今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

朝日杯フューチュリティステークス2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 最終予想

朝日杯フューチュリティステークスの最終予想をするわよ!

デビューから3戦程度の馬が多く、実力を計るのが難しい今回のレース。

世間では前走の勝ちっぷりがよかった5頭に人気が偏っているみたいだけど、成長著しいこの世代は思わぬ力を発揮する伏兵にも注意が必要よ。

今回も過去のデータを検証したところ、普通なら見落としがちな大穴クラスに最先着まで狙える1頭が潜んでいることが分かったの。

ものすごい配当になり得る注目の穴馬候補、ぜひ最後まで読んでチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から見ていくわよ!

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 カイザーノヴァ 牡2 55.0 池添謙一 矢作芳人 栗東
2 グレナディアガーズ 牡2 55.0 川田将雅 中内田充 栗東
2 3 ビゾンテノブファロ 牡2 55.0 山田敬士 小桧山悟 美浦
4 ショックアクション 牡2 55.0 戸崎圭太 大久保龍 栗東
3 5 ドゥラモンド 牡2 55.0 武豊 手塚貴久 美浦
6 ブルースピリット 牡2 55.0 藤岡佑介 中内田充 栗東
4 7 ステラヴェローチェ 牡2 55.0 横山典弘 須貝尚介 栗東
8 レッドベルオーブ 牡2 55.0 福永祐一 藤原英昭 栗東
5 9 テーオーダヴィンチ 牡2 55.0 浜中俊 岡田稲男 栗東
10 アスコルターレ 牡2 55.0 北村友一 西村真幸 栗東
6 11 バスラットレオン 牡2 55.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
12 ジュンブルースカイ 牡2 55.0 岩田康誠 友道康夫 栗東
7 13 ホウオウアマゾン 牡2 55.0 松山弘平 矢作芳人 栗東
14 モントライゼ 牡2 55.0 ルメール 松永幹夫 栗東
8 15 ロードマックス 牡2 55.0 岩田望来 藤原英昭 栗東
16 スーパーホープ 牡2 55.0 M.デム 藤岡健一 栗東

詳しい予想の入る前に、月曜日のおさらいをしておくわね。

■前走クラス別成績
1勝クラスを使った馬が好成績
前走G3組はサウジアラビアRC組が好調

■前走着順別成績
前走1着馬からのみ勝ち馬が出ている
前走6~9着馬の好走は東スポ杯2歳S組で、かつ乗り替わりのあることが条件

■レース当日の人気別成績
1番人気は信頼度高め
大穴クラスも馬券になっている

■所属別成績
関東馬が好走傾向

それじゃあ月曜から引き続き、中山開催だった時代を含めた過去10年分のデータを使って朝日杯フューチュリティステークスの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 1 1 15 10.5% 15.8% 21.1%
1 1 4 14 5.0% 10.0% 30.0%
2 3 0 15 10.0% 25.0% 25.0%
1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
0 2 1 17 0% 10.0% 15.0%
1 2 0 17 5.0% 15.0% 15.0%
1 0 3 18 4.5% 4.5% 18.2%
2 0 1 19 9.1% 9.1% 13.6%

内側がやや優勢、というデータね。

なかでも3枠は勝率もさることながら、複勝回収率は100%オーバーと好調。
今年はドゥラモンドと、ブルースピリットがこの枠に決まったわよ。

さて、ここ10年で唯一勝ち馬が出ていない5枠にも目を向けたいところ。

好走率もそれなりって感じで、一見あまり馬券内への期待が持てないように思えるんだけど…。
調べてみたら、この枠からは昨年14番人気で3着に入ったグランレイをはじめ、穴クラスの馬がしばしば馬券になっていて、複勝回収率は145%もあったの。

本走では穴馬として面白そうな、テーオーダヴィンチアスコルターレが5枠に収まったから要注目よ。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 0 2 30 0% 0% 6.3%
460~479kg 2 6 2 50 3.3% 13.3% 16.7%
480~499kg 3 3 5 35 6.5% 13.0% 23.9%
500~519kg 2 1 1 11 13.3% 20.0% 26.7%
520㎏以上 3 0 0 7 30.0% 30.0% 30.0%

大柄な馬ほどよく走る、という分かりやすいデータが出ているわね。

調教後の馬体重を見る限り、ただちに520kgを上回る子はいないようだから、500kg以上に収まりそうな馬たちを中心に馬券を組み立てるのがいいんじゃないかしら。

ちなみに500~519kgの範囲に絞ると、2016年に当時6番人気だったサトノアレスが勝った前例などがあって、単勝回収率は192%とコスパもいいから狙い目よ。

逆に、459kg以下の小柄な馬には厳しい舞台になりそう。

当日まではいくらか増減があるにしても、

アスコルターレ
カイザーノヴァ
ジュンブルースカイ
ロードマックス

あたりは、頭から買うならそれなりの理由がいるわよ。

そんなところで、最終追い切りの結果を含めた予想印を発表するわね。

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 注目馬①

ステラヴェローチェ(牡2)
【前走:サウジアラビアロイヤルカップ(G3)3番人気1着】

月曜にも真っ先に注目馬として挙げていた、ステラヴェローチェ

好データに該当していた1週間の検証に加え、調教後の馬体重も好走の範囲内とあって、彼になら安心して軸を任せられると判断したわ。

そうそう、今回彼の鞍上を務める横山典弘Jは、本走における成績が【0-1-1-0】と参戦した2戦でいずれも馬券圏内を確保しているのよね。
上位人気した馬もしっかりと馬券に導いているし、人馬ともに今回のレースと相性抜群なところも高く評価できるポイントよ。

そんなステラヴェローチェの最終追い切りは、栗東の坂路を【53.8-38.5-24.7-12.0】の好時計
状態も上向きで、陣営の“これ以上ない”の声にもうなずける走りを見せてくれたわ。

当日ギリギリまで、レッドベルオーブと1番人気を争うことになりそうな彼。
でも、データやコスパではこちらに分があることを覚えておいてちょうだい!

