!

いよいよ年末が差し迫り、世間では有馬記念に照準を合せている人も多いようだけど…。

その前に、資金調達の場として重要な本走を忘れるわけにはいかないわ!

成長著しい2歳馬で争われる朝日杯フューチュリティステークスは、ここ10年で6桁配当が3度も出ている荒れ模様のレース。

今年も実力未知数のメンバー構成になっているし、高配当獲得には各馬を客観的なデータで公平に見極めることが何より重要よ。

今回過去のデータを検証したところ、とある不人気馬に大波乱を予感させる好材料が見つかったの。

6桁配当に期待できる注目穴馬として、ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、今年の特別登録馬から確認するわよ。

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アスコルターレ 55.0 西村真幸 栗東
カイザーノヴァ 55.0 矢作芳人 栗東
グレナディアガーズ 55.0 中内田充 栗東
ショックアクション 55.0 大久保龍 栗東
ジュンブルースカイ 55.0 友道康夫 栗東
スーパーホープ 55.0 藤岡健一 栗東
ステラヴェローチェ 55.0 須貝尚介 栗東
テーオーダヴィンチ 55.0 岡田稲男 栗東
ドゥラモンド 55.0 手塚貴久 美浦
バスラットレオン 55.0 矢作芳人 栗東
ビゾンテノブファロ 55.0 小桧山悟 美浦
ピンクカメハメハ 55.0 森秀行 栗東
ブルースピリット 55.0 中内田充 栗東
ホウオウアマゾン 55.0 矢作芳人 栗東
モントライゼ 55.0 松永幹夫 栗東
レッドベルオーブ 55.0 藤原英昭 栗東
ロードマックス 55.0 藤原英昭 栗東
マーチリリー 54.0 牧浦充徳

それじゃあ今週は、中山開催だった時代を含めた過去10年分のデータを使って朝日杯フューチュリティステークスの予想を組み立てていくわね。

まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G2 2 5 4 46 3.5% 12.3% 19.3%
G3 2 4 1 20 7.4% 22.2% 25.9%
1勝クラス 5 1 3 32 12.2% 14.6% 22.0%
未勝利 0 0 1 8 0% 0% 11.1%
新馬 1 0 0 3 25.0% 25.0% 25.0%

※今回登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

1勝クラスを使ってきた馬が好成績を残しているわね。
勝ち馬の半数はここから出ているし、本走においても十分最先着に期待できるデータと言えるんだけど…。

そんな1勝クラスのなかでも特に注目なのが、前走でベゴニア賞を使った馬たち。
調べてみたら、1勝クラスの勝ち馬全5頭中3頭がベゴニア賞組だったのよね。

今回はビゾンテノブファロが唯一該当しているから、人気薄とはいえ侮れない存在よ。

他には、1勝クラスに次ぐ好走率をほこる前走G3組も見逃せないところ。

ここからは過去10年で2頭の勝ち馬が出ているんだけど、いずれも前走にサウジアラビアロイヤルカップを使って勝ち馬になっていた、という共通点があるの。

本走では、ステラヴェローチェがこの条件で出走するから要注目ね。

次は、前走着順別成績を見てもらうよ。

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 10 5 8 61 11.9% 17.9% 27.4%
2着 0 2 1 23 0% 7.7% 11.5%
3着 0 0 1 7 0% 0% 12.5%
4着 0 1 0 6 0% 14.3% 14.3%
5着 0 0 0 8 0% 0% 0%
6~9着 0 2 0 20 0% 9.1% 9.1%
10着以下 0 0 0 8 0% 0% 0%

前走1着馬からのみ勝ち馬が出ている、というかなり極端なデータね。

もともと前走を勝ち切った馬の割合が多いレースとはいえ、これほどのデータが出ている限り、最先着候補は素直にここから選んでよさそうよ。

今回は前走1着馬が10頭いるから、他の好データと照らした上で優勝候補を絞っていきましょう。

表を見ると、おおまかに前走で馬券圏内から遠ざかるほど不振になる傾向が見られるんだけど、そんな本走において前走6~9着だった馬が2頭連対しているのも見逃せないわ。

この2頭について調べてみたら、ずれも前走が東スポ杯2歳ステークスだった、という共通点が見られたの。
しかも彼らには、前走から乗り替わりがあった、なんてデータもあるのよね。

今回この条件には唯一ジュンブルースカイが該当しそうだから、馬券に絡んでくる可能性がある1頭として覚えておいてちょうだい。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらおうかしら。