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 注目馬②

ドゥラモンド(牡2)
【前走:アスター賞(1勝クラス)1番人気1着】

デビューから無傷の2連勝と勢いに乗る、ドゥラモンド

前走に1勝クラスを使った馬が好調なのは月曜に伝えた通りだし、そこを勝ち切った彼は高く評価できるわ。

さらにもっとも好走率の高い3枠に決まり、彼が関東馬であることを考えれば、上位陣のなかでも優勝に期待できる1頭と言えるわよ。

そうそう、今回ドゥラモンドに騎乗する武豊Jだけど、本走は彼のキャリアでも勝ち鞍経験のない舞台として有名よね。

ただ、昨年を含めここ10年で2度連対するなど相性が悪い訳ではなさそうだし、今回はかなりの好データが揃ったドゥラモンドとのコンビだから、例年とは一味違う走りを見せてくれそうよ。

ドゥラモンドの最終追い切りは、美浦の南Wで【68.5-54.0-40.4-12.8】の時計。
先行する併せ馬に馬也で追いつくなど状態面に不安はなさそうだし、課題のスタートもしっかりこなせていたから、いよいよ仕上がってきたって感じだったわ。

人気上位にしてはオッズもそこそこだし、狙い目の1頭よ!

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 注目馬③

スーパーホープ(牡2)
【前走:デイリー杯2歳ステークス(G2)4番人気3着】

本走における穴馬候補として注目したいのが、スーパーホープよ!

月曜からの検証でも、なかなかの好データに該当していた彼。
前走の勝ち馬だけが馬券候補、という本走だけど、今回馬体重が好走に期待できる500kg以上に収まったとあって、十分前例を覆せる存在と言えるわよ。

そうそう、今回スーパーホープに騎乗予定のMデムーロJだけど、ご存知の通り彼は本走における成績が【4-0-0-2】と勝ち鞍の常連
しかも単勝回収率は実に993%と、しばしば不人気馬も勝たせているわ。

本走においてスーパーホープはちょうど穴クラスに落ち着きそうなだけに、期待せずにはいられないって感じね。

そんなスーパーホープの最終追い切りは、栗東のCWを【83.0-66.8-52.5-38.8-12.8】の時計。
併せ馬に0秒2先着するなど、中4週の疲れを感じさせないパワフルな走りで状態のよさをアピールしていたわ。

高配当を狙うなら、彼を切ろうなんて思わないことね!

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 注目馬④

ブルースピリット(牡2)
【前走:秋明菊賞(1勝クラス)4番人気1着】

前走1勝クラス組からは、ブルースピリットにも要注目。

月曜の時点では名前が挙がってこなかった彼だけど、今回本走でもっとも好調な3枠に決まったことを含め、しっかりと好データには該当しているわよ。

またブルースピリットは前走秋明菊賞から中3週のローテーションで参戦してくるんだけど、調べてみたら彼と同じ条件で走った馬は【4-0-0-10】と好成績を残していて、単勝回収率は実に442%もあることが分かったわ。
本走でこのローテーションの馬が少ないことを考えると、かなり期待できるデータ、と言えるわね。

そうそう、鞍上の藤岡佑介Jも本走では2018年に穴クラスだったクリノガウディーを連対させた実績があるし、十分上位に穴をあけるコンビになり得るわよ。

そんな藤岡佑Jを背にした最終追い切りは、栗東のCWを【82.9-67.4-52.7-39.4-12.4】の時計。
併せ馬には遅れたものの、直線ではしっかりと折り合っていたし、状態の確認程度だったことを考えれば上々の内容と言っていいんじゃないかしら。

ブルースピリットは、今のところ各所で120倍を超えるオッズが予想されている1頭。
最先着こそ難しいにしても、彼を馬券から外すとみすみす高配当を逃すことになるわよ!

大穴クラスの激走が期待できる、今年の朝日杯フューチュリティS。
7桁配当もあり得る不人気馬が、虎視眈々と番狂わせを狙っているわよ!

2020年 朝日杯フューチュリティステークス 注目穴馬

ビゾンテノブファロ(牡2)
【前走:ベゴニア賞(1勝クラス)6番人気4着】

月曜から変わらず、本走における注目の穴馬候補はビゾンテノブファロよ!

「前走ベゴニア賞」「関東馬」など、過去に馬券を賑わせてきた馬たちと多くの共通点を持つ彼。
枠も内側のいいところに決まってくれたし、馬体重も好走範囲とあって今メンバーでも特に本走と相性のいい1頭、と言えるんじゃないかしら。

ビゾンテノブファロは2歳にしてすでにキャリアは10戦を数えるんだけど、うち7戦で掲示板を確保していて大崩れしないのが持ち味。
今舞台でもある阪神1600mでも前々走のデイリー杯2歳Sで4着に入っているし、何より相手なりに走れる馬だから、展開ひとつで十分馬券圏内が狙える存在と言えるわよ。

そんなビゾンテノブファロの最終追い切りは、美浦の南Wで【83.4-67.0-51.9-38.4-12.9】の時計。
一杯で走る併せ馬に0秒2先着するなど状態もよかったし、初コンビを組む山田敬士Jとの折り合いも問題なさそうよ。

相変わらず各所では、300倍近いオッズが予想されているビゾンテノブファロ。
彼が勝ってしまえば、7桁配当も夢じゃないわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次