2020年 朝日杯フューチュリティステークス レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4 2 1 3 40.0% 60.0% 70.0%
2番人気 2 1 2 5 20.0% 30.0% 50.0%
3番人気 0 1 2 7 0% 10.0% 30.0%
4番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
8番人気 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
9番人気 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
10番人気以下 0 1 3 69 0% 1.4% 5.5%

1番人気が期待に応えるレース、って感じね。
勝ち馬もよく出ているし、複勝率も申し分ないから、馬券には含めておきたいわ。

現段階では、重賞を勝っている4頭が人気を分け合っている格好だけど…。
その中でも今後の検証や調教で目立った1頭がいれば、当日に人気があたま一つ抜ける形になってしまっても遠慮なく買ってよさそうよ。

さて、上位陣が好走傾向にある本走において、これまで波乱を演出してきた10番人気以下の馬についても見ていくわ。

ここからは昨年14番人気でオッズが230倍だったグランレイが3着になるなど、大穴クラスがしばしば馬券を賑わせている、という傾向があるのよね。

10番人気以下でも、好データが出ている馬は積極的に狙っていけるわよ。

最後は、所属別成績を見てちょうだい。

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 6 5 4 28 14.0% 25.6% 34.9%
関西 4 5 6 104 3.4% 7.6% 12.6%

関東馬有利、と言えるデータよ。

勝率は4倍以上の開きがあるし、関東所属というだけで高く評価したいところ。

もちろん、中山開催だった4年分のデータも含まれているから、という見方もできるけど、昨年の勝ち馬であるサリオスをはじめ、関東馬は阪神でも好走傾向にあるのよね。

本走における関東馬は、ドゥラモンドビゾンテノブファロの2頭だけだから、覚えておいた方がよさそうよ。

そんなところで、現段階における注目馬を発表するわね。

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 注目馬①

ステラヴェローチェ(牡2)
【前走:サウジアラビアロイヤルカップ(G3)3番人気1着】

前走のサウジアラビアRCでは、見事最先着を果たしたステラヴェローチェ

不良馬場にも関わらず最後尾から一気の競馬で、終わってみれば後続に3馬身差の圧勝と、クラシックでも十分勝ち負けできそうな実力を証明してくれたわね。

そんな彼は今回の検証でも好データによく該当していたし、本走においては不安材料の見当たらない存在

人気も上位陣で分け合う恰好だから、彼ほどの馬が1頭だけ飛び抜けたオッズにならないのも嬉しい限りね。

もちろん今回はこれまでになく強力なライバルたちがひしめく舞台だし、状態面を含め金曜日まで抜け目なく追っていくわよ!

2020 朝日杯フューチュリティステークス 注目馬②

ドゥラモンド(牡2)
【前走:アスター賞(1勝クラス)1番人気1着】

前走のアスター賞では危なげない走りでデビュー2連勝を飾った、ドゥラモンド

前走で1勝クラスを使った馬が好調なのは伝えた通りだし、好走率の高い関東馬である彼は今回、下馬評以上に激走が期待できる存在よ。

そうそう、彼と同じアスター賞からのローテーションはここ10年例がないんだけど、そのレースと同じ前走1600mを使ってきた馬の成績は【8-3-6-35】で、単勝回収率100%を超える好成績を残しているわ。
彼はそこを勝ち切って参戦してくるわけだし、距離適性を含め問題ないとみてよさそうね。

人気こそ高いけど、オッズは5倍を下回らない程度に収まってくれそうだし、コスパ的にも狙い目の1頭よ。

大荒れに期待できる、今年の朝日杯フューチュリティS。
6桁配当の立役者は、誰もが見落とすアノ不人気馬よ!

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 注目穴馬

ビゾンテノブファロ(牡2)
【前走:ベゴニア賞(1勝クラス)6番人気4着】

本走における注目の穴馬候補として注視したいのが、ビゾンテノブファロよ!

前走では馬券圏内を逃したけど、今回の検証では「1勝クラス組」「関東馬」と、なかなかの好データに該当していた彼。

さらに彼と同じ前走にベゴニア賞を使った馬は、【3-0-0-3】で単勝回収率は888%と、本走ではしばしば波乱の立役者になっているのよね。

「前走で1着」が馬券の条件とも言える今回のレースだけど、これだけのデータが揃うビゾンテノブファロなら前例を覆すことも可能よ。

彼は今のところ、各所で最下位人気を争う存在。
このまま世間に気付かれなければ、配当はものすごいことになりそうだわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